時遊人アッシュの食べ歩き日記

08月 « 2017年09月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 10月

来来水餃館 台北夜市のモッチモチ水餃子

2017年 08月17日 20:33 (木)

R0011269_edited-1.jpg

水餃子は10個60元(日本円で250円程)
練り打ち立ての皮に包み立ての餡、餃子の皮がこんなに美味しいなんて~
餡は出汁の効いた溢れる程のジューシーさ有り、肉々しくも化調感は皆無。
この世にこんなに美味しい水餃子があるなんて...
なので台湾旅行は止められないの(笑)

R0011284_edited-1.jpg
R0011254_edited-1.jpg

台北市内の中でも南に位置する南機場夜市。
市内中心部からタクシーで15分程で到着。
台北の夜市はお安く美味しく何処も活気がありますな~

R0011258_edited-1.jpg

目指す来来水餃館はどこだろうと夜市をウロウロすると...
ある一角だけがやたらと繁盛しているではないか!
此処か、此処だな!と場所を確認してファミマで台湾ビールを買い求めて~いざ!
特に順番待ちなどは無く空いている席に着き店員さんに注文するスタイル♪
店員さんに何となく注文してみたが、果たして通っているのか疑問を持ちつつ(笑)

R0011273_edited-1.jpg

お店の奥に小菜の棚があるので適当に取ってみた♪

R0011262_edited-1.jpg
R0011263_edited-1.jpg

豆腐干糸と煮玉子。
それぞれ40元(150円程)だったかな、やっと出会えました豆腐干糸!
干し豆腐の千切りにごま油とダシで味付けされたもの。
まるで麺のような食感がとてもお気に入りである♪
これが何故に日本で流行らないのか不思議(^^)

R0011261_edited-1.jpg

餃子とビールの組み合わせだけは誰にも譲れない♪
相席した香港人のカップル、英語で親し気に話しかけて来る~
「この店の情報は?」「インターネットで~」「同じ同じ~」
「その小菜は何処で?」「厨房の奥にあるのよ~」
で、旦那さんが取りにゆく~
アジア圏の夫婦orカップルは女性が圧倒的に強い感じがする(笑)

R0011272_edited-1.jpg

厨房では男性二人がまるでダンスをしているかのように常に生地を練っており、
出来立ての水餃子が出来上がるのだ♪
大釜で一気に100個程は茹でられているのか、
作り立ての美味さに敵うものはない(^^)

R0011276_edited-1.jpg
R0011280_edited-1.jpg

そして酸辣湯(中)
白菜、筍、人参、椎茸にキクラゲ、豆腐等、酸味の効いた具沢山スープ。
パクチーの青菜の風味にアジアの風が吹きつつ。
これぞ酸辣湯!もちろん無化調!!!

R0011275_edited-1.jpg

メニューは豚&ニラの水餃子と酸辣湯のみの構成。
勝手に棚から取る小菜は数々あり。
こんなお店が日本にもあったらイイのに~なんて思いながら。
食に対してお安くとも手を抜かれない姿勢がとにかく素晴らしい。

R0011248_edited-1.jpg

大阪もそうだが台湾はもっと暑い暑い夏だ!
だが皆さん、とっても元気♪
食に対する姿勢が老若男女、拘りを感じられる。
何と活気のある街であろうか。

【来来水餃店】

台北市萬華区洛陽街69號
電話:02 2305 1561
営業時間:17時00分~23時30分
定休日:水曜日
スポンサーサイト

済南鮮湯包 絶品しらすチャーハンとヘチマと海老の小籠包

2017年 08月15日 21:13 (火)

R0011220_edited-1.jpg

しらすチャーハン(180元)
カリっと素揚げされた大量のしらすがふわっふわの玉子チャーハンの上に乗り、
その食感たるや何とも楽しく美味しい♪
しらすの塩分とふわふわ卵のクッション感、
丸み有る米粒はふわ度8、パラ度5といったところか(笑)
今年、頂いたチャーハンの中ではもちろんNO.1の美味さであった(^^)

R0011197_edited-1.jpg

済南鮮湯包。
この夏休みにまたまた台北へ~
昼前に桃園空港へ着きホテルにキャリーバッグを預けベルボーイに
「この店へ行きたいの~」と告げるとタクシーの運転手さんへ説明してくれる。
台湾のタクシーは英語がほとんど通じないので何かと大変だがとにかくお安い。
初乗りは70元(日本円で250円程)、台北市内の移動ならばタクシーがとても便利だ。
店へ着くと日本人観光客が数人待ち、外は灼熱の暑さである。
鞄から扇子を出し50回程、手首を動かしてようやく入店(笑)

