時遊人アッシュの食べ歩き日記

03月 « 2017年04月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 05月

喫茶ラック 今年、やり残した事

2016年 12月30日 16:51 (金)

R0000796_edited-1.jpg

玉子サンド(450円)
ママの優しさに包まれた玉子サンドは相変わらずのボリュームだ♪
今年ももう終わりだがやり残した事が1つだけ残っていた...
それはラックママに会いに行く行為がどうしても叶わなかったのだが、
年の瀬が迫る年末にようやくママの笑顔を見に行く事が出来てほっと♪(^^)/

R0000798_edited-2.jpg

喫茶ラック
初めて来たのはもう2年半以上も前の事だ。
開いているのかいないのか?判断の難しい店であったが、
小さな営業中の札を見付けて勇気を振り絞り扉を開けた事を思い出す(笑)

R0000787_edited-1.jpg

メニュー
値段はおそらく何十年と変わりないのでは?と思えるお安い価格設定(^^)/

R0000786_edited-1.jpg

ママが自宅へ持ち帰り洗濯されるおしぼり♪
そしてお冷の氷は製氷機では無く氷屋さんから運ばれた氷の塊を砕かれたもの...
これは、おろそかには扱えない(笑)

R0000790_edited-1.jpg

サイフォンで1杯づつ抽出されるHOT珈琲は実に美味しく♪
パック式のミルクではないのがまた良いのだ(^^)/

R0000795_edited-1.jpg
R0000793_edited-1.jpg

ママが丁寧に丁寧に焼き上げてくれる玉子サンドは、ふわっふわの玉子に胡瓜とマヨネーズが
絡み合い実に実に美味しいものだ♪
そしてどの角度から見ても美味しそう(笑)
この店の玉子サンドの素晴らしきところは、薄焼き卵を幾重にも折りたたんで焼き上げる!
厚焼き玉子サンドは今、ちょっとしたブームではあるが、
そのほとんどが溶き卵をフライパンへ一気に流し入れ折りたたむ京都マドラグ方式である。
ラック式の玉子サンドは手間と暇が特に掛かっているのだ!
玉子は4個分、食パン4枚、必ず腹を空かせてから伺わないと男性でも完食は難しいだろう。
もし残すような事があっても大丈夫、ママがラップで包んで持ち帰らせてくれるから(^^)/

「お兄さん、お久しぶりですね~確か北新地のママさんの知り合いでしたかな?」
「あらっ、よく覚えてはりますね~その通りです」
ワタクシの知り合いの北新地のママへ何度か手土産として持って行ったら
この店の玉子サンドの大ファンとなりとうとう直接、買いに来たのであった(笑)

R0000788_edited-1.jpg
R0000804_edited-1.jpg

場所は阪堺電車、高須神社駅のすぐ東側に在るお店。
小さなママの小さなお店...
此処はママの愛に溢れたお店です(^^)/

【喫茶ラック】

大阪府堺市堺区北旅籠町東2丁1
072-229-7583
営業時間:7:00~18:00
定休日:1月1日2日、月に一日だけ不定休
スポンサーサイト

ふわっとろ極厚玉子サンド カフェ・ベリー

2016年 10月28日 22:32 (金)

DSC_0923_20161028205730d27.jpg

玉子サンド(560円)
注文が通り品の良さそうなマスターがフライパンでチャッチャと焼き上げる玉子サンド♪
卵をぽんぽんと割り味付けは塩とバター、そして牛乳と予想出来る範囲内だが、
ふわっとトロっと~空気を含ませた見事な焼き加減である(^^)/

DSC_0934.jpg

カフェ・ベリー
近鉄八尾駅から徒歩10分弱かな~
この辺りはチョイとウロウロしてみたかった街なのだ♪

DSC_0921.jpg

インパクト大の昭和的な青果屋さん(笑)
この野菜がお高い時期、何かえらく安いな~と思いながら店の前を通過(笑)

DSC_0936 (2)

「うなぎや」は店名にそそられるではないか!残念ながら閉まっていまして~
美味しいのかな?(^^)/

DSC_0922.jpg

カウンターのみの店内。
ご夫婦での経営かな?店へ入るとマダム達の社交場と成っていて~皆さんランチを♪
ペペロンチーノかな?ニンニクの香りがツ~ンと(笑)
元は珈琲専門店のマックだったのかな?と思われる店内の造り。
珈琲はHOTのストロングを注文する♪
豆を挽きペーパードリップで淹れられた珈琲はとっても美味しい(^^)/

DSC_0928 (1)
DSC_0926_201610282056245b3.jpg

フライパンでスクランブル・エッグ状にして折りたたまれるタイプの玉子サンドは
京都のマドラグ的なもの。
牛乳を入れられる事に寄りなふわっふわな食感が楽しめるであろう美味しいサンドイッチ♪
ワタクシの厚焼き玉子サンドの好みから言えば、やはり喫茶ラックの
薄焼き卵を一枚一枚、折り畳むタイプが好きだ(^^)/

DSC_0931.jpg
DSC_0933 (1)

