時遊人アッシュの食べ歩き日記

05月 « 2017年06月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 07月

白肝の誘惑 炭火焼鳥 鳥英

2017年 04月25日 21:30 (火)

R0001125_edited-1.jpg

鶏造り盛り合わせ。
白肝と呼ばれるが実際はオレンジ色の鶏の肝の事だ。
ブロイラーなどの鶏肝は赤身を帯びており、どうしても血の匂いが気になる代物だが、
平飼い状態で健康に育てられた地鶏の肝は鮮やかなオレンジ色の肝である。
臭み無くツルリとした表面と弾力、これが実に美味しいのである。
ワタクシが焼鳥屋さんを選ぶ基準に、この店は白肝なのか?という事が前提と成るのだ。

R0001118_edited-1_20170425192711c73.jpg

エビス・ビールとお通しはグリーンサラダ。

R0001121_edited-1_20170425192710d71.jpg

梅しそ、さび焼き。
あっさり胸肉に個性の強い梅紫蘇と山葵の味付けはチョイと大人のお味(笑)

R0001122_edited-1.jpg

ねぎ間につくね、うづら。
鶏肉の全てが弾力ある地鶏である。

R0001129_edited-1.jpg
R0001133_edited-1_20170425192754bf5.jpg

注文後、2~30分もの時間を掛けて焼かれる皮!!!!!
この皮が絶品なのだ!!!!!
余分な脂をじっくりと落とし遠火の炭火でカリッカリに焼かれており、
噛むと内に凝縮された良質な脂の旨味と食感が素晴らしい(^^)/

R0001126_edited-1_20170425192756767.jpg

お造りのささみ、ずり!
ええ鶏が無かったら出さへんねん!という大将拘りの逸品でもある。

R0001134_edited-1_201704251929017bb.jpg
R0001143_edited-1.jpg
R0001144_edited-1_20170425192858e13.jpg

レンコン肉詰め、鶏身にずり、ししとう。

R0001137_edited-1.jpg

夜は糖質OFF中にも関わらず、つい日本酒が欲しくなり(笑)
大阪産能勢の酒、秋鹿、純米酒。

R0001146_edited-1_20170425192917822.jpg
R0001148_edited-1_20170425192916cb2.jpg

〆は地鶏スープの拉麺。
生姜を効かせた、つくねが本当に美味しい(^^)/
糖質OFF中なのに良いのか?などの事はもうどうでも良くなっていた(笑)

R0001112_edited-1_20170425192632e2f.jpg
R0001113_edited-1_201704251926329a3.jpg
R0001117_edited-1_201704251927119e8.jpg

メニュー。
ちょっと変わり者の大将だが素材には拘りあり、そしてまぁ、慣れれば!(笑)
堺でこの店より美味しい白肝が頂ける店があるならば教えて欲しい♪
そして奥さんとのあ、うんの呼吸が素晴らしい店でもある(^^)/

R0001109_edited-1_201704251926343da.jpg

【炭火焼鳥 鳥英】

大阪府堺市北区南花田186-1
072-251-0436
北花田駅から1,195m
営業時間:17:30~
定休日:水曜
スポンサーサイト

鳥英の白肝

2016年 05月19日 20:33 (木)

R0030937_edited-1.jpg

鳥刺身の盛り合わせ(700円
白肝と身、生の心臓の盛り合わせ♪
此処の白肝はいつも美味い!
このレベル高き肝は仕入れ状況により有るか無いかはその日次第!
健康な状況の雌鶏からしか頂けぬ地鶏による拘りの肝は、
臭み無き旨味の宝庫でもある♪

少々な生活の変化と共に仕事もMAXな忙しさと成り~
つい先日などは睡眠3時間、20時間労働ですよ!
年に数回来る、この忙しさでメシを食べれ酒も飲めるのかな?(笑)

R0030955_edited-1.jpg

なので、ご近所の炭火地鶏 鳥英
少々、へんこつな大将の店だが味には拘りを持たれているお店(笑)

R0030939_edited-1.jpg

つくね、軟骨、うずら卵。
備長炭の炭火でじっくりと焼かれる焼鳥は派手さは無いが地鶏に拘られるのだ♪

R0030943_edited-1.jpg
R0030941_edited-1.jpg

遠火の炭火でカリッカリに焼かれた皮はワタクシの大の好物でもある(^^)/
炭火で焼かれた白葱は甘さを増幅させて何と香ばしきものか!

