時遊人アッシュの食べ歩き日記

01月 « 2018年02月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28  » 03月

香寿庵 十割そばと蘭王の玉子丼

2017年 12月25日 20:01 (月)

R0011735_edited-1_20171224172215b7d.jpg

十割蕎麦!
相変わらずささくれの無き綺麗な綺麗な十割そばである。
喉越し感、新蕎麦らしく程良き香りと技術は素晴らしいのだが...
前回にも感じた事だが水切りが弱いのだ。
濃い目のつゆに浸けると水っぽさを口中で感じてしまう。
自信満々で出された蕎麦にケチをつけるなんて野暮な事はしないが
名店となれない理由はそこかなとも感じられる。

R0011748_edited-1.jpg

派手な看板的文字が目を引く香寿庵。
住之江区にあるお店。
今回はちゃんとコインパーキング内の専用スペースへと車を入れてほっとする(笑)

R0011728_edited-1.jpg
R0011744_edited-1_201712241722536db.jpg
R0011730_edited-1.jpg

メニューは昼飲みも可能なこんな感じ♪

R0011731_edited-1.jpg

奥さんの鯖寿司セット。
名物の鯖棒寿司は厚みのある昆布の佃煮が挟まれており中々に美味いものだ。
出汁巻きと大根とジャコの和え物等が付いて来る。

R0011742_edited-1.jpg
R0011743_edited-1.jpg

そして高級卵、蘭王の玉子丼!!!
チョイと甘めな割り下に玉葱と三つ葉に刻み海苔、溶かれた玉子は通常のものだが、
中央に乗る蘭王の黄身の旨味が素晴らしい!
とろりとした濃度ある黄身の美味さは正に最上級である。
実はこの日の朝、自宅で蘭王の目玉焼きを食べていたので
偶然にもこの日二度目の高級卵を頂くという事になり(笑)

R0011737_edited-1_20171224172213cf4.jpg
R0011739_edited-1.jpg

この十割蕎麦の打ち方に文句は無い。
只、折角の美味い蕎麦なのに茹でからの水締めが弱い事だけが本当に残念だ。
福島県の会津で自家栽培という拘りの蕎麦粉ではあるが...
でも蕎麦屋の店主は頑固なイメージがあるのでこの味はもう変わらないかもね(笑)

R0011745_edited-1_20171224172327667.jpg
R0011747_edited-1_2017122417232678a.jpg

【香寿庵 (コウジュアン)】

大阪府大阪市住之江区西住之江2-16-15
06-6674-1012
我孫子道駅から446m
営業時間:11:30~そば終了閉店 17:30~22:00
定休日:月曜日・火曜日・水曜日
スポンサーサイト

牡蠣だらけの牡蠣そば 信濃そば

2017年 11月22日 21:07 (水)

R0011158_edited-1.jpg

牡蠣そば(1100円)
相変わらずの牡蠣の量である、10個くらいまでは何とか数えていたのだが、
途中で忘れた(笑)
トータルで16~7個は入っていたと思う。
潔きネギと菊菜がトッピング(^^)

R0011178_edited-1_20171122200929092.jpg

信濃そば。
牡蠣そばを求めて年に一度のペースは守られている(笑)
松原警察署で用事を済ますと目の前の郵便局前で年賀状が売られており
ついでに買っておこうと成り。
年々、年賀状の数が減ってきており特に会社関係は出さなくてイイよ!のような時代に
なったようでそれはそれは楽になったなと♪
年賀状だけで繋がる友人関係もまた良いものだ(^^)

R0011150_edited-1_201711222007426e5.jpg

大衆食堂などで出て来る確率のひじょ~に高いアサヒビールのグラス...
もしかして日本で一番流通しているグラスなのではなかろうか?などと
どうでも良い事を考えながら待っている時間が好き(笑)

R0011161_edited-1.jpg
R0011162_edited-1.jpg

どの角度から撮っても牡蠣だらけだ!
牡蠣が浸る汁が甘いのは牡蠣のせいか味醂のせいか?

R0011174_edited-1_20171122200912313.jpg

なので七味がよく合うのだ。
牡蠣のエキスが汁へと移り、それはそれは独特の出汁の美味さと成り♪
ただ、蕎麦は柔らか過ぎる茹で加減である...
来年は勇気を出して「蕎麦は固めで茹でて!」と言ってみようと思う(笑)

R0011171_edited-1_201711222009120cf.jpg

かやくご飯が売り切れだったので、おにぎりを注文。
中の具は梅とおかか♪
俵型の型に入れられたおにぎりではあるが子供の頃に食べた駅弁幕ノ内を思い出した(^^)

R0011153_edited-1.jpg
R0011155_edited-1.jpg

メニュー。

R0011176_edited-1_20171122200911e06.jpg
R0011177_edited-1.jpg

店外&店内は緑色の壁。
何故、緑なんだろう?もしかして蕎麦の実をイメージしているのかな?などとまた
どうでも良い考えが頭の中を(笑)

