時遊人アッシュの食べ歩き日記

12月 « 2017年01月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 02月

洗練、十割蕎麦 芦屋川むら玄

2017年 01月30日 19:33 (月)

R0001320_edited-1.jpg

通常の盛り蕎麦とざるそばの違いは浅草海苔の有無だけのようで蕎麦の上に刻み海苔が
掛かっていない事を確認しての注文♪
関西にはあまり馴染みのない浅草海苔であり興味本位で頼んでみた訳だ。
西の文化圏である関西はやはり九州有明産の海苔が出回る事が多くあり、
しかし味付け海苔との形であればそう違いが分からなかったのが本音(笑)

R0001291_edited-1.jpg

芦屋川むら玄。
阪神高速を芦屋で降り阪神電車を超え、JRを超え、阪急を超えて山手の道を進む進む...
芦有ドライブウェイの入り口まで来てしまったがその手前に左に折れる道へと引き返して
無事に辿り着いた♪
情報によると芦屋川駅から徒歩1時間30分との事...そんなに歩けるかー!!(笑)
なのでほとんどの客は車かバスである。

R0001299_edited-2.jpg

店裏の駐車場...
外車のショールームか?と思える高級車がずらり!
ベントレー、ベンツ、ポルシェ、BMWにアウディー、ボルボも有ったかな~さすが芦屋である!
しかしワタクシのボロいWVゴルフも一応外車なので仲間に加えさせてもらっておく(笑)
客層もよろしく芦屋マダム達の此処はたまり場か?
白髪の何とも品のあるおばあ様が多かったですね~
金持ち髪染めず!な感じでしょうか(笑)

R0001307_edited-2.jpg

窓の外は芦屋の山林、テラス席もあり桜の時期や紅葉の季節には気持ちの良いものであろう。

R0001313_edited-1.jpg
R0001317_edited-1.jpg

十割ざるそば(1100円)
僅かに青み掛かる蕎麦は十割蕎麦とは思えぬ綺麗な手練れの蕎麦!
繋ぎ無しでこの美しさはそうそうありえない!
新蕎麦が配合されての十割蕎麦なようだが香りは飛びぬけた程では無いが、
コシは逆に飛び抜けて素晴らしい!!!!
キレのある鰹香るタイプのつゆへ漬けてズルズルと一気に頂けてしまえる美味さがあり(^^)/

R0001308_edited-1.jpg
R0001311_edited-1.jpg

この店の名物らしい玉子焼き(900円)
卵3つ分はあろうかと思える大きな玉子焼き、出汁感少々あり、甘味は砂糖か味醂か、
出汁巻きか玉子焼きかと問われれば、これは玉子焼きの分類であろう。
辛い辛い大根卸しに醤油を数的垂らして乗せ...
人が作ってくれた玉子焼きはいつも何故にこんなに美味しいのだろう(笑)

R0001323_edited-1.jpg

特製野菜五種スープの雉、南蛮そば(1600円)
五種の野菜がトッピングされていると思いきや出汁に大根、人参、ニラ、なめこ等で出汁を
取られた汁の蕎麦らしく...柚子の香りが仄かに香り...
雉の肉は初めて頂いた!

R0001324_edited-1.jpg

鴨肉程の癖が無く淡白で歯応え良く実に美味い肉質である。
その動物的出汁も汁に移り、焼き葱、三つ葉の風味と相成り実に美味しい蕎麦である(^^)/

R0001332_edited-1.jpg
R0001336_edited-1.jpg

チョイと物足りずで追加注文した湯葉そば!(まだ食べるんかいっ!w)
綺麗に湯葉が盛りつけられて三つ葉と柚子皮が香り担当♪

R0001337_edited-1.jpg

コチラの出汁は鰹ベース、実にあっさりとした旨味の出汁だが
先程の特製野菜五種スープの雉、南蛮そばを頂いた後ではどうにも物足りない感が湧き出る。
「七味をくださいな」と綺麗な店員さんにお願いすると、
京都、原了郭の黒七味がトンと置かれた♪
ワタクシ、この黒七味が大好きなんですよー(^^)

R0001302_edited-1.jpg
R0001303_edited-1.jpg

メニュー。
お酒も良いものが有るのだが、此処へ車なしで来る気力はありません(笑)
味に拘る蕎麦屋は美味き水を求めてどんどん山奥へ行っちゃうのよ~
そればかりは、もうしょうがない♪
蕎麦を打つ水、湯がく水、締める水、汁の水!

