時遊人アッシュの食べ歩き日記

02月 « 2017年03月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 03月

韓国料理まる喜 美味しい参鶏湯

2017年 03月24日 20:23 (金)

R0000587_edited-1_20170323185422a04.jpg

圧力鍋で数十分間煮込まれる参鶏湯。
我が家にも圧力鍋はあるのだが、あんなに圧力を掛けたまま数十分間も煮込んだ事は無い!
丸鶏1匹分、高麗人参の風味と鶏の旨味の凝縮なとろみある白湯スープはコラーゲンたっぷりである♪
圧力鍋から石鍋に移されて地獄の湯のように沸き立っている状態で
どうぞと出されても正に手の付けようのない熱さであった(笑)

ハサミでチョキンと食材を切る文化に慣れていないので中々上手くは行かぬ状況。
鋏を使う事にどうしても品というものを感じられないのではあるが、
置き換えればフレンチのナイフ&フォークも同じようなものだなとも感じられる。
いや、しかし、ナイフ&フォークは料理の為の食器であり、ハサミは!?
紙や髪、日本の食材にハサミを使う文化はそう無いハズ、だが国が違えば文化も違う。
異国の文化を否定している訳では無いのだが、
これも受け入れないと...な思いだが、ビジュアル的にどうしても美しく感じられないのだ。
でも料理は凄~く美味しかったの(笑)

R0000559_edited-1_201703231851048e5.jpg

韓国家庭料理まる喜。
地下鉄あびこ駅から長居駅方面へ北へ徒歩5~6分かな?
ワタクシ、タクシーでドーンと乗り付けちゃったのでよく分かんな~い♪
りくろ~おっちゃんのお店の近くでしたね(笑)

R0000567_edited-1_20170323185141f64.jpg
R0000569_edited-1_20170323185140b11.jpg

さてさて、キムチの盛り合わせを♪
乳化具合程良く、辛みの中に自然な甘味を感じられるタイプの本格韓国キムチであり、
胡麻油の効いた玉子焼きは空気を含ませたふわっふわの食感で本当に美味しい(^^)/

R0000571_edited-1_20170323185230599.jpg
R0000573_edited-1.jpg

海鮮チヂミも注文後にイチから作られるのだ。
大阪でも鶴橋市場やコリアタウンなどでも頂けるが、その殆どが焼き置き状態である為に、
油が生地に回り過ぎて油っこいイメージだったのだが、作り立てのチヂミはやはり美味しい!
具材は海老と烏賊がたっぷりと♪
外はパリっと中はふわっふわ、こんなに美味しいチヂミを食べたのは韓国旅行以来である。

R0000578_edited-1_20170323185227b0c.jpg

ビールから生マッコリへと移るのは自然な現象である♪
しかし、この飲みやすいマッコリをマミーのように飲んでしまうと足に来るのだ(笑)
それ程に美味しかった(^^)/

R0000596_edited-1_20170323185424979.jpg

参鶏湯は注文後30分以上の時間が掛かるとの事でキンパを注文♪
テカテカの韓国海苔に巻かれたキンパも注文後にちゃんと巻かれるのだ。
作り置きのない、店の姿勢は本当に素晴らしい(^^)/

R0000582_edited-1_20170323185345428.jpg
R0000590_edited-1_20170323185343502.jpg
R0000592_edited-1_201703231853420ae.jpg

石鍋の中でグツグツと燃えたぎる参鶏湯!!!
白葱に人参がトッピング、白胡麻と黒胡椒のシンプルな味付けは余計なものが入らない、
鶏の旨味を直に味わえる美味しさがあり(^^)/

R0000563_edited-1_201703231851444a6.jpg
R0000560_edited-1_20170323185103761.jpg
R0000561_edited-1_201703231851036fb.jpg
R0000562_edited-1_201703231851020f5.jpg

メニュー。
あびこにこのような美味しい韓国料理のお店が在ったなんて~
韓国人が日本嫌いなのか、日本人が韓国人嫌いなのか?
国と国とのレベルでは相変わらずもめているようだが、民間レベルでそう感じられないのだが。
同じような顔をした同じアジア人、お隣の国ですやん♪
ヒューマン・リーグに生まれて来た同志じゃない!
お互いにどうでもよき差別など無くなり、もっと仲良く出来ればイイのにネ!
お会計は二人で6千円半ばでしたか~予約は必ず♪
此処は再訪問、間違いなし!(^^)/

