時遊人アッシュの食べ歩き日記

10月 « 2017年11月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 12月

台湾 謎の食べ物 肉圓(バーワン)

2017年 08月31日 21:06 (木)

R0011428_edited-1_20170830200203a41.jpg

肉圓(バーワン)45元、日本円で200円弱。
また出会ってしまった肉圓(バーワン)。
東京渋谷の台湾料理店で頂いて以来。
とにかく暑い台北の夏、日本より太陽がやはり近く感じられる。
台北の油化街近く、交差点の角に在ったお店で飛び込みランチとする。

R0011439_edited-1.jpg

店名も分からない、もちろんガイドブックにも載っていない
お店に飛び込む楽しさがあり、メニューを見ても何となくニュアンスは分かるが何となくである!
まぁ、同じ人間同士、何とかなるやろー!(←無謀w)

R0011438_edited-1.jpg
R0011436_edited-1.jpg

メニューはこれだけ!
店員さんはご夫婦かな兄妹かな、とってもシンプルな調理場。

R0011432_edited-1.jpg

丸くとても不思議なプニプニの食感は米粉のデンプン質の塊を油で揚げらているようで、
中の具は豚まんにそっくりである。
甘いソースが掛けられておりこれは果たして美味いのか?と問われれば...
慣れれば!としか答えようが無い(笑)

R0011425_edited-1.jpg

油飯(40元)
長粒米の餅米メインとなる炊き込みご飯のようなモチっとした食感。
具はキノコの醤油味、青菜はパクチー♪
これが美味しいのですよー!!!!

R0011426_edited-1.jpg

丸湯にははんぺんのような魚団子のスープ!
鶏ガラ系のスープは化調感皆無、優しい味のスープである(^^)

R0011431_edited-1.jpg

台北の夜市へ行くと不思議な食べ物によく出会えるが、
街中の食堂も中々のもの♪
外食文化が盛んなのでガイドブックに載っていないような店も楽しめる文化があり(^^)

調べても店名は分からなかったっス(笑)

スポンサーサイト

蘇杭點心店 蟹みそ小籠包

2017年 08月29日 20:50 (火)

R0011473_edited-1.jpg

手作りの皮に手作りの餡、薄い皮の今にも弾けそうな小籠包!
お箸で持ち上げるなんて、もうドキドキですよ(笑)

R0011470_edited-1.jpg
R0011474_edited-1.jpg

蟹黄湯包(蟹みそ小籠包)は8つで270元。
豚肉と蟹味噌のしっかりとした味付けだが化調感は皆無なのがとても良い♪
溢れる肉汁、そして皮の美味さがより引き立つのだ。
生姜とお醤油のタレに浸けて台湾スタイルで頂く(^^)

R0011445_edited-1.jpg

台北の人気のお店には日本語のメニューがよくあり...
え~と、この漢字の配列だなと確認してシートに書き込む(笑)

R0011447_edited-1.jpg
R0011449_edited-1.jpg

小菜コーナーで気に入ったおかずを格安く摂れるシステムは
まるで日本の大衆食堂の棚からおかずを取る方式と何ら変わりなく落ち着く(笑)
もう、臆する事無く取りに行きしじみの醤油漬けと豆腐干糸は60元と50元~
日本円で200円と180円くらいですかね(^^)

R0011453_edited-1.jpg

台湾ビールを頼むとこんなのが出て来た!
ゴールドメダルと書いてあるので、ふ~んそうなのかって感じ(笑)

R0011464_edited-1.jpg

蝦仁蒸餃(エビ蒸しギョーザ)
こんなに綺麗な餃子は日本ではありえないっス~
皺の数も均一!(^^)

R0011457_edited-1.jpg
R0011463_edited-1.jpg

そしてチャーハン!
スパイシーに焼かれた豚肉が乗る玉子チャーハン...選択を誤りました(泣)
豚肉からのスパイシーソースが玉子チャーハンの素朴な味を阻害して台無しである。
台湾で初めて美味しくないチャーハンを頂きました(笑)

R0011476_edited-1.jpg

お会計は810元、日本円で2500円程。
何故に食天国の日本でこのレベルに点心が頂けないのであろうか!
此処のお店は皮、餡、どころか醤油までもが手作りと聞いている。
日本とは食への意識の高さが天と地、程の差がありますね。
なのでワタクシは台湾へ行ってしまうのよ(^^)