R0001331_edited-1.jpg

蕎麦湯はもう2~3組後がベストな美味しさであったかも知れぬ(笑)

R0001338_edited-1.jpg

器には所々に金継ぎをされている、何とも味のある器。

R0001298_edited-1.jpg

電動の石臼機で真っ白な蕎麦粉が出来上がってゆく工程。
蕎麦は熱を発しないよう石臼がこの現代社会でもやはりベストなようだ♪

R0001314_edited-1.jpg

【芦屋川 むら玄 (むらげん)】

兵庫県芦屋市奥池南町1-23
0797-25-0232
阪急芦屋川駅から阪急バスで約15分(お昼は30分に1本あり)
阪急芦屋川駅・JR芦屋駅・阪神芦屋駅から徒歩1時間半
芦屋川駅から2,993m
営業時間:11:30~15:00
定休日:火曜日  
スポンサーサイト

堺港湾 喫茶すずらんの美味しい焼めし

2017年 01月27日 18:16 (金)

R0001281_edited-1.jpg

大阪港で働く港湾労働者の方々を対象に食堂等を行っている施設をご存じだろうか?
大阪港湾福利厚生協会は財団法人である。
通常の大衆食堂とはまた違った雰囲気を感じられる施設だ。
此処、堺市にもこのような施設が2軒あり、もう1軒は随分と昔に行った事があったのだが、
またもう1軒、偶然に見付けてしまったならば入らなければ気が済まないじゃない(笑)
湾岸線の真下、大浜と三宝の間くらいですかね~周りは倉庫街だ。

R0001288_edited-1.jpg

すぐ西側は運河、その先は新日鉄住金の堺工場。
そのまだ西側にはシャープの堺工場。
話は変わるが西田辺に在ったシャープの本社はとうとう解体が始められているようだ。
目の付け処が...実は悪かったのね、残念。

R0001262_edited-1.jpg
R0001266_edited-1.jpg

階段をとんとんと上がり、人の姿は無し!
焼肉定食が550円って...
何か独特な雰囲気があるな~と思いながらもルンルンと扉を開けてしまうのであった(笑)
好奇心の方が勝ってしまうの(^^)/

R0001268_edited-1.jpg
R0001269_edited-1.jpg

昭和のレトロ喫茶のようなテーブルと椅子だがメニューは完全に食堂的である(笑)
おっ、珈琲はサイフォン式ね♪
一番、高いメニューで550円ですよー!!
出来るだけ優しい口調で...「焼きめしくださ~い」

R0001276_edited-1.jpg
R0001273_edited-1.jpg

マスターが一生懸命に炒めている、新聞を読んでいる姿で
鍋振りをチラ見しながら欠かさないチャーハンター活動(笑)
丸み有るふっくらな米粒が適度な油を帯びそれぞれに独立した米粒の美味さがあり!
塩胡椒、僅かな醤油、味付けはシンプルなものだが喫茶という名らしく油はバターベースである。
港湾関係の体力仕事な方向けであろう、量もしっかりと1合弱はあり!
こりゃ、美味いわ!!!

R0001270_edited-1.jpg

お味噌汁は豆腐、揚げ、若芽だがこれをスプーンで飲むのね!?
う~ん。。。と思いながらも郷に入っては従え!(笑)

R0001264_edited-1.jpg
R0001280_edited-1.jpg

大阪港湾福利厚生協会の施設には何故か散髪屋さんがセットになっている所が多い。
飯食って、さっぱりと散髪ですかー♪
後は銭湯も付いていれば言う事なしですね(笑)

