時遊人アッシュの食べ歩き日記

01月 « 2018年02月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28  » 03月

堺 久兵衛寿司

2018年 02月16日 20:50 (金)

R0012434_edited-1.jpg

毎度おなじみ久兵衛寿司。
寿司も良いが何より美味しい魚が食べたいなと思うとつい来てしまう店である♪

R0012467_edited-1.jpg

しかし、時代のニーズに合わせて刺しの和牛炙り握りなんてのも有ったりして~
これを塩と山葵で頂くのがまた良いではないか(^^)/

R0012437_edited-1.jpg
R0012440_edited-1.jpg

地酒の飲み比べセットなんかもまた有ったりして~
確か大将は下戸だったハズだが、女将の力が発揮されているという事だろう(^^)/
ワタクシが20数年前にこの店へ来た時に現女将は妊娠中であったが、
そのお腹の中の子供が酒を注いでくれるという、ちょっと複雑な気持ちと...
ワタクシも年を重ねて来たという事だ(笑)

R0012427_edited-1.jpg

お通しは蛸煮。
どうやったらこんなに柔らかく炊けるの?
「教えて~」と言えば必ず教えてくれるであろう大将(笑)

R0012429_edited-1.jpg

牡蠣ポンズも頂戴な♪
火入れの牡蠣も美味いが生も美味いですな(^^)/

R0012444_edited-1.jpg

本マグロほぼ中とろユッケ♪
鮪という魚は色んな調理法が有りますな♪
うづら玉子って奴は神秘的な世界をみせてくれますな(笑)

R0012431_edited-1.jpg

てっさも頂戴な♪
「河豚はあんまり残ってないんです~」いつも敬語の大将。
そら、そうか!付き合い長いもん(笑)
「じゃあ有るだけ全部頂戴♪」
何という注文の仕方!!でも4切れだけだったw
てっさはこの時期、刺し身の王様ですね~

R0012446_edited-1.jpg

女性客限定のサービスは極小巻き!
先代の大将から受け注がれている女性好きな血も受け継がれているという事であろう(笑)

R0012456_edited-1.jpg

あら、日本酒が蒸発してしてしまったわ!
「玉返し十四代」もくださいな♪
此処でこのような凄い酒が飲めるとは思っても居なかった。
「玉返し」とは酒米の蒸しの過程での酒造法ですね~
牟呂で一気に包み、一気に開放する酒米の冷まし方だったかな。
昭和初期まで使われていた酒造法だったと大昔に読んだ本で記憶している(笑)

R0012447_edited-1.jpg
R0012451_edited-1.jpg

カンパチに穴子は我儘1本握りで頂戴なと♪
この穴子の注文の仕方は20数年変わっていない(笑)

R0012454_edited-1.jpg
R0012460_edited-1.jpg

海老と「玉」単品で、とはワタクシの数年注文する仕方である。
海老には何故か鮪の赤身がちょろっとついて来た(笑)

R0012462_edited-1.jpg
R0012469_edited-1.jpg

巻物はいつもメニューに無きものを注文するのがワタクシのスタンダードであり...
この日は紫蘇、トロ、沢庵で美味しい海苔で巻いてもらう。
ワタクシは常連だが誰でも対応してくれると思いますよ~
締めは馬肉のさくらで!
卸しニンニクと大根、ポンズで頂くチョイと荒くれた味だが締めにはもってこい!(笑)

お会計は二人で1萬2千円程。

【久兵衛】

大阪府堺市堺区北三国ヶ丘町3-1-40
072-233-8575
営業時間:18:00~23:00(22:30LO)
定休日:月曜日
スポンサーサイト

天才画伯の絵とネタがデカい大衆寿司屋さん 寿司河島

2017年 11月19日 16:14 (日)

R0011062_edited-1_2017111915252864f.jpg
R0011067_edited-1.jpg

中トロにサーモン、カンパチ!
とにかくネタがデカいのだ、本マグロの中トロも小ぶりな握りの倍の大きさだ。
海老も烏賊もとにかくデカい!
シャリの分量もしっかりとだが酢飯としては柔らかさと甘さがあるも、
それを凌駕する一口では食べきれないボリュームである(^^)

R0011047_edited-1_20171119152438d69.jpg

寿司河島。
JR我孫子町駅から南東へ徒歩3分程、
すぐお隣は洋食の店だった「ホロホログラン」さんが在った場所。
下町の小さな寿司屋さん、以前からかなり気になっていた店でもあり。
古いから、小さいから...だからこそ気になっていた店でもある。
長く続けてこられた店にはそれなりの理由がある訳であり!
「あら、お父さん、白身が切れたわ」「海老も湯がくわ」何て会話がカウンター内から聞こえてくる
初老のご夫婦で経営されている緩~い雰囲気のお店(^^)

