時遊人アッシュの食べ歩き日記

03月 « 2017年04月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 05月

韓国料理まる喜 美味しい参鶏湯

2017年 03月24日 20:23 (金)

R0000587_edited-1_20170323185422a04.jpg

圧力鍋で数十分間煮込まれる参鶏湯。
我が家にも圧力鍋はあるのだが、あんなに圧力を掛けたまま数十分間も煮込んだ事は無い!
丸鶏1匹分、高麗人参の風味と鶏の旨味の凝縮なとろみある白湯スープはコラーゲンたっぷりである♪
圧力鍋から石鍋に移されて地獄の湯のように沸き立っている状態で
どうぞと出されても正に手の付けようのない熱さであった(笑)

ハサミでチョキンと食材を切る文化に慣れていないので中々上手くは行かぬ状況。
鋏を使う事にどうしても品というものを感じられないのではあるが、
置き換えればフレンチのナイフ&フォークも同じようなものだなとも感じられる。
いや、しかし、ナイフ&フォークは料理の為の食器であり、ハサミは!?
紙や髪、日本の食材にハサミを使う文化はそう無いハズ、だが国が違えば文化も違う。
異国の文化を否定している訳では無いのだが、
これも受け入れないと...な思いだが、ビジュアル的にどうしても美しく感じられないのだ。
でも料理は凄~く美味しかったの(笑)

R0000559_edited-1_201703231851048e5.jpg

韓国家庭料理まる喜。
地下鉄あびこ駅から長居駅方面へ北へ徒歩5~6分かな?
ワタクシ、タクシーでドーンと乗り付けちゃったのでよく分かんな~い♪
りくろ~おっちゃんのお店の近くでしたね(笑)

R0000567_edited-1_20170323185141f64.jpg
R0000569_edited-1_20170323185140b11.jpg

さてさて、キムチの盛り合わせを♪
乳化具合程良く、辛みの中に自然な甘味を感じられるタイプの本格韓国キムチであり、
胡麻油の効いた玉子焼きは空気を含ませたふわっふわの食感で本当に美味しい(^^)/

R0000571_edited-1_20170323185230599.jpg
R0000573_edited-1.jpg

海鮮チヂミも注文後にイチから作られるのだ。
大阪でも鶴橋市場やコリアタウンなどでも頂けるが、その殆どが焼き置き状態である為に、
油が生地に回り過ぎて油っこいイメージだったのだが、作り立てのチヂミはやはり美味しい!
具材は海老と烏賊がたっぷりと♪
外はパリっと中はふわっふわ、こんなに美味しいチヂミを食べたのは韓国旅行以来である。

R0000578_edited-1_20170323185227b0c.jpg

ビールから生マッコリへと移るのは自然な現象である♪
しかし、この飲みやすいマッコリをマミーのように飲んでしまうと足に来るのだ(笑)
それ程に美味しかった(^^)/

R0000596_edited-1_20170323185424979.jpg

参鶏湯は注文後30分以上の時間が掛かるとの事でキンパを注文♪
テカテカの韓国海苔に巻かれたキンパも注文後にちゃんと巻かれるのだ。
作り置きのない、店の姿勢は本当に素晴らしい(^^)/

R0000582_edited-1_20170323185345428.jpg
R0000590_edited-1_20170323185343502.jpg
R0000592_edited-1_201703231853420ae.jpg

石鍋の中でグツグツと燃えたぎる参鶏湯!!!
白葱に人参がトッピング、白胡麻と黒胡椒のシンプルな味付けは余計なものが入らない、
鶏の旨味を直に味わえる美味しさがあり(^^)/

R0000563_edited-1_201703231851444a6.jpg
R0000560_edited-1_20170323185103761.jpg
R0000561_edited-1_201703231851036fb.jpg
R0000562_edited-1_201703231851020f5.jpg

メニュー。
あびこにこのような美味しい韓国料理のお店が在ったなんて~
韓国人が日本嫌いなのか、日本人が韓国人嫌いなのか?
国と国とのレベルでは相変わらずもめているようだが、民間レベルでそう感じられないのだが。
同じような顔をした同じアジア人、お隣の国ですやん♪
ヒューマン・リーグに生まれて来た同志じゃない!
お互いにどうでもよき差別など無くなり、もっと仲良く出来ればイイのにネ!
お会計は二人で6千円半ばでしたか~予約は必ず♪
此処は再訪問、間違いなし!(^^)/