R0011480_edited-1.jpg

【蘇杭點心店】

住所:台北市民生東路四段76號
電話番号:02-2716-0696
営業時間:11:00~20:30

リージェント・ホテル台北の豪華な朝食ビュッフェ

2017年 08月24日 20:29 (木)

DSC_1280 (1)

アジアの数国を旅して来たが台湾の「食」がとても日本人に適していると思う。
馴染みある点心などは日本の中華料理屋では中々に頂けないレベルの店が相当に有り。
まず化調に頼らない素材を生かす味付けと調理法もまた素朴なものだが、それがまた美味いのだ。
今回の旅行では街の朝食を提供される食堂へも行ってみたかったが、
何故か朝食付きのプランを取ってしまうも豪華なレストランの
朝食も良いかなと思い直す事にした(^^)

DSC_1287.jpg

緑の公園が見える明るい席で。
大阪のウェスティンホテルに雰囲気が似てますな♪

R0011369_edited-1.jpg

蒸し蒸しの点心、日本の中華料理屋でちゃんと蒸された点心が出て来る店など、
おそらく数パーセントであろう。

R0011357_edited-1.jpg
R0011370_edited-1.jpg
R0011371_edited-1.jpg
R0011364_edited-1.jpg

和洋中、何でも有ります!

R0011383_edited-1.jpg
R0011385_edited-1.jpg

おっ、台湾おにぎりも有るじゃない~
肉鬆(でんぶ)、菜脯(切り干し大根)、油條(あげぱん)、ご飯はもち米。

R0011377_edited-1.jpg

サラダもシャキッと!

R0011375_edited-1.jpg

自家製のハムとソーセージが特に美味(^^)

DSC_1288.jpg

何処かの店で頂こうかと狙っていた台湾ラーメン!
香辛料の花椒、八角の効いた醤油ベースのあっさりほぼ牛肉麺。
牛骨の出汁の清湯スープに香辛料を上手く合わせており、朝ラーでも美味しく頂ける(笑)

R0011386_edited-1.jpg
R0011363_edited-1.jpg
R0011366_edited-1.jpg
R0011353_edited-1.jpg

さすが超1流ホテルの朝食、品揃えはさすが!(^^)
午後にホテルへ戻ると100人以上の行列!何なんだろうと調べてみると、
デザートブッフェが有名なようであったがラウンジでビールをしこたま飲んでいました(笑)

【ブラッセリー】

No. 3號, Lane 39, Section 2, Zhongshan North Road, Zhongshan District, Taipei City, 台湾 10491
電話: +886 2 2523 8000

台北マンゴーかき氷 冰讃 (ピンザン)

2017年 08月22日 20:33 (火)

R0011405_edited-1.jpg

暑い夏の台湾へ来たならばデザートはかき氷よね~
マンゴーたっぷり、どこまでもマンゴー(笑)
このお店は台湾産マンゴーが摂れる時期限定開店の店でもあり、拘りを感じられる。
何気にかき氷が大好きなんですよー!
一気に汗が引いてゆく瞬間が堪らなく好き(笑)

ちなみにワタクシ的全世界NO.1のかき氷は京都 弥次喜多の抹茶かき氷である。
これを超えるかき氷は未だに存在しない。

R0011420_edited-1.jpg

冰讃 (ピンザン)
雙連駅から西へ徒歩2分程の場所に在るお店。
大層な行列の半数は日本人だと思われる、前夜に夜市で水餃子のお店で見かけた
日本人夫婦の姿もまた見られた訳は同じガイドブックを見られているのであろう(笑)

R0011392_edited-1.jpg
R0011391_edited-1.jpg

メニュー。
日本人が多い事を思わせる日本語のメニュー(笑)

R0011400_edited-1.jpg

牛乳を含ませた雪花冰と通常氷のマンゴーかき氷を食べ比べてみた♪

R0011407_edited-1.jpg
R0011413_edited-1.jpg

粉雪のような舌に乗せるだけで溶けてゆく雪花冰。
日本の駄菓子屋のサイドメニュー的な通常氷のかき氷はこめかみに「キーン」と来ますな(^^)
ミルク氷に練乳、この甘さが何とも心地良き至福の時だ。
ペンギンの姿が見えた程(笑)
ビールも良いが一気に汗を拭いたいならば、かき氷である。

