時遊人アッシュの食べ歩き日記

03月 « 2018年04月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 05月

広島お好み焼き専門店 ののすけ

2018年 04月27日 20:50 (金)

R0013494_edited-1.jpg

ののすけスペシャル
野菜ダブル、いか天、目玉焼き、ネギのトッピング♪
でかい!!二つ頼まなくて良かったと思いきや広島お好み焼きは野菜がメインであり
粉もん感が少ないので軽い食感でパクパクと頂けるのだ。

R0013471_edited-1.jpg

広島焼ののすけ。
場所はあびこ筋と並行する東へ1本入った地下鉄あびこと長居の中間地点くらいの場所。
以前、車で目の前を通過したときに見付けたお店。
いつか行かなければと狙っていたお店でもある。
かなり前に「広島焼」と書いて「原爆の焼け野原を想像するのでやめてください」等のコメントを
頂いた事があり、それ以来、「広島焼」の言葉は使わなかったのだが、
店名がそのものなのでお許しを。

R0013473_edited-1.jpg
R0013483_edited-1.jpg
R0013484_edited-1.jpg

麺とソースは広島から取り寄せるというかなりの拘りを感じられる♪
そして広島愛を感じるウンチクも多い(笑)

R0013486_edited-1.jpg
R0013489_edited-1.jpg
R0013490_edited-1.jpg

焼き上がるまでトマトスライス青海苔掛け、すじこん、げそ焼きとB級の王道(笑)

R0013497_edited-1.jpg
R0013498_edited-1.jpg
R0013499_edited-1.jpg

広島焼はカットするのが難しく予め頼んでおいた♪
大阪で頂く広島焼はどうしてもキャベツやもやしからの水分過多なお好み焼きが多く、
それが嫌だったのだが、もやしは極細いタイプを使えばそれを抑えられるという。
熱々の鉄板で出されたお好み焼きは甘めのカープソースに製麺所の生麺を使用、
野菜は衣で蓋をし蒸され麺はカリっと♪
お菓子のイカ天がエエ仕事をしている(笑)
かなり美味いぞ(^^)/

R0013475_edited-1.jpg
R0013474_edited-1.jpg
R0013477_edited-1.jpg

説明はきっちりと最後まで、メニュ-に性格が表れる良い例(笑)
きっと店主はイイ人なのでしょう♪
人気のお店なので予約は必ず(^^)/

R0013470_edited-1.jpg

【ののすけ】

大阪府大阪市住吉区苅田2-16-5 レジデンス寿 1F
06-6696-5758
営業時間:11:00~14:00 17:30~22:00
定休日:日曜日・祝日
スポンサーサイト

極太平打ち麺のとろろ蕎麦 手打ちそばいとう

2018年 04月26日 20:16 (木)

R0013593_edited-1_20180426175342b08.jpg
R0013597_edited-1_201804261753413ee.jpg

蕎麦の平打ち麺とは珍しい!!!
喉越しよりも噛み応えって感じでしょうか♪
挽きぐるみの蕎麦は繋ぎはあれど香り高いのが特徴である。
甘皮の香りが強く粘りとコシ感を特に感じる事が出来るだろう。
蕎麦の汁は釜揚げである、という事は蕎麦湯に出汁醤油を加えられたものが
汁と成り蕎麦の旨味をWで味わえるのだ。

R0013609_edited-1.jpg

手打ちそば いとう。
出雲大社前駅のすぐお隣に在るお店。
奥方が「もう1食くらいは大丈夫です~」な事をおっしゃられるので、
蕎麦の連食と成り(笑)

R0013586_edited-1_20180426175344367.jpg

潔き何てシンプルなメニュー(笑)

R0013592_edited-1.jpg
R0013596_edited-1.jpg

山かけ(とろろ)800円
蕎麦の栄養分たっぷりの蕎麦湯汁に平打ち蕎麦の組み合わせ♪
もうね、異次元の蕎麦を頂いている気分であり
蕎麦好きのワタクシにとって幸せなひと時である(笑)
紅葉卸の辛さを効かすのが出雲そばの特徴のようである。

R0013602_edited-1_20180426175413d25.jpg
R0013607_edited-1.jpg

つめたい蕎麦3種(900円)
こちらも熱いそば同様に平打ち麺の蕎麦である。
出汁醤油を掛けて頂く極上のお味(^^)/

R0013615_edited-1_2018042617545507e.jpg
R0013617_edited-1_20180426175454a45.jpg

教会をイメージしているかのような出雲大社前駅。
一畑電車のローカルな路線である。

R0013621_edited-1_20180426175453fc1.jpg
R0013622_edited-1_20180426175541bb1.jpg

げげっ、ピンク色の車両、車内もピンク!!!
さすが縁結びを叶える人達を意識してのやり過ぎた感ある電車である(笑)
うん!?何かいる...