R0011167_edited-1_20171122200821905.jpg

食べても食べても中々減らない嬉しさ♪
がっつりいっちゃってください(笑)

【信濃そば】

大阪府松原市上田1-4-8
072-335-8500

堺 蕎麦の新店 手打蕎麦 hiro

2017年 09月27日 19:30 (水)

R0010168_edited-1_20170926203535e30.jpg

盛り蕎麦(750円)
そば粉はこの早秋な時期ならではの北海道産の新蕎麦との事であるが...
いつも思うのだが北海道産の蕎麦粉は香りが弱いように思える。
本土との土壌の違いなのだろうか、気温に寄るものだろうか、
定かでは無いが分かってはいても飛びついてしまう新蕎麦好きの宿命なのか(笑)

R0010192_edited-1_2017092620373657a.jpg

手打蕎麦hiro.
堺市のちん電通りに突如に出来た蕎麦のお店。

R0010166_edited-1_20170926203430c45.jpg

メニュー。
まだ開店直後という事もあり盛りとつけ鴨蕎麦の2種類だけのようだが、
順次、メニューは増やされて行くようだ♪

R0010182_edited-1_2017092620364965b.jpg

京鴨のつけ蕎麦はWで注文。
大阪南部で京鴨とは珍しい、ツムラ産の河内鴨があまりに有名な為だ。
共に合鴨肉ではあるが肉質は驚く程に素晴らしく美味しい♪
鴨と焼き葱の相性は今更、語る事もないだろう。

R0010180_edited-1_20170926203531d41.jpg
R0010186_edited-1_201709262036484ca.jpg

まずはワイン塩で召し上がってくださいとの事で...
岩塩と合わせられた塩のようだが新蕎麦の風味が弱い為、それ程にはひき立たない印象。
新蕎麦ならば、もう少し青み掛かった野性的な蕎麦と合わせたかったのが本音。
コシはしっかりと、香りは弱め、鴨汁の美味さに助けられた。
今後、精進を期待している。

R0010172_edited-1_20170926203650068.jpg

桜ピラフ!!!
中々のアイデアご飯ですね♪
風味豊かで独創的、美味しい(^^)

R0010188_edited-1.jpg
R0010189_edited-1.jpg

締めは蕎麦湯、そば粉を追加配合されないのは良いのだが、
蕎麦湯に旨味が乗っていない!
本当に美味い蕎麦屋の蕎麦湯はそれだけで満足出来てしまう程に旨味が凝縮さているのだ。
鴨つけ蕎麦には山椒の入ったミルも出されて蕎麦に対する姿勢は拘られていると実感。

R0010176_edited-1.jpg

大釜で泳がすように茹でられている厨房内。
水切りをもっとしっかりとしないと香りが乗って来ないよ!
数か月後にもう一度、伺ってみよう!
店主さん、店員さん、皆さん一生懸命、此処は可能性のある蕎麦屋である(^^)

【手打蕎麦 hiro】

大阪府堺市宿屋町西1-1-22
営業時間:11:00~14:00
定休日:未確認

自家製蕎麦の実と米 住之江 十割そば香寿庵

2017年 07月02日 23:19 (日)

R0010510_edited-1.jpg

「自家製の蕎麦実なんですよ」
「蕎麦実?」
「私が会津で育てた蕎麦の実を使っているのです」
店主は会津に蕎麦畑をお持ちのようで蕎麦を自ら栽培されていて、
この店で使われるお米も自ら作られた特A米を使われているようで...
そんな話は関西の蕎麦屋で今まで聞いた事が無く...
ワタクシ、恥ずかしながらキョトン!と成ってしまった程(笑)

R0010527_edited-1.jpg

十割そば香寿庵。
つい先日、よっぱらいねこ氏の記事で見かけ後押ししてくれたお店。
この店の前は車でよく通るので存在は知っていたが、ここまで拘りある蕎麦だとは思ってもいなかった♪
店主は相当な話好き、「蕎麦はお好きですか?」「食べ歩いています」
で喰い付いて来られた(笑)

R0010502_edited-1.jpg

この日のランチメニュー!
来週、新そば祭?「何々?」「タスマニア産の蕎麦です!」
タスマニア蕎麦についての話が始まり...「知っています」
そして後に登場するのであった(笑)

R0010508_edited-1.jpg

盛り蕎麦と鯖の浅漬け丼セット(1800円)

R0010514_edited-1.jpg

十割の会津産の蕎麦、奥様が打たれているようで「新蕎麦は粘りがあるから~」
などとマニアックな話が目の前で飛び交う(笑)
青く瑞々しく美味しい蕎麦であるがコシはこの季節として今一歩。
挽き立ての香りがもう少しあれば(^^)/

R0010517_edited-1.jpg
R0010516_edited-1.jpg

鯖の浅〆丼丼丼!!!
酢の塩梅程良く、白黒胡麻の食感と香り、風味担当の大葉と刻み海苔。
薄切りにされた鯖の酢締めが10数枚が乗る鯖丼が素晴らしく美味しい♪
青菜と薄揚げの炊いたん&エノキ茸の一品もの(^^)/
大阪の蕎麦、信州の蕎麦、東北の地震、宮城の事、荒引き、白挽き...
話は尽きなくどんどんと深みにハマってゆくのである(笑)