R0011203_edited-1.jpg
R0011206_edited-1.jpg

日本の大衆食堂的な棚から一品を取るシステムの小菜は種類が多くお安い!
湯葉と青菜の和え物は35元。

R0011209_edited-1.jpg

製造から18日以内の台湾ビールは初めての体験。
賞味期限がたったの18日間という新鮮な爽やかなお味(^^)

R0011217_edited-1.jpg
R0011234_edited-1.jpg

台湾のチャーハンはとにかく独創的だ。
揚げたシラスを乗せるなんて日本でも考えうるものであるが、未だ出会った事がない。
そして、とにかく美味い、レンゲが止まらぬ美味さである。
化調感は皆無、量的には2人前程、
複数人でシェアするのが望ましい訳はこの小籠包のせいでもある(笑)

R0011215_edited-1.jpg
R0011226_edited-1.jpg

ヘチマと海老の小籠包(300元)
何と薄皮の小籠包であろうか、底部は僅かに厚く表面は薄く、
たっぷりの溶けだした煮凝りに漬かる均一に刻まれた
ヘチマと海老の食感は口の中で至福の時を感じられるであろう。

R0011229_edited-1.jpg

時間を見計らい登場したのがスタンダードの小籠包。
その心使いが嬉しい。
中身は台湾では珍しい黒豚ミンチであろう味の小籠包であり軽い食感と無化調な味付けは
優しく女性にも好まれるのが分かる。

R0011210_edited-1.jpg

豆苗と海老の炒め物。
片栗粉でコーティング&とろみを付けられた海老のぷりっぷりな食感!!!
臭み無く下処理も完璧である。

R0011240_edited-1.jpg

デザートの杏仁ミルクゼリーで締めて満足満足(^^)

R0011202_edited-1.jpg
R0011199_edited-1.jpg

包み立て、蒸し立て、作り立てに拘っているのであろうお料理全てに
店側の姿勢が引き立つ。
台湾へ行く度に新たな店の発見と味に拘る店の何と多い事か!
次は夜市の絶品、水餃子のお店を紹介したいと思う(^^)

【済南鮮湯包】

台北市濟南路三段20号
電話番号:(02)8773-7596
営業時間:11:00~14:30 17:00~21:00
休業日:旧正月のみ
クレジットカード:不可
日本語メニューあり

堀内チキンライス ジャスミンライスの美味しいカオパッド・ガイ!

2017年 05月17日 21:13 (水)

IMG_0063_edited-1_20170517185530add.jpg

カオパット・ガイ(鶏肉入りチャーハン)
香り米(ジャスミンライス)のほんのりと良い香り♪
基本的な味付けはナンプラーと塩、唐辛子のピリ辛いアクセント。
長粒米は粘りが少なくチャーハンに最適なインディカ米であり、
バンコクの屋台で頂いたカオパットやカオマンガイを思い出す(^^)/

タイ米のイメージは20数年前か、日本が天候不良の為にタイから
お米を大量に輸入した記憶がどうしても蘇る。
あの時のお米は本当に美味しくなかった訳は実は超低級米だったのだ。
日本にもお米のランクがある様にタイでも米のランクがあり、インディカ米の中でも
最高峰とされるジャスミンライスは日本で知られる魚沼産コシヒカリと同等の価格がするのである。

IMG_0083_edited-1_201705171854487e7.jpg

堀内チキンライス。
店へ入るとイキナリにナンプラーの香りがして此処はアジアの風が吹いている♪
今日のランチはホリチキにしようと決めると心がウキウキしてしまう程に何を頂いても
間違いのない美味さなのだ!

IMG_0050_edited-1_20170517185257751.jpg
IMG_0051_edited-1_20170517185256038.jpg
IMG_0052_edited-1_201705171852555bb.jpg
IMG_0055_edited-1_201705171852549b9.jpg
IMG_0056_edited-1_20170517185253369.jpg

メニュー。
何とも魅力的なアジアのメニューがずらりと(笑)
他には沖縄の料理と泡盛が盛りだくさん♪

IMG_0065_edited-1_2017051718532509d.jpg
IMG_0066_edited-1_201705171853242e0.jpg
IMG_0081_edited-1_201705171854504d3.jpg

レモンを振り掛けて香りと米粒の食感を楽しむ楽しむ♪♪♪
具材は鶏肉に玉葱、玉子、鶏肉からの旨味が米粒へ渡り...
あぁ~本当に美味しい!!!!!もうバクバクと食べてしまった程だ!
本当に美味いチャーハンに出会えてしまうと無我夢中になってしまう(笑)
後半、無料のトッピング、魔力のパクチーを契りながら掛けてまたこれが美味い(^^)/