R0013623_edited-1_20180426175540e2a.jpg

マスコットなのでしょうか...
邪魔って感じ(笑)

R0013625_edited-1.jpg

途中で乗り換えて出雲市駅へ~
JRからの払い下げ車両でしょうか、どの電車も統一性が無い(笑)
出雲縁結び空港を15時半に出発、17時半には家に到着していた♪
帰りもプロペラ機だったが飛行機はやはり早い(^^)/

日本3大蕎麦の残りは長野県の戸隠(とがくし)そば、岩手県のわんこそばか...
さて、いつになったら行けるのでしょうかね(^^)/

【手打そばいとう】

島根県出雲市大社町杵築南1370-16
0853-53-2945
営業時間:8:30~なくなり次第終了
定休日:不定休

出雲蕎麦の旅 かねやそば

2018年 04月25日 19:20 (水)

R0013564_edited-1_20180424195528055.jpg

三色割子3段と4段の組み合わせで7段と成り~
出雲そば独特の黒い挽きぐるみ、色彩豊かなトッピングは
見て食べて楽しめる蕎麦ですな(^^)/

R0013502.jpg

この休日は日帰りで出雲へと♪
大阪伊丹空港から1時間足らずで出雲縁結び空港へ着、あっという間のフライト。
でも飛行機はプロペラ機だったの~まだ在るんやって感じ(笑)
空港からバスで出雲大社へと向かう便が良く分からなく迷っていると警察官の方が
とても親切丁寧に説明してくれました♪ありがとう~
地方ならではの緩~い雰囲気が心地良く感じられた。

R0013550_edited-1.jpg
R0013558_edited-1.jpg

出雲大社へ参拝後、さぁ蕎麦にしましょう!だがこの近辺は蕎麦屋だらけである♪
人気店の荒木屋を目指すも既に行列、無理っ(笑)
荒木屋の直ぐ東側に在るお店の存在感に惹かれて入店。

R0013553_edited-1.jpg
R0013554_edited-1.jpg

シンプルなメニュー

R0013556_edited-1.jpg

大阪伊丹空港までは車だったので残念だったがアルコールは飲めず...
飲めないと思うと異常に飲みたくなってしまう♪
蕎麦屋で酒が飲めないなんてワタクシ的に拷問である。
雰囲気だけ、せめてものノンアルコールビール(笑)

R0013568_edited-1.jpg
R0013569_edited-1.jpg

さてさて話を蕎麦に戻そう!
蕎麦粉と小麦との配合は7:3程でしょうか、固めに茹でられた蕎麦のコシはありつつも
しなやかなものであり、蕎麦なのに僅かに小麦の香りを漂わせる蕎麦である。
十割蕎麦が全てとは思ってはいないが、そこは消しておいてよって感じ。
総評としては充分に美味しかったのだがマニアック過ぎてすいません(笑)
締めにそば湯を注文、とろみ感ある蕎麦湯にも小麦の香りがする。

R0013570_edited-1.jpg

店内には有名人のサイン色紙が飾られており、
あの山下達郎さんと竹内まりあさんの色紙も♪

R0013578_edited-1.jpg
R0013576_edited-1.jpg

食後、出雲大社参道に平飼い卵を使用したソフトクリーム屋さんがありまして~
「平飼い?本当に平飼い??」だったら食べておかないと(笑)
昭和のアイスクリンのような氷の粒と濃厚な卵の旨味~
疑ってすいません(笑)

R0013582_edited-1.jpg

その先の参道に手焼きおせんべえなお店が在り~
激辛一味を一つ買い求めてぼりぼりと♪
悶絶する辛さを求めたのだが普通に頂けた(笑)

この後、まだイケるな!という事でもう1軒蕎麦屋に突入するのであった(笑)

【かねやそば】

島根県出雲市大社町杵築東−659
0853-53-2366
営業時間:9:30〜17:00
定休日:無休

汐見橋 手打ちうどん やま一 出汁も美味い!!

