時遊人アッシュの食べ歩き日記

01月 « 2017年02月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28  » 03月

日本橋 仙豆(せんず) 厚切りボリュームトンカツと280円チャーハン

2017年 02月15日 19:24 (水)

R0000154_edited-1.jpg

この店のトンカツはブロック状の肉塊を切られるところから始まる調理法。
切込みが入れられ塩胡椒で下味、パン粉はサクサク、厚切り肉の為、
揚げられる時間は少々長めであり濃い目の色が付くが肉質はとてもジューシーである。
ここしばらくのトンカツは好んでヘレを頼んでいたが
ロース肉の脂身って実は美味しいんですよね(笑)

R0000165_edited-1_201702142057512e7.jpg

大阪日本橋、ラブホ街の外れにある仙豆(せんず)。
4~5年ぶりの再訪問。
この辺りは大阪有数の風俗街でもある為、
平日昼間から即席らしいカップルがホテルへ消えてゆく姿を垣間見れる...
日本って平和な国ですな(笑)

R0000151_edited-1_2017021420564316e.jpg
R0000146_edited-1.jpg

雑然とした店内は以前と変わらず、何気にメニューが増えているような気もする♪
狭い厨房、料理人は一人でよくこれだけのメニューを熟せるなと、手際の良さに関心。
そして出前の電話のベルがよく鳴る店でもある!
「はい、チャーハン大4人前!!」って...何と素敵な響きなの(^^)/
しかし、ほとんどが風俗店からの注文だと思われる(笑)

R0000152_edited-1_201702142057107e4.jpg

ワタクシのロースカツ定食はプラス100円でチャーハンに変更可能ね♪

R0000157_edited-1.jpg
R0000158_edited-1_2017021420570722e.jpg

深めの皿にしっかりと1人前、このタイプのチャーハンはフライパンの溶き卵の中に白ご飯を
躊躇なく放り込むタイプであり、それはお昼時な時間との勝負なのであろう。
チョイと柔らかめな米粒が卵でコーティングされている。
このタイプのチャーハンは嫌いではない、焼き過ぎカラカラの卵が入るチャーハンよりずっと良くもあり♪
香り漬けに胡麻油がふわりと鼻孔を膨らませる(笑)
このチャーハン、単品で280円というお安さである(^^)/

R0000160_edited-1_20170214205738478.jpg

定食付け合わせの玉子焼きにキムチは結構な量、
そして豚コマ切れ肉たっぷりの豚汁!!
特化した味では無いのだが、これはガッツリといきたい時に嬉しき付け合わせでもある(^^)/

R0000161_edited-1.jpg

メニュー。
安い!おいしい!ボリューム満点!!!
まさに、その通り!?
トンカツはこのお値段では特出するレベルでもあり!!
チョイとDEEPなお店です(^^)/

R0000149_edited-1_201702142056449d1.jpg
R0000154_edited-1.jpg

R0000166_edited-1_20170214205750dc2.jpg

【仙豆 (センズ)】

大阪府大阪市中央区日本橋1-1-1
06-6213-2919
営業時間:11:00~15:00 17:00~23:00
定休日:木曜日
スポンサーサイト

超特上和牛焼肉 和ちゃん

2017年 01月08日 06:30 (日)

R0000721_edited-1.jpg

赤身の肉を適当に盛ってください♪
それと上ミノくださいなといい加減な注文方法(笑)
何とも見事な繊細なサシの入った赤身肉!!!!
この見事なサシは聞いてはいないが間違いなくA4~5ランクの肉であろう。

家でシャブシャブをする時もなるべく脂身の少ない和牛肉を買い求めるようになって...
年と共に脂身がキツくなり、赤身肉を求めるようになってしまっただけの事かも知れない(笑)

R0000712_edited-1.jpg

焼肉とビールはいくら炭水化物OFFダイエット中といえども外せません!
この時期、お高い焼き野菜は追加注文してしまった(^^)/

R0000714_edited-1.jpg
R0000715_edited-1.jpg
R0000718_edited-1.jpg

特上和牛の塩タン!
レモン汁に漬けて~思わずあぁ~と声が出てしまう(笑)

R0000728_edited-1.jpg

大根と白菜キムチはハーフ&ハーフで♪
辛み酸味甘味のバランスがとっても良いキムチね♪
キムチの美味さをより感じられるのは、このバランス感覚ね(^^)/

R0000734_edited-1.jpg

ハラミをくださいな♪
ホルモンとは思えぬ見事なサシの入るハラミ肉!!!