R0000557_edited-1_20170323185105f42.jpg

【韓国料理 まる喜】

大阪府大阪市住吉区苅田3-16-26 1F
06-6695-5788
営業時間:17:00~23:00(L.O22:30)
定休日:火曜日
スポンサーサイト

タイ料理サバーイ トムヤム・ラーメンとタイ米焼きめし

2016年 05月13日 22:53 (金)

R0031188_edited-1.jpg

ランチのセットはトムヤムラーメンと焼きめしde700円♪
所謂、リーズナボー!って事ね(笑)
タイへは一度、旅行で伺っているがトムヤムクン味は得意な方では無く、
現地でも一度しか食べなかったかな~
何かとお喋り好きな店主さん、日本語は達者なようだ!
「タイへは行った事があるか?」
「はい、バンコクへ」
「ゴーゴーバーは行ったか?」
「目の前は通りましたけど、行ってません」
「ダメよ、行かないと~」←そこっ!?
初訪問の店で何故にこのようなエロい会話が成されるのか?笑

R0031195_edited-1.jpg

タイ家庭料理サバーイ
手作り感満載の布看板!店の前にはトゥクトゥク♪
開いているのかな?de店の中を覗くも暗くてよく分からない(笑)
まぁ命までは取られへんやろ!と思い切ってドアを開けた!

R0031173_edited-1.jpg
R0031181_edited-1.jpg

店内は相当に暗くて...ランチでこの暗さか!?
露出補正をプラス0.7へ上げての撮影だったがそれでも暗い(笑)
ISOはおそらく3000くらいまで上がったのかも知れぬ♪
それ程に暗い暗い店内!

R0031191_edited-1.jpg

レモングラスとナンプラーの香り漂うスープは日本人向けにマイルドにアレンジされている模様。
米粉の平打ち麺は所々に不揃いではあるが既製品。
アジアの味だ、パクチーが乗っていれば尚、良し!
しかし、トムヤムスープはあまり得意な方では無い...
これは食べなれているか、どうかの問題かも知れぬ。
しかし味に不満は無く♪
ナンプラー・粉唐辛子・砂糖・辛子の入った酢の調味料を掛けてもらい、
美味しゅう頂きましたよ(^^)/

R0031193_edited-1.jpg

タイ米の焼きめし
いいね、いいね、焼き飯にはタイ米がよく合うね♪
長粒米独特の粘りの少なきサラリとした食感は油を適度に纏い、
白米で頂くよりも食感はより宜しい!
味は僅かにナンプラーの香り、タイの屋台で頂いたカオ・パットを思い出した(^^)/

R0031178_edited-1.jpg
R0031170_edited-1.jpg

メニュー。
夜の一品は普通のお値段...
ランチ時は700円均一とお得な価格設定♪
タイの屋台ではプレートはあれこれ選んで1皿100円程だったかな?
しかし、此処は日本、適正な価格であろう!
次回はゴーゴーバーの詳しい話を聞きに行かなければならない!
ちょっと面白いタイ人店主の店だった(笑)

R0031189_edited-1.jpg
R0031195_edited-1.jpg

【サバーイ (タイ家庭料理)】

大阪府松原市岡2-4-15
072-336-1156
営業時間:11:00~14:00 17:00~23:00
定休日:火曜日

シィータイ レストランdeタイ料理

2015年 12月15日 20:12 (火)

RIMG1329_edited-1_20151215162159299.jpg

タイ風焼きそばのセット(940円)
焼きそば(パッタイ)と焼飯(カオパット)といったところか♪
タイ料理を頂くのはタイへ行った時、以来ですかな~
ナンプラーの効いたタイの料理が漠然と食べたいな!で堺東にある
シィータイ レストランへと(^^)

ワタクシの場合、食べたいモノが突如として湧き上がって来るので、
本当に困っているのですよね(笑)
B型の性格と言ってしまえば、それまでなのだが(^^)

RIMG1366_edited-1_2015121516241578d.jpg

シィータイ レストラン
堺東駅から西へ徒歩5分程かな~
店へ入るとそこはもうアジアの匂いがする♪
堺東へと行くならばサマージャンボ宝くじde当たった5億円も換金しておかなければ!(←妄想)
ルンルンと売り場へ行き見てもらうと30枚分で900円が寂しく返されただけであった(笑)
年末ジャンボに全てを託そうではないか!!

