時遊人アッシュの食べ歩き日記

05月 « 2018年06月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 07月

阿波座ヌワラカデ スリランカ・カレー

2018年 04月20日 21:00 (金)

R0013391_edited-1.jpg

NEW YEARプレート(1880円)
この日、伺った日はスリランカの旧正月なようで特別なメニューがあり注文してみる事に♪
・メインカレー(5種から1つ)
・サンバサフランライス
・カシューナッツカレー
・ポテトのテンパラード
・ナスのピクルス
・パイナップルサラダ
・カトレット
・フライドフイッシュ
・タマゴ
・パパダン
・ミルクティー&デザート
要はトッピングの全部乗せって感じでしょうか(^^)/
サンバサフランライスって初めて聞いたが通常のサフランライスより僅かに小さな米粒。 
独特の香り米は品質としては「龍の瞳」クラスの最高級米ですね♪

R0013411_edited-1.jpg

ヌワラカデ(NUWARAKADE)
スリランカ料理店とは思えぬ格子戸の扉は居抜き感たっぷり(笑)
店内にはネタケースがあり元は寿司屋さんかな?
九条にあるロッダグループの2号店となるようだ。

R0013410_edited-1.jpg
R0013409_edited-1.jpg

ざっとメニュー撮り♪
実はこの日、ビリヤニと葛藤があり相当に迷ったのだが1年に1度しか頂けないならばと。
大阪中心部とは言え値段設定は相当に高めに感じられる。
たかがカレー、されどカレーではあるが、この値段はやり過ぎ...
でも頼んでしまうんですけどね(笑)

R0013395_edited-1.jpg
R0013403_edited-1.jpg

スリランカ・カレーの頂き方は基本、混ぜ混ぜしてね~ではあるが、
ワタクシ、混ぜ過ぎるのが嫌なんです♪
カレーはもちろんマトンを選択。
アジのフライド・フィッシュが溜まらなく美味しい~
鶏ベースの出汁に複雑に絡み合うトッピング達、
口中で味の整理をするのがとっても大変であった(笑)
マトンは骨付き、髄の旨味が溢れて異常な美味さである(^^)/

R0013399_edited-1.jpg
R0013402_edited-1.jpg

奥さんはロイヤルセット(1200円)
バスマティライスにチキンの選択♪
スパイスの種類はまぁ5種までであろう。
昨今の大阪はスパイスカレーブームであるが、ちょっと使い過ぎじゃね?と実は感じている。

ワタクシの理想のカレーは欧風カレーにスパイスを効かせたもの。
今は無き「宝石」のカレーが理想でありもはや叶わぬがもう一度、食べたかったのが本音。

R0013390_edited-1_2018042020434415b.jpg

この後、西区新町の茶丸堂さんへ久しく寄り、
ブランデー漬けのケーキを買い求め、これが余りにも美味しくて美味しくて~
実家でシャンパーニュ2本開けてしまった(笑)

【ヌワラカデ (NUWARAKADE)】

大阪府大阪市西区江之子島1-6-8
06-6443-4636
大阪市営地下鉄阿波座駅10番出口から徒歩1分
波座駅から219m
営業時間:11:00~15:00 17:00~22:00
定休日:水曜日 ※1/1~1/3
スポンサーサイト

熟成黒ニンニクの牛スジカレー!

2018年 01月31日 19:34 (水)

R0012286_edited-1.jpg

瑞々しいネギがたっぷりと乗せれて登場の牛すじカレー!
チョイと酸味のあるカレーは艶々の白ごはんと相成り頑張ってはるなという印象。
スプーンで掬うと必ずHITするとろんとろんの牛すじ肉が美味しい~
熟成黒ニンニク感は匂いと味、共にそれ程までに感じられずも、深みのある味(^^)/

今朝はお腹にビッグ・ウェーブが襲い急遽非難したコンビニのトイレに
財布を置き忘れるという失態をおかしてしまい...
気付いたのが2時間後、店を検索し電話を掛けると届いていますよ~
お名前は?で夕刻時に受け取りに。
免許証や保険証、キャッシュカード等、軽くパニック状態!現金はもう諦めるかな?
とも思いながら受け取りに行くと、そのままの状態で返却された。
財布の現金はチョイとしかはいってなかったのですけどーw
お店へ受け取りに行った瞬間、店員さんに「〇〇さんですね」防犯カメラからプリントしていたのかな?
とも思える反応の良さであった。
ワタクシと入れ違いにトイレへ入られたお兄さん、臭かったでしょうけどありがとうー(笑)

R0012280_edited-1.jpg
R0012279_edited-1.jpg

おひさしぶりぶり、東大阪に在るカナメカリーのメニュー!
この他にも日替わり的なものも有り、だったが忘れた(笑)
この日は東大阪でお仕事、ランチはカナメと決めていた、カレーの口に成ってしまうと
もうカレー以外は受け付けないわよ!
というくらい感化されやすい性格にも困ったものだ(笑)

