時遊人アッシュの食べ歩き日記

01月 « 2018年02月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28  » 03月

台北高記 焼き小籠包

2018年 01月28日 17:46 (日)

R0011906_edited-1.jpg

焼き小籠包!
薄皮のものを想像していたが鉄鍋で出されたものは皮の厚いタイプのもので、
さしずめミニ豚まんといったところか。

R0011921_edited-1_20180126182651e77.jpg

高記 復興店2階店内。
この店は2度目の訪問。鼎泰豊本店から南へ徒歩1分という近さ。
鼎泰豊本店の行列に恐れをなした方も多く流れて来る店でもあるのか?
中途半端な時間だったので店内には結構な空きがあり。

R0011923_edited-1_20180126182731d59.jpg

あれこれと注文後、席の後ろを見ると小菜の棚があるではないか♪
台湾ではこのような棚から勝手におかずを取って前菜となる事が許される。
もちろんお金は掛かかるがとてもお安く日本円で200円程。
大衆的なお店では80~100円程だったか♪
日本の大衆食堂の棚からおかずを取るシステムと思ってもらって結構(笑)

R0011902_edited-1.jpg
R0011904_edited-1.jpg

青赤唐辛子とジャコの豆の炒め物と豆腐干糸で台湾ビール(^^)/

R0011910_edited-1_20180126182545bf0.jpg

ゆり根とアスパラの炒め物♪
あぁ~美味しい(^^)/

R0011915_edited-1.jpg
R0011916_edited-1_20180126182653071.jpg

そして桜海老のチャーハン!
実はこの日、すぐ近くの台湾チャーハンランキングの個人店へ行ったのだが既に営業時間終了で
泣く泣く諦めるも台湾のチャーハンのレベルは総じてレベル高くあり。

R0011924_edited-1.jpg
R0011925_edited-1.jpg
R0011926_edited-1_2018012807193406b.jpg

メニュー。

R0011899_edited-1.jpg

台湾ビールは何処で飲んでも美味しく感じられる危なさあり(^^)/

R0011966 (1)

【高記 復興店】

台湾台北市大安區復興南路一段150號
(+886) 0227519393
定休日:無休
営業時間:10:30~22:00
スポンサーサイト

台北 人和園雲南菜 大人気えんどう豆とチキンのスープ

2018年 01月21日 22:10 (日)

R0012087.jpg

碗豆(ワンドウ)えんどう豆とチキンのスープ。
鶏ガラと塩胡椒、そして殻から剥かれたえんどう豆の優しい味のスープであり、
粒の揃った豆のぷちぷち食感が口中でとても楽しく美味しいスープ。

R0012109_edited-1.jpg

人和園雲南菜。
中国、雲南料理の有名店。
今回の旅行では何度も使ったMRT雙連駅1番出口と2番出口の間の道を東へ徒歩5~6分。
残りの台湾ドルもかなり少なくなって来て、まぁカードも使えるみたいだし行ってみようと♪
するとお会計時、何とカードが使えない!と言われ手持ちの現金で何とか払えたが、
その後MRT20元二人分にも満たない残金(激汗...)
あと一品を注文していたら日本へ帰って来れたか台湾の警察署だったか定かでは無い(笑)
最寄りの銀行で何とかキャッシュ化出来て無事に台北駅まで辿り着く♪
今回は急な旅行だったので利用航空はチャイナエア、台北駅で荷物を預けて
チェックインが出来たのでこれはこれは便利であり。

R0012071_edited-1.jpg
R0012074_edited-2.jpg

旅行最終日、関空着まで8時間、その後は車での帰宅だったのでギリギリの台湾ビール♪
このお店は日本人が本当に多く、独りで来ている日本人女子の姿も。
その殆どが注文していたえんどう豆とチキンのスープ(^^)/

R0012080_edited-1.jpg
R0012073_edited-1.jpg

店員さんは日本語が話せて軽く冗談までも言ってくれるが大して面白くはない(笑)
日本語メニューもあるので安心して注文出来るのだが、
何気におかしな日本語メニューが台湾には多く、
「ソ」じゃなくて「ン」!(笑)

R0012089_edited-1.jpg
R0012076_edited-1.jpg

雲南エリンギ炒め。
炒め?とは書いてあるが実際はフライドされたもので、その食感たるや独特で面白い。
唐辛子味と相成りビールのアテと成りうる。

R0012097_edited-1.jpg
R0012092_edited-1.jpg

台湾のチャーハンはとにかく量が多くお姉さんが一人前を取り分けてくれる。
米はジャポニカ米、「炒」の技術は素晴らしく葱と赤パプリカが入る雲南キノコチャーハンは
とてつもなく美味しく有り(^^)/

R0012104_edited-1.jpg
R0012099_edited-1.jpg

マコモダケと海老炒め。
食べた事の無いメニューにしようと後注文した品だったが、
沖縄や鹿児島ではスタンダードな料理のようだ。
コーンのような甘味と香り、食感は優しく胃にも良さげである。
台湾は日本に比べ海老がお安いのか?ドーンと惜しげもなく出される料理の数々に、
海老ラーとして嬉しい限り(^^)/