R0030945_edited-1.jpg
R0030949_edited-1.jpg

れんこんミンチと梅しそ♪
野菜の中で何が一番好き?と問われればレンコンと躊躇なく答えてしまうであろう大の好物だ!
ロールの梅しそは脂身少なき胸肉の美味さと梅と大葉の大人の味ね(^^)/

R0030947_edited-1.jpg
R0030951_edited-1.jpg

キノコのホイル焼きに注文が通ってから切り出される皮つきポテトフライ♪
家では揚げ物をしない我が家ではあるが、ことポテトフライに関しては別でもある(笑)
ちゃんと作られたものは、やはり美味しいね(^^)/

R0030952_edited-1.jpg

締めはラーメン!
鶏ガラのスープに生姜の効いたつくねは叉焼代わり♪
味付けは塩と胡椒のみなシンプルな味だが飲んだ後には何故か浸みるお味!
ビブグルマンに載っていてもおかしくはないレベルの焼鳥店だが...
ミシュラン・ガイドな調査員がこんな処までは来ないよね(笑)
未だ、食べログにも載っていない貴重な店でもある(^^)/

R0030935_edited-1.jpg
R0030956_edited-1.jpg

【炭火地鶏 鶏英】

住所:堺市南花田町...
電話:分からず...
営業時間:大体18:00~
定休日:未確認

炭匠きしもと 此処もまた昭和町の名店

2016年 02月08日 19:09 (月)

R0001727_edited-1.jpg

お造り4種盛り...どう見ても5種盛りである。
今回も5種盛りなんですね?とこの日は軽くツッコミを入れてみた♪
可愛らしい女性店員さんの笑顔で「はい♡」
ワタクシの心臓がキュンと音を立てた!(笑)

砂肝、心、ささみ、白肝と後は軟骨かな!?などと思いながら胸のドキドキ感は
なかなか収まりそうに無く味に集中できないでは無いか(笑)
塩ごま油、お醤油、ポン酢にそれぞれを漬けて頂くのよ(^^)

R0001754_edited-1.jpg

炭匠きしもと
去年の夏以来の訪問であり、それ以来何度か予約の電話を入れるも席を確保出来ず、
昭和町界隈の人気の焼き鳥店である。

R0001721_edited-1.jpg

ハートランドとポテサラ♪
赤い粉は辛さは無くパプリカの粉かな?ポテサラの美味き店にハズれは無しの王道を行く
とっても美味しい手作り感たっぷりのポテサラである♪

R0001723_edited-1.jpg

ささみのピリ辛ユッケ♪
添えられる卵黄は箸で持ち上げる事の出来る濃度と固さの膜が張られていて...
この卵は凄いわよ♪
味付けはキムチ風なタレと甘味ある玉葱に絡ませる卵黄の美味さで頂くのだ(^^)/

R0001735_edited-1.jpg

ワインはボトルでアルディッシュ シャルドネ
シャルドネの典型的な香りと十分な膨らみのある果実味が調和した辛口のワイン♪

R0001732_edited-1.jpg

ハラミ湯引きポン酢は380円といったお安さよ(^^)/
優しいポン酢の風味が味を損なわず♪

R0001737_edited-1.jpg
R0001739_edited-1.jpg
R0001742_edited-1.jpg

野菜も食べなきゃネ。
炭火で焼かれた香ばしき味はジュノベーゼ的ソースが掛けられてバケットと共に頂くようだ(^^)

R0001758_edited-1.jpg
R0001761_edited-1.jpg

塩つくね、ねぎまと梅肉焼き。
美味しい美味しいこの店の焼き鳥は、やはりハズれは無し!
炭火の遠火で焼かれた加減と素材の良さは1級品である。
軟骨の歯応え良きつくねは今回、塩で直に美味さを味わってみる♪

