時遊人アッシュの食べ歩き日記

01月 « 2017年02月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28  » 03月

洋食コスギ 超ボリューム牡蠣フライ

2017年 02月09日 20:50 (木)

R0000035_edited-1_2017020919281719e.jpg

どどんと登場、牡蠣フライ!(800円)
おそらく牡蠣チューブ1本分でしょう、毎年此処の牡蠣フライの量には圧倒される!
何年前だったかな、牡蠣フライが12~3個入って650円だったのですよー!!
その時の衝撃は未だに忘れられないw
今年は9つ、チョイと型も大き目なサイズになって来ましたな(^^)/

R0000049_edited-1.jpg

年に数回はお邪魔しております洋食コスギさん♪
住宅街の~路地裏の~こんなところに洋食屋さんが??みたいな場所にある(笑)
このような場所に在るにも関わらずいつもお客さんで賑わっているのだ。
この日も団体さんがどーんと!

R0000033_edited-1_20170209192819fde.jpg
R0000029_edited-1.jpg
R0000030_edited-1_20170209192747159.jpg

メニュー!めっちゃ安いっす(笑)

R0000034_edited-1_2017020919281894f.jpg
R0000039_edited-1_201702091929007dd.jpg

ビールと牡蠣フライの相性は最高だ♪
自家製のタルタルソースに漬けて...食べても食べても中々減らない嬉しさ(笑)
注文後、はいよっ!と大将が腰を上げ下処理から調理が始まる。
パン粉は細かめ、カラリとサラリとな揚げ加減で衣はサクサク、牡蠣身はジューシー!!!

R0000026_edited-2.jpg

そして洋食屋さんなのに酒のアテも充実(笑)

R0000040_edited-1_20170209192900ab0.jpg
R0000044_edited-1_20170209192859d43.jpg

おでん盛り合わせは500円!!!!
洋食屋なのに何故かおでん、1個1個それぞれ大きいのだ(笑)
30cm級のお皿にこれまた凄い量のおでんだった(^^)/

R0000045_edited-1_201702091928583f4.jpg

牡蠣フライ、おでんを繰り返し牡蠣がなんとか3つまで減ったところで白ワイン♪
生牡蠣にワインは絶対に合わないが火を通すと相性は良き方向に激変する(^^)/

そして超低姿勢接客の大将と界隈の情報交換話に華が咲くのであった(笑)
下町ならではの値段設定と大将と女将さんの緩~い接客がいつも心地良い店だ(^^)/

R0000047_edited-1_2017020919285798b.jpg

【洋食コスギ】

大阪府松原市天美我堂6丁目5-45
072-331-8188
営業時間11:00~21:00(通し営業だが14時から夕刻までは日替わり定食のみな事が多いw)
定休日:水曜日
スポンサーサイト

大富士の牡蠣フライ

2017年 02月01日 21:43 (水)

R0001348_edited-1.jpg

牡蠣の殺菌技術が向上しているとはいえ、
ノロウイルスが猛威を振るうこの時期の牡蠣はやはりしっかりと熱を加えた方が安心だ。
漁協によりさまざまな殺菌が行われている昨今、何事も100%の安心は無い訳で、
数年前にノロで一晩中苦しんだ身として、あの苦しみだけはもう御免だ(笑)
B型の血液型は掛かりにくいとの説もあるようだがワタクシB型なんですけどー^^;

この店の牡蠣は揚がり過ぎやろー!と思える程にカリッカリに揚げらていた(笑)

R0001344_edited-1.jpg

とんかつ大富士 苅田店。
仕事終わり、何となく真っ直ぐに帰りたくないな~なんて時は身も心も元気な時が多い。

「あら、久しぶりね、どうしてはったん?」とお母さん。
「去年、結婚したんですよー」
「そら、うろうろ出来へんわね~w」
実は結構してるんですけど...とは言えなかった(笑)

R0001349_edited-1.jpg

自家製のタルタルソース、此処のタルタルは特別、美味しいな~
牡蠣はチョイと揚がり過ぎね、お父さん(笑)
まぁワタクシとべらべらとお喋りしながらでしたもんね(自業自得!?)

「ウチみたいな古い店は少なくなってるやろー」
「ん...古い食堂が好きでよくいっていますけど少しづつ減っていますね」
「来年でウチも50年になるねんで~」
それは凄い!継続はやはり力である(^^)/

R0001350_edited-1.jpg

「はい、デザートね♪」とポンと置かれた大きな蜜柑...
頬張りつつ近隣の情報収集なども怠りなく(笑)
お父さん、お母さんいつも仲がよろしおす♪
50年続く訳はそういう訳ね(^^)/

R0001351_edited-1_20170201194100d46.jpg
R0001342_edited-1.jpg

メニュー。
この店の日替わりは750円、ものすごくお得なんですよー(^^)/

【大富士 苅田店】

大阪府大阪市住吉区苅田6-3-13
06-6698-7912
営業時間11:00~14:00 17:00~23:00
定休日:木曜日

洋食屋とん助 絶品ポークチャップ!