パスタランチが人気のようで~マダム達の弾丸トークが続く店内(笑)
一度、頂いてみたいものだ(^^)/

DSC_0937 (1)

キムチで有名な八尾の金村商店は此処に在ったのか!
店内は物凄いキムチの匂い!!!!!
色々なキムチが冷蔵庫の中に~白菜の小さなキムチ(300円)を1つだけ買ってみた♪

DSC_0939 (1)

でも会社に忘れたの...(笑)

【カフェ ベリー】

大阪府八尾市北本町2-11-15
072-999-0607
営業時間: 08:00~19:00
定休日:不定休

自然の里レストラン 超ボリューム・タマゴサンド

2016年 10月10日 20:50 (月)

R0040277_edited-1.jpg

タマゴサンド(500円)
卵3つ分はあろうスクランブルエッグにマヨネーズが配合されたタマゴサンド。
厚みは5センチを超えて食パンに軽く焼きが入りますと言われた店員さんの理由がよく分った訳は、
自家製の食パンがふわっふわなのであった(笑)

R0040269_edited-1.jpg
R0040270_edited-1.jpg

スペシャル・モーニング(650円)自家製食パンのトーストの厚みは5センチを超えるものだが、
ふわふわな軽~い食感のものであったのだ。
それにしても、この厚みのトーストは初めての体験だ(笑)
なるほど、この柔らかさならばサンドイッチは焼きが入らなければ崩れてしまいそうだ(^^)/

R0040292_edited-1.jpg

奈良県、御所市にある自然の里。
久しぶりに吉野の川上村、山鳩の湯に向かう途中のモーニング活動♪

R0040296_edited-1.jpg

店の西側には葛城山脈、東陽朝日の当たる山々の緑が美しい。
この山脈の事は以前、御所市にある日本酒の酒蔵「篠峯」の方からこの山脈は以前、
篠峯と言われていたとの事を聞いた事が有りこの酒蔵はこの山の恩恵の水の為か、
とても洗練された瑞々しい端麗な日本酒を毎年、提供されている。
久しぶりに篠峯を思い出し、このお正月用に1本買っておこうかなと思ってしまった(←単純w)

R0040280_edited-1.jpg
R0040283_edited-1.jpg

タマゴサンドを、おひとつ摘まんでみるとみると...重っ!!!
なに、この重量感は!(笑)
味は自家製食パンのチョイと甘めな柔らかな食感と小麦の風味が伴い、美味しい♪
パワーモーニングを求められる方には嬉しい重量感と量であろう(笑)
昼時を迎えても腹が減らなかった重量感あるモーニングとなりw

R0040262_edited-1.jpg
R0040285_edited-1.jpg
R0040290_edited-1.jpg

メニュー。
ランチ時は日替わりランチ、オムライスが主となるメニューが豊富であり♪
トッピングはその日の気分でどうぞ(笑)

R0040294_edited-1.jpg

奈良、御所駅から南へ3~4キロ。
吉野方面へ向かう時のモーニング&ランチにまた利用させてもらいましょう!(^^)/

【自然の里レストラン】

奈良県御所市五百家16-1
0745-66-1822
営業時間:[火~金]8:30~18:00 [土・日曜・祝日]8:30~20:30
定休日:月曜(祝日の場合は翌日)

R0040301_edited-1.jpg
R0040302_edited-1.jpg

入之波温泉・山鳩の湯。
此処は正に秘境の湯処である。
ワタクシは数年ぶりな訪問、車から降りるとあぁ~空気が美味しい(^^)/

R0040320_edited-1.jpg
R0040322_edited-1.jpg

入浴料は800円。
源泉かけ流しの関西屈指な湯量はあぁ~もったいない!と必ずや思ってしまう
良質なph値は高めな湯で天井パイプからは恐ろしい量で湯船へと流れつく(笑)
源泉かけ流しな温泉はワタクシが最も幸せに感じられてしまう温泉である♪(^^)/

R0040314_edited-1.jpg
R0040324_edited-1.jpg

あぁ~此処は天国かと思ってしまう良質な湯と空気の美味さ♪
前回は開店直後だったので湯の景色を撮れたが今回は休日と重なり無理であった(笑)
その時の記事は→森林浴と秘境の湯@入之波温泉「山鳩湯」

【入之波温泉 山鳩湯】

奈良県吉野郡川上村入之波
TEL:0746-54-0262
日帰り入浴 10時~16時受付 17時閉店
休 業 日:11月~3月末まで 火曜日・水曜日(祭日・正月・連休は営業)
4月~10月末まで 水曜日(祭日・連休・お盆は営業)

カフェはたち 超厚焼き玉子サンド

2016年 07月28日 19:53 (木)

IMG_0076_edited-1.jpg

玉子サンドハーフ!
厚焼き玉子は口の中で溶けて無くなっていくかのような
とにかく、ふわっふわなのだ。
喫茶ラックのような一枚づつ焼いて折り畳むタイプでは無く、
京都のマドラグのように溶き卵をフライパンへ一気に流し折りたたむタイプのようだ。
モーニング・タイムならばドリンク+200円でこの玉子サンドが頂けるのである(^^)/