IMG_0072_edited-1_20170517185409fd9.jpg
IMG_0073_edited-1.jpg

奥さんは海南鶏飯(かいなんじーふぁん)
唐辛子、ナンプラー、生姜のタレを掛けて鶏汁で炊かれたジャスミンライスとで頂く
アジアのチキンライスである♪
この鶏飯には何故かいつもキュウリがトッピングされている。
タイで頂いたカオマンガイも正に同じであり、彩りか、箸休めかなのか?(笑)
この店の看板、鉄板メニュー、まずはこれを!(^^)/

IMG_0077_edited-1_2017051718540674f.jpg

タイ風鶏の唐揚げガイトート。
スイートチリ・ソースに漬けて頂く鶏唐揚げ♪
バリッとサクッと衣がパリパリっと揚げられており400円で嬉しい一品料理(^^)/

IMG_0057_edited-1_20170517185328337.jpg
IMG_0061_edited-1_20170517185326e91.jpg
IMG_0058_edited-1_20170517185327230.jpg

肉骨茶(パクテー)も是非、頂いてみたい♪
ツイッターでホリチキをフォローすると臨時休業情報などが知られますよ~
此処は何気に臨時休業が多いのだ(笑)
漫画家出身の店主のメニューもまた見所有りなのだ(^^)/

IMG_0085_edited-1.jpg
IMG_0082_edited-1_20170517185449168.jpg

【堀内チキンライス】

大阪府大阪市阿倍野区天王寺町南2-10-1
06-7492-8265
JR環状線天王寺駅前より25号線を東へ徒歩12分
営業時間:[月~日、祝]12:00~15:00 17:00~21:30(L.O)22:30close
定休日:火、水曜日

台北 永和豆漿大王の美味しい台湾おにぎり

2017年 05月06日 22:07 (土)

R0001632_edited-1_20170506200658fdd.jpg

中華風卵入り御握り(飯團加蛋)45元
薄焼き卵に包まれたチョイと贅沢仕様のおにぎりは日本の太巻き寿司のような大きさ。
もち米100パーセント、肉でんぶと揚げパン、お漬物のような青菜の具が入る台湾おにぎりだ♪
そう、これがどうしても食べたくて今回はホテルの朝食を付けなかったのだ。

R0001642_edited-1_20170506200934fb4.jpg
R0001622_edited-1.jpg
R0001623_edited-1_20170506200613190.jpg
R0001609_edited-1.jpg

メニューと店内風景。
しかしメニューを見るも小籠包くらいしか理解が出来ず...
お店のお姉さんに日本語のメニューを貰い無事に注文出来た(^^)/

R0001631_edited-1_20170506200659229.jpg

肉まんと卵入りの塩味のする豆乳、中華風お好み焼きの蛋餅。

R0001633_edited-1_2017050620093778d.jpg

台湾風卵巻きおにぎり!
もち米100パーセントの重さはあれど、揚げパンのカリカリな食感と旨味の肉でんぶ♪
青菜のお漬物のようなものがアクセントと成り、これが実に美味しく(^^)/
これは1本を二人でシェアしたが、一人だとこれ1本でお腹がいっぱいになる事間違いない(笑)

R0001626_edited-1_20170506200611d3c.jpg
R0001638_edited-1_20170506200936584.jpg

卵入りの塩味のする豆乳(40元)
ミキサーに掛けられた豆乳はプクプクと泡立っており何とも円やかな優しいお味♪
揚げパンと肉でんぶのトッピングが食欲を増進させる!

R0001637_edited-1_20170506200936f4a.jpg

ほわっほわな肉饅頭!
ちゃんと蒸し器で温められた蒸しパンのような柔らかな食感はまず、日本では味わえないであろう。
具は八角香る中華風な味付けであるが化調感は皆無、
シンプルな味付けでありこれがまた美味い(^^)/

R0001628_edited-1_20170506200700297.jpg

日本語表記は中華風お好み焼きという表現だが見た目はイカ焼きに近い♪
強力粉と卵を混ぜられたクレープ状の包みにまたまた例の揚げパンが挟まれている(笑)

R0001615_edited-1.jpg
R0001643_edited-1_20170506201106cf1.jpg

焼き物は焼き立て、蒸し物はちゃんと蒸し立て、揚げ物は生地から延ばされて揚げ立て!
もちろん、台北市内にはファースト・フードのお店も多々、あるのだが、
こういったお店は割高なのか、やはり味がどうこうなのうかは分からぬが、
食堂の作り置きの無き姿勢は日本の飲食店も見習って欲しいと実に感じられた
台北の大衆食堂での充実した朝ご飯であった♪

日本にも朝からこんなお店が多くあったらな~と切実に感じた美味しい朝ご飯であった(^^)/

R0001645_edited-1_20170506201105a07.jpg
R0001646_edited-1.jpg

【永和豆漿大王 (大安駅店)】

台湾台北大安區復興南路二段102號
02-2703-5051
営 業:24時間営業
最寄駅:文湖線「大安駅」5番出口から南へ徒歩4~5分

韓国料理まる喜 美味しい参鶏湯

2017年 03月24日 20:23 (金)

