時遊人アッシュの食べ歩き日記

04月 « 2017年05月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 06月

和とお蕎麦とお酒 いおり 胡麻切り蕎麦とふわふわ鰻丼

2017年 05月23日 20:02 (火)

R0002014_edited-1.jpg

うなぎ丼ぶり(上)+蕎麦
初めての蕎麦屋では盛りを頂きたいタイプのワタクシではあるが、
この日のお目当てであった鯖寿司が既に売り切れており、
盛りとのセットばかりを思い願っていた計画が狂い、突如の計画変更は今も昔も弱い(笑)
一度は蕎麦セットを頼んだのだが「ちょっと待ったぁ~!」←古いw
鰻丼に変えます!
あぁ~男心も気まぐれである(^^)/

R0002004_edited-1.jpg

和とお蕎麦とお酒 いおり
東住吉区杭全(くまた)交差点、北東側にあるお店。
杭全交差点は歩行者と自転車はエレベーターか階段による高架でしか渡れなく、
25号線はよく通る道なのだがこの店はエレベーターの目の前という事も有り
存在に気が付かなかった。

R0002005_edited-1.jpg
R0002008_edited-1.jpg
R0002009_edited-1.jpg

ランチメニュー。
撮ってはいないが夜の一品物と地酒の種類が凄~い♪
添えられたイラストが何とも可愛らしい(^^)/

R0002017_edited-1.jpg

ふわっふわのうな丼、蒸しの工程が入る関東風ではあるが、
此処までふっくらと煮炊きされているならば文句は無い。
丁寧に盛り付けされ焦げ目はバーナーであろう、
パラリと振り掛けらた山椒の香りが食欲を増進させる(^^)/

R0002019_edited-1.jpg
R0002024_edited-1.jpg

蕎麦はあの、そばよしの胡麻切り蕎麦でしょうか。
蕎麦の中の粒々は蕎麦殻にしては独特な甘味と香りがするなと感じていたが、
店主はそばよし出身らしい。
にしても、茹で加減、つゆの甘味を抑えた上品さ、文句のない美味さだ!

R0002016_edited-1.jpg

奥さんは鴨葱そば。
葱がたっぷり、鴨肉は宮城産のあの、おフランス産蔵王鴨のようで、
うな丼と物々交換をしたが、気を使って鴨は頂かなかったのが惜しまれる(笑)

R0002011_edited-1.jpg
R0002020_edited-1.jpg

清潔でお洒落な空間、店員さんの接客も良く。
店主さんは器マニアなのか、使われている品にセンスを感じられる♪
一品は奴に牛時雨煮、茹でアスパラはポン酢な味付け。
つゆもお出汁も大阪的みりん甘味が過ぎるような事は無く
美味しく頂けた昼食であった(^^)/

R0002027_edited-1.jpg

杭全交差点風景...何故か紹興酒の亀が!
お隣の中華料理屋さんのものだろう。
帰りに此処のチャーハンも気になったのですよね~
独りで来ていたならば、おそらく入っていたのだと思う(笑)

この東部市場駅界隈に実は狙いを定めているお店が何軒かありまして~
蕎麦屋の直ぐ東にありな昔からある喫茶&レストランに駅北にあるカレー専門店、
紅龍本店もごぶさた...こんな事ばかりを考えながら毎日が過ぎてゆくのであった(笑)

R0002025_edited-1.jpg

【いおり】

大阪府大阪市東住吉区杭全6-1-36
06-6714-8118
JR関西本線 東部市場前駅から徒歩8分
営業時間:【ランチ】11:30~14:30(LO.14:00) 【夜】17:00~23:30(LO.23:00)
定休日:月曜日
スポンサーサイト

洗練、十割蕎麦 芦屋川むら玄

2017年 01月30日 19:33 (月)

R0001320_edited-1.jpg

通常の盛り蕎麦とざるそばの違いは浅草海苔の有無だけのようで蕎麦の上に刻み海苔が
掛かっていない事を確認しての注文♪
関西にはあまり馴染みのない浅草海苔であり興味本位で頼んでみた訳だ。
西の文化圏である関西はやはり九州有明産の海苔が出回る事が多くあり、
しかし味付け海苔との形であればそう違いが分からなかったのが本音(笑)