R0010519_edited-1.jpg

「どうぞ、お試しください」と出されたタスマニア産の新蕎麦!
若干、粗目の細切り蕎麦であり、それはまぁ良しとするが水切りが完璧では無い。
より香りを引き立てるならば水切りはしっかりとな思いあり。
関東風の強めのつゆが味を引き締めるも、此処はまだ完全では無いと感じられる。
蕎麦に対する意識の高さは、どの蕎麦店よりも感じられるも最後の水切りで惜しい。
これは関西と関東&東北における蕎麦の調理法の根本が違うのか、
このような瑞々しい蕎麦が好みの方々もいらっしゃるようだが、
ワタクシ的にこのような水分は不要であると感じている。
塩で山葵で、そしてつゆで頂くにしても蕎麦に纏う過度で余分な水気は、
やはり香りを損なう要素であろうと感じられる。

R0010520_edited-1.jpg

蕎麦湯は蕎麦粉を後に入れられない自然なタイプ♪
後、5~6人後の蕎麦湯がベストであろうが、自然なお味で美味しく頂く(^^)/

R0010525_edited-1.jpg
R0010526_edited-1.jpg

この日は車であったので酒は飲めなかったが拘れた日本酒が多くあり、
それに伴う一品も、メニューに数多く♪
店内は清潔感あり洗練された空間。
専用の駐車場もあったのだが、知らずに何となく隣のコインパーキングへ入れててしまうも、
コインを頂き無事、無料で車を出す事が出来た(笑)

R0010522_edited-1.jpg
R0010523_edited-1.jpg

サービスのアイス珈琲、食べ放題の自家製梅干し。

R0010530_edited-1.jpg
R0010531_edited-1.jpg

会津の蕎麦に拘れた十割蕎麦のお店。次回は酒と共にと(笑)

【香寿庵 (コウジュアン)】

大阪府大阪市住之江区西住之江2-16-15
06-6674-1012
我孫子道駅から446m
営業時間:11:30~そば終了閉店 17:30~22:00
定休日:月曜日・火曜日・水曜日

堺 新金岡 手打ち蕎麦 唐変木 再びの美味き蕎麦!

2017年 05月29日 20:28 (月)

IMG_0156_edited-1_20170528211356b69.jpg

ざる盛り蕎麦大盛り!
何と均一に切られた綺麗な蕎麦だろう。
二八の繋ぎある蕎麦だが食感&コシに文句無しな美味さ♪
繋ぎの小麦の香りはすれど殻剥きの更科系、自家製粉なお蕎麦。
二八という概念を超えての、それをも凌駕する合わす鰹香るつゆの美味さに光あり。

IMG_0171_edited-1.jpg

手打ち蕎麦 唐変木、ほぼ1年ぶりの訪問。
休日の午後、お昼過ぎの訪問で店内満席、少々の待ち時間あり。
此処はご近所、いつでも行けるわ~な事も有り、なめていた(笑)
ご年配のご夫婦二人での営業、接客は柔らかく、緩やか、
ランチ時も予約を受け付けているようで次回は予約をしてみよう。
ゆる~く時が過ぎる空間は時間にゆとりを持たれての訪問が好ましくもあり。

IMG_0139_edited-1.jpg

メニュー。
「ワタシは辛み大根蕎麦大盛りネ~♪」
奥さんにはスダチ蕎麦にすれば~と唱えたが聞き入ってもらえず...
「ワタクシもざる蕎麦!」被るやんっ!と言った意見が聞き入れもらえなくなっている状況(笑)
残念ながら、大人気のとろろ蕎麦ご飯は既に売り切れていた^^;

IMG_0144_edited-1_20170528211311f69.jpg
IMG_0145_edited-1_20170528211310375.jpg
IMG_0153_edited-1.jpg

揚げ蕎麦は酒を注文しなくとも、付いてくる逸品!
塩加減よろしく、これが実に美味しくあり♪
エビスビールと合わせてこれぞ休日の午後(^^)/

IMG_0155_edited-1_20170528211357b36.jpg

どーん!と辛み大根!!量が多過ぎw
蕎麦は平たく盛られているが量はしっかり2人前仕様♪

IMG_0168_edited-1.jpg

〆は蕎麦湯♪
蕎麦湯は茹で釜における蕎麦の旨味成分が凝縮された、
後のお客の方が美味しく頂ける利点有り(笑)
そば粉を入れてとろみ感を付けない正統派の蕎麦湯がワタクシは大好きだ!
蕎麦湯を頂くとその店の実力が分かる!というが此処は正に当てはまる(^^)/

IMG_0173_edited-1.jpg

【唐変木 (トウヘンボク)】

大阪府堺市北区新金岡町5丁6-103
072-250-5151
交通手段:新金岡駅から東へ694m
営業時間:11:30~14:30
定休日:月曜日・第4火曜日