R0000726_edited-1.jpg

悪魔的、擦り卸しニンニクが入る味噌タレに漬けて...
口の中のニンニクの匂いが2日は取れない事は分かってはいても(笑)

R0000710_edited-1.jpg

メニュー
他にもいろいろと対応して頂ける♪

R0000735_edited-1.jpg
R0000736_edited-1.jpg

今宵も千鳥足で帰宅と(^^)/

R0000744_edited-1.jpg

【焼肉 和ちゃん】

大阪府松原市天美我堂2-370
072-335-2222
営業時間:夕方から~
定休日:未確認

鹿児島 黒豚しゃぶしゃぶ発祥の地 あぢもり

2017年 01月05日 20:08 (木)

R0000943_edited-1.jpg

薔薇の花をイメージされた盛り付けは何とも美しい♪
通常の豚肉のしゃぶしゃぶ用な肉は色はもっとピンク掛かっているのだが...
黒豚はTHE赤身肉な色。
黒しゃぶのコースは通常は4千円後半の値で頂けるようであるが、予約時は個室しか
空いていなく六千五百円からとなります~サービス料も加算されますけど...
折角、鹿児島まで来たのだから一番、美味しいと言われるお店で黒豚を頂こうではないか!
しかしこの個室、まるで中小企業の社長が愛人を連れ隠れてメシを喰う!
みたいな状況化で奥さんと美味しく頂きました(笑)

R0000989_edited-1.jpg

元祖黒豚料理あぢもり。
黒しゃぶと言う名は商標登録されているようだ。

R0000933_edited-1.jpg

生ビールはサッポロ黒、鹿児島で何故にサッポロビール?
店主の佐藤さんは北海道出身な為だそうだ♪
大丈夫、ワタクシ、日本の4大ビール・メーカーではサッポロ・ビールをこよなく愛しております(^^)/
お通しは白菜、若芽、豚ミンチ肉が乗り。

R0000939_edited-1.jpg

揚物はじゃがいものコロッケに小さな豚ヒレ肉のトンカツが2つ♪
もっとドーン!と厚切りのトンカツを盛ってよ!!
残念ながらそれは別メニューでどうぞ(笑)

R0000944_edited-1.jpg
R0000942_edited-1.jpg

黒豚の肉は肉赤く、サシは少なく脂身の白が主張する!
黄金色の鍋に黄金色のスープがたっぷりと入る。
この出汁は門外不出なようで...そう聞くと何が何でも分析したくなるではないか(笑)
仲居さんがいない間にこっそりと飲んでみた♪
鰹と昆布、みりんに酒かな?この鋭角的な味は魚醤かも?
などと感じられるも真相は闇の中(笑)

R0000946_edited-1.jpg
R0000947_edited-1.jpg
R0000950_edited-1.jpg

着物姿の仲居さんが薔薇の花な部分をポイっと鍋の中へ~
「まずは、そのままでお召し上がりください」

R0000952_edited-1.jpg

この肉質は今まで味わった事の無い美味しさ!!!
特に脂身の美味さは特出している。
これが本場の黒豚の美味さかなのか!!!(^^)/
ただ、欲を言うなればこの出汁には少々な不満があり...
魚醤であろう角のある出汁は長期熟成醤油の方が素材の美味さを引き立て、
もっと美味しく頂けると思うのだが。

R0000963_edited-1.jpg

器に3分の1程の出汁を入れ生卵を溶いて頂くのがこの店のスタイル♪

R0000959_edited-1.jpg
R0000965_edited-1.jpg

白菜、ほうれん草、白ネギ、椎茸にエリンギ、エノキ茸にお豆腐、餅巾着はお正月だからかも?w
そこへ1枚づつ、高級黒豚肉を広げつつ大事にお大事に頂きます(笑)

R0000969_edited-1.jpg

この黒豚の肉質は最高級ランクでしょう!
良質な脂身の美味さは今まで経験した事の無いレベルである。
ただ、この出汁には不満が残る。
もっと、美味しく頂けるハズだと感じられたのは出汁文化の関西人として思ってしまったのかも。

R0000970_edited-1.jpg
R0000973_edited-1.jpg

締めはコシのある細うどん。
黒豚と野菜のエキスが抽出された出汁には、うどんを泳がせるように♪
大阪でいう雑炊的な締め!
そして満足度は高い(^^)/

R0000980_edited-1.jpg
R0000983_edited-1.jpg

デザート!
シャーベットと羊羹。ほっこりと(^^)/

R0000956_edited-1.jpg

大阪でこの美味きレベルの黒豚肉を頂いた記憶は無い。
流通が発達しているとは言え、本場で頂けなければならない本物もまだ多くあるのだろう。
鹿児島は今、「黒豚」「黒牛」「黒鶏」と食肉文化が盛んである。
エサは特産のサツマイモが主流、放牧できる環境化、
肉質で他府県がそうそう太刀打ち出来る訳も無く(笑)

