時遊人アッシュの食べ歩き日記

06月 « 2017年07月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 08月

黒毛和牛専門 牛徳

2017年 07月17日 19:38 (月)

R0010801_edited-1.jpg

味わいセット(2500円)
赤身の肉を盛り合わせたセット、黒毛和牛のツラミ、味わいロース、味わいハラミ!
年と共に肉質は脂のサシよりも赤身の肉を欲するようになって来ている現実(笑)
この凄い肉質の盛り合わせで2500円とは驚きであり。

R0010763_edited-1.jpg

黒毛和牛専門店「牛徳」さん。
場所は大泉公園の近く、住宅街の中にあるお店であり詳しく場所を説明出来ない処(笑)
此処は以前、イタリアンのお店だったが、いつの間にか和牛専門の焼肉店へと変わっていた♪
洗練された空間のイタリアンも美味しかったが、まさか焼肉店へ変化をするとは!
店の前は大駐車場も完備だが予約をしての訪問が望ましい。

R0010773_edited-1.jpg

店内にはドーンと肉のケース、小売りもされているようで中々の肉質のものがズラリと並ぶ!
厨房担当の男性の方やフロアー担当の女の子達もキビキビと愛想良くありそしてカワイイ(笑)

R0010778_edited-1.jpg
R0010777_edited-1.jpg

ビールはプレモル香るエール、チラシ持参で1杯目は何と10円!
キムチの盛り合わせは自家製で浅い漬け加減の優しい味のキムチ♪

R0010779_edited-1.jpg
R0010782_edited-1.jpg

とりあえず一品のブランド牛の赤身細切りは何と綺麗な肉質!
もう、これは生で行けるのではないかと思える肉質であるが必ず焼いてね、との事...
生肉が大好きなワタクシ、欲求を抑えられない葛藤と戦いながら(笑)

R0010783_edited-1.jpg
R0010785_edited-1.jpg

特製タンの食べ比べセットと自家製有機野菜の盛り合わせ!
やさしいタン、コリコリタン、タンツラの盛り合わせはレモン汁で♪
そして野菜がとっても美味しい(^^)/

R0010803_edited-1.jpg
R0010805_edited-1.jpg

ホルモンの中では圧倒的に大の好みの上ミノ!!!
この肉質はそんじょそこらでは頂けない程に焼かれると中の脂分が表面へと浮き出てきて、
優しい焦げ目を付けカリッとふわっと噛めば噛む程に旨味が溢れてくる!
あぁ~美味い!(^^)/

R0010764_edited-1.jpg
R0010765_edited-1.jpg
R0010766_edited-1.jpg

メニュー。

R0010808_edited-1.jpg
R0010798_edited-1.jpg
R0010806_edited-1.jpg

まるで、パリッパリなベ-コン!!!
でもやっぱり、脂身って美味し~い!(^^)/
お会計は二人で9千円程、このクオリティーではありえない和牛価格(笑)

【黒毛和牛専門 牛徳】

大阪府堺市北区南花田町125-2
TEL.072-255-3929
営業時間:17:00 - 23:00
定休日:月曜日

スポンサーサイト

絶品パエリアと自家製ソーセージ!昭和町スペイン料理ラ ルナ

2017年 04月18日 21:45 (火)

R0001044_edited-1.jpg

超高級香辛料サフランを使われたパエリアは注文後30分程で炊きあがる!
野菜からちゃんと摂られたブイヨンで作られたパエリアであり
コンソメなどの完成系出汁の作られた感ある加糖やアミノ酸の嫌な味は皆無であり、
ちゃんと作られたものはこんなに美味しかったのかと♪
これはスプーンが止まらない美味さだ!!!

