時遊人アッシュの食べ歩き日記

05月 « 2017年06月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 07月

堺力餅食堂 自家製平打ち麺と和出汁香るカレーうどん

2017年 02月13日 20:43 (月)

R0000129_edited-1_20170213191707c9e.jpg

たっぷりな薄揚げが呼吸をしている鉢の表面。
ワタクシの好きなお揚げさん、ぷくぷくっと気泡が沸き立ち、何か可愛い♪
運ばれて来た瞬間にプ~ンと香る鰹の風味とこれは鯖節かな!?
これは絶対に美味しいカレーうどんだと確信する(^^)/
ほんだしでこの香りは絶対に出せない(笑)

R0000140_edited-1_20170213191749f02.jpg
R0000142_edited-1.jpg

堺、山之口商店街に在る力餅食堂。
この辺りは戦火を逃れたらしく古き良き店が未だに多い地域だ。
昭和の50年代、ワタクシ少年剣士でありまして、この山之口商店街にある剣道具の店へ
来た時の事を未だに鮮明に覚えている。
その当時、この商店街は人と人がすれ違うのも難しかった程に栄えていた記憶が蘇り。
今は半数以上がシャッターを閉じた商店街であり、それは何とも寂しい限りである。

R0000124_edited-1_20170213191710395.jpg

さてさて、力餅食堂。
堺市には数軒、大阪府内には十数軒、暖簾分けの店のようだが、
本店が何処に在ったのか、調べても分からなかったのですよ。
この事はいずれこの道の詳しき方に聞いてみようと思っている。
力餅の最大の特徴は、「8年以上働いて信頼を得たら独立できる」というのれん分け制度。
店内は昭和の佇まいだが清掃は行き届いている♪
メニューは汁物、丼物がメイン、ぜんざいやお雑煮までもが存在する(笑)

R0000139_edited-1.jpg
R0000126_edited-1_201702131917099c0.jpg

カレーうどんは力餅食堂の定番であり、そうそうお赤飯も店頭で売られている事が多い食堂だ!
外食でお赤飯を頂ける機会などそうそう無く、喜んで注文してみた訳だ(笑)
ごま塩をサラサラっと振りかけて、これは餅米100%なタイプのお赤飯ね♪

R0000131_edited-1_201702131917063fd.jpg
R0000135_edited-1_20170213191752543.jpg


自家製平打ち麺のうどんはコシは皆無でありながらも、
お箸で摘まみにくい、そしてにゅるにゅるっとした食感が意外と楽しく(笑)
これはこれで有りだなと...
和出汁のカレー味とこれが絡む絡むのだ!
お出汁は無添加、無化調の優しき自然なお味、あぁ~あぁ~美味しい(^^)/

R0000145_edited-1_20170213191804674.jpg
R0000140_edited-1_20170213191749f02.jpg

お店自体はとても古いが、ちゃんと鰹で出汁を取り、意外や意外、麺も全て自家製麺とは、
昔の方は食に対する意識の高い方もいらっしゃったのだと!
そうで無い方も多いので~
大衆食堂的な趣きにワタクシも、どうせ製麺所製な麺かなと侮っていた愚かさ。
此処は行って見る価値のあるお店です(^^)/

R0000137_edited-1_20170213191751eb7.jpg

【力餅食堂】

大阪府堺市堺区大町東2丁1-10
072-238-0253
営業時間:[金~水]11:30~19:20 [木]11:30~15:00
定休日:不定休
スポンサーサイト

堺港湾 喫茶すずらんの美味しい焼めし

2017年 01月27日 18:16 (金)

R0001281_edited-1.jpg

大阪港で働く港湾労働者の方々を対象に食堂等を行っている施設をご存じだろうか?
大阪港湾福利厚生協会は財団法人である。
通常の大衆食堂とはまた違った雰囲気を感じられる施設だ。
此処、堺市にもこのような施設が2軒あり、もう1軒は随分と昔に行った事があったのだが、
またもう1軒、偶然に見付けてしまったならば入らなければ気が済まないじゃない(笑)
湾岸線の真下、大浜と三宝の間くらいですかね~周りは倉庫街だ。

R0001288_edited-1.jpg

すぐ西側は運河、その先は新日鉄住金の堺工場。
そのまだ西側にはシャープの堺工場。
話は変わるが西田辺に在ったシャープの本社はとうとう解体が始められているようだ。
目の付け処が...実は悪かったのね、残念。

R0001262_edited-1.jpg
R0001266_edited-1.jpg

階段をとんとんと上がり、人の姿は無し!
焼肉定食が550円って...
何か独特な雰囲気があるな~と思いながらもルンルンと扉を開けてしまうのであった(笑)
好奇心の方が勝ってしまうの(^^)/