R0012078_edited-1.jpg
R0012075_edited-1.jpg
R0012077_edited-1.jpg

ざっとメニュー撮り♪
店側はかなりの親日であろう日本人には行きやすいお店だ。
ランチ時に此処まで来たならば雙連駅北側の朝市へ観光するのも良いだろう。
朝市とは言ってもお昼過ぎまでは営業しているお店が多い。
蒸し立ての落花生が売られていて何と美味しそうであったか!
黒豆の落花生は中々、日本では見掛けられない品だ(^^)/

R0012108_edited-1.jpg
R0012107_edited-1.jpg

【人和園雲南菜】

台湾台湾台北錦州街16號1樓
(+886) 0225682587
MRT雙連駅徒歩10分
営業時間:11:30~14:00 17:30~21:00
定休日:無休

再び 銭唐村 黒酢酢豚と最強五目チャーハン

2018年 01月18日 17:47 (木)

R0012042_edited-1.jpg

台北 銭唐村!
3年程前にこの店へ飛び込みで入ったところ、
何と美味しい料理を出されるのだろうと感動で忘れられない味と成っていた店だ♪
今回の台湾旅行の第一の目的はこの店へ再訪問する事であったのだ。
101に程近い信義路四段線からチョイと北へ入った路地裏にあるお店。
最寄り駅はMRT大安駅。

R0012047_edited-1.jpg
R0012048_edited-1.jpg
R0012046_edited-1.jpg

この店の凄いところはメニューの多さだ。
その数、200種類を遥かに超えるのではなかろうか!!!!
もうね、直感で頼まないといつまで経っても注文出来ない無限地獄へと(笑)

R0012049_edited-1.jpg

此処はガイドブック等に全く掲載されていない為、観光客は皆無である。
地元の方々が愛する食堂である。

R0012045_edited-1.jpg

そしていつでも何処でも台湾ビール(^^)/

R0012052_edited-1.jpg

名物、絶品黒酢の酢豚。
鎮江酢のソースでコーティングされた豚肉は外はカリカリ、中はジューシーで柔らか♪

R0012055_edited-1_20180117191939ebe.jpg
R0012056_edited-1.jpg

綺麗に油でコーティングされた米粒♪
フワリと口中で舞い踊る米粒達(笑)
米に負けず主張するグリーンピース、人参、葱、卵。
最強と言っても過言ではなかろう五目チャーハン此処に在り!

R0012060_edited-1.jpg
R0012061_edited-1.jpg

挽肉ベースの餡かけ、キクラゲとネギ、かに卵の逸品♪
品名は忘れた。
味わった事の無き絶品料理。

R0012068_edited-1.jpg

サービスで出されたデザートで美味しゅう締める♪
この店はとにかく量が多く4名以上で訪問するのが望ましい。
ホテルまで歩くルートを選択するも足が疲れてマッサージ屋さんへ飛び込む(^^)/

R0012043_edited-1.jpg

【銭唐村】

住所:台北市仁愛路4段122巷48號1樓
電話:02-2707-0855
営業時間:11:30-14:00、17:00-21:00
定休日:年中無休

台湾 牛肉麺コンテスト優勝店 洪師父牛肉麺

2018年 01月11日 21:11 (木)

R0011942_2018011119320402e.jpg
R0011947.jpg

これがスタンダードの牛肉麺となるのかな?
メニューは撮ったのだがその漢字が出てこない海外記事の難しさ!
スープのベースは牛骨ベース、酸味ある醤油味でアジアの風が吹く味とでも言いましょうか(笑)
大きな牛肉の塊が3つ、薄切りのレアなお肉もオージービーフらしいのだが、
これが化調感無く食べ応え感しっかりと美味しい(^^)/

今回の台北旅行は全日、雨という残念な事になってしまい。
早朝の怪しげな通りをぶらぶらする独りお散歩も行けず、広いホテルの部屋でごろごろしておりまして~
正に「食っちゃ寝」旅行であった(笑)
台湾は料理が美味しいので、どうしてもお昼に食べ過ぎてしまい、
夜もあまりお腹が空かないけれど何か食べておかないと夜中に腹が減っても困る!
そう言えば台湾でちゃんと牛肉麺を食べた事が無かったなと...
外は土砂降り、ホテル近くのこの店を見付けて徒歩で向かう。

R0011932.jpg
R0011930.jpg

1月なのにクリスマスツリー!
現地のお正月まではクリスマスモードなのか、仕舞忘れかは定かでない(笑)
グランプリ受賞のメダルが掲げられている。

R0011933.jpg

小菜と缶ビールはセルフ式、プラ容器で飲むビールは...あぁ勿体ない(笑)