R0012282_edited-1.jpg

黒ニンニクを謳う店であるが、ニンニク感は感じられない。
味の深みは通常の欧風カレーとは一線を化す美味さが有り。

R0012284_edited-1.jpg
R0012285_edited-1.jpg

牛すじ肉という奴は堪らない旨味を出しますな♪
一味唐辛子をこれでもかと振りかけてパクパクとスプーンが進んでしまう美味さである。
ご飯の量はスタンダード250gと中々のボリュームでお腹いっぱい(^^)/

R0012289_edited-1.jpg

【カナメカリー】

大阪府東大阪市加納5-15-11
072-875-7513
営業時間:11:00~15:00[LO14:30]
定休日:日曜日

セイロンカリー ランプライスとアンブラ

2018年 01月20日 01:23 (土)

R0012185_edited-1_20180118175929ba8.jpg

「関西をスリランカにしてしまえ!」
それは無理でしょうと大阪人ならば突っ込める謳い文句(笑)
月に一度、週末限定で出される「ランプライス」に致しましょう♪

R0012209_edited-1_201801181801299c8.jpg

セイロンカリー。
大正区に在った時に2度訪問しているお店が船場に移られたようで
「久しぶりにスリランカカレーを食べてみたいな♪」で車で訪問。
この辺りはチョイとしたオフィス街な事も有り週末の方が駐車料金が安いのね♪
美味しいカレー屋さんが本町界隈にどんどん移行していますな。
いつから本町にカレー屋が増えたのだろうと考えると
「カレー宝石」の存在は無視出来ぬだろう。
初めて宝石へ行った時の事は鮮明に覚えており、
まだ開店したばかりで客はワタクシ一人、美人店主とスパイスについて熱く語った事を
思い出した。
若くして亡くなられたようで本当に残念な事となってしまった。

R0012187_edited-1_20180118175929441.jpg

スパイスの効いたチキンスープとサラダ。
このスープ、美味しい~~~

R0012191_edited-1_201801181800064ad.jpg
R0012198_edited-1_20180118180048290.jpg

ランプライス(1500円)
月一、週末限定で出されるランプライスはスリランカのお祝い事などで出される
特別な品でバナナか蓮の葉で包まれて蒸されたもの。
この日は蓮の葉のようですな、開けてみるとフワっと香る緑の香ばしさ♪
米はインディカ米のターメリック仕様、メインはポークを選択、フライドフィッシュに茹で卵、ひよこ豆、
パプリカの中にはサモサのようなジャガイモが入り、ババダムを砕いてアチャール的なものを
適度に混ぜ混ぜして...

R0012202_edited-1_20180118180047569.jpg
R0012200_edited-1_20180118180047e1d.jpg

口中で複雑な味が混じり合いこれが相当に美味いのだ(^^)/

R0012195_edited-1_20180118180004dce.jpg
R0012196_edited-1_20180118180003b96.jpg

コチラは定番のアンブラ、米をバスマティライス仕様で♪

R0012206_edited-1_20180118180131abb.jpg

締めはホットチャイ、デザートにスリランカのプリンが付いて来た♪

R0012189_edited-1.jpg
R0012190_edited-1_201801181759266eb.jpg

ランチメニュー。
次回はビリヤニ狙いで行ってみよう(^^)/

【セイロンカリー】

大阪府大阪市中央区南船場1-13-4 フロントラインビル 1F
050-5590-5911
営業時間:11:30~15:00(L.O14:30) 18:00~22:00(L.O21:30)
定休日:火曜日

般゜若 (パンニャ) 旨味スパイス・カツカレー

2017年 11月12日 22:19 (日)

R0011018_edited-1_20171112171054d79.jpg

旨味スパイス・カツカレー(1500円)
チョイと赤身を残す揚げ加減、カツの衣は薄くパン粉に粉チーズが配合されているかのような
独特の香りと甘味を感じられる魅せ方も上手いカツカレーである。
添えられるポテサラは玉子色の強いタイプで
生のパセリがふりかけられていれば完璧であったのに(笑)

R0011019_edited-1.jpg

般°若(パンニャ)大阪福島店。
随分と久しぶりの訪問、って前回は開店初日だったと記憶している♪
オープンは2012年か、もう5年前になるのか...
そりゃあ年を重ねてしまう訳だな(笑)
タレント松尾貴史さんのお店のようだ。

R0010994_edited-1.jpg
R0010991_edited-1_2017111217092424c.jpg

メニュー。
当時はキーマとチキンカレーの2種類だったが6種に増えている、って
何年前のメニューの比較しているのだか...
当時のチキンカレーはバスマティーライスであったなと♪
どのような進化をしているのであろう、楽しみだ(^^)

R0011006_edited-1_20171112171146458.jpg

熟成チキンカレー(980円)
小麦粉を使われていないサラサラのカレーは玉葱の甘味、辛さは適度に刺激的でもあり。
鶏ガラと野菜の旨味、どこか南インドの優しいカレー味を彷彿させてくれる味。
とろんとろんに煮込まれた鶏肉が筋に沿って解れて味わい深い。
ライスは押し麦を配合されたジャポニカ米、米粒が引立つ食感であり、
これぞライス&カレー!