R0001291_edited-1.jpg

芦屋川むら玄。
阪神高速を芦屋で降り阪神電車を超え、JRを超え、阪急を超えて山手の道を進む進む...
芦有ドライブウェイの入り口まで来てしまったがその手前に左に折れる道へと引き返して
無事に辿り着いた♪
情報によると芦屋川駅から徒歩1時間30分との事...そんなに歩けるかー!!(笑)
なのでほとんどの客は車かバスである。

R0001299_edited-2.jpg

店裏の駐車場...
外車のショールームか?と思える高級車がずらり!
ベントレー、ベンツ、ポルシェ、BMWにアウディー、ボルボも有ったかな~さすが芦屋である!
しかしワタクシのボロいWVゴルフも一応外車なので仲間に加えさせてもらっておく(笑)
客層もよろしく芦屋マダム達の此処はたまり場か?
白髪の何とも品のあるおばあ様が多かったですね~
金持ち髪染めず!な感じでしょうか(笑)

R0001307_edited-2.jpg

窓の外は芦屋の山林、テラス席もあり桜の時期や紅葉の季節には気持ちの良いものであろう。

R0001313_edited-1.jpg
R0001317_edited-1.jpg

十割ざるそば(1100円)
僅かに青み掛かる蕎麦は十割蕎麦とは思えぬ綺麗な手練れの蕎麦!
繋ぎ無しでこの美しさはそうそうありえない!
新蕎麦が配合されての十割蕎麦なようだが香りは飛びぬけた程では無いが、
コシは逆に飛び抜けて素晴らしい!!!!
キレのある鰹香るタイプのつゆへ漬けてズルズルと一気に頂けてしまえる美味さがあり(^^)/

R0001308_edited-1.jpg
R0001311_edited-1.jpg

この店の名物らしい玉子焼き(900円)
卵3つ分はあろうかと思える大きな玉子焼き、出汁感少々あり、甘味は砂糖か味醂か、
出汁巻きか玉子焼きかと問われれば、これは玉子焼きの分類であろう。
辛い辛い大根卸しに醤油を数的垂らして乗せ...
人が作ってくれた玉子焼きはいつも何故にこんなに美味しいのだろう(笑)

R0001323_edited-1.jpg

特製野菜五種スープの雉、南蛮そば(1600円)
五種の野菜がトッピングされていると思いきや出汁に大根、人参、ニラ、なめこ等で出汁を
取られた汁の蕎麦らしく...柚子の香りが仄かに香り...
雉の肉は初めて頂いた!

R0001324_edited-1.jpg

鴨肉程の癖が無く淡白で歯応え良く実に美味い肉質である。
その動物的出汁も汁に移り、焼き葱、三つ葉の風味と相成り実に美味しい蕎麦である(^^)/

R0001332_edited-1.jpg
R0001336_edited-1.jpg

チョイと物足りずで追加注文した湯葉そば!(まだ食べるんかいっ!w)
綺麗に湯葉が盛りつけられて三つ葉と柚子皮が香り担当♪

R0001337_edited-1.jpg

コチラの出汁は鰹ベース、実にあっさりとした旨味の出汁だが
先程の特製野菜五種スープの雉、南蛮そばを頂いた後ではどうにも物足りない感が湧き出る。
「七味をくださいな」と綺麗な店員さんにお願いすると、
京都、原了郭の黒七味がトンと置かれた♪
ワタクシ、この黒七味が大好きなんですよー(^^)

R0001302_edited-1.jpg
R0001303_edited-1.jpg

メニュー。
お酒も良いものが有るのだが、此処へ車なしで来る気力はありません(笑)
味に拘る蕎麦屋は美味き水を求めてどんどん山奥へ行っちゃうのよ~
そればかりは、もうしょうがない♪
蕎麦を打つ水、湯がく水、締める水、汁の水!