R0000557_edited-1_20170323185105f42.jpg

【韓国料理 まる喜】

大阪府大阪市住吉区苅田3-16-26 1F
06-6695-5788
営業時間:17:00~23:00(L.O22:30)
定休日:火曜日
スポンサーサイト

横山展望台

2017年 03月22日 21:00 (水)

P3190023_edited-1.jpg











P3190011_edited-1.jpg












P3190068_edited-1.jpg














P3190026_edited-1.jpg












P3190047_edited-1.jpg














P3190002_edited-1.jpg
















P3190071_edited-1.jpg

















P3190056_edited-1_20170322191953175.jpg









【横山展望台】

志摩市阿児町鵜方875-20
0599-46-0570(志摩市観光協会)
近鉄鵜方駅からタクシー10分、または近鉄志摩横山駅下車徒歩40分
駐車場:あり(無料)

小麦粉の凝縮!牛すじカレーうどん 讃岐うどん美曽乃

2017年 03月21日 19:48 (火)

R0000673_edited-1.jpg

牛すじカレーうどん(880円)
ザクっと切られたたっぷりの牛すじ肉は甘辛くそして柔らかく煮込まれており、
これまたたっぷりの薄上げと玉葱、笹切りの青葱が如何にも和のカレーうどんらしいビジュアル♪

久しぶりに美曽乃のカレーうどんを食したく店へ向かうも満席だ!
チョイと出直して来ますね~で財布の中身がかなり寂しくなっていたので銀行へと向かう途中、
横断歩道の向こうに何処かで見かけた顔の男性が立っていて...
あの個性的な髭面は思い出すのに数秒の時間も掛からずクッチーナペペのマスターであった(笑)
クッチーナペペの記事はコチラ→http://ahukk.blog7.fc2.com/blog-entry-1568.html
「マスター!!」「おお~久しぶり~」
5分程の立ち話で現在の状況を少々...
相変わらず広島や京都へ出張料理へと出向かれているようで店の営業は予約の電話を頂ければ
おひとりさまからでも時間に合わせて開けられているとの事。
「また伺いますね~♪」と再会を約束し楽しんだ午後のひと時(^^)/

R0000668_edited-1.jpg

牛すじカレーうどんとライスを注文、炭水化物が被るじゃないか!
しかしカレーうどんにはやはり白ご飯がとっても合ってしまうのであった(笑)
飛び跳ね防止用の使い捨ての前掛けを頭からかぶりいざ♪

R0000672_edited-1.jpg
R0000677_edited-1.jpg

和の風味は節系といりこ出汁か、そしてスパイス感が強めに味付けされていた。
辛さはそう無いのだが、う~ん、こんなにスパイス感は強かったかな!?
そして太さが不均等なw剛麺は注文後に製麺室でカットされ大釜で泳がすように湯がかれるのだ。
何しろこの剛麺だ、湯がく時間も10分以上、この店への訪問は時間に余裕を持たなければならない。
1本が長い長い剛麺はお箸で4~5本掴み口の中へ入れてしまうと軽くパニックになってしまう程だ(笑)
小麦粉の凝縮!的な麺の風味は強くそしてコシの強さは堺で一番であろう剛麺である!!!
あぁ~美味しい美味しい(^^)/

R0000679_edited-1.jpg
R0000681_edited-1.jpg

製麺室からは手打ちうどん専用粉、香川産の白椿小麦の袋が見える♪
そして麺帯から手切りのうどん、時折、不揃いでもそりゃ美味しい訳ね(笑)

R0000683_edited-1_20170320175049d78.jpg

【美曽乃 (みその)】

大阪府堺市堺区東雲西町1-8-72
072-238-7488
JR阪和線堺市駅 北へ 徒歩3分
営業時間:11:30〜14:30 18:00〜21:30
定休日:木曜日

的矢牡蠣を求めて伊勢志摩へ 川うめ

2017年 03月20日 20:40 (月)

R0000617.jpg

牡蠣御膳(2800円)
焼牡蠣、酢牡蠣、牡蠣フライ、牡蠣の茶碗蒸しに牡蠣の陶板焼きが付くセット♪
牡蠣は全て日本一美味い的矢産の牡蠣である。
ワタクシ、この三重県伊勢志摩にある的矢産の牡蠣が大の好物でありまして~
この的矢の牡蠣は関西に流通する事が少なく一部のお店では頂けるものではあるが、
やはり本場で頂いてみたいものだと思い車を走らせた!