R0011017_edited-1_20171112171055226.jpg
R0011015_edited-1_201711121710574b5.jpg

カツカレーのルーもチキンとほぼ共通だと思われるが辛さはチキンカレーが上。
野菜の甘さと適度なスパイス感は何処か優しくもあるが
香辛料が効いた昨今のカレーとは一線を化すマイルドさがあり。
こちらのライスも押し麦が配合されている。

R0010998_edited-1_2017111217092200d.jpg

そこで選択したカレーのトッピング的な合わせられたそれぞれのスパイスのふりかけである♪
ガラムマサラを主とする香辛料のスパイスを小匙で振り掛けると、
大人のスパイスカレーへと激しく変わるのだ♪
これは何とも面白い(^^)

R0011001_edited-1_20171112171009c1d.jpg
R0010999_edited-1_2017111217092103c.jpg

何とも遊び心を持たれた店内。
カレー楽しむのに緊張感は要らない派ではあるが、もっとお気軽に!
といった店側の配慮が伺える。

R0011020_edited-1_20171112171151441.jpg
R0011021_edited-1.jpg

【般゜若 大阪福島店 (PANNYA CAFE CURRY)】

大阪府大阪市福島区福島2-9-10
06-4256-6319
営業時間:11:00〜21:00(20:30 L.O)
定休日:火曜日

インド料理 サグン ナンが美味しいインド料理屋

2017年 10月20日 21:20 (金)

R0010600_edited-1_2017102018071861f.jpg

どどん!と登場40cm級の巨大なナン!!
こんなん食べ切れるハズが無いやんっ、などと思いつつしっかりとタンドールで焼かれており
バターの風味が香ばしい。
会計後にレジのすぐ後ろに在ったタンドール釜を見せてもらったのだが
底に炭が無かったのでガスか電気釜かと思われたが焼き加減をみるとどうみても炭火である。
余熱でもあの釜ならば焼かれるのであろう(^^)

R0010628_edited-1_20171020180908b9e.jpg

インドレストラン サグン。
堺市長尾町、金岡病院近くにあるお店。
以前のこの場所は確か蕎麦屋であったと記憶している。
店員さん厨房の方、共に本場の方々と思われる。

R0010596_edited-1.jpg

居抜きの店内はインド料理屋なのに上がりの座敷があり...
蕎麦屋がインド料理屋へ変わるとやはり何処か和風の店内でもあり(笑)

R0010593_edited-1_20171020180646840.jpg
R0010594_edited-1.jpg

ランチメニュー。

R0010599_edited-1.jpg
R0010602_edited-1.jpg
R0010598_edited-1_20171020180642b20.jpg

スペシャルセットとチーズナンセット!
ナンの種類がとても多く特にナンに拘りをもたれているのであろう。

R0010623_edited-1_20171020180845144.jpg
R0010620_edited-1.jpg

ふわっとプレーンナンは高温の小麦の膨らみが軽やかな食感であり
チーズナンは生地にチーズが挟まれていてピッツァのような感覚で頂ける♪

R0010609_edited-1_201710201808024c2.jpg
R0010622_edited-1.jpg

タンドリーチキンとシンカパブ。
タンドリーチキンはヨーグルトと香辛料のマリネーション、表面はサクっと筋に沿って切れる潔さ。
羊肉のシンカバブは久しぶりに頂いた気がする。

R0010608_edited-1.jpg
R0010614_edited-1_20171020180801a05.jpg

マトンカレーは大辛で注文するも劇的な辛さに感じず、辛党のワタクシ的には若干物足りず。
しかしマトンは普段の食事には頂かないのではあるが、ことカレーに関しては別物だ。
香辛料を纏ったマトンだけは大好物となりうる存在になってしまう。
インドカレーとしてはややとろみのあるカレーでありながらも、
日本人に合わせたものかは分からぬがもうワンランク香辛料のコクと香りが欲しい。

R0010624_edited-1_20171020180844eac.jpg

締めのドリンクはマサラチャイでほっと(^^)

R0010595_edited-1.jpg
R0010627_edited-1.jpg
R0010630_edited-1_20171020180906e51.jpg

インド料理屋さんは何故か無休のところが多く感じられる。
よく働かれているイメージがあると感じているのはワタクシだけだろうか。

【サグン】

大阪府堺市北区中長尾町2-4-22
072-258-3324
堺市駅から375m
営業時間:11:00~15:00 17:00~22:00
定休日:年中無休