R0001268_edited-1.jpg
R0001269_edited-1.jpg

昭和のレトロ喫茶のようなテーブルと椅子だがメニューは完全に食堂的である(笑)
おっ、珈琲はサイフォン式ね♪
一番、高いメニューで550円ですよー!!
出来るだけ優しい口調で...「焼きめしくださ~い」

R0001276_edited-1.jpg
R0001273_edited-1.jpg

マスターが一生懸命に炒めている、新聞を読んでいる姿で
鍋振りをチラ見しながら欠かさないチャーハンター活動(笑)
丸み有るふっくらな米粒が適度な油を帯びそれぞれに独立した米粒の美味さがあり!
塩胡椒、僅かな醤油、味付けはシンプルなものだが喫茶という名らしく油はバターベースである。
港湾関係の体力仕事な方向けであろう、量もしっかりと1合弱はあり!
こりゃ、美味いわ!!!

R0001270_edited-1.jpg

お味噌汁は豆腐、揚げ、若芽だがこれをスプーンで飲むのね!?
う~ん。。。と思いながらも郷に入っては従え!(笑)

R0001264_edited-1.jpg
R0001280_edited-1.jpg

大阪港湾福利厚生協会の施設には何故か散髪屋さんがセットになっている所が多い。
飯食って、さっぱりと散髪ですかー♪
後は銭湯も付いていれば言う事なしですね(笑)

R0001287_edited-1.jpg

ワタクシのチャーハンター活動!
格式や値段などどうでもよい...
ただ、美味いチャーハンが食べられればそれだけで良いのだ(^^)/

R0001277_edited-1.jpg

【喫茶すずらん】

堺1区港湾労働者福祉会館内
大阪府堺市堺区塩浜町
営業時間:だいたい朝から夕方まで
定休日:日祝

昭和ノスタルジー 銀ツバサ食堂

2016年 12月13日 17:22 (火)

R0000561_edited-1_20161213154820cc9.jpg

銀ツバサ食堂。
何と素敵な名の食堂だろう。
名の由来は先代が飛行機好きであった為なのだそうだ。
創業は昭和35年、この地で50年以上営まれている歴史ある食堂である。
場所は宿院頓宮の南、すぐお隣はラブホという環境(笑)

ワタクシ、大衆食堂が堪らなく大好きでして、
この店は行ってみたいお店のランキング1位でようやく夢が叶った(笑)

R0000565_edited-2.jpg

店へ入ると先客二名、おじいさんとおばあさん。
銀ツバサ食堂の御夫婦もおじいさんとおばあさん...
ワタクシも軽く初老...平均年齢が高い!(笑)
白の机に緑のパイプ椅子、タイルの壁と床。
店は古いが清掃は行き届いている♪
緩~い空気感で時間が過ぎてゆく...

R0000571_edited-1_20161213154907671.jpg

熱いほうじ茶、ホッとする...
この湯呑は何十年使われているのだろうか...

R0000572_edited-1_20161213154906596.jpg

どどーんと親子丼定食(680円)
丼物の定食にはうどんか蕎麦が選択可能...
ご飯ものと汁物の位置が逆...運ばれてそのままを撮ったので^^;
あぁ~そして結構、量が多い店だったのね(^^)/

R0000575_edited-1_201612131549486e7.jpg
R0000582_edited-1.jpg

半熟の卵に絡む鶏肉、肉を支える割り下は濃い目な味。
丼鉢を持ってわしわしと頂きましょう(^^)/

R0000576_edited-1.jpg

定食のうどんはミニうどんかと思っていたら、そのままんま1人前かいっ!(笑)
たっぷりな、おぼろ昆布♪
丸み有る大阪風なうどん麺はつるつると喉を超え易くもあり。
お出汁もチョイと濃い目な味。

R0000578_edited-1_2016121315494770a.jpg

小鉢は結構な量のしらすおろし♪
おじゃこが大好きなワタクシ...ありがとうと言いたい(笑)

R0000568_edited-2.jpg
R0000567_edited-2.jpg

メニュー。
丼物や麺類汁物系、カレーやオムライスなど充実ね♪
そしてお安い(^^)/

R0000585_edited-1.jpg

おとうさん、おかあさん共に愛想が良いですな♪
長く続けられている訳が分かります。
でも、いつかは辞められる食堂なので...
こういった形態のお店は思い立った時に行っておかなければ必ず後悔するのだ。
希少な大衆食堂好きな方だけに送った感がある記事になってしまったか!?(笑)