R0001287_edited-1.jpg

ワタクシのチャーハンター活動!
格式や値段などどうでもよい...
ただ、美味いチャーハンが食べられればそれだけで良いのだ(^^)/

R0001277_edited-1.jpg

【喫茶すずらん】

堺1区港湾労働者福祉会館内
大阪府堺市堺区塩浜町
営業時間:だいたい朝から夕方まで
定休日:日祝

フレンチ食堂エスカルゴ シャンパーニュとエスカルゴ料理

2017年 01月24日 17:00 (火)

R0001187_edited-1.jpg

エスカルゴと茸のホワイトソース煮込み!
数種の茸にたっぷりな量のエスカルゴがバターのしっかりと効いたホワイトソースに絡み、
塩分濃度もそこそこに生パセリの鮮な風味、かりっかりのクルトンが食欲を掻き立てる(^^)/
美味しい美味しい~家では絶対に出来ない料理だわ♪
前菜はいつもエスカルゴのオーブン焼きだったがこの日はチョイと変化を求めてしまった(笑)

R0001182_edited-1.jpg
R0001185_edited-1.jpg

シャンパーニュはブーブ・オーフレイ!
へぇ~このシャンパーニュは飲んだことが無かったな~deボトルで注文♪
「お連れさんが来られてからお持ちしますか?」
「いえ、直ぐに持って来てくださいな♪」
いつも微妙に数分遅れてくる奥さんをワタクシは待たない主義である(笑)
予約時間の5分前には必ず行くタイプのワタクシ...
店での待ち合わせでは彼女はいつも必ず微妙に数分、遅れてくるのですよ。
微妙な数分がワタクシには待てないw
その僅か数分な事を問い正すのもどうかなと思い今に至るのであったw
高級なシャンパーニュでは無いが酸味の強めな何処かレモンの風味、梨の円やかさと深み、
果実味が前面によく出ているなという印象♪
これがボトルで5せんえんとは信じられないアビコならではの価格設定(笑)

R0001183_edited-1.jpg

店内はフランスの片田舎的な風貌。ってフランスへは行った事は無いんですけどー!!
お隣の席のご夫婦、奥様が誕生日だったようで小さなオルゴールから
「ハッピーバースディ」が流れていた♪店主の粋な計らいである(^^)/
「あらっ、おめでとうございます!」パチパチパチ~♪
ワタクシ、自分の誕生日を祝ってもらうのは苦手であるのだが、人の誕生日はイイもんですな(笑)

R0001192.jpg

奥さんは前菜の盛り合わせ♪
キッシュにパテ、ババロアに香辛料の効いた人参しりしりみたいな~
はい、茸のクリーム煮と交換交換(^^)/

R0001189.jpg

自家製のバケットがまた美味しい!
カリ~~~カリっ!な塩分の効いた皮にしなやかな中身♪

R0001196_edited-1.jpg
R0001201_edited-1.jpg

ワタクシのメインは牛ホホ肉の赤ワイン煮♪
筋に沿い解れる柔らかなホホ肉は赤身で淡白でありながらトロリとしたゼラチン質の旨味あり(^^)/

R0001199_edited-1.jpg
R0001203_edited-1.jpg

コチラは本日の魚料理。
ブイヨンで煮込まれた数種の魚が一度に頂ける豪華なもの♪
この店の料理は味付けが濃い目でありワインと合わすのがBESTであろう!
赤や白と変化をもたらすのが良いとは思うのだが何杯も頼むのが億劫で...
そして(こいつどんだけ飲むねんっ、と思われたくなくてw)
ついボトルで泡をくださいなとなってしまうのであった(笑)
シャンパーニュの凄いところは肉でも魚でも和食でも中華でも、もちろん洋食にでも
何にでも適合してしまうのだ♪
この翌日にも2本飲んでしまった程にワタクシはシャンパーニュの虜となっているw

R0001206_edited-1.jpg
R0001210_edited-1.jpg

デザートはほうじ茶のブランマンジェにアイスクリーム♪
HOT珈琲と合わせてほっこり(^^)/

R0001178_edited-1.jpg
R0001172_edited-1.jpg

夜のディナーBコースde3500円が基本なコース♪
チョイとプラスなお値段になりましたけれども~
此処は下町の名店、お勧めできます(^^)/

【エスカルゴ】

大阪府大阪市住吉区苅田7-7-5 西村第2マンション1F
06-6697-7723
営業時間:11:30~15:00(LO14:00) 18:00~22:30(LO21:00)
定休日:木曜日

