時遊人アッシュの食べ歩き日記

12月 « 2018年01月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 02月

熟成黒ニンニクの牛スジカレー!

2018年 01月31日 19:34 (水)

R0012286_edited-1.jpg

瑞々しいネギがたっぷりと乗せれて登場の牛すじカレー!
チョイと酸味のあるカレーは艶々の白ごはんと相成り頑張ってはるなという印象。
スプーンで掬うと必ずHITするとろんとろんの牛すじ肉が美味しい~
熟成黒ニンニク感は匂いと味、共にそれ程までに感じられずも、深みのある味(^^)/

今朝はお腹にビッグ・ウェーブが襲い急遽非難したコンビニのトイレに
財布を置き忘れるという失態をおかしてしまい...
気付いたのが2時間後、店を検索し電話を掛けると届いていますよ~
お名前は?で夕刻時に受け取りに。
免許証や保険証、キャッシュカード等、軽くパニック状態!現金はもう諦めるかな?
とも思いながら受け取りに行くと、そのままの状態で返却された。
財布の現金はチョイとしかはいってなかったのですけどーw
お店へ受け取りに行った瞬間、店員さんに「〇〇さんですね」防犯カメラからプリントしていたのかな?
とも思える反応の良さであった。
ワタクシと入れ違いにトイレへ入られたお兄さん、臭かったでしょうけどありがとうー(笑)

R0012280_edited-1.jpg
R0012279_edited-1.jpg

おひさしぶりぶり、東大阪に在るカナメカリーのメニュー!
この他にも日替わり的なものも有り、だったが忘れた(笑)
この日は東大阪でお仕事、ランチはカナメと決めていた、カレーの口に成ってしまうと
もうカレー以外は受け付けないわよ!
というくらい感化されやすい性格にも困ったものだ(笑)

R0012282_edited-1.jpg

黒ニンニクを謳う店であるが、ニンニク感は感じられない。
味の深みは通常の欧風カレーとは一線を化す美味さが有り。

R0012284_edited-1.jpg
R0012285_edited-1.jpg

牛すじ肉という奴は堪らない旨味を出しますな♪
一味唐辛子をこれでもかと振りかけてパクパクとスプーンが進んでしまう美味さである。
ご飯の量はスタンダード250gと中々のボリュームでお腹いっぱい(^^)/

R0012289_edited-1.jpg

【カナメカリー】

大阪府東大阪市加納5-15-11
072-875-7513
営業時間:11:00~15:00[LO14:30]
定休日:日曜日
スポンサーサイト

大衆食堂のチャーハンに惹かれる訳 富士食堂

2018年 01月29日 19:36 (月)

DSC_1438.jpg

「チャーハンくださ~い!」これはもう使命であり宿命でもある(笑)
そりゃね、台湾の鼎泰豊程のチャーハン何てもう世界レベルですよ~
完成され尽くしておりますよ!
でもね、日本の食堂のおっちゃん、おばちゃんが作るチャーハンもまた味がある訳ですよ♪
という事で活動開始~(ただ単にチャーハンが好きなだけかもw)

DSC_1444.jpg

やかんとプラ製の湯呑がテーブル上に、これぞ大衆食堂の正しい姿(笑)
キッコーマン醤油とアジシオに七味、爪楊枝があれば完璧でありそれが揃っていたのである♪

DSC_1436 (1)

富士食堂。
場所は高槻市になるのかな?北大阪の地理には滅法弱くとも毎回ナビのおかげで
何とか仕事が出来ている次第だ。
以前にこの店前を車で通った時から気になっていた食堂である♪
大きな駐車場があり大型トラックも数台停められる程の昨今珍しいタイプ。
トラックやタクシーが停まっているという事は味に期待が出来るのではと密かに狙っていた(^^)/