西名阪から名阪国道、伊勢自動車道の伊勢西インターからの渋滞が酷かった、
伊勢神宮への参拝者の数は思っていた以上に多く近隣は大渋滞だ。
内宮駐車場の待ち時間は120分と出ている...
このような渋滞に巻き込まれている場合では無い、店への予約時間が刻々と迫る!
ワタクシは伊勢神宮では無くその先の的矢の牡蠣がどうしても食べたいのよ!と
思いつつも車は前に進まない...
伊勢神宮は日本有数の観光処でありこのルートを選択した自分のミスだ。
週末に志摩方面へと向かうならば玉城インターで降り県道を南下するルートも
良いのでは無いかと今回、学習出来た次第だ(笑)

R0000601.jpg

うなぎ料理川うめ。
此処か!?此処だな、まるで昭和の民宿を彷彿させる外観でありw
このお店、実は大人気で待たされるご年配のお客さんも多く在り、
ワタクシは当日予約の為、すんなりと入れてそれは良かったのだが、
たった1本の電話で済む事なのに年をとるとそれが億劫になってしまうのか?
ワタクシもいずれそう成ってしまうのかも(笑)

R0000608.jpg
R0000609.jpg
R0000605.jpg

メニュー。
三重県はやはり東海地方に属するので鰻への文化が関西より発達しているように思う値段設定であり、
鰻の特重なるものが2千円代で頂ける!
大阪や京都のチョイと名の知れた鰻店ならば4千円後半の値段設定であろう。

R0000621.jpg

ワタクシは的矢かき御膳、奥さんは鰻のまんぞくセット...
それにプラスしてジャンボ海老フライとう巻きを単品注文してしまいテーブル上は大変な事に(笑)

R0000635.jpg
R0000646.jpg
R0000642.jpg

さぁ、牡蠣を喰うぞ!!
どどーんと!あの的矢の焼牡蠣に陶板焼き、牡蠣フライ!!
丸々と太られたプリっぷりのあの的矢の牡蠣だ!
汁は少なく身の中に旨味が凝縮されており、それはそれは大そうに美味いものだ(^^)/
森と海のミネラル感を直に感じられる何とも滋味深き味!!!!!

R0000626.jpg
R0000623_edited-1.jpg

川うめ丼定食。
ひつまぶしなうな丼の味付けでは無い刻み海苔。
うなぎタレに山葵を溶いて掛けるのが川うめ琉、
蒸しの工程が入るもふっくらとした何とも美味いひつまぶし状の鰻だ。
爽やかな山葵の風味が何とも心地よい(^^)/

R0000613.jpg
R0000615.jpg

やってしまった感あるジャンボ海老フライと、う巻きは単品注文♪
25cm級の大海老フライは3匹、海老の質は良好だが身と衣の繋ぎに重さを感じられた。
う巻きは薄味で寿司屋の「玉」のような出汁感ありなもので関西と東海の文化の違いであろう、
甘味が少なく素材の旨味がより直に感じられて、とても好みの味だ(^^)/

R0000604.jpg

天保元年創業の鰻の名店であり間違いの無き鰻料理。
的矢の牡蠣料理はもちろん期間限定である。
牡蠣はミネラル豊富な広葉樹からの雪解け水が湾内へ流れ豊富なプランクトンを吸い込んで、
春先が実は一番に美味いのだ(^^)/

R0000602.jpg

【川うめ (かわうめ)】

三重県志摩市磯部町迫間3-3
0599-55-0007
営業時間:11:00~19:15(O.S.)
定休日:不定休

美味いチャーハンを追い求める旅 天源の白チャーハン

2017年 03月15日 21:08 (水)