R0001014_edited-1.jpg

スペイン料理 lu luna(ラ ルナ)
地下鉄昭和町駅前のスーパーライフの東側にあるお店。
昭和町界隈は結構、ウロウロしているのだがこの店の存在は知らなかった。
自家製のソーセージを求めてやって来た訳だ♪
市販のソーセージはその殆どに添加物が入っているので諦めざるを得なかったのだが、
店主、拘りの美味い美味いソーセージとハムが頂けたのだ(^^)/

R0001023_edited-1.jpg
R0001019_edited-1_20170418173200aae.jpg
R0001020_edited-1.jpg
R0001021_edited-1.jpg
R0001022_edited-1.jpg

居抜きのような店内のメニュー。
ソーセージ&ハム、サラミにベーコン等が手作りの割りにとてもお安い♪

R0001016_edited-1.jpg
R0001018_edited-1.jpg

ベーコンをくださいな♪
「すいませ~ん、ベーコン単品は売り切れなんです~」
「燻製にする前のサラミを焼きますので食べてみてくださ~い!」
「日替わりのチーズ・ソーセージもどうぞ!」
「わたし、関西人なんですけど主人の関東弁が移っちゃって~」
この美人女将の軽快なトークは退店まで続けられたのだった(笑)
しかし、このソーセージは相当に美味い!
添加物の入らないちゃんと作られたソーセージは豚肉の素材を生かす素朴な旨味があり(^^)/

R0001041_edited-1_20170418173438f47.jpg
R0001042_edited-1.jpg

燻製チーズのベーコン巻き!
ベーコン有るやんっ(笑)
ワタクシ、固形のチーズは苦手なのだが臭み無く本当に美味しかったのだ♪

R0001039_edited-1.jpg

白ワインを♪
このお店、料理は美味く女将の軽快なトークも面白くあるのだが、
スペイン料理という割りにワインの種類が残念な事に少ない。
せめてカヴァくらいは置いて欲しい~

R0001029_edited-1_20170418173252561.jpg

自家製モモ肉のハム。

R0001031_edited-1_20170418173341dc9.jpg

自家製ロース肉のハムステーキ!
何という美味しさだ(^^)/

R0001035_edited-1_20170418173340fbe.jpg
R0001036_edited-1_20170418173339118.jpg

燻製室のソーセージ&ハム。

R0001025_edited-1_201704181732543d3.jpg
R0001027_edited-1_20170418173253777.jpg

自家製サラミとチョリソー。
こんなに美味しいサラミはそうそう、頂けないであろう(^^)/

R0001048_edited-1.jpg

圧巻はパエリア!!!!!
これが実に美味い美味いものだ!
ターメリックでは無い本格サフラン・ライスの旨味、海老殻&アサリ出汁の恩恵!
このサフラン、キロあたり数万円もするとの事、確かにサフランは高くてワタクシも手が出せなていない(笑)

R0001051_edited-1.jpg

ケーゼの盛り!
肉々しき豚脂が浮き揚がりそれはジューシーであり、素朴な旨味があり♪

R0001105_edited-1_20170418173507208.jpg
R0001108_edited-1.jpg
R0001015_edited-1.jpg

次回はお持ち帰りのソーセージも頂いて翌朝の朝食に...
いや、ビールのアテかな~?
無添加、自家製に拘る店の姿勢は素晴らしいが...
お会計は二人で4千円程!
お安いのだが...
スペイン料理の店ならばもう少しワインの種類を充実させて欲しい(笑)

ラ ルナ (lu luna)【】

大阪府大阪市阿倍野区昭和町1-15-20
06-6629-6633
営業時間:10:00~23:00(料理L.O.22:30)
定休日:月曜日

日本橋 仙豆(せんず) 厚切りボリュームトンカツと280円チャーハン

2017年 02月15日 19:24 (水)

R0000154_edited-1.jpg

この店のトンカツはブロック状の肉塊を切られるところから始まる調理法。
切込みが入れられ塩胡椒で下味、パン粉はサクサク、厚切り肉の為、
揚げられる時間は少々長めであり濃い目の色が付くが肉質はとてもジューシーである。
ここしばらくのトンカツは好んでヘレを頼んでいたが
ロース肉の脂身って実は美味しいんですよね(笑)

R0000165_edited-1_201702142057512e7.jpg

大阪日本橋、ラブホ街の外れにある仙豆(せんず)。
4~5年ぶりの再訪問。
この辺りは大阪有数の風俗街でもある為、
平日昼間から即席らしいカップルがホテルへ消えてゆく姿を垣間見れる...
日本って平和な国ですな(笑)

R0000151_edited-1_2017021420564316e.jpg
R0000146_edited-1.jpg

雑然とした店内は以前と変わらず、何気にメニューが増えているような気もする♪
狭い厨房、料理人は一人でよくこれだけのメニューを熟せるなと、手際の良さに関心。
そして出前の電話のベルがよく鳴る店でもある!
「はい、チャーハン大4人前!!」って...何と素敵な響きなの(^^)/
しかし、ほとんどが風俗店からの注文だと思われる(笑)