牡蠣牡蠣牡蠣!!牡蠣だらけの牡蠣そば

2017年 01月22日 17:30 (日)

R0001220_edited-1.jpg

今年も本格的な牡蠣の季節がやってきました(笑)
鉢一杯の牡蠣牡蠣牡蠣!
大チューブ牡蠣1本分の牡蠣が入る溢れる程の牡蠣エキス満載である(^^)/

R0001236_edited-1.jpg

信濃そば。
場所は松原警察署の斜め前、近くの郵便局員さんと警察官が多いお店♪
指名手配中の方はご用心を(←毎年、書いている気がする笑)

R0001218_edited-1.jpg
R0001214_edited-1.jpg

緑色の外観と店内w
メニューも何年と変わりなく♪

R0001221_edited-1.jpg
R0001229_edited-1.jpg

はい、牡蠣そば大盛りね!とニコニコ顔のご主人!!
決して大盛りは頼んでいないのだが此処は通常の店の1.5倍の量が有るのだ♪
見渡す限り牡蠣だらけである!その数、15~16個は入っていたのではなかろうか(^^)/
牡蠣の他の具材は長ネギに春菊、玉葱、少々甘めな出汁は時の経過により
牡蠣エキスで白濁してゆくのだ!

R0001232_edited-1.jpg

たっぷりな七味で香りと辛みを効かせて
柔らかな茹で加減の蕎麦をズルズルと掻き込む!
あ~本当にしあわせ(^^)/

R0001237_edited-1.jpg

はい、今年も信濃そばでの牡蠣そば活動も無事に終了となり♪
牡蠣好きには堪らない!ではまた来年~(^^)/

【信濃そば (しなのそば)】

大阪府松原市上田1-4-8
072-335-8500

此処も堺の老舗 深清鮨の穴子箱

2017年 01月20日 19:46 (金)

R0001157_edited-1.jpg

漠然と穴子が食べたいなと思いながらも車を走らせていた午後...
鰻もイイけど穴子もネ!
ふるさと納税でもうすぐ鰻がドーンと届く予定なので食べたくも我慢している今日この頃♪
後は河豚なのよ!!これもふるさと納税で淡路島の3年トラフグが届くハズなのだが...
いつ届くのかが読めない現状!
届くまで鰻と河豚はじっと我慢しなければと思いながらも、
これはかなりな拷問である(笑

さてさて久しぶりの深清鮨、仕事中にこの辺りを通る機会があり、
平日午後の4時過ぎに寄ってみたが穴子にぎりは既に売り切れ(泣)
押し鮨ならばありますよ~「ください!!」

R0001138_edited-1.jpg

深清鮨(ふかせずし)
昭和23年創業、持ち帰り専門の此処もまた堺の老舗である。
店先では愛想の良き鮨職人さん、黙々と寿司を巻いている♪

R0001134_edited-1.jpg
R0001135_edited-1.jpg

店内は狭い、畳2畳分程か、チャキチャキのお姉さんが対応してくれる♪
奥の部屋にはおこたが有り丸見えである(笑)
そして調理場では明日の穴子の下ごしらえ中であった(^^)/

R0001140_edited-1.jpg
R0001146_edited-1.jpg

ちゃんと紙巻で包装してくれる、中はパックだがw
昔はどうされていたのでしょうね!?
笹葉に入れられていたとか?ならばその時代にも生きていたかったかな(^^)/

R0001160_edited-1.jpg
R0001162_edited-1.jpg

美味しい美味しい深清鮨はちゃんとお皿へ移して頂きましょうか(^^)/
江戸前の握りも良いが大阪は押し鮨な文化、シャリの間に炊かれたかんぴょうが入り、
見事な手練れの技で完成される。
外食で作り立てを頂ける押し鮨(箱寿司)は一度、極めたいなと思ってはいるが、未だ実現出来ていない。