IMG_0084_edited-1.jpg

カフェはたち。
はたちの名の由来は元は畑地(ハタチ)であった事のようだ♪
国道309号線、堺市美原区にあるお店。
この店の存在はもちろん存じてはいたが外から店内が丸見えの外観に
躊躇していたのであった(笑)

IMG_0082_edited-1.jpg

店内には木が植えられてる独特なお店。
夏らしく山下達郎のRIDE ON TIMEが軽快に流れる♪
青い~~水平線を~~~~今、駆け抜けてく~~~となっ!(笑)

IMG_0069_edited-1.jpg
IMG_0074_edited-1.jpg

珈琲と玉子サンドハーフ・モーニングで500円ジャスト!
この玉子サンドイッチの量で何がどうハーフなのかはメニューを見て頂ければ(笑)
朝のまだ涼しい時間だったのでHOT珈琲を注文。
コチラの珈琲もまた昭和のお店らしく、とても濃くて美味しいね(^^)/
玉子サンドには辛子マヨネーズが塗られているタイプ。
パン自体の少々なザラ付き感が僅かに残念だが食感はとても軽く、
あっという間に食べてしまったのだ(笑)

IMG_0059_edited-1.jpg
IMG_0061_edited-1.jpg

モーニングのメニューと軽食のメニュー。

IMG_0064_edited-1.jpg
IMG_0065_edited-1.jpg

そしてカフェなのに中華メニューがとっても充実(笑)
厨房には高火力の中華コンロが見えるぞ♪
玉子サンドが軽~い食感でまだ食べられるなと思いモーニング・チャーハンを注文しようかなと
真剣に思ってしまったが大人としてそれは恥ずべき行為なのかと思い留まるのであった(笑)
次回は中華メニューを頂いてみようではないか♪
既にワクワクしている自分が居る(^^)/

IMG_0062_edited-1.jpg
IMG_0066_edited-1.jpg

Canon G7 X にて撮影
広角24mmな世界は面白いね(^^)/

【カフェはたち】

大阪府堺市美原区黒山480-5
072-363-2999
営業時間:6:30~17:00
定休日:年中無休

馥郁焙煎工房 カロ こだわり卵の厚焼きトーストサンド

2016年 05月29日 22:55 (日)

R0031422_edited-1.jpg

オレンジ色の黄身が成せる、こだわり卵の厚焼き卵のトーストサンドイッチ!
とろけるチーズが挟まれた卵サンドは初めてかも~
幾層に折られた卵焼きは銅製の玉子焼き器で焼かれたものらしい←見ていないので(笑)
マスタード・ソースが塗られたパンは軽くトーストされ業務用の木村屋製。
此処の食パンは癖が無く結構、好みの食パンでもあるのだ♪

R0031435_edited-1.jpg

馥郁焙煎工房 カロ
馥郁(ふくいく)という言葉を初めて知った...
意味は良き匂いのする様。
JR阪和線、美章園駅から南へ400m程の高架下にあるカフェ!
錆びたトタンと木板、窓枠も木製で隙間風がこの季節は心地良き(笑)

R0031427_edited-1.jpg
R0031411_edited-1.jpg

1階は調理&珈琲の焙煎工房的な♪
狭く小さな階段を上がり2階がカフェ・スペース。
JRの高架橋、コンクリートが打ちぱなしな空間のBGMは時折、真上を通過する電車の音だけ(笑)
平成の現代、作られた昭和的な空間だが居心地はすこぶる良きもの。

R0031420_edited-1.jpg

卵サンドとカボチャのプリン、アイス珈琲は水出しコーヒー♪
お皿は韓流的な白磁な物。

R0031432_edited-1.jpg

シロップとミルクはカップ式では無いのでご安心を(笑)
水出し珈琲は時間を掛けて抽出される事による熱を加えない事により苦みがマイルドであり、
すっきりと澄んだ味は印象深くもあり!

R0031424_edited-1.jpg
R0031425_edited-1.jpg

カボチャのプリンとサービスで出されたクッキー♪

R0031407_edited-1.jpg
R0031406_edited-1.jpg

週刊あしたのジョー新聞....
マンモス西のパラシュート部隊の言葉が懐かしい(笑)

R0031417_edited-1.jpg
R0031412_edited-1.jpg

ナショナルの電球にタイガーマスクの新聞も!
店主さんはまだ30代と見えるが...マニアかも知れぬ(笑)

R0031393_edited-1.jpg
R0031396_edited-1.jpg

厚焼き卵のサンドイッチは550円水出し珈琲は450円!
自家焙煎のストレート珈琲も多数♪

R0031439_edited-1.jpg

JR阪和線、真下、地建的なものは、どういった事に成っているのか?
チーズ入りな為か、トーストサンドに成っているのか?
謎は謎のまま次回へ持ち越して...次に行く機会を作ってみようではないか!(笑)

【馥郁焙煎工房 カロ】

大阪府大阪市東住吉区北田辺3-1-20
美章園駅から442m
営業時間:〔月~金〕8:00~19:00〔土・日〕9:00~19:00