R0011084_edited-1_20171119152812f75.jpg
R0011083_edited-1.jpg

店内にはあの天才漫画家、赤塚不二夫画伯の絵が飾られており、
お知り合いのようで過去2度程、来店されたと聞く♪
これは御宝物ですな(^^)

R0011053_edited-1.jpg
R0011054_edited-1.jpg

「ビールくださ~い、何かアテを~」で出して頂いたのが鰯の甘辛煮。
自家製であろうガリがピり辛くとても美味しい(^^)

R0011057_edited-1_201711191525289bc.jpg

鰻の蒲焼き!
山椒を予め掛けられたふわふわの蒲焼きは酒のアテとして最高なものだ♪
レンチンではあったが(笑)

R0011051_edited-1.jpg

メニューはお好み握りコースの松竹梅のみ。
松と竹の違いは?大トロとアワビです、との事で竹を選択するも13種である。
食べ切れるかなとの懸念もあり(^^;

R0011072_edited-1_20171119152808ca2.jpg
R0011077_edited-1_2017111915273051c.jpg

解しの蟹身がこれでもかと乗る軍艦巻!
きずしの鯖も鰻も握りもまたデカい(笑)
とにかくサービス姿勢があり(^^)

R0011078_edited-1_20171119152729743.jpg
R0011081_edited-1.jpg

13種の締めはかっぱ巻き!
巻物を締めに持って来られるのには、この店分かってはるな~
味は決して特別ではないが起承転結を心得ている店だなと。
赤出汁でほっこりと(^^)
味は見た目通り、特上的な味では無いが緩い接客とがっつりな握りのお店。

R0011050_edited-1.jpg

チョイと気になっていたこのお店。
このような店がまだ山ほど控えている現状、
何とか少しづつ制覇していかなければ極楽浄土へ行けないじゃない(笑)

【河島寿司】

大阪府大阪市住吉区我孫子5-11-7
006-6698-7940
営業時間:17:00~21:00
定休日:日曜日

ほてい鮨 堺東店 上にぎりランチ

2017年 11月03日 20:53 (金)

R0010745_edited-1_20171103181137a21.jpg

ランチの上にぎりセット(1730円)
大衆寿司屋らしく無造作な置き方...
ネタの鮮度は良いがもう少し丁寧に置けないものか(笑)
熱くて飲めない温度の赤出汁と小皿には少量のにゅう麺が付いて来たのだが、
このにゅう麺は果たして必要な量なのかと疑問に思う程の少なさであった(笑)

R0010761_edited-1.jpg

堺東の高島屋地下にあるお店。
お昼時とあって満席状態、タイミング良く入店できたが後には外で待ち人多数であった。
店内の客層は70代が中心かと思える程に年齢層は高く、女性が大半を占める状態であり、
そのお父さん方のお昼はいったいどうされているのだろうかと心配でもあったのだ(笑)

R0010746_edited-1.jpg
R0010747_edited-1_20171103181135cc5.jpg
R0010750_edited-1.jpg

シャリは甘め、ネタは厚めに切られており、まぁそれ成りに美味しいのだが、
ビジュアル的にどうにもそそられない。
海老の握りは独創的でシャリとの一体感有り。

R0010752_edited-1.jpg

奥さんの上にぎり茶碗蒸しセット。

R0010754_edited-1.jpg
R0010756_edited-1.jpg

上にぎりセットの7貫では足りなくて足りなくて~
追加注文の穴子と海老きゅうり巻。
いつも寿司屋ではお酒と共に、なのだがこの日は車だったので。
ビールを飲まないと意外と量が頂けるものだなと再発見出来た(笑)

R0010757_edited-1.jpg
R0010758_edited-1.jpg
R0010760_edited-1.jpg

昼間っから寿司とは豪勢な気もするがランチ時はお安いセットが豊富であり、
そう味に拘らなければ?まぁお得な寿司屋とも言える。
その後、高島屋で食材ばかりをお買い物、近所のスーパーには無いものなどを、
さすが高島屋!品揃えは豊富である(^^)

【ほてい鮨 堺東店】

大阪府堺市堺区三国ケ丘御幸通59 堺タカシマヤ B1F
072-238-2114
営業時間:11:00~22:00(L.O.)
定休日:堺タカシマヤに準ずる

いつもの寿司屋... 鮨処久兵衛

2017年 09月13日 17:10 (水)

R0011773_edited-1.jpg

美味しい魚が食べたいな~などと思うとやはり寿司屋へと行ってしまう。
ワタクシが20年以上通っている堺けやき通りの鮨処 久兵衛へと♪

R0011776_edited-1.jpg

鮨屋というのは値が書いていないのが「粋」とされているようで~
毎回、お会計時にはドキドキとしてしまうのだが、まぁ何とか払える金額で済んでいる(笑)

R0011777_edited-1.jpg
R0011779_edited-1.jpg

秋刀魚の造りは炙りで、鱧の湯引きは酢味噌で、
ちゃんとした寿司屋の魚は間違いなく美味しい(^^)

R0011793_edited-1_2017091218434757c.jpg
R0011794_edited-1_20170912184346f8b.jpg

端麗辛口な日本酒をくださいな♪
器に2合分はあろうかと思える量が注がれる!