R0000563.jpg

【銀ツバサ食堂】

大阪府堺市堺区宿院町東2丁2-17
072-232-2254
定休日:日曜

大衆食堂で朝ごはん 百万堂の黄そば

2016年 08月02日 21:07 (火)

IMG_0087_edited-1.jpg

どん!と置かれたやかんに湯のみ!
う~ん、正しき大衆食堂のスタイルである...
このワタクシでも初めての大衆食堂はどのような高級寿司店やフレンチの店より
緊張感とワクワクな気持ちが高ぶってしまうのだ(笑)
さぁ、この店はどのようなドラマを魅せてくれるのであろうかと♪
時は午前9時前の出来事。

店へ入ると大将らしき風格の方がテーブル一面に新聞を広げて読み入っている...
「あっ、いらっしゃい...」
先客はガテン系のお兄さんが二人。
熱く仕事の話をしているが内容が筒抜けである!
国家機密レベルな話では無いが誰が何処で何を聞いているのか分からぬ時代。
ワタクシの口が堅くて良かったね、もう少し気を付けましょうね(笑)

後に入られた初老の男性一人客はかなり常連さんなようだ。
棚からおかずを2品取り、ご飯と味噌汁!と注文。
大将が「どないや?」「あぁ、疲れたわ」「温っためよか?」「そやな...」
どうやら夜勤明けのようだ、お疲れさま。
奥さんはご飯を作ってくれないのか、それとも一人暮らしなのか?
実はどうでも良き事だが、様々な人間模様が垣間見れるのだ。

IMG_0093_edited-1.jpg

黄そば(280円)
実は肉入りの黄そば、と注文したのだが大将には伝わっていなかったようだ...
まぁイイ、まぁイイ(^^)/
黄そばと言う言葉は馴染みの無い方もいらっしゃっるのではとも思い、
簡単に説明しておこう。
うどん出汁に中華そばを入れられただけの物(笑)
しかし、このお出汁がとても美味しい。
えっ、この高きレベル!!ちゃんと摂られた鰹、昆布の味がする♪
厨房では奥様が調理をされているようだ。
ワタクシ的には珍しく全汁を飲んでしまった程にとても美味しくあり(^^)/

IMG_0088_edited-1.jpg
IMG_0090_edited-2.jpg

おしながきとおかず棚。
ステンレスの棚は磨き磨かれピッカピカ♪
おそらく、奥様がしっかりとしているのでしょうね(^^)/
大将は店の前を通過する女子中学生に声を掛けている世界!
う~ん、緩い、緩くて面白い(笑)

IMG_0096_edited-1.jpg

朝の6時半から営業しております(^^)/

【百万堂】

大阪府東大阪市菱江2丁目1-3
072-961-2156
営業時間:6:30~15:00
定休日:日曜日

港湾食堂の焼肉定食

2016年 05月26日 23:12 (木)

DSC_0310_edited-1_20160526215547a4e.jpg

銀の皿の無造作な盛り付け!
漬けの牛肉を玉葱と和えた濃い目のお味~
焼肉「ジャン」的な味付けは一口でご飯3口は頂けそうな米のお供。
あぁ~此処は男性率十割の港湾食堂!
美的には何とつまらぬ空間(笑)

DSC_0306_edited-1_20160526215549fde.jpg

注文後、薄くぬるい茶が入る大きなやかんが主張するテーブルに腰を下ろし、
時を待つ時間を持て余す程に無機質な空間。
斜め前の席ではイカツイ風貌のお兄さんがカレーライス大と素うどんを食べている...
その組み合わせってどうよ?等と思いながらも、この組み合わせは、
カレーうどん+ライス!として案外、成り立っているのかとも思ったりもして~
炭水化物を摂り過ぎよ!と思いながらも中々にやるな!イカツイ風貌のお兄さん(笑)

DSC_0309_edited-1_20160526215548fc9.jpg

焼肉定食(650円)
お兄ちゃん出来たよ~!何と緩い言葉で取りに行くシステム(笑)
見るからに美味しくなさそうな白米は中メシな量、薄き味噌汁は揚げ、ワカメに葱!
しかし、この濃さの味付けは腹が減った猛獣には十分に美味しく頂ける、
正に正に空腹は万全な調味料か!(笑)
食欲、性欲、睡眠欲の3大欲の一つを熟したに過ぎない昼めしであった(^^)/

DSC_0307_edited-1.jpg
DSC_0312_edited-1_20160526215610e9c.jpg

メニューと無機質な外観(笑)
あぁ~此処は大阪港湾福利厚生協会(^^)/