RIMG1324_edited-1_20151215162201f3c.jpg
RIMG1328_edited-1_201512151622002eb.jpg

ランチメニューとおすすめメニュー!
単品でも写真を撮り切れない程のメニューが有ったよ♪

RIMG1345_edited-1.jpg

トムヤムクンラーメン・セット♪
独特のトムヤムクンの香りと味、酸味とピリ辛い味わいとナッツの風味があり。
スープの濃度は結構な濃い目であり米粉の平打ち面と相成りなかなかイケる♪
かなり日本人向けにアレンジをされている印象だが鶏系スープの旨味は十分に出ており
とっても美味しい(^^)/

RIMG1342_edited-1_20151215162341030.jpg
RIMG1331_edited-1.jpg

焼きそば(パッタイ)
ナンプラーとニンニクの香り、もやしが多過ぎて米粉の麺(フォー)が見付けにくい難点もあるが、
まるでタイの屋台で頂くような素朴な味がするも、少々日本人向けにアレンジし過ぎじゃない!?
もっと荒々しくても良い気もするのだが...

RIMG1336_edited-1.jpg
RIMG1359_edited-1_20151215162416d2e.jpg

さてさて、チャーハンターである使命感を持ちつつの焼飯(カオパット)であるが...
せっかくの長粒米ジャスミン・ライスがこの柔らかな炊き加減では台無しである。
この高級米ジャスミンライスに申訳ない思いを持ちつつの...
ようやく日本まで渡って来てこの炊き加減は、ジャスミンライスに本当にゴメンね!と
謝りたくなる残念なチャーハンター活動であった(笑)
どうみても水加減を誤ったであろう。う~ん、残念である。

RIMG1339_edited-1_20151215162302108.jpg

激辛ナンプラー漬け唐辛子を数的、落とすと...
アジアの風がここに吹いた♪
...飛び上がるような辛さだ(笑)

RIMG1327_edited-1_201512151622007ac.jpg
RIMG1369_edited-1.jpg

美味しいジャスミン・ライスを頂きたいわ♪
時を置いてもう一度、伺ってみるとしよう!

【シィータイ レストラン】

大阪府堺市堺区南花田口町1-1-21 辻野ビル 1F
072-222-6766
営業時間:11:00~14:30(L.O.14:00) 17:00~22:30(L.O.22:00)
定休日:月曜

鶴橋アリラン食堂の参鶏湯(サムゲタン)

2015年 12月08日 10:50 (火)

RIMG1277_edited-1_20151207184334a00.jpg

参鶏湯(2千円)
休日ランチ活動、温かい物でも頂きましょうかde思い付いたのが参鶏湯。
鶏肉に高麗人参、もち米などを入れて煮込んだスープであり韓国では疲労回復的なものである。
韓国の食堂で頂いて以来、久しぶりねって感じ♪
薄味のスープには余計な科学的なものを使われず鶏とニンニク、ネギと高麗人参の出汁だけで、
この美味さは見事なものだ。

RIMG1283_edited-1_20151207184348af3.jpg

アリラン食堂。
大阪環状線鶴橋駅から東へ広がる鶴橋の市場は戦後の闇市の面影を今も残す。
入り組んだ暗い細い路地を好んで突き進むのが古き街マニアのワタクシには堪らない(笑)
この市場内はもう韓国ですな♪
なので店内の接客的なものも少々せわしなくも感じる。
メニューの選択をもどこか急ぎナムルの皿が空けば直ぐに引き、
ビールの追加も10秒以内には到着する早さだ。
これはもう国民性の違いなので、どうこう言うつもりも無いのだが、
もう少し落ち着いた接客がワタクシ的には好みでもあるのだが(笑)

RIMG1266_edited-1_201512071842067b6.jpg

サービス的ナムル8皿がせわしなく登場(笑)

RIMG1271_edited-1_2015120718424451b.jpg
RIMG1272_edited-1_20151207184244d8f.jpg

鶴橋市場でよく見かける焼き置きの「チチミ」とは違う厚みとおこげの美味さ有り!
胡麻油たっぷり感あるパリッパリな表面の焼き加減と、しなやかな中の具材との対比が
また、面白く美味しくも在り!

