時遊人アッシュの食べ歩き日記

10月 « 2017年11月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 12月

般゜若 (パンニャ) 旨味スパイス・カツカレー

2017年 11月12日 22:19 (日)

R0011018_edited-1_20171112171054d79.jpg

旨味スパイス・カツカレー(1500円)
チョイと赤身を残す揚げ加減、カツの衣は薄くパン粉に粉チーズが配合されているかのような
独特の香りと甘味を感じられる魅せ方も上手いカツカレーである。
添えられるポテサラは玉子色の強いタイプで
生のパセリがふりかけられていれば完璧であったのに(笑)

R0011019_edited-1.jpg

般°若(パンニャ)大阪福島店。
随分と久しぶりの訪問、って前回は開店初日だったと記憶している♪
オープンは2012年か、もう5年前になるのか...
そりゃあ年を重ねてしまう訳だな(笑)
タレント松尾貴史さんのお店のようだ。

R0010994_edited-1.jpg
R0010991_edited-1_2017111217092424c.jpg

メニュー。
当時はキーマとチキンカレーの2種類だったが6種に増えている、って
何年前のメニューの比較しているのだか...
当時のチキンカレーはバスマティーライスであったなと♪
どのような進化をしているのであろう、楽しみだ(^^)

R0011006_edited-1_20171112171146458.jpg

熟成チキンカレー(980円)
小麦粉を使われていないサラサラのカレーは玉葱の甘味、辛さは適度に刺激的でもあり。
鶏ガラと野菜の旨味、どこか南インドの優しいカレー味を彷彿させてくれる味。
とろんとろんに煮込まれた鶏肉が筋に沿って解れて味わい深い。
ライスは押し麦を配合されたジャポニカ米、米粒が引立つ食感であり、
これぞライス&カレー!

R0011017_edited-1_20171112171055226.jpg
R0011015_edited-1_201711121710574b5.jpg

カツカレーのルーもチキンとほぼ共通だと思われるが辛さはチキンカレーが上。
野菜の甘さと適度なスパイス感は何処か優しくもあるが
香辛料が効いた昨今のカレーとは一線を化すマイルドさがあり。
こちらのライスも押し麦が配合されている。

R0010998_edited-1_2017111217092200d.jpg

そこで選択したカレーのトッピング的な合わせられたそれぞれのスパイスのふりかけである♪
ガラムマサラを主とする香辛料のスパイスを小匙で振り掛けると、
大人のスパイスカレーへと激しく変わるのだ♪
これは何とも面白い(^^)

R0011001_edited-1_20171112171009c1d.jpg
R0010999_edited-1_2017111217092103c.jpg

何とも遊び心を持たれた店内。
カレー楽しむのに緊張感は要らない派ではあるが、もっとお気軽に!
といった店側の配慮が伺える。

R0011020_edited-1_20171112171151441.jpg
R0011021_edited-1.jpg

【般゜若 大阪福島店 (PANNYA CAFE CURRY)】

大阪府大阪市福島区福島2-9-10
06-4256-6319
営業時間:11:00〜21:00(20:30 L.O)
定休日:火曜日
スポンサーサイト

インド料理 サグン ナンが美味しいインド料理屋

2017年 10月20日 21:20 (金)

R0010600_edited-1_2017102018071861f.jpg

どどん!と登場40cm級の巨大なナン!!
こんなん食べ切れるハズが無いやんっ、などと思いつつしっかりとタンドールで焼かれており
バターの風味が香ばしい。
会計後にレジのすぐ後ろに在ったタンドール釜を見せてもらったのだが
底に炭が無かったのでガスか電気釜かと思われたが焼き加減をみるとどうみても炭火である。
余熱でもあの釜ならば焼かれるのであろう(^^)

R0010628_edited-1_20171020180908b9e.jpg

インドレストラン サグン。
堺市長尾町、金岡病院近くにあるお店。
以前のこの場所は確か蕎麦屋であったと記憶している。
店員さん厨房の方、共に本場の方々と思われる。

R0010596_edited-1.jpg

居抜きの店内はインド料理屋なのに上がりの座敷があり...
蕎麦屋がインド料理屋へ変わるとやはり何処か和風の店内でもあり(笑)

R0010593_edited-1_20171020180646840.jpg
R0010594_edited-1.jpg

ランチメニュー。

R0010599_edited-1.jpg
R0010602_edited-1.jpg
R0010598_edited-1_20171020180642b20.jpg