R0011945.jpg
R0011950.jpg

こちらは薄味の牛肉麺、肉の品質は相当に高いものだ。
麺上げ写真を得意とする元ラヲタのワタクシではあるがw
この極太平打ち、そして縮れ麺写真の何と難しい事(笑)
かん水無き小麦粉の凝縮のような、軽く讃岐系うどんのような重さと固めの湯がき加減。
この麺がまた美味しいのだ(^^)/

R0011940.jpg
R0011938.jpg
R0011935.jpg
R0011936.jpg

メニュー。
ホルモンのハチの巣が入る牛肉麺が人気のようだが、
このビジュアルはワタクシ的に受付無かった(笑)

R0011956_20180111190404e52.jpg

台湾の食べログ的なサイトで「中国人の団体客が一気に押し寄せてこの店は終わった」的な記事を見付けて、
笑ってしまった。
台湾でも感じているのであろう本土の中国人は...何かと騒がしい人種であるのは間違いない(笑)

【洪師父牛肉麺】

台湾台北市中山區建國北路二段72號
(+886) 0225006850
MRT 松江南京駅 7番出口から長春路に向かい、建国北路2段と交差した角
営業時間:11:00~23:00

台北 鼎泰豊(本店) 世界一の小籠包とチャーハン

2018年 01月10日 20:21 (水)

R0011982_edited-1.jpg

スタンダードの小籠包。
ひだ(皺?)の数は18と定められているようで何かと拘りの多い店♪
料理だけではなく、さすが名店と呼ばれる訳が少しだけ分かったような気がする。
まず、フロアー担当の方々、美男美女揃いでありいつも笑顔、接客姿勢が素晴らしい!
店員さん同士のお喋りも無く、仕事に打ち込む姿勢をも魅せてしまう。
オープンなキッチンは手作りを魅せる空間、
素材の仕入れ、輸送される温度、注文後に国別に提供される時間までもが決まっているお店は
世界を見渡してもそうそう無かろう。
台湾の飲食店でまずはビール!などという人種は日本人が圧倒的に多いように思われる、
もちろんワタクシをも含むなのだが(笑)

R0011978_edited-1.jpg

そういった前提に基づいてのまずはビール(笑)
台湾生ビールが瓶詰である訳は製造日から18日以内が賞味期限といった拘り。

R0012013_edited-2.jpg

鼎泰豊(本店)
台湾へは過去、5度程旅行しているが...
そして毎回、この店の前まで来てはいるが...
この行列!!!!!
日本人、中国人、韓国人...その他国もろもろと~
並ぶ事が極端に嫌いなワタクシであるが、先もそう長くは無いのだと近頃は実感し、
本店で食べておかなければと整理券を貰うという行為に成ってしまった(笑)
東門駅付近のお店をぶらぶらと彷徨い時間調整、おおよそ60分程で入店と成り(^^)/

R0011981_edited-1.jpg
R0011994_edited-1.jpg

小籠包と蟹味噌小籠包。
極薄皮で包まれるも破れる事の無き粘りと弾力ある皮の美味さ!
小籠包としては小ぶりなので上切りやレンゲに乗せて汁を吸うなんて野暮な事は
しないでバクっと一気にいっちゃいましょう(笑)
口の中で汁が溢れて幸せなひと時を味わえるであろう(^^)/

R0011991_edited-1.jpg
R0011993_edited-1.jpg

海老チャーハン!!!
軽く2人前程の量があり、海老は上だけなのかな~と思い崩してみると、
中からぷりっぷりな多くの海老が登場する(^^)/

R0012000_edited-1.jpg

味付けは出汁と塩、薄味ながらも「炒」の技術が素晴らしい!!!!!
焦げ目の無き丸々とした米粒、粒の大きさがほぼ均一なのが凄い!
なので口中での米粒の違和感が皆無であり、これは実に美味い(^^)/

R0011987_edited-1.jpg

野菜も摂らなきゃね、という事で小松菜と白しめじの炒め物♪
シャキーン!と小松菜!!しっとりと白しめじ!!!
技術も凄いが盛り付けも綺麗(^^)/

R0012003_edited-1.jpg

焼売も食べておかなければ!
海老と豚肉の焼売。
こちらもたっぷりの肉汁、皮は厚めで食べ応え感はしっかりと♪

R0011972_edited-1.jpg
R0011967_edited-1.jpg
R0011968_edited-1_20180109200132255.jpg
R0011969_edited-1.jpg
R0011970_edited-1.jpg

ざっとメニュー撮り。種類が多過ぎて完全制覇は相当に難しいであろう(笑)

R0012010_edited-1.jpg

包子の調理場だけでこの人数の調理人!!!
そして台北へ移り住んでもイイかなと思えるお味(笑)
此処は毎日でも行きたいタイワ~ン(^^)/

【ディンタイフォン(鼎泰豐)】

台北市信義路二段194号
電話番号:(02)2321-8927
定休日:年中無休(元日除く)
営業時間:10:00~21:00(月~金)/ 9:00~21:00(本店の土日祝 )