R0000152_edited-1_201702142057107e4.jpg

ワタクシのロースカツ定食はプラス100円でチャーハンに変更可能ね♪

R0000157_edited-1.jpg
R0000158_edited-1_2017021420570722e.jpg

深めの皿にしっかりと1人前、このタイプのチャーハンはフライパンの溶き卵の中に白ご飯を
躊躇なく放り込むタイプであり、それはお昼時な時間との勝負なのであろう。
チョイと柔らかめな米粒が卵でコーティングされている。
このタイプのチャーハンは嫌いではない、焼き過ぎカラカラの卵が入るチャーハンよりずっと良くもあり♪
香り漬けに胡麻油がふわりと鼻孔を膨らませる(笑)
このチャーハン、単品で280円というお安さである(^^)/

R0000160_edited-1_20170214205738478.jpg

定食付け合わせの玉子焼きにキムチは結構な量、
そして豚コマ切れ肉たっぷりの豚汁!!
特化した味では無いのだが、これはガッツリといきたい時に嬉しき付け合わせでもある(^^)/

R0000161_edited-1.jpg

メニュー。
安い!おいしい!ボリューム満点!!!
まさに、その通り!?
トンカツはこのお値段では特出するレベルでもあり!!
チョイとDEEPなお店です(^^)/

R0000149_edited-1_201702142056449d1.jpg
R0000154_edited-1.jpg

R0000166_edited-1_20170214205750dc2.jpg

【仙豆 (センズ)】

大阪府大阪市中央区日本橋1-1-1
06-6213-2919
営業時間:11:00~15:00 17:00~23:00
定休日:木曜日

超特上和牛焼肉 和ちゃん

2017年 01月08日 06:30 (日)

R0000721_edited-1.jpg

赤身の肉を適当に盛ってください♪
それと上ミノくださいなといい加減な注文方法(笑)
何とも見事な繊細なサシの入った赤身肉!!!!
この見事なサシは聞いてはいないが間違いなくA4~5ランクの肉であろう。

家でシャブシャブをする時もなるべく脂身の少ない和牛肉を買い求めるようになって...
年と共に脂身がキツくなり、赤身肉を求めるようになってしまっただけの事かも知れない(笑)

R0000712_edited-1.jpg

焼肉とビールはいくら炭水化物OFFダイエット中といえども外せません!
この時期、お高い焼き野菜は追加注文してしまった(^^)/

R0000714_edited-1.jpg
R0000715_edited-1.jpg
R0000718_edited-1.jpg

特上和牛の塩タン!
レモン汁に漬けて~思わずあぁ~と声が出てしまう(笑)

R0000728_edited-1.jpg

大根と白菜キムチはハーフ&ハーフで♪
辛み酸味甘味のバランスがとっても良いキムチね♪
キムチの美味さをより感じられるのは、このバランス感覚ね(^^)/

R0000734_edited-1.jpg

ハラミをくださいな♪
ホルモンとは思えぬ見事なサシの入るハラミ肉!!!

R0000726_edited-1.jpg

悪魔的、擦り卸しニンニクが入る味噌タレに漬けて...
口の中のニンニクの匂いが2日は取れない事は分かってはいても(笑)

R0000710_edited-1.jpg

メニュー
他にもいろいろと対応して頂ける♪

R0000735_edited-1.jpg
R0000736_edited-1.jpg

今宵も千鳥足で帰宅と(^^)/

R0000744_edited-1.jpg

【焼肉 和ちゃん】

大阪府松原市天美我堂2-370
072-335-2222
営業時間:夕方から~
定休日:未確認

鹿児島 黒豚しゃぶしゃぶ発祥の地 あぢもり

2017年 01月05日 20:08 (木)

R0000943_edited-1.jpg

薔薇の花をイメージされた盛り付けは何とも美しい♪
通常の豚肉のしゃぶしゃぶ用な肉は色はもっとピンク掛かっているのだが...
黒豚はTHE赤身肉な色。
黒しゃぶのコースは通常は4千円後半の値で頂けるようであるが、予約時は個室しか
空いていなく六千五百円からとなります~サービス料も加算されますけど...
折角、鹿児島まで来たのだから一番、美味しいと言われるお店で黒豚を頂こうではないか!
しかしこの個室、まるで中小企業の社長が愛人を連れ隠れてメシを喰う!
みたいな状況化で奥さんと美味しく頂きました(笑)