スペシャルセットとチーズナンセット!
ナンの種類がとても多く特にナンに拘りをもたれているのであろう。

R0010623_edited-1_20171020180845144.jpg
R0010620_edited-1.jpg

ふわっとプレーンナンは高温の小麦の膨らみが軽やかな食感であり
チーズナンは生地にチーズが挟まれていてピッツァのような感覚で頂ける♪

R0010609_edited-1_201710201808024c2.jpg
R0010622_edited-1.jpg

タンドリーチキンとシンカパブ。
タンドリーチキンはヨーグルトと香辛料のマリネーション、表面はサクっと筋に沿って切れる潔さ。
羊肉のシンカバブは久しぶりに頂いた気がする。

R0010608_edited-1.jpg
R0010614_edited-1_20171020180801a05.jpg

マトンカレーは大辛で注文するも劇的な辛さに感じず、辛党のワタクシ的には若干物足りず。
しかしマトンは普段の食事には頂かないのではあるが、ことカレーに関しては別物だ。
香辛料を纏ったマトンだけは大好物となりうる存在になってしまう。
インドカレーとしてはややとろみのあるカレーでありながらも、
日本人に合わせたものかは分からぬがもうワンランク香辛料のコクと香りが欲しい。

R0010624_edited-1_20171020180844eac.jpg

締めのドリンクはマサラチャイでほっと(^^)

R0010595_edited-1.jpg
R0010627_edited-1.jpg
R0010630_edited-1_20171020180906e51.jpg

インド料理屋さんは何故か無休のところが多く感じられる。
よく働かれているイメージがあると感じているのはワタクシだけだろうか。

【サグン】

大阪府堺市北区中長尾町2-4-22
072-258-3324
堺市駅から375m
営業時間:11:00~15:00 17:00~22:00
定休日:年中無休

四天王寺 虹の仏 大阪ビジュアルなスパイスカレー

2017年 08月20日 22:11 (日)

R0011496_edited-1.jpg

スパイスカレー(1000円)
昨今の大阪スパイスカレーはスリランカ風のカレーと副菜が乗る
カレーが大ブームのようでこのカレーもまるでスリランカカレーのようなビジュアル。
古代米に和テイストの野菜類に青菜が散りばめられたものであるが、
スパイス的カレー感は少なくそういった物だという認識の元で頂くとこれは有りかなとも。
しかしカレーを頂こうと訪問すれば口は完全にカレーなのである。
小麦粉の入る肉を煮詰めた欧風カレーか、欧風カレーの中でも今は無き宝石のような
スパイスを効かせた個性的なカレーか、正にインドを思わせるカレーなのか、
此処は和風味なのだが、どこか半端な感が拭えない。
カレーを食べている!という感が少ないのだ、食後の満足感が満ちていない。

R0011503_edited-1.jpg

虹の仏。
四天王寺の参道沿いになるのかな、ワタクシは実に5年ぶりの訪問。
以前はこのようなビジュアルのスパイスカレーは無く古代米のカレーのみであった。
魅せるカレーはコロンビア8が大阪では発祥か、物まねでは無き独創的な
カレーと個性的な店主の美味しく魅了する美しき盛りとお味であったが、
近頃のスパイスカレーはどうにも見た目重視なカレーが多い。
カレーで個性を出さなければ所詮は人の物まねカレーと思われなくもなく。

R0011493_edited-1.jpg

【虹の仏】

大阪府大阪市天王寺区四天王寺1-12-23
06-6777-4662
営業時間:11:30~14:30 18:00~22:30(ラストオーダー)
[日、祝]11:30~14:30
定休日:木曜日

マガリーダッタ 和風味の斬新スパイスカレー

2017年 07月10日 17:46 (月)

R0010710_edited-1.jpg

アサリとほうれん草とエスプーマ+スリランカチキンパリップ付き=合い掛け仕様(大盛りw)
ターメリックライスにたっぷりと、あぁ~たっぷりと掛かるアサリとほうれん草カレー!
溶け入る海苔が和の風味を醸し彩り担当はちぎり三つ葉♪
甘めのエスプーマは日本人ならば親しみやすい和風味のスパイシー感と程良く調和する!
こりゃ、美味いわ!
大盛りはかなりの量だったが夢中で頂いてしまった程においしかった(^^)/

R0010695_edited-1_20170710160811222.jpg

マガリーダッタ。
御堂筋線西田辺駅から南港通りを東へ400m、歩道橋の真下にあるお店。
途中の道中には解体中のシャープの本社があり、正にその時期と合わせるように、
我が家のアクオス・テレビも故障中、買い替えを余儀なくされているであった(笑)
道を挟んで斜め前はワタクシが大阪で一番、こよなく愛する「うどん ゆきの」。
暖簾は何故かTシャツが4枚、金髪の元気そうなお姉さんが一人で切り盛りされている。
休日のお昼時、店外の待ち人数は6人程だったが
女性店主は手際良く店内は10席ほどのお店だが回転は中々に良いぞ(^^)/

R0010696_edited-1.jpg
R0010699_edited-1.jpg

この日のメニュー!