2018年 04月23日 20:19 (月)

R0013448_edited-1.jpg

運ばれて来た瞬間にこの香りは大阪うどんの鰹&昆布風な味では無く、
節系のエッジの効いた出汁はいりこや鯖節系のしっかりとしたお出汁かなと推測。
チョイと甘めの醤油感は東では無く西の味だろう。
30cm級の器にドドーンと肉うどん&竹天のトッピング♪
2玉まで無料なのだが1玉にして良かったと思った訳は+100円でお替りし放題の
かやくご飯が大盛りで来たからだ(笑)

R0013459_edited-1.jpg

うどん屋やま一。
此処は千日前通りになるのかな?
DEEPな南海汐見橋駅の道を挟んでの北側にあるお店。

R0013443_edited-1.jpg
R0013444_edited-1.jpg

開店直後、一番で入れたのでモザイクの無き店内風景写真が撮れた(笑)
温メニューの穴子天にも惹かれたが近頃の好みは竹輪天である♪
天ぷらが重なるのもどうかとも思い肉うどんを選択。

R0013455_edited-1.jpg
R0013452_edited-1.jpg

まずは麺から行きましょうか~
注文後、5分ほどで提供された温うどん。
出汁を一口、そして麺を一口...結構な剛麺じゃない♪
この剛麺が5分で提供されるなんてありえない!
いつもは注文後に厨房の様子を凝視するのだが、
仕事のメールが来ていて、しっかりと確認が出来なかったのだが、
その後はしっかりと確認したわよ(^^)/
予め5玉程の麺を大釜で茹でられており、それを温め直しの麺である。
冷やしは締め待ち(笑)
温と冷の麺は太麺とやや太麺に使い分けられているようで、
それぞれ大釜でしっかりと茹でられている。

牛肉は甘辛く炊かれた和牛モモ肉で量は少ないがしっかりと美味さは感じられる。
トッピング注文のちく天は汁を吸い箸で持ち上げると重っ♪
天ぷらは注文後に揚げられたもので油感も程良く、とても美味しい(^^)/

R0013447_edited-1.jpg
R0013440_edited-1.jpg
R0013442_edited-1.jpg

入店後、20分もすると広いカウンター席がほぼ満席状態になり、
かなり人気のお店だと再確認。
ワタクシの直ぐお隣に座られた70代後半かなというご夫婦。
華奢で小さなお父さんの注文がざるうどん麺2玉!
「えっ、お父さんイケるの?」とは心の叫び(笑
半玉注文のお母さんが半玉を平らげて「お父さん、ちょっと頂戴」
微笑ましく見ていたが...半玉注文は何十円引き、大盛りは無料!
そうか節約家か、やるな~このご夫婦(笑)

人間観察はいつも面白い(^^)/

【うどん屋 やま一 (うどんや やまいち)】

大阪府大阪市浪速区幸町3-4-5
06-6561-3660
南海電鉄 汐見橋駅 徒歩約2分
阪神電鉄 桜川駅 徒歩約徒歩約2分
営業時間:11:30~15:00 17:00~21:00(LD)
定休日:日曜・祝日

R0013464_edited-1.jpg
R0013467_edited-1.jpg

その後、久しぶりに南海汐見橋駅へ。

R0013465_edited-1.jpg
R0013466_edited-1.jpg

数年前にレポした時よりおっ、何か綺麗になってるじゃん♪
客数は相変わらず少ないですけど(笑)

R0013468_edited-1.jpg

確か以前の看板は「痴漢はアカン!」だったが「やめよう歩きスマホ」に変わっていた。
どっちもアカンけれども性犯罪で捕まったら後が大変かなと~
あっ、どっちもしませんけどネ(笑)
その時の記事はコチラ
「大阪ノスタルジー路線 南海汐見橋線をゆく」
http://ahukk.blog7.fc2.com/blog-entry-1161.html

阿波座ヌワラカデ スリランカ・カレー

2018年 04月20日 21:00 (金)

R0013391_edited-1.jpg

NEW YEARプレート(1880円)
この日、伺った日はスリランカの旧正月なようで特別なメニューがあり注文してみる事に♪
・メインカレー(5種から1つ)
・サンバサフランライス
・カシューナッツカレー
・ポテトのテンパラード
・ナスのピクルス
・パイナップルサラダ
・カトレット
・フライドフイッシュ
・タマゴ
・パパダン
・ミルクティー&デザート
要はトッピングの全部乗せって感じでしょうか(^^)/
サンバサフランライスって初めて聞いたが通常のサフランライスより僅かに小さな米粒。 
独特の香り米は品質としては「龍の瞳」クラスの最高級米ですね♪

R0013411_edited-1.jpg

ヌワラカデ(NUWARAKADE)
スリランカ料理店とは思えぬ格子戸の扉は居抜き感たっぷり(笑)
店内にはネタケースがあり元は寿司屋さんかな?
九条にあるロッダグループの2号店となるようだ。