R0001331_edited-1.jpg

蕎麦湯はもう2~3組後がベストな美味しさであったかも知れぬ(笑)

R0001338_edited-1.jpg

器には所々に金継ぎをされている、何とも味のある器。

R0001298_edited-1.jpg

電動の石臼機で真っ白な蕎麦粉が出来上がってゆく工程。
蕎麦は熱を発しないよう石臼がこの現代社会でもやはりベストなようだ♪

R0001314_edited-1.jpg

【芦屋川 むら玄 (むらげん)】

兵庫県芦屋市奥池南町1-23
0797-25-0232
阪急芦屋川駅から阪急バスで約15分(お昼は30分に1本あり)
阪急芦屋川駅・JR芦屋駅・阪神芦屋駅から徒歩1時間半
芦屋川駅から2,993m
営業時間:11:30~15:00
定休日:火曜日  

牡蠣牡蠣牡蠣!!牡蠣だらけの牡蠣そば

2017年 01月22日 17:30 (日)

R0001220_edited-1.jpg

今年も本格的な牡蠣の季節がやってきました(笑)
鉢一杯の牡蠣牡蠣牡蠣!
大チューブ牡蠣1本分の牡蠣が入る溢れる程の牡蠣エキス満載である(^^)/

R0001236_edited-1.jpg

信濃そば。
場所は松原警察署の斜め前、近くの郵便局員さんと警察官が多いお店♪
指名手配中の方はご用心を(←毎年、書いている気がする笑)

R0001218_edited-1.jpg
R0001214_edited-1.jpg

緑色の外観と店内w
メニューも何年と変わりなく♪

R0001221_edited-1.jpg
R0001229_edited-1.jpg

はい、牡蠣そば大盛りね!とニコニコ顔のご主人!!
決して大盛りは頼んでいないのだが此処は通常の店の1.5倍の量が有るのだ♪
見渡す限り牡蠣だらけである!その数、15~16個は入っていたのではなかろうか(^^)/
牡蠣の他の具材は長ネギに春菊、玉葱、少々甘めな出汁は時の経過により
牡蠣エキスで白濁してゆくのだ!

R0001232_edited-1.jpg

たっぷりな七味で香りと辛みを効かせて
柔らかな茹で加減の蕎麦をズルズルと掻き込む!
あ~本当にしあわせ(^^)/

R0001237_edited-1.jpg

はい、今年も信濃そばでの牡蠣そば活動も無事に終了となり♪
牡蠣好きには堪らない!ではまた来年~(^^)/

【信濃そば (しなのそば)】

大阪府松原市上田1-4-8
072-335-8500

洗練された十割蕎麦 いんなーとみやびの

2016年 11月13日 22:00 (日)

R0040708_edited-1.jpg

もり蕎麦(1.5倍増しの大盛り)
十割蕎麦とは思えぬぼそぼそ感無き美しき蕎麦。
丁寧に打たれ切られているのがよく分かる。
店主の蕎麦へ対する気持ちがこもっているのが伝わってくる♪

R0040714_edited-1.jpg

いんなーとみやびの
JR阪和線津久野駅から南東へ徒歩5分程の住宅街にあるお蕎麦屋さん。
店の存在は知ってはいたが下道で中百舌鳥より南へ行く事にあまり喜びを感じれないタイプのワタクシ(笑)
全ては南海高野線の踏切、及びアンダーパスが極端に嫌いである!
エエ加減に高架にしろよ!と何年も思い続けているが未だ実現ならず....
ならば、もう通らなければイイのだ!と堺の南地区へはなるべく行かないようにしているが、
この日は大仙公園でのイベントがあった為、三国ヶ丘の踏切に回るも何分掛かってるねん!と
やはり南海高野線が大嫌いである(笑)

R0040694_edited-1.jpg

そば茶に揚げ蕎麦...
写真はボカし過ぎた(笑)

R0040696_edited-1.jpg

メニュー。
初めての蕎麦屋ではもり蕎麦と決めている!
十割の玄蕎麦も勧められたが細切りで♪

R0040709_edited-1.jpg

蕎麦も美しいが器も準ずる美しさ♪
盛り付けは少々粗目(笑)
新蕎麦の時期としての青み掛かったタイプでは無かったが食感は滑らかで喉越しは頗る良く♪

R0040711_edited-1.jpg

蕎麦つゆは節系な出汁香るものでありながらも醤油の鋭角なシャープさ、
そして味醂の優しき甘さあり。
まずは、そのままで、塩を付けて、そしてつゆで味わうのが、この店琉らしい(^^)/

R0040700_edited-1.jpg

鴨南蛮とかやくご飯には蕎麦身を砕かれたものが乗り♪
風味よろしく(^^)/

R0040701_edited-1.jpg

合鴨肉は茹で、白葱は焼きが入り香ばしく綺麗な盛りで美しく♪
汁蕎麦にしては固めな茹で加減でコシのある食感を残すタイプで美味しゅう頂ける。
汁も節系香るがあっさりとお優しく鴨出汁の脂と香りが食欲を増幅させる(^^)/