RIMG1275_edited-1_201512071843347c9.jpg
RIMG1279_edited-1_201512071843335a0.jpg
RIMG1282_edited-1.jpg

丸鶏をざくっと切られた感ある、あばら骨を見たのはケンタッキー以来かも知れぬ(笑)
骨際の肉の美味さがココにあり!
高級食材、高麗人参の滋味深き味!
食材の旨味を残す素朴な味は一級品である。
時の経過により、透明感あるスープが白濁したパイタンスープへの変化も面白く(^^)/

RIMG1258_edited-1_20151207184209e2a.jpg
RIMG1261_edited-1.jpg
RIMG1259_edited-1_20151207184208153.jpg

店内女子率は9割!
時に飛び交う韓国語!
ワタクシ日本人と韓国人の区別が全く分からない(笑)

まぁ、同じ人間界に生まれた者同士、共に美味しいものを、頂きましょ(^^)

【アリラン食堂】

大阪市生野区鶴橋2ー14ー9
0667125666

亜州食堂チョウク パクチーくださ~い!

2015年 11月12日 20:18 (木)

RIMG1153.jpg

ナシカンダールはマトンとフィッシュを選択。
クミン香るマトンとフィッシュは鯖の煮込み♪
ナシカンダールはマレーシアのぶっかけ飯、ご飯は超高級米ジャスミンライスね~
ぐちゃっと混ぜて頂くのも良し、食べ方はそれぞれだ(^^)/

RIMG1155.jpg

オクラにオニオンスライス、もやしにはそれぞれ独自のスパイス感あり。
マレーシアには行った事はないが、どこかタイの屋台で頂いたぶかっけメシを思い出したよ♪

RIMG1140_edited-1_20151112190032c77.jpg
RIMG1151_edited-1_20151112190156d91.jpg

亜州食堂チョウク。
今回で3度目の訪問~ランチ時の11:30分過ぎに訪問するも既に店内は満席!
11月の13日からは夜だけの営業と聞き、来てみたが凄い人気の店と成っていたのだ。
ワタクシ、この店へ初めて来たのは開店直後の5~6年前かな?
緩~い雰囲気で営業されていてバナナの葉に乗るミールスを頂いたっけ!?
手で頂くと50円引きという事で頑張って頂いたわよ(^^)/~~~

常連さん達の横の繋がりが強いようで「あら~お久しぶり!」のような光景を何度も見た!(笑)
福島界隈のスパイス好きな方に支持されている店なのであろう♪

RIMG1150_edited-1_20151112190156f63.jpg

ビンタンビール(インドネシア)は辛口でどこか日本のエビスに近いお味であり、
つい注文してしまった♪

RIMG1147_edited-1_20151112190113c35.jpg
RIMG1149_edited-1_201511121901571ee.jpg

お連れさんの注文した南インド料理のミールスは野菜煮込みのサンバーと豆カレーのダル。
お口直し的なライターはヨーグルトなもの♪

RIMG1157.jpg
RIMG1160.jpg

アジアの風を求めて「パクチー」くださ~い!
食べ慣れていないと中々に受付にくい青菜ではあるが、コレはハマるとやみ付きになるのよー(>_<)
いいね~美味しいね~パクチー!!!
アジアの風が吹きましたよ(^^)

RIMG1141_edited-1_201511121901153cf.jpg
RIMG1143_edited-1_20151112190114f60.jpg

ざっとしたメニュー撮り!
しばらくは夜営業だけのようなので亜州食堂チョウクで検索してツイッターなどでご確認を♪
チョウク=ランチといったイメージがあるが、それぞれな事情があるのだろう。
ワタクシ的にアジアの風を感じたいなと思われる方には、まずはチョウクをとお勧めしたい(^^)

RIMG1135_edited-1_20151112190035190.jpg

【亜州食堂チョウク】

大阪市福島区福島2-4-17
06-6453-0020
営業時間:18:00~21:30
定休日:日曜・ 月曜