R0000989_edited-1.jpg

元祖黒豚料理あぢもり。
黒しゃぶと言う名は商標登録されているようだ。

R0000933_edited-1.jpg

生ビールはサッポロ黒、鹿児島で何故にサッポロビール?
店主の佐藤さんは北海道出身な為だそうだ♪
大丈夫、ワタクシ、日本の4大ビール・メーカーではサッポロ・ビールをこよなく愛しております(^^)/
お通しは白菜、若芽、豚ミンチ肉が乗り。

R0000939_edited-1.jpg

揚物はじゃがいものコロッケに小さな豚ヒレ肉のトンカツが2つ♪
もっとドーン!と厚切りのトンカツを盛ってよ!!
残念ながらそれは別メニューでどうぞ(笑)

R0000944_edited-1.jpg
R0000942_edited-1.jpg

黒豚の肉は肉赤く、サシは少なく脂身の白が主張する!
黄金色の鍋に黄金色のスープがたっぷりと入る。
この出汁は門外不出なようで...そう聞くと何が何でも分析したくなるではないか(笑)
仲居さんがいない間にこっそりと飲んでみた♪
鰹と昆布、みりんに酒かな?この鋭角的な味は魚醤かも?
などと感じられるも真相は闇の中(笑)

R0000946_edited-1.jpg
R0000947_edited-1.jpg
R0000950_edited-1.jpg

着物姿の仲居さんが薔薇の花な部分をポイっと鍋の中へ~
「まずは、そのままでお召し上がりください」

R0000952_edited-1.jpg

この肉質は今まで味わった事の無い美味しさ!!!
特に脂身の美味さは特出している。
これが本場の黒豚の美味さかなのか!!!(^^)/
ただ、欲を言うなればこの出汁には少々な不満があり...
魚醤であろう角のある出汁は長期熟成醤油の方が素材の美味さを引き立て、
もっと美味しく頂けると思うのだが。

R0000963_edited-1.jpg

器に3分の1程の出汁を入れ生卵を溶いて頂くのがこの店のスタイル♪

R0000959_edited-1.jpg
R0000965_edited-1.jpg

白菜、ほうれん草、白ネギ、椎茸にエリンギ、エノキ茸にお豆腐、餅巾着はお正月だからかも?w
そこへ1枚づつ、高級黒豚肉を広げつつ大事にお大事に頂きます(笑)

R0000969_edited-1.jpg

この黒豚の肉質は最高級ランクでしょう!
良質な脂身の美味さは今まで経験した事の無いレベルである。
ただ、この出汁には不満が残る。
もっと、美味しく頂けるハズだと感じられたのは出汁文化の関西人として思ってしまったのかも。

R0000970_edited-1.jpg
R0000973_edited-1.jpg

締めはコシのある細うどん。
黒豚と野菜のエキスが抽出された出汁には、うどんを泳がせるように♪
大阪でいう雑炊的な締め!
そして満足度は高い(^^)/

R0000980_edited-1.jpg
R0000983_edited-1.jpg

デザート!
シャーベットと羊羹。ほっこりと(^^)/

R0000956_edited-1.jpg

大阪でこの美味きレベルの黒豚肉を頂いた記憶は無い。
流通が発達しているとは言え、本場で頂けなければならない本物もまだ多くあるのだろう。
鹿児島は今、「黒豚」「黒牛」「黒鶏」と食肉文化が盛んである。
エサは特産のサツマイモが主流、放牧できる環境化、
肉質で他府県がそうそう太刀打ち出来る訳も無く(笑)

R0000984_edited-1.jpg
R0000987_edited-1.jpg

出汁文化の違いはあれど、時に郷土料理的なものは合わない物も多数あり。
正直に言えば、この店の出汁は合わなかったが、
このような豚肉が存在していたのかと郷土な料理も侮れない(^^)/

【黒豚料理 あぢもり】

鹿児島県鹿児島市千日町13-21
099-224-7634
営業時間:[昼]11:30~14:30[夜]17:30~21:30
定休日:水曜日(不定休あり)