R0000984_edited-1.jpg
R0000987_edited-1.jpg

出汁文化の違いはあれど、時に郷土料理的なものは合わない物も多数あり。
正直に言えば、この店の出汁は合わなかったが、
このような豚肉が存在していたのかと郷土な料理も侮れない(^^)/

【黒豚料理 あぢもり】

鹿児島県鹿児島市千日町13-21
099-224-7634
営業時間:[昼]11:30~14:30[夜]17:30~21:30
定休日:水曜日(不定休あり)

これはもうステーキだ!とんかつ立花の牛ヘレビフカツ

2016年 08月01日 21:11 (月)

IMG_0140_edited-1.jpg

この店のデミグラスソースは出される前に熱せられるので、
カメラのレンズが曇ってしまいしょうがない(笑)
牛ならではの赤身を残すジューシーな揚げ加減♪
口の中へ放り込むと和牛肉ヘレの旨味が溢れるのだ!
何という美味さだろう、幸せ(^^)/

IMG_0131_edited-1.jpg

とんかつ立花。
堺でもっとも美しいきやき通り沿いに在るお店♪
美味いとんかつが食べたく成り久しぶりの訪問。

IMG_0146_edited-1.jpg

店へ入りメニューをじっと眺める事30秒...
全ての品がどれも美味しそうに見えてしまう猛暑の午後(^^)/
幸いな事に財布の中に2千円は入っていたので大きく勝負に出る事にする(笑)

IMG_0145_edited-1.jpg
IMG_0133_edited-1.jpg

あぁ、今、肉を喰ってる!なレベル高き和牛肉の旨味♪
アメリカ産やオージーな肉も調理の仕方では随分と美味くなるのは分かっているが、
慣れ親しんだ和の牛肉は日本人なれば特別なと感じられるであろう。
白ご飯は少々、柔らかめだが椀に入るならば許せてしまう(笑)
赤出汁のお味噌汁はかつ処ではよく有るものだが特に鰹香る美味きもの(^^)/

IMG_0147_edited-1.jpg

此処のかつ物は定期的にどうしても頂きたくなる美味きもの(^^)/

IMG_0150_edited-1.jpg

すぐお隣は超人気イタリアン・ジェラートのお店。
まさか二日続けて、このけやき通りでランチと成ってしまうとは、
この時にはまだ予想すら出来なかった午後の出来事(笑)

【とんかつ立花】

大阪府堺市堺区南三国ケ丘町3丁5-24
072-228-0466
営業時間:11:00-14:00 17:00-21:00
定休日:木曜日

にんにくダレ焼肉ホルモン 幸屋

2016年 04月23日 06:43 (土)

20160422170334347.jpg

店先で焼かれるホルモンはテイクアウト100g150円!
50m手前から強烈なにんにく匂が漂う界隈の人気のお店♪
時にどうしても欲してしまい今では年に一度は買い求め、
夜な夜な酒のアテと成り(^^)

20160422170110b15.jpg

焼肉 幸屋
もう10年程前か、一度だけ店内で焼肉を頂いた事があり、
カウンターでガス火のロースターを目の前に…
独り大瓶とミノをアテに孤独な活動を楽しんでいた♪
テーブル席の酔っぱらい客の声が大きくなり始めたところで店を後にした記憶が蘇る(笑)

20160422170334e3a.jpg

400gくださーい♪
テッチャンが主に、ふわふわと呼ばれる謎の部位がやたらと美味く肝が入り濃厚なニンニクダレが絡む〜
そのままでも野菜等と炒めても良し!
毎日は要らないけど時に無性に食べたくなる味ね(^^)
西成ホルモンやまきを彷彿させる(笑)

2016042217033456c.jpg
20160422170334385.jpg

地元の方しか知らないであろうディープで小さな商店街。
ふと見つけた何とも寂れた感ある大衆食堂は次回の楽しみとしようかな(笑)

20160422170110f82.jpg

頑張ってスマホから更新してみましたが…
どうでしょう(^^)

【焼肉 幸屋】


松原市天美西1-13-17
072-331-8463
16:30〜12:00(テイクアウトのホルモンは15:00〜)
定休日:月曜日