R0000543_edited-1_20170315192120e92.jpg

カニ・レタスチャーハン!(単品では600円)
これはもしかして大当たりのチャーハンでは無かろうか♪
化調の匂いが全くしない、味付けは塩と動物系のスープのみかも知れない。
薄味そうに見えるがしっかりと塩分の味付けがなされており、
脂で1粒1粒がコーティングされた米粒はしなやかな弾力を持っている。
美味い、これは実に美味いチャーハンだ!!!!!
これはまるで台湾で頂いたレベルではないか♪
まさか、このような下町でこのレベルのチャーハンが頂けるとは思ってもいなかった(^^)/

R0000552_edited-1.jpg

中華料理 天源。
大阪松原市の高見の里駅前にある中華料理屋さん。
この店はまだ出来て2~3年でしょうか。
派手な外観だなと車で店前を通る度に感じていて、このセンスは中華系の方が経営されているのかなと
思っていたのだが正にその通りであったw

R0000531_edited-1.jpg
R0000533_edited-1_201703151920185a0.jpg

店内の所狭しな空間には写真入りの大きなメニューが張れており、
こんなの全部は写せない(笑)
片言日本語な女将さんが短冊状のメニューを持って来てくれた♪
とにかく種類が多く、50種類以上はあるのではなかろうか!
300円代から一品が豊富であり、ビールセットなるものもかなり豊富である。

R0000538_edited-1.jpg

ランチ時だったのでカニ・チャーハンセットを♪
チャーハンと台湾風な醤油中華そばのセットに杏仁豆腐が付いて来る(^^)/

R0000541_edited-1_20170315192121be9.jpg
R0000548_edited-1_20170315192214fd5.jpg

シャキッ!となレタスにふんわり卵、蟹身は蒲鉾ではない(笑)
赤みは人参、出汁スープが複雑で豚肉スープ系のように感じられたが、どうだろう。
醤油と化調の入らない薄味のチャーハンではあるが、本当に美味い!!!!!
余分なものが入らない美味しさ。
ワタクシ、このようなチャーハンを常に求めていたのだ!
マニアック過ぎてすいません(笑)

R0000545_edited-1_2017031519221701d.jpg
R0000547_edited-1_2017031519221547a.jpg

豚肉系のお出汁にチョイとラー油が表面に浮かび、たっぷりなモヤシに豚バラ肉の醤油焼きが
チャーシュー的なトッピング♪
ミニな器ではあったが麺は袋麺1人前の量、麺の弱さはまぁ置いておいて(笑)
スープは3枚肉の豚バラベースのスープでガラ系の旨味が抽出された味。
日本人が考える醤油ラーメンとは一線を化す!
台北で頂いた日本の観光客が絶対に行かないような大衆食堂のラー麺と似ていて懐かしくも思い(^^)/

R0000520_edited-1_20170315192021e5c.jpg
R0000519_edited-1.jpg

チャーハンのセット・メニューをチョイと写して~
この焼き餃子の形はいったい、どうなっているのか?
肉厚な皮の水餃子は実に美味しそうだ。
共にチャーハンは実に美味しそうだ!!!!!
値段や格式など、どうでも良い、わたくしは美味いチャーハンが頂ければそれで良いのだ♪
チャーハンの旅はいつまでも続く(^^)/

R0000514_edited-1_201703151919310da.jpg

【天源】

大阪府松原市高見の里3-4-41
072-294-6915
営業時間:11:00~14:30 17:00~23:30
定休日:無休

私的最上級のコルチョーネ・ピッツア ガレリア富田林

2017年 03月14日 17:44 (火)

R0000498_edited-1_20170313171652bf1.jpg

パリっと焼かれた空気をたっぷりと含むコルチョーネ!
表面は香ばしく中の生地には繊細な膨らみと伸びそして小麦の甘さあり♪
小麦は北海道産はるゆたかを使われた何とも自然な甘さの小麦であろうか。
もの凄いピッツアに出会ってしまった(^^)/

R0000508_edited-1_20170313171744a87.jpg

ガレリア 富田林。
つい先日、TVで「LIFE~夢のカタチ」なる番組を見ていて...福島区のお店が紹介されていた。
此処は行ってみたい!と成り、福島より近い富田林店へと♪
バジルなどの野菜は店の2階で自家栽培をされている拘りよう。
ワタクシ、実は固形のチーズは苦手で食べられないのだが、
焼いて溶けるとこれが大の好物となる変わった食志向でもあるのだ(笑)