DSC_1441.jpg

寒い寒い日、思わず豚汁くださ~い!!!
豚ばら肉がた~ぷり、豆腐に薄揚げ、サツマイモ&刻み葱がたっぷりと♪
味噌味濃い目で七味を掛けてほっこりと温まる(^^)/

DSC_1439.jpg
DSC_1443.jpg

そしてチャーハン!
ワタクシが注文後、後から入られたニッカポッカ姿の3人組の2人がチャーハンを注文!
こ、これは物凄いチャーハンが来るのでは?と期待していたら...
まぁごく普通のチャーハンであった(笑)
ご飯は柔らかめで醤油&軽くソース味、厨房でおっちゃんが一生懸命に炒めてくれている姿だけで
ワタクシは満足出来る状況下に流されやすいタイプ(^^)/

DSC_1446.jpg

お店のすぐ東側には新幹線が通り一瞬で過ぎてゆく...
いつも「ドクターイエロー」が通らないかなと淡い期待を持ちつつまだ見た事は無い(笑)

【富士食堂】

大阪府高槻市唐崎南2-7-5
072-678-0181
定休日:土日祝

台北高記 焼き小籠包

2018年 01月28日 17:46 (日)

R0011906_edited-1.jpg

焼き小籠包!
薄皮のものを想像していたが鉄鍋で出されたものは皮の厚いタイプのもので、
さしずめミニ豚まんといったところか。

R0011921_edited-1_20180126182651e77.jpg

高記 復興店2階店内。
この店は2度目の訪問。鼎泰豊本店から南へ徒歩1分という近さ。
鼎泰豊本店の行列に恐れをなした方も多く流れて来る店でもあるのか?
中途半端な時間だったので店内には結構な空きがあり。

R0011923_edited-1_20180126182731d59.jpg

あれこれと注文後、席の後ろを見ると小菜の棚があるではないか♪
台湾ではこのような棚から勝手におかずを取って前菜となる事が許される。
もちろんお金は掛かかるがとてもお安く日本円で200円程。
大衆的なお店では80~100円程だったか♪
日本の大衆食堂の棚からおかずを取るシステムと思ってもらって結構(笑)

R0011902_edited-1.jpg
R0011904_edited-1.jpg

青赤唐辛子とジャコの豆の炒め物と豆腐干糸で台湾ビール(^^)/

R0011910_edited-1_20180126182545bf0.jpg

ゆり根とアスパラの炒め物♪
あぁ~美味しい(^^)/

R0011915_edited-1.jpg
R0011916_edited-1_20180126182653071.jpg

そして桜海老のチャーハン!
実はこの日、すぐ近くの台湾チャーハンランキングの個人店へ行ったのだが既に営業時間終了で
泣く泣く諦めるも台湾のチャーハンのレベルは総じてレベル高くあり。

R0011924_edited-1.jpg
R0011925_edited-1.jpg
R0011926_edited-1_2018012807193406b.jpg

メニュー。

R0011899_edited-1.jpg

台湾ビールは何処で飲んでも美味しく感じられる危なさあり(^^)/

R0011966 (1)

【高記 復興店】

台湾台北市大安區復興南路一段150號
(+886) 0227519393
定休日:無休
営業時間:10:30~22:00

炭火地鶏 鳥英 地鶏がこの値で頂けるなんて

2018年 01月25日 20:42 (木)

R0012230_edited-1.jpg

カリッカリの皮とわさび焼き!
遠火の炭火で焼かれた皮は自らの脂分でまるでフライド状のような食感♪
地鶏でなければこれ程までの脂は出ないのかもしれぬ。
この店の焼き鳥は基本が塩焼き、拘っているなと毎回感心している(^^)/

R0012227_edited-1.jpg

ねぎま、つくね、うずら卵!
身の引き締まった肉質のねぎまに軟骨入りのつくね、
そして在ると必ず頼んでしまううずら卵が大好きなのだった(笑)

R0012244_edited-1.jpg

炭火焼鳥 鳥英。
もう何度も来ている店であり、毎回この肉質に感動している。
しかし、此処はデートや家族連れで行くようなお洒落な店では無い(笑)
チョイとへんこつな大将、以前より接客が丸くなったような気もする(^^)/

R0012223_edited-1.jpg

メニュー。
地鶏がこの値段で提供されるのだ!