R0000587_edited-1_20170323185422a04.jpg

圧力鍋で数十分間煮込まれる参鶏湯。
我が家にも圧力鍋はあるのだが、あんなに圧力を掛けたまま数十分間も煮込んだ事は無い!
丸鶏1匹分、高麗人参の風味と鶏の旨味の凝縮なとろみある白湯スープはコラーゲンたっぷりである♪
圧力鍋から石鍋に移されて地獄の湯のように沸き立っている状態で
どうぞと出されても正に手の付けようのない熱さであった(笑)

ハサミでチョキンと食材を切る文化に慣れていないので中々上手くは行かぬ状況。
鋏を使う事にどうしても品というものを感じられないのではあるが、
置き換えればフレンチのナイフ&フォークも同じようなものだなとも感じられる。
いや、しかし、ナイフ&フォークは料理の為の食器であり、ハサミは!?
紙や髪、日本の食材にハサミを使う文化はそう無いハズ、だが国が違えば文化も違う。
異国の文化を否定している訳では無いのだが、
これも受け入れないと...な思いだが、ビジュアル的にどうしても美しく感じられないのだ。
でも料理は凄~く美味しかったの(笑)

R0000559_edited-1_201703231851048e5.jpg

韓国家庭料理まる喜。
地下鉄あびこ駅から長居駅方面へ北へ徒歩5~6分かな?
ワタクシ、タクシーでドーンと乗り付けちゃったのでよく分かんな~い♪
りくろ~おっちゃんのお店の近くでしたね(笑)

R0000567_edited-1_20170323185141f64.jpg
R0000569_edited-1_20170323185140b11.jpg

さてさて、キムチの盛り合わせを♪
乳化具合程良く、辛みの中に自然な甘味を感じられるタイプの本格韓国キムチであり、
胡麻油の効いた玉子焼きは空気を含ませたふわっふわの食感で本当に美味しい(^^)/

R0000571_edited-1_20170323185230599.jpg
R0000573_edited-1.jpg

海鮮チヂミも注文後にイチから作られるのだ。
大阪でも鶴橋市場やコリアタウンなどでも頂けるが、その殆どが焼き置き状態である為に、
油が生地に回り過ぎて油っこいイメージだったのだが、作り立てのチヂミはやはり美味しい!
具材は海老と烏賊がたっぷりと♪
外はパリっと中はふわっふわ、こんなに美味しいチヂミを食べたのは韓国旅行以来である。

R0000578_edited-1_20170323185227b0c.jpg

ビールから生マッコリへと移るのは自然な現象である♪
しかし、この飲みやすいマッコリをマミーのように飲んでしまうと足に来るのだ(笑)
それ程に美味しかった(^^)/

R0000596_edited-1_20170323185424979.jpg

参鶏湯は注文後30分以上の時間が掛かるとの事でキンパを注文♪
テカテカの韓国海苔に巻かれたキンパも注文後にちゃんと巻かれるのだ。
作り置きのない、店の姿勢は本当に素晴らしい(^^)/

R0000582_edited-1_20170323185345428.jpg
R0000590_edited-1_20170323185343502.jpg
R0000592_edited-1_201703231853420ae.jpg

石鍋の中でグツグツと燃えたぎる参鶏湯!!!
白葱に人参がトッピング、白胡麻と黒胡椒のシンプルな味付けは余計なものが入らない、
鶏の旨味を直に味わえる美味しさがあり(^^)/

R0000563_edited-1_201703231851444a6.jpg
R0000560_edited-1_20170323185103761.jpg
R0000561_edited-1_201703231851036fb.jpg
R0000562_edited-1_201703231851020f5.jpg

メニュー。
あびこにこのような美味しい韓国料理のお店が在ったなんて~
韓国人が日本嫌いなのか、日本人が韓国人嫌いなのか?
国と国とのレベルでは相変わらずもめているようだが、民間レベルでそう感じられないのだが。
同じような顔をした同じアジア人、お隣の国ですやん♪
ヒューマン・リーグに生まれて来た同志じゃない!
お互いにどうでもよき差別など無くなり、もっと仲良く出来ればイイのにネ!
お会計は二人で6千円半ばでしたか~予約は必ず♪
此処は再訪問、間違いなし!(^^)/

R0000557_edited-1_20170323185105f42.jpg

【韓国料理 まる喜】

大阪府大阪市住吉区苅田3-16-26 1F
06-6695-5788
営業時間:17:00~23:00(L.O22:30)
定休日:火曜日