R0011394_edited-1.jpg
R0011395_edited-1.jpg
R0011387_edited-1.jpg

同じ漢字文化なので何となくニュアンスは分かるメニュー、何となくですけど~(笑)

R0011422_edited-1.jpg

店前写真を撮るワタクシの前でポーズを決める中華系の人達。
観光地でポーズを決めているのは殆どが中国人であり、
写真文化が近年にしか発達しなかった影響か。
今や全世界、何処の国へに行っても中国人が居ますね~
そして、大阪人もびっくり、声が大きくうるさいの(笑)

R0011387_edited-1.jpg

【冰讃(ピンザン)】

台湾台北市大同区双連街2号
(+886) 0225506769
営業時間:11:00~22:30
毎年4月中旬~10月頃までのシーズン限定営業(開閉店日は毎年変動あり)
定休日:シーズン時期は無休

リーガロイヤルグラン沖縄のモーニング

2016年 12月08日 21:33 (木)

R0000110_edited-1_20161207195045372.jpg

旅へ行くとまだ寝ているその街の朝を見たくなる。
ただ単に、年と共に早起きに成ってしまっている現状もあるのではあるが(笑)
ホテル前の運河を超えようと橋を渡ると虹が2本!
この日は何か良い事があるのかな?
それともこの虹2本を見られた事によりこの日の運を使い果たしたのかな?
まぁ、成る様になれと、お気楽な考えで事を済ます(^^)/

R0000062_edited-1.jpg

部屋は南国らしいツイン。
ベッド・シーツが乱れているのはチェックイン後、思わずごろっとしてしまったから(笑)
チラリと写る手前のソファー!
このカウチ・ソファーをとても気に入ってしまい、
ソファーのメーカー名と品番が分かれば教えてくださいなと、告げて翌日チェックアウトした訳で...
後日、メールで返信が...
海外の特注品なので、わかりませんでした。すいません...
妙な事を聞いてコチラこそ、すいませんでした(笑)

R0000064_edited-1.jpg

浴室の窓から那覇の海と街が見えるぞビュー(笑)

R0000108_edited-1_2016120719495770e.jpg
R0000106_edited-1_20161207194958fac.jpg
R0000105_edited-1_20161207194959667.jpg

空の色が川面に映る穏やかな朝♪
環境の違った朝の風景は何と気持ちの良いものか(^^)/
運河沿いにヤギが居た朝(笑)

R0000122_edited-1_201612071951224af.jpg
R0000123_edited-1_201612071951210d3.jpg
R0000124_edited-1_20161207195120206.jpg
R0000120_edited-1_2016120719512366e.jpg
R0000121_edited-1.jpg

一流ホテルのリーガロイヤルでも地域の特色を朝から出しており...
島豆腐グラタン、麩のチャンプルーににんじんしりしりー♪
島豆腐に頑張っているフルーツ類(^^)/

R0000117_edited-1_201612071950444c5.jpg
R0000116_edited-1.jpg
R0000119_edited-1.jpg

パン類も充実、ジャムもそれなりに(笑)
牛乳、ジュース類もさすがリーガね(^^)/
でも生絞り的なものはなかったような~
此処で超一流かただの一流かの差が付くのよね~w

R0000133_edited-1.jpg

朝食は和食派のワタクシ!

R0000135_edited-1_20161207195249d67.jpg

でも目の前での焼き立てオムレツと大好きクロワッサンの誘惑に負けてしまい..
ほぼ3人前分くらいは頂いたでしょうか...ビュッフェ形式ってつい食べてしまうの(笑)

R0000130_edited-1.jpg
R0000131_edited-1_201612071952038a4.jpg

一流ホテルの朝食はやはり楽しいネ♪

R0000323_edited-1.jpg

高層ホテルなのは良いが、地上へ降りる為にわざわざ最階上のフロアーまで登らなければ、
ならない手間を何とかして欲しく...
しかし前日の夜9時以降によくホテルが取れたな♪
お値段は休日前な事も有り朝食付き2人で3万8千円!
シーズンOFFのこの時期、お客の半数以上はチャイニーズだったのでは無かろうか?
彼らは声が大きいのですぐ分かりやすいんですよ(笑)

【リーガロイヤルグラン沖縄】

沖縄県那覇市旭町1-9
旭橋駅に直結(徒歩1分)