R0001764_edited-1.jpg

首皮はパリッパリに焼かれた香ばしき味と風味!
ミネラル感たっぷりの塩で頂くこの幸せ(笑)
こちらの皮もまた1級品ですな(^^)/

R0001768_edited-1.jpg

締めは鶏スープ♪
生姜の香り、塩加減も上々でほっこりと温まろうではないか(^^)

R0001756_edited-1.jpg
R0001745_edited-1.jpg

目の前はあびこ筋。
軽く酔いつつも、どうも飲み足りないなといつものBARへ千鳥足で向かい、
どエロ・トークとIWハーパー12年を満喫した夜の出来事(笑)

【炭匠きしもと】

大阪府大阪市阿倍野区昭和町1-8-2
06-6167-8444
地下鉄御堂筋線昭和町駅1番出口より北へ30秒
営業時間:18:00〜L.O.24:00
定休日:日曜日

美味しい炭焼の地鶏 鳥英

2015年 10月03日 17:42 (土)

RIMG1300_edited-1_20151003165640560.jpg

鶏の刺身はあの白肝が入る極上の物。
健康的に自然の摂理で子孫を残すために栄養を蓄えた鶏からしか採取出来ない
地鶏に拘るこの店ならではの逸品でもあるのだ。
ササミと軟骨が付いて700円とこれまた格安くてありがたい(笑)

RIMG1301_edited-1.jpg
RIMG1307_edited-1_20151003165710f62.jpg

プチ糖質OFFダイエット中なのでビールでは無くハイボールね♪
家でもウィルキンソンは常に有る状態でワインセラーに何故かいつも入っているジャックダニエルとの
ハイボールは最高に美味しいものですわw
チェーン店の檄安い値段では無いが庶民ならば何とか払える価格帯であろうメニュー表(笑)

RIMG1302_edited-1_201510031656394ba.jpg
RIMG1303_edited-1_201510031656382c0.jpg
RIMG1304_edited-1.jpg

ねぎまにつくね、さび焼きに大好物のうずら卵は欠かせない♪
野菜も頂かないとね、しいたけよん(^^)
レンコンも注文したのだが仕入れはしたらしいが何故か見付からず...
大将は最後までレンコンは何処へ行ったのかを謎に思っていたようで、
ちょっと変わった大将である(笑)

RIMG1305_edited-1_201510031657121f0.jpg

焼鳥を注文すると必ず付いてくる口直しの大根卸し♪

RIMG1306_edited-1.jpg
RIMG1308_edited-1.jpg

遠火の炭火でしっかりと焼かれた鶏皮!
外はカリッと中は適度な脂身感を残す焼き加減であり、ここの鶏皮はいつも美味しい(^^)/~~~
梅しそと合鴨も頂きましょう♪

RIMG1309_edited-1_20151003165812f45.jpg
RIMG1313_edited-1_20151003165810b6c.jpg

糖質OFFダイエットの敵、ポテトではあるのだが、此処のポテトフライはもちろん冷凍では無く
生のジャガイモを茹でて揚げられるとっても美味しいポテトフライで我慢が出来ずに注文してしまったw
生姜の効いた鶏スープも締めにはもってこいよん(^^)

RIMG1314_edited-1.jpg

相変わらず食べログにも載っていない今では貴重なお店かもね~
なので正確な住所等は分からず(笑)

【炭火地鶏 鳥英】

住所:堺市南花田町...
電話:分からず...
営業時間:大体18:00~
定休日:未確認

鶏皮の美学 とりかわ 一入(とりかわ ひとしお)

2015年 09月01日 19:20 (火)

RIMG1166_edited-1.jpg

タレを漬けては焼き、そして寝かせての工程を1週間を掛けて出された鶏皮。
一般的な焼鳥における皮の食感のプニプニとした柔らかさは無くとも
カリっとした歯応えある香ばしい食感と甘めなタレの味付けは、成程な逸品♪