R0012220_edited-1.jpg

寒い寒い夜だったがエビスビール♪
このビールを置いているお店は味に拘りを持たれた店が多いように思う。

R0012224_edited-1.jpg

相変わらず見事な白肝入りのさしみ盛り合わせ♪
毎回毎回、この白肝が食べたくて来ているようなものであり、
平飼いの健康な状況で育てられた地鶏の肝は臭みは皆無、
甘味と食感が素晴らしく箸がつい進んでしまうのだ。
付け合わせの瑞々しき玉葱は淡路島産ですな。
ピンク色のさしみとずりの造りもまた逸品(^^)/

R0012232_edited-1.jpg
R0012231_edited-1.jpg

口直しの大根擦り卸しに野菜も摂らなきゃのししとう焼き♪

R0012234_edited-1.jpg
R0012236_edited-1.jpg

きのこのホイル焼きに蓮根ミンチ詰め♪
蓮根は大の好物だが炭火で焼かれるとこんなに甘くなるのね(^^)/

R0012238_edited-1.jpg
R0012239_edited-1.jpg

まだまだ行けるわ!de軟骨に鶏身♪
地鶏ならでは凄い肉質(^^)/
締めにもう一度大好きな皮で幸せな締め(笑)

R0012241_edited-1.jpg

寒い寒い夜だったので鶏白湯スープを頂き...
いざ、店外へ!って感じで今回も美味しゅう頂きました(^^)/
名店では無き焼鳥屋なのだが地鶏の拘りは凄い!
こんなお店が大好きなの(笑)

R0012245_edited-1.jpg

うっ、ブレた写真でまたね~(投げ逃げ~w)

【鳥英 (トリヒデ)】

大阪府堺市北区南花田186-1
072-251-0436
営業時間:17:30~
定休日:水曜日

難波 グリル清起 汚いけれど有名店

2018年 01月23日 20:23 (火)

R0012257_edited-1.jpg

名物のハンバーグステーキ!
牛肉ミンチベースのハンバーグかと思いきや豚ミンチがたっぷりなのね...
焼はオーブンが主、熱せられた鉄板に乗せられてジュウージューと唸りを上げる♪
繋ぎの少なき纏まりの無き肉質はぼろぼろと崩れ豚つくね肉的な味と食感。
これは昭和初期のハンバーグという事にしておきましょうかとワタクシの中で勝手に結論着いた(笑)

R0012278_edited-1.jpg

グリル清起。
この店へは何度か入ろうとするも煙草の自販機がどうにも邪魔であり、
此処は喫煙可なのね、と実は躊躇していた店でもあり。
ワタクシは喫煙者だがランチ時に隣で煙草を吸われるととても嫌だったりする。
わがままと言われればそれまでだが(笑)
今回は意を決して行ってみた!

R0012262_edited-1.jpg

老舗洋食店とは思えぬこの雑な作りのオムライス(笑)

R0012268_edited-1_201801231727580cb.jpg

注文が通ってから鶏肉やピーマン&玉葱をザク切りされるところから始まる調理であるが、
まぁホントに雑ね、といわざるを得ないピーマンの切り方!
ライスに薄口醤油を掛けて炒められる和仕様のオムライスは初めての味だが読める味(笑)
鶏肉ゴロゴロ、形は不細工だが味はイケる(^^)/

R0012259_edited-1.jpg
R0012264_edited-1.jpg

ハンバーグの半分にはデミソース、残りは別器に出された醤油&ウスターソースのタレに浸けて
頂くようだが、肉質うんぬんといったハンバーグではなく、
焼売の中身を焼かれた肉を食べている気がした(笑)
付け合わせは茹で中華麺とキャベツとモヤシ炒め...
的な蒸し野菜を無造作に熱い鉄板に乗せられたものw

R0012270_edited-1.jpg
R0012271_edited-1_20180123193512d50.jpg

そして牡蠣フライ!
このタイプの牡蠣フライはフライパンで薄く油で揚げ焼きされたタイプ。
美味かったのかと問われれば...
美味かったのかと問われれば...
牡蠣はまぁ美味い、という事で(笑)

R0012273_edited-1.jpg

汚いけど美味しいお店的な文句で小さな話題の店として人気なのだろうか。
休日のお昼時、店内は満席、
それ程までにこの味が人を惹きつける要素を感じられなかったのが本音。
もう一度行ってみたいと思える要素が皆無であり、
この味の何が人を惹きつけるのかワタクシには分からなかった。
なのにこの人気、ワタクシもまだまだって事か(笑)