2016年 12月23日 19:14 (金)

R0000701_edited-1.jpg

ポークチャップ(1280円)
この店のデミグラスソースはコクがありながらチョイと甘目に感じるも
濃すぎず素材の味を邪魔しない。
お上品な味付けでありながら肉の美味は派しっかりと、
ご飯がススム君な味付けである、あぁ~美味しい(^^)/

R0000706_edited-1.jpg

創業1976年、洋食の店とん助。
JR浅香山駅から西へ徒歩数分。
店の雰囲気が緩~く、カウンターメインのお店でありながらも、いつも混雑はしていなく、
ゆっくりと落ち着いて美味しいご飯が頂ける雰囲気が好き(笑)
ワタクシはもう何十回と来ている気がするが(^^)/

R0000689_edited-2.jpg

店の形態は古いがピカピカに磨かれた店内♪
厨房壁のステンレスなどは光り輝いている(^^)/
寡黙で柔らかな接客の店主に「今年はカキフライはないのですか?」
「あるのですけど、今は出さないように...」
「あ~そうなんですか...」
あるのに出されない!?
もしかすると、今流行中のノロウイルスに気を配られているのだろうか。
何度も頭を下げられる店主さん、いえいえコチラこそお気遣いありがとうございますm(__)m

R0000691_edited-1.jpg
R0000692_edited-1.jpg

別注文のコンソメスープとライス。
たっぷりのベーコンと溶き卵、注文後に卵を溶く音が店内に響き、
あっさりとした味の中にベーコンの旨味と生の刻みパセリの風味が漂う♪

R0000695_edited-1.jpg
R0000698_edited-1.jpg

どどーんと手のひらサイズの大きなポークチャップが登場!!!
よかった、Wにしなくて(笑)
1枚物のポークチャップ!予め切られているポークチャップなんて許せない(笑)
寸胴鍋から大事そうに掛けれるデミグラスソース、肉と共にソテーされたたっぷりな香り玉葱♪

R0000702_edited-1.jpg
R0000704_edited-1.jpg

ナイフ&フォークで切るとじゅわっと溢れる肉汁!
肉質はとっても柔らかく、あぁ~これは肉の下処理が丁寧な事によるものであろう。
最後はデミグラスソースとケチャップ&辛子が混ざり合いながらも、
豚のように豚を食べてしまった程に美味しかったのだ(^^)/

R0000686_edited-1.jpg

メニュー!
オムライスやピラフ、カレーなどもあるよ(^^)/

R0000707_edited-1.jpg

会計時にもカキフライを躊躇されている事に対する低姿勢な店主さん。
「いえいえ、お気遣い無く~」(^^)/
ワタクシ、駅前1当地にドーンと出される大手チェーン店系なお店よりも、
こういった個人店で味に拘りながら営業されるお店が大好きなんです~(^^)/
大手チャーン店系のそういったお店はどの支店へ行っても同じ味でしょ?
この店主が作った味、この店主にしか作れない味!そういった味を常に求めております。
そういった意味でも堺市北区でこの店は絶対に外せません(笑)

【洋食の店 とん助】

大阪府堺市堺区浅香山町3丁5-29
072-229-8431
JR阪和線浅香駅から徒歩5分
営業時間:11:00~14:00 17:00~
定休日:月曜

阿倍野ビストロ・ジャンゴ (DJANGO)

2016年 10月05日 19:52 (水)

R0040092_edited-1.jpg

オーガニックな前菜の盛り合わせ♪
鞘付きの黒枝豆が美味しそう~カブや大根、ニンジンはスパイスを効かせ、
イチジクにトマト、自家製の胡瓜のオイル漬けが素敵な美味さだ(^^)/

R0040125_edited-1.jpg
R0040087_edited-1.jpg

重厚な木の扉のカッコイイ外観♪
阿倍野区松虫交差点南東に在るジャンゴ (DJANGO)
此処はずっと気になっていたお店であり昼間仕事中に何度も店の前を通るも
近くにコインパーキングが見当たらなく...
ならば夜に店の真髄をと予約をしての訪問♪
俳優の市村正親似のワイルドそうな店主だが物腰は柔らかく一人で切り盛りされているお店。
流れる音楽はLPレコードからボブ・ディランやビートルズ、飾られているジャケットは
あのレオン・ラッセルである(^^)/
ソング・フォー・ユーは夜の9時以降なのだとか(笑)