R0013410_edited-1.jpg
R0013409_edited-1.jpg

ざっとメニュー撮り♪
実はこの日、ビリヤニと葛藤があり相当に迷ったのだが1年に1度しか頂けないならばと。
大阪中心部とは言え値段設定は相当に高めに感じられる。
たかがカレー、されどカレーではあるが、この値段はやり過ぎ...
でも頼んでしまうんですけどね(笑)

R0013395_edited-1.jpg
R0013403_edited-1.jpg

スリランカ・カレーの頂き方は基本、混ぜ混ぜしてね~ではあるが、
ワタクシ、混ぜ過ぎるのが嫌なんです♪
カレーはもちろんマトンを選択。
アジのフライド・フィッシュが溜まらなく美味しい~
鶏ベースの出汁に複雑に絡み合うトッピング達、
口中で味の整理をするのがとっても大変であった(笑)
マトンは骨付き、髄の旨味が溢れて異常な美味さである(^^)/

R0013399_edited-1.jpg
R0013402_edited-1.jpg

奥さんはロイヤルセット(1200円)
バスマティライスにチキンの選択♪
スパイスの種類はまぁ5種までであろう。
昨今の大阪はスパイスカレーブームであるが、ちょっと使い過ぎじゃね?と実は感じている。

ワタクシの理想のカレーは欧風カレーにスパイスを効かせたもの。
今は無き「宝石」のカレーが理想でありもはや叶わぬがもう一度、食べたかったのが本音。

R0013390_edited-1_2018042020434415b.jpg

この後、西区新町の茶丸堂さんへ久しく寄り、
ブランデー漬けのケーキを買い求め、これが余りにも美味しくて美味しくて~
実家でシャンパーニュ2本開けてしまった(笑)

【ヌワラカデ (NUWARAKADE)】

大阪府大阪市西区江之子島1-6-8
06-6443-4636
大阪市営地下鉄阿波座駅10番出口から徒歩1分
波座駅から219m
営業時間:11:00~15:00 17:00~22:00
定休日:水曜日 ※1/1~1/3

食堂エスカルゴ クオリティー高きフランス田舎料理

2018年 04月19日 19:45 (木)

R0013360_edited-1.jpg
R0013361_edited-1.jpg

前菜の盛り合わせには毎回、心が躍ってしまう程に実に素晴らしい♪
どの品も手作り感がたっぷり、仕込みは相当な手間と暇が掛かっているだろうと思われる。
酸味の効いた前菜はどうしてもワインに合わせたくなるのだよ(^^)/

R0013366_edited-1.jpg
R0013359_edited-1.jpg

久しぶりのドゥラモットDELAMOTTE!
誰の何のお祝い事も無かったがどうしてもシャンパーニュが飲みたいぞ♪
出来る事ならば毎日でもシャンパーニュを飲める生活をしてみたいものだ(笑)
さすがサロンの兄弟分、強炭酸、長く続くシャルドネの余韻、素晴らしい(^^)/

R0013365_edited-1.jpg

此処のバケットはハード系との2種類。
自家製であろう、とてつもなく美味しいのだ。
もし市販品であれば売っているお店を教えて欲しい(笑)

R0013372_edited-1.jpg
R0013375_edited-1.jpg

メインは牛ホホ肉の赤ワイン煮。
ホワイトアスパラが添えられ、この分厚いホホ肉が箸でも切れるような柔らかさに
煮込まれているのだ♪
赤ワインの酸味感が甘味ある肉との共存。

R0013367_edited-1.jpg

奥さんはゴチのホワイトソース。
皮は焼き目を付けられ、数種のハーブが主張する脇役ね♪
特化したレモングラスの香りが何とも心地よい(^^)/

R0013378_edited-1.jpg
R0013382_edited-1.jpg
R0013381_edited-1.jpg

デザートは壺焼き自家製プリンとタルトタタン&シャーベット♪
完璧である、このコース料理がスタンダードで3500円とは俄かに信じがたいが、
下町あびこ価格とは言えお得過ぎるが本当なんです(笑)

R0013350_edited-1.jpg
R0013351_edited-1.jpg
R0013348_edited-1.jpg

この店のクオリティーはお高く値段はとにかくお安い♪
訪問する際は必ず予約を(^^)/

【フレンチ食堂エスカルゴ】

大阪府大阪市住吉区苅田7-7-5 西村第2マンション1F
06-6697-7723
営業時間:11:30~15:00(LO14:00) 18:00~22:30(LO21:00)
定休日:木曜日