R0011797_edited-1_20170912184345713.jpg

此処へ来たならば必ず頼んでしまう鰻の白焼き!
山葵醤油であっさり美味しい(^^)

R0011785_edited-1_20170912184150d2a.jpg

女性には何故か超ミニ寿司のサービスがあり!
男性にもお願い(笑)

R0011790_edited-1.jpg

ほたてのバター焼き!
肉厚あるぷりっぷりのほたて!
軽くお腹が膨らんで来たが寿司屋で寿司を食べない訳にも行かず(笑)

R0011802_edited-1.jpg

もうすぐ岸和田のだんじりよね~でシャコの握り。
シャコの下処理って大変じゃない?何て会話w

R0011799_edited-1_201709121843443f2.jpg
R0011801_edited-1_20170912184319c82.jpg

カンパチに皮湯引きの鯛の握り!
ほろほろと崩れるシャリの塩梅がとても心地良き。

R0011808_edited-1.jpg
R0011810_edited-1.jpg

締めは巻物で!メニューに無いものを注文するのがスタンダードと化している(笑)
トロ、沢庵、紫蘇巻きに海老、胡瓜、紫蘇巻き!
はいはいっと対応してくれるのが、また良いね(^^)

R0011804_edited-1.jpg

ほっこり赤出汁で締めて2人で1.3程。
もう長年のお付き合いある店なので、何かとプライベートな会話も有り。
行きつけの、そしてお気に入りの鮨屋のある生活は幸せなのでしょうね(^^)
週末は予約をお勧めします。

R0000170_edited-1_20170913170349e81.jpg

【鮨処 久兵衛】

大阪府堺市堺区北三国ヶ丘町3-1-40
072-233-8575
営業時間:17:00~23:00(10:30LO)
定休日:月曜日

堺市北区の大衆寿司 万福寿司 

2017年 07月27日 20:05 (木)

R0010980_edited-1.jpg

万福寿司。
堺の大和高田線沿いに在るお店。
40年以上前からこの場所で寿司屋を営まれていた記憶あり。
近過ぎて何故か伺ってみようとさえ思えない店って以外と在ったりするもので~


R0010962_edited-1.jpg
R0010960_edited-1.jpg

店内1階はカウンターがメイン、お座敷もあり、2階席もあり。
メニューを見ると殆どが居酒屋的な構成で何でも来い!って感じ。
金髪短髪の方が大将かな、とても愛想良く接してくれるが寿司屋の大将が金髪って(笑)
大衆寿司屋の緩さありってところか(^^)/

R0010941_edited-1.jpg

夏はやっぱり鱧の湯引きよね♪

R0010947_edited-1.jpg
R0010951_edited-1.jpg

鰻の白焼きもちょーだいな♪
しかし何か、ごちゃっとした盛り付け...魚料理にパセリは不要だと改めて気付かされた(笑)
鰻は蒲焼きも良いけれど白焼きは直に美味さを味わえますね(^^)/

R0010942_edited-1.jpg

岩ガキもくださいな♪
う~ん、岩ガキが見えない盛りつけ方...だからパセリはいらんって!(笑)

R0010949_edited-1.jpg

この3品を注文した時点で醤油が3皿。
味が移らないようにとのお心使いだろうが、う~ん(笑)

R0010956_edited-1.jpg
R0010957_edited-1.jpg

ゲソの唐揚げに揚げ出汁豆腐。

R0010953_edited-1.jpg

ビールからチェンジ、おっ奈良の春鹿純米があるじゃない♪

R0010966_edited-1.jpg
R0010972_edited-1.jpg

出汁巻きも盛り付けが派手過ぎる(笑)
鰹節と葱は要らない、出汁感を味わいたいの!
何故かグラタンも注文、ホワイトソースは缶詰かな、何故こんなに味が濃いのか?
冷凍グラタン的なこの濃さが何なのか最後まで分からなかった。

R0010974_edited-1.jpg
R0010976_edited-1.jpg

一応、此処は寿司屋なので最後は干瓢巻きと鮪ほほ肉の炙り握りで♪
寿司屋の実力って巻物の海苔を頂くとすぐに分かります(笑)
鮪は脳天とホホ肉がやはり美味しいですね(^^)/

R0010982_edited-1.jpg

寿司屋に来たぜ、という感覚が無いままに居酒屋的メニューを頂きました(^^)/

【万福寿司】

大阪府堺市北区蔵前町1467-5
072-251-4533
営業時間:月~土11:30~14:00 16:00~23:00(L.O.22:50)
土日祝11:30~23:00(L.O.22:50)
定休日:元旦のみ(臨時休業の場合は事前告知あり)