R0040089_edited-1.jpg
R0040102_edited-1.jpg
R0040106_edited-1.jpg

ハート・ランドの中瓶などは一瞬で無くなってしまい~
メニューには載っていなかったが辛口の泡をボトルでくださいな♪
カビッキオーリ バロヴィエ ピノ・シャルドネ ブリュット。
ボトルで美味しく格安いスパークリング(^^)/

R0040094_edited-1.jpg

バケットに乗ったタルタル風ソースに海老、アボガドなどが絡み、
真蛸にキノコ、自家製らしきソーセージは拘られた豚肉で♪
野菜類は自家農園で作られているとの事!!!
う~ん、美味しいじゃな~い(^^)/

R0040108_edited-1.jpg

ヨコワのカルパッチョ♪
脂が乗っていて正に旬ね(^^)/

R0040114_edited-1.jpg
R0040118_edited-1.jpg

タテにムール貝、アサリのオリーブオイルなニンニク風味♪
THE男の料理って感じです。
あぁ~ワインが進んでしまうね(笑)

R0040127_edited-1.jpg

メインになるのかな、スパイスの効いた肉と野菜の煮込み料理!
刻まれた玉葱や人参と共にクミン・グローブ系なスパイスのスープは
食欲を増幅させるのだ(^^)/

R0040131_edited-1.jpg

ジャンゴ名物の自家製ベーグルがとても美味しい!
卵白を塗られたかのような表面はパリっとサクっと♪
小麦の香るほんのりと甘味ある生地は思っていた以上にふんわりと焼かれていて、
癖になってしまいそうな美味しさである(^^)/

R0040123_edited-1.jpg
R0040111_edited-1.jpg
R0040086_edited-1.jpg

外観も店内もカッコイイお店♪
店の外装&内装は店主自ら作られたようで、やはりワイルドであるが、
ソファーのヘタリ感は出来れば改善して欲しい(笑)
料理はオーガニックで美味しく酒と共に楽しむのがベストであろう!
一人3500円のお任せコース、二人で酒と合わせて1万1千円程♪
料理と音楽と酒!また次回を楽しみにしている(^^)/

【ジャンゴ (DJANGO)】

大阪府大阪市阿倍野区王子町2-4-11 第2ナカビル 1F
06-6115-7955
営業時間:11:30~15:00(L.O14:30) 17:30~22:30(L.O22:00)
定休日:火曜日 第一第三水曜日

ホロホログラン 美味しいオムライスと鶏から揚げ

2016年 09月26日 22:29 (月)

R0040020.jpg

ふわっと薄焼き卵に包まれたオムライスにはデミソース♪
オムライスにおけるソースはケチャップ派かデミソース派かと言った議論はこの際、置いておこう(笑)
この店における志の高さを感じらたのは、ちょっとした事なのだが生のパセリを刻まれてパラリと
振りかけられていた事によるものだ。
このパセリという脇役的な代物が実は好みであり独特なハーブの香りは僅かな量であれど香り豊かな
気持ちにさせてくれるのだ(^^)/

R0040027.jpg

ホロホログラン。
JR我孫子駅から徒歩5分ぐらいかな~
実はこのお店、1年程前から狙っていてw何度か店の前まで車で通ってみるも
何故かお昼時は閉まっていて此処の営業時間的な形態はいったいどうなっているのだろうと
何度も諦めた事があったのだ。

R0040008.jpg
R0040009.jpg

古民家を改装されたようなウッディーな作りのお店はイケメンな男性二人で営業されているようで~

R0040013.jpg

グリーンサラダとワカメとパンのスープ♪

R0040016.jpg
R0040021.jpg

ご飯粒は丸みを帯びた固めな食感ありきなもので、炊飯器で炊かれたものでは無いのかも?
具は鶏モモ肉、玉ネギ、ニンジンなどなど~
肉々しいデミソースは甘めなタイプで中はとろとろ卵、外は綺麗な薄焼き卵のオムライスは、
中の島倶楽部のオムライスを何処か彷彿させる綺麗なもの♪

R0040024.jpg

驚きの美味さであったのが、この鶏のから揚げ!
漬けにされた生姜とニンニク香る鶏モモ肉は筋に沿って正にホロホロと解れ行く食感と
ハーブの香りが調和し、これは実に美味しかった(^^)/

R0040025.jpg
R0040026.jpg

1年越しでようやく訪問出来たお店♪
食後、店主さんかな?店の外までお送り頂き恐縮ですm(__)m
夜はワインと料理を味わえる店らしく機会があれば伺ってみるとしよう(^^)/

【洋食カフェ ホロホログラン (holoholo gland)】

大阪府大阪市住吉区我孫子5-11-6
06-4981-3026
営業時間:12:00~22:30(L.O.21:30)
定休日:月曜日