R0012253_edited-2.jpg
R0012275_edited-1.jpg

【グリル清起 (セイキ)】

大阪府大阪市中央区難波4-5-8
06-6643-6119
営業時間:11:30~15:00 17:30~21:00
定休日:土曜日

台北 人和園雲南菜 大人気えんどう豆とチキンのスープ

2018年 01月21日 22:10 (日)

R0012087.jpg

碗豆(ワンドウ)えんどう豆とチキンのスープ。
鶏ガラと塩胡椒、そして殻から剥かれたえんどう豆の優しい味のスープであり、
粒の揃った豆のぷちぷち食感が口中でとても楽しく美味しいスープ。

R0012109_edited-1.jpg

人和園雲南菜。
中国、雲南料理の有名店。
今回の旅行では何度も使ったMRT雙連駅1番出口と2番出口の間の道を東へ徒歩5~6分。
残りの台湾ドルもかなり少なくなって来て、まぁカードも使えるみたいだし行ってみようと♪
するとお会計時、何とカードが使えない!と言われ手持ちの現金で何とか払えたが、
その後MRT20元二人分にも満たない残金(激汗...)
あと一品を注文していたら日本へ帰って来れたか台湾の警察署だったか定かでは無い(笑)
最寄りの銀行で何とかキャッシュ化出来て無事に台北駅まで辿り着く♪
今回は急な旅行だったので利用航空はチャイナエア、台北駅で荷物を預けて
チェックインが出来たのでこれはこれは便利であり。

R0012071_edited-1.jpg
R0012074_edited-2.jpg

旅行最終日、関空着まで8時間、その後は車での帰宅だったのでギリギリの台湾ビール♪
このお店は日本人が本当に多く、独りで来ている日本人女子の姿も。
その殆どが注文していたえんどう豆とチキンのスープ(^^)/

R0012080_edited-1.jpg
R0012073_edited-1.jpg

店員さんは日本語が話せて軽く冗談までも言ってくれるが大して面白くはない(笑)
日本語メニューもあるので安心して注文出来るのだが、
何気におかしな日本語メニューが台湾には多く、
「ソ」じゃなくて「ン」!(笑)

R0012089_edited-1.jpg
R0012076_edited-1.jpg

雲南エリンギ炒め。
炒め?とは書いてあるが実際はフライドされたもので、その食感たるや独特で面白い。
唐辛子味と相成りビールのアテと成りうる。

R0012097_edited-1.jpg
R0012092_edited-1.jpg

台湾のチャーハンはとにかく量が多くお姉さんが一人前を取り分けてくれる。
米はジャポニカ米、「炒」の技術は素晴らしく葱と赤パプリカが入る雲南キノコチャーハンは
とてつもなく美味しく有り(^^)/

R0012104_edited-1.jpg
R0012099_edited-1.jpg

マコモダケと海老炒め。
食べた事の無いメニューにしようと後注文した品だったが、
沖縄や鹿児島ではスタンダードな料理のようだ。
コーンのような甘味と香り、食感は優しく胃にも良さげである。
台湾は日本に比べ海老がお安いのか?ドーンと惜しげもなく出される料理の数々に、
海老ラーとして嬉しい限り(^^)/

R0012078_edited-1.jpg
R0012075_edited-1.jpg
R0012077_edited-1.jpg

ざっとメニュー撮り♪
店側はかなりの親日であろう日本人には行きやすいお店だ。
ランチ時に此処まで来たならば雙連駅北側の朝市へ観光するのも良いだろう。
朝市とは言ってもお昼過ぎまでは営業しているお店が多い。
蒸し立ての落花生が売られていて何と美味しそうであったか!
黒豆の落花生は中々、日本では見掛けられない品だ(^^)/

R0012108_edited-1.jpg
R0012107_edited-1.jpg

【人和園雲南菜】

台湾台湾台北錦州街16號1樓
(+886) 0225682587
MRT雙連駅徒歩10分
営業時間:11:30~14:00 17:30~21:00
定休日:無休