R0010703_edited-1.jpg
R0010704_edited-1.jpg

アサリとほうれん草とエスプーマ+スリランカチキンパリップ付き、合い掛け大盛り。
ピントが三つ葉に合ってしまい分かりづらいが剥きのアサリがた~っぷりと!
貝好きには本当に堪らない♪
溶け居る焼き海苔は和のテイスト感が調和、スパイシーではあるが何とも馴染み深くもあり。
エスプーマの円やかさが一役、かっているのかな!?(^^)/

R0010718_edited-1.jpg
R0010715_edited-1.jpg

アサリカレーを掬いレンズ豆カレーに浸けるも良し、スパイシーなチキンカレーへ漬けるも良し!
スリランカ・テイストなカレーは良く合い掛けカレーやアチャールと何でもかんでも混ぜちゃえ~!
という頂き方は実は好きでは無く、それぞれのカレー味を生かす頂き方がBESTだと思っている。
これが大人の食べ方ですね(笑)

R0010700_edited-1.jpg
R0010701_edited-1.jpg

手作り感たっぷりの店内。
資本系なお店の、業者に作らせました~的なメニュー表よりずっと好きだわ♪
カウンターメインのようだが、この日は壁際の学生時代の机と椅子の席であった。
次回はカウンター席で調理の様子も見てみたいな~
イイのよ~イイのよ~美味しければ(^^)/

R0010697_edited-1.jpg

女性の目線から見た独創的な優しきスパイスカレー店が近頃は多く進出しているなと♪
カレーに焼き海苔を入れるなどワタクシならば想像も出来ないが、
こればまた日本人の舌に親しみやすくもあり、馴染みやすくもあり。
掌で転がされているような~心を掴まれているような気もするが(笑)

この店はいづれ、大人気のカレー屋さんと成る予感がするので、
スパイス・カレーマニアは早めの訪問を推奨する。

【マガリーダッタ】

大阪市東住吉区南田辺2-1-3
営業時間:11時半〜14時(水・木)、12時〜14時(土・日)
定休日:月・火・金

スープカレー幸象 豆腐と薄揚げのスープカレー!

2017年 05月15日 19:54 (月)

R0001886_edited-1.jpg

豆腐と薄揚げのスープカレー!
素揚げされた野菜と豆腐&薄揚げが、これでもかと入る具沢山のカレーだ♪
じゃがいも、人参、茄子に大根、ピーマン、散りばめられたクミンの香りが食欲をそそるではないか!
和の出汁と動物系が融合されているのであろう、日本人にはどこか親しみやすいスープ、
鰹節と茹で卵がトッピング、スパイス感程良く、あ~実に美味しい(^^)/

R0001898_edited-1_2017051517065712e.jpg

スープカレー幸象(SAIZO)
此処のカレーがどうしても食べたくなる時が数か月に1度は必ずやってくるのだ(笑)

R0001870_edited-1_20170515170448dd3.jpg
R0001871_edited-1_201705151704475dd.jpg

ランチ・メニュー!
限定数食と書いてあるがもう少しはあるのでは無いかと思う。
ワタクシが伺った時は満席でしたから(笑)
女性店主一人で営業されてるお店。

R0001882_edited-1_20170515170534cb5.jpg
R0001883_edited-1.jpg

肉食系の奥さんはほろほろと肉が解れるチキンレッグ、穏やかなワタクシは大豆系で(笑)

R0001888_edited-1_20170515170620cf4.jpg

ライスはターメリック・ライス。

R0001896_edited-1_20170515170700fca.jpg

スプーンでライスを掬い、スープカレーにくぐらせるのがスープカレーの頂き方。
スープカレーの良さは飲むような感覚でするすると頂ける処に魅力があり(^^)/

R0001877_edited-1.jpg

ガツン!と主張し過ぎないスパイス感と和出汁の美味さに、これはやみつきになる味だ!
日本人が作られるカレーとインド人が作られるカレーが共に味わえる日本は、
やはり幸せな文化に育ってきてるのでしょう(^^)/

カレーの魔力ってやはり凄い!!!!(笑)
此処は行列が出来ていても不思議ではない程に、美味しいカレー屋さんなのだが、
う~ん、市内の方々にはやはり、あびこは田舎なのか!?
でも、そういった下町の食堂が好きなの(^^)/

R0001899_edited-1_2017051517065675b.jpg

【幸象 (saizo)】

大阪府大阪市住吉区我孫子東2-4-24
06-6608-8444
地下鉄御堂筋線我孫子駅・JR阪和線我孫子町駅より徒歩5分
営業時間:11:30~14:30(LO 14:00) 18:00~22:30(LO 22:00)
(日曜、祝日は12時からの場合あり)
定休日:月曜(祝日の場合は火曜)