ワタクシ、焼鳥の皮には目がないんですよー(^^)/

RIMG1201_edited-1_20150831180831be7.jpg

地下鉄あびこ駅から東へ徒歩数分、とりかわ 一入(とりかわ ひとしお)
以前に伺ったあびこの洋食屋さんでお手伝いをされていたお孫さん(高校生w)に
教えてもらった美味しい焼鳥屋さん。
ワタクシがいつも買い物をするお漬物屋さんの隣に在るお店♪

RIMG1159_edited-1_20150831180704e7a.jpg
RIMG1161_edited-1_20150831180703aa6.jpg
RIMG1162_edited-1_20150831180702924.jpg

メニュー
下町あびこ価格!と言うのか、かなりお安めな価格設定。
店内はカウンター&掘りごたつ的なテーブル様式、
元気いっぱいの大将に愛想の良き接客の店員さんは膝を付いての接客姿勢であり、
マニュアル化された居酒屋チェーン店以上の接客の良き空間。

RIMG1154_edited-1_20150831180705fe1.jpg

プチ糖質オフ・ダイエット中につき、喉に少しでもシュワっとしてものをと注文したハイボール♪
どさっと盛られた千切りのキャベツにはドレッシングが掛りお替りは自由な模様。

RIMG1164_edited-1_2015083118074062b.jpg

さてさて、1週間熟成の鶏皮の実力をば...
カリッサクッと中身と表面の食感はまるで油で揚げれたような香ばしさとタレによる
味わいは少々、甘めな味付けだが口の中で染み渡るような深き潔さであり、
ここまで拘りを持たれた鶏皮ならば塩でも頂いてみたいぞ♪

RIMG1175_edited-1.jpg
RIMG1180_edited-1.jpg
RIMG1182_edited-1_20150831180807c1d.jpg

とりハラミ、つくね、紫蘇巻き。
鶏のハラミとは初めて聞く名であり思わず注文してしまう~
脂肪分が少なく筋肉質感ある歯応えの旨味。
つくねは軟骨のコロコリ感よろしくも、もう少しあっさりと頂きたく、
紫蘇巻きは皮の部位で脂が染み渡る。

RIMG1192_edited-1_201508311808059d2.jpg
RIMG1188_edited-1_20150831180805641.jpg

黒毛和牛の串はねぎま仕様。
コッテコテな味付けで、せっかくの黒毛和牛ならば肉の素材を生かす味付けで頂きたいものだ。
揚げ出汁豆腐は注文後に素揚げされたものなのかな~
チューブでは無いちゃんと卸された生姜と刻み立てのネギは拘られたものであろう。

RIMG1184_edited-1_201508311808062ab.jpg
RIMG1169_edited-1_20150831180738b1b.jpg
RIMG1170_edited-1_20150831180738be5.jpg
RIMG1194_edited-1_201508311808352e3.jpg

糖質オフ・ダイエット中の為、麦焼酎は中々♪
シイタケは今、正に旬なもので~在ると必ず注文してしてしまう「うずら卵」
うずらの卵って何でこんなに美味しいのでしょうね~
小さな小さな卵の中には旨味が凝縮されていますよね~(^^)/~~~

RIMG1197_edited-1_20150831180834981.jpg

締めはサービスの鶏スープ。
限定でラーメンもされている元のスープであろう鶏ガラ出汁に塩胡椒、生姜を僅かに効かせた味で
こういったサービスはフィニッシュに近きお客の心にも残るであろう優しきお味。

全般に上品で繊細な味!という訳では無いが大将の接客は素晴らしく、
大きな声でいつも笑顔で愛想良く♪
焼鳥屋さんの仕込は本当に大変だと思うが、そのような思いを微塵も感じさせない
接客姿勢はまた、行ってみたいなと思える店だ。(^^)/~~~

RIMG1199_edited-1_201508311808334d1.jpg

【とりかわ 一入 (とりかわ ひとしお)】

大阪府大阪市住吉区苅田5-14-3
06-6606-0808
営業時間:17:00~23:00
月曜日~日曜日・祝日
定休日:木曜日