場所は富田林の309号線沿いからチョイと東へ上がった所。
店はエコールロゼなるイオン系ショッピング・モールの北側に位置する。
コインパーキングが周りに見当たらなく仕方なくイオンの駐車場へと車を入れて...
帰りに何か買い物をすればイイっかな~しかし平面の駐車場は駐車券システムなどは無かったのだ。
う~ん、さすが郊外、緩い(笑)
しかしちゃんと買い物をして出ましたよ~(^^)/

R0000473_edited-1_20170313171417404.jpg

このお店、珍しい前金システムなんですよー!
好みのピッツアと前菜、ドリンク&デザートもスタンダード以外は課金されてゆくシステム。
中々に商売上手ですな(笑)

R0000488_edited-1_20170313171545753.jpg

パルマ産の生ハムと季節のフルーツサラダ。
生ハムたっぷり、多種多様な生野菜に林檎やオリーブ、ズッキーニやトマト、いんげん豆等...
見て食べて美味しい、味付けの薄さは野菜への自信であろうか!

R0000490_edited-1.jpg
R0000494_edited-1_20170313171542228.jpg

鹿児島産黒豚の自家製ソーセージと焼き野菜。
ワタクシがソーセージが大好きで自家製と成ればいくら値が掛かっても頼んでしまう(笑)
バジルの風味が効いた肉々しい脂が滴るタイプの実に美味きソーセージである。
一般市販されているようなソーセージの塩分濃度は無く、肉の味でこれは勝負されている!
いつか自分でも作ってみようと企んでいるのだが羊の腸が手に入らないの(笑)

R0000496_edited-1_2017031317165314f.jpg

さてさて、マルゲリータ!
コルチョーネに覆われる形のマルゲリータのトマトソースはオリーブオイルをたっぷりと
含まれてチーズとバジルはまるで浮かんでいるような形態。
トマトソースにおけるオリーブ・オイルが多めなので飛び跳ねには注意が必要だ(笑)
それにしても、この生地の美味さは特上の美味さである。

R0000502_edited-1_20170313171747499.jpg
R0000501_edited-1_201703131717487ea.jpg

キノコのビアンカ♪
モッツァレラ・グラナパダーノ、きのこたっぷりのピッツァ!
荒引の黒胡椒がアクセントと成り、数種のたっぷりなキノコ類♪
素材に相当な自信が有るのでしょう。黒胡椒がたっぷりと掛かるも味付けは薄味であり、
数種の生キノコの美味さを生かす味わいでもあり、これが実に美味しい(^^)/

R0000505_edited-1_20170313171745400.jpg

デザートはイタリア・シチリアの伝統菓子カンノーリとイチゴの自家製ジェラートで締め。

R0000480_edited-1_20170313171455e1b.jpg
R0000475_edited-1_20170313171416c5c.jpg

店側のオペレーション&接客はかなりしっかりとされている印象♪
待ち人に対するシステムも心得たもの。
よく人気のラーメン屋などで一人が並んでいてその仲間が後でその方に合流し、
実質的な割り込みとなり後ろで並ばれている方が悔しい思いをされるのを防ぐ意味でも
このような店側の対応は素晴らしく思う(^^)/

R0000471_edited-1_20170313171419da2.jpg
R0000472_edited-1_20170313171419cb4.jpg
R0000477_edited-1_20170313171415417.jpg

メニュー。
ピッツァの種類は10種を超え、ドリンクと前菜、デザートも数種から選び放題だが課金されるシステム(笑)
お会計は二人で4800円、ランチとしては少々、お高めだが交通の便の悪さが幸いして
ワインをボトルで開けられなくてそれは良かったかな(笑)

R0000512_edited-1_201703131718121a5.jpg

駐車場からPLの塔がそびえ立つのが見える。
そういえば大昔、PLランドなる遊園地が在りましたな~行った事は無いのですけど。
PLの塔は今でも富田林のランドマークですね(^^)/

【ガレリア 富田林】

大阪府富田林市向陽台2-2-7
0721-28-3828
営業時間:11:00~14:30(L.O 14:00) 17:30~21:00(L.O 20:00)
定休日:火曜日