R0040695_edited-1.jpg

こういったウンチクを語る店は好みでは無いが、実力を伴っている店のウンチクは許せてしまう(笑)
確かに蕎麦は完璧では無い。
丁寧に美味しく作られているのではあるが、茹でる水、締める水、いくら浄化された水であろうが、
湧き水で作られた蕎麦には敵うまい。
超一流の蕎麦屋が何故、田舎の車でしか行けないような場所へ移転するのかを
考えれば、その理由は水を求めてである。
新蕎麦の時期に十割蕎麦にしては香りが少なく感じてしまったのも、そのせいであろう。
この店の技術に問題は無い!
堺でこのレベルの蕎麦を味わえる店はそうそう無かろうレベルではある。

R0040688_edited-1.jpg

【いんなーと みやびの】

大阪府堺市西区津久野町2-3-33 サンメゾン津久野 1F
072-272-2112
営業時間:11:30~14:30(LO)
土日:11:30~14:30(LO) 17:30~20:00(LO)
定休日:水曜日・第3火曜日

R0040666_edited-1.jpg

大仙公園で行われた「灯し人の集い」

R0040673_edited-1.jpg
R0040681_edited-1.jpg
R0040683_edited-1.jpg

陶芸家やクラフトマン達、手作りな作品の展示即売会。

R0040671_edited-1.jpg
R0040675_edited-1.jpg

格安くは無いが独創的な手作りの器が多く展示、販売されているイベント。

R0040677_edited-1.jpg

良きお茶碗を探しての参加♪
淡路島の陶芸家、気に入ったお茶碗を見付けて、お買い上げ♪
薄い緑色の茶碗に土鍋炊きのつやつやご飯を想像してのお茶碗(笑)
お値段はお安くおひとつ3千2百円程、今から玉子掛けご飯が楽しみでならない(^^)/

R0040662_edited-1.jpg

仁徳天皇陵、いつも凛とした空気。
3重のお堀の奥にはいったい何が?
此処は宮内庁管轄の場である。

伊呂波 洗練された美味しい蕎麦

2016年 07月31日 06:39 (日)

IMG_0110_edited-1.jpg

ざる蕎麦(700円)
この時期、キュと氷水で締められた蕎麦は何とも心地良く♪
水道水がおそらく30度を超える水では締まるものでは無いのであろう(笑)
氷水で締められる事によりなコシと風味、さすがにこの時期新蕎麦のような青々しき風味は無いが、
角の無き、蕎麦つゆのすっきりとした出汁の存在感が蕎麦を引き立てる。
卸し立ての山葵の甘き風味が素晴らしい!(^^)/

IMG_0122_edited-1.jpg

蕎麦 伊呂波(いろは)
東大阪の荒本駅が最寄り。
高級そうなマンションの1階に蕎麦屋とは思えぬ白亜の外観♪

IMG_0098_edited-1.jpg
IMG_0106.jpg

外観を裏切らぬ内観。

IMG_0109_edited-1.jpg
IMG_0115_edited-1.jpg

初めての蕎麦屋では荒引きでは無く殻の無き更科風であろう物を注文するのがスタンダード。
蕎麦は九:一。
夏場の時期、この蕎麦に欠点は無い!
水、コシ、つゆ、完璧である。量もしっかりと♪
実に素晴らしい(^^)/

IMG_0119_edited-1.jpg

平日の昼時、おそらく一番客であったでろうに結構な濃度の蕎麦湯は
蕎麦粉を配合されたものか?

IMG_0104_edited-1.jpg

蕎麦(冷)メニュー。

IMG_0124_edited-1.jpg
IMG_0123_edited-1.jpg
IMG_0127_edited-1.jpg

マンションに囲まれた蕎麦屋 伊呂波さん...
外は灼熱の下界、実に爽やかな蕎麦であった♪
電柱の看板が無ければ辿り着けなかったかもしれない(笑)

【蕎麦 伊呂波】

大阪府東大阪市荒本2047-2 カーサ・エスパシオ 1F
06-6785-5680
営業時間:11:00~17:00
定休日:月曜日・日曜日