鉄火巻きと、胡瓜巻き!
「山葵は入れますか?」「たっぷりと入れてください!」

R0001169_edited-1.jpg

巻き寿司の美味さは何といっても海苔の美味さが多大に影響する!
巻き寿司を侮ってはいけない...
海苔とシャリのバランス、甘過ぎず濃すぎず、これがエエ塩梅♪
艶々の黒々とした海苔の美味さが深清鮨にはやはり有った喜び(^^)/

R0001144_edited-1.jpg

メニュー。
海老箱にばってらも、とても気になりますね~
次回はやっぱい美味しい上あなご握りと共に狙ってみましょう(^^)/

【深清鮨】

大阪府堺市堺区出島町1-1-22
072-241-4593
営業時間:9:30~18:00
定休日: 火曜日

あぁ~天津カレー焼きめし ニュー上海 住吉店

2017年 01月17日 20:00 (火)

R0001123_edited-1.jpg

天津カレー焼き飯(750円)
なるほど、こう来たか!!!
溶き卵の中に海老と細切りのニンジンとネギが無造作に放り込まれたようなビジュアル。
う~ん...大衆中華の領域だったか!
ニュー上海はカレーチャーハンの大元みたいな店ですからね~
或る程度の覚悟はしていたのだが。
そして量が多い!多すぎる!!ご飯は並で1合は充分にあるのではないか!!!
気をしっかりと持たなければ太刀打ち出来そうに無い(笑)

R0001133_edited-1.jpg

ニュー上海 住吉店
つい最近までこの店の存在は知りませんでした...
まさかニュー上海が住吉区に在ったとは!
場所は長居の交差点を千躰方面へと西へ、ネッツトヨタが角に在る交差点を北へ上がったところ。

R0001113_edited-1_20170117190725bda.jpg
R0001116_edited-1.jpg

タンメン!
チャンポンのようなビジュアルであるが味は塩味。
たっぷりの野菜が乗り底から混ぜなければ麺が顔を出さないしっかりとした量だ。
化調感はアリアリだがさっぱりとした塩味は上手くまとめられているなと言う感想♪

R0001120_edited-1.jpg

焼き餃子!
小ぶりな餃子は8つ、うっ!!凄いニンニクの量だ!!
中々のジャンクさである(笑)

R0001126_edited-1.jpg
R0001131_edited-1.jpg

さてさて、天津カレー焼きめし!
厨房では店主が豪快に鍋を振られている光景が見える。
通常の焼きめしにカレーが入れられて天津卵が乗る訳だが...

R0001118_edited-1.jpg

おお~と此処で通常の焼きめし♪
通常のタンメンを注文後、プラスいくらかでミニチャーハンが付けられるとの事。
急遽、カレー焼きめしとの比較がしたくて...
「すいませ~ん、ミニチャーハンも付けてくださいな♪」
丸みの米粒は見事な焼き上がりだが油の量が多く胃にどっしりと食い込む感がある!
色は濃い目、ファンキーなソースが幅を利かせている(笑)

R0001127_edited-1.jpg

その通常の焼きめしにカレー粉が入る天津カレー焼きめしの旅♪
食べ比べてみると良く分かるがカレーの魔力って凄いですな、
全ての味を凌駕してしまう危険な香辛料(笑)
しかしカレー粉を投入されても米粒はダマにならず高火力で一気に焼き上げられる技術は
相当なものであろう(^^)/

R0001106_edited-1.jpg
R0001107_edited-1.jpg
R0001109_edited-1.jpg

メニュー。
揚げ物、焼き物、汁物がメインとなる構成、天津な蒸し物も欲しいな♪
でも此処はがっつり系な中国料理、
もし行かれるならば腹を空かしての訪問がよろしいかと(^^)/

R0001111_edited-1.jpg

夕方5時以降はワンコイン・メニューも充実(^^)/

【ニュー上海 住吉店】

大阪府大阪市住吉区南住吉1-17-31
06-6694-2386
営業時間:11:00~21:00(要確認)
定休日: 火曜日