時遊人アッシュの食べ歩き日記

10月 « 2017年11月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 12月

美味いチャーハンを追い求める旅 太興飯店

2017年 11月10日 19:24 (金)

R0010871_edited-1_20171110174813488.jpg

チャーハンが何と450円!
まだ、この様な値のチャーハンが存在しているのかという現実。
注文後に店内に鳴り響く鍋振りの音は過去最高の音量であり、
もうね、うるさいっ!という程の金属音に期待は高まってしまう(^^)

R0010878_edited-1.jpg

太興飯店(たいこうはんてん)。
堺駅の南口周辺、このような処に中華料理屋が在ったなんて知らなかった。
すぐ近くの金融機関に用事が有りチョイと離れたコインパーキングへ車を入れて向かう途中に発見!
結局、その金融機関には無料の駐車場が在ったのですけど~(^^;
数百万円の現金を持ち歩くのも久しぶり!
誰にも付けられていないよね~何て気にしながら即座に最寄り銀行に入金したw

何処か寂れた感があり、ランチはまだ食べていないし~
もし、大当たりのチャーハンだったらどうしよう?という思いがワタクシを奮い立たせる(笑)

R0010869_edited-1.jpg
R0010870_edited-2.jpg

メニュー。なんとお安い構成であろうか!
定食で最高額が650円って今時そうありえない(笑)
因みにラーメン単品は380円(税込)という庶民的な中華料理屋さんである。

R0010874_edited-1_201711101748125fa.jpg
R0010877_edited-1_201711101748112f0.jpg

450円という格安のチャーハンなのだが量的には通常的な1.5倍近くの量があり。
かなりしっかりとしたボリュームである♪
具はハムに卵、玉葱人参&ネギとシンプルなもの、脂は多めだが炒め直しでは無い
ところはこの値では有りだろう。
ただ、チャーハン単品を食べにゆくという行為はワタクシのようなマニアに任せていただいて、
皆さんは自由な品を選んで頂きたい(笑)

R0010880_edited-1_201711101748430de.jpg
R0010881_edited-1.jpg

曇りガラスのサンプルメニュー(笑)

R0010882_edited-1_201711101748412a7.jpg

この辺りは久しぶりに来ましたけど~
30年程前には赤線的なお店が在ったなと...
70代程のおばあさんが「お兄ちゃん、寄ってて~」と声を掛けれて、
ぞっとした思いが今と成り蘇ってしまったではないか(笑)

【太興飯店】

大阪府堺市堺区竜神橋町1丁3-16
072-221-1972
堺駅から252m
営業時間:11:30~14:00 17:00~22:00
定休日:日曜日・祝日
スポンサーサイト

中国料理 好天 豚ニラと鶏シソ2種の水餃子

2017年 11月08日 17:32 (水)

R0010804_edited-1.jpg

年と共に焼き餃子よりも水餃子を好むようになりました♪
モッチモチの厚皮に包まれる水餃子は
結構な量の小麦粉が使われているんだろうな~炭水化物多し(笑)
化調感無き上品なお味で此処は女性客に人気なのも分かりますな(^^)
好みは野菜皮に包まれた鶏シソ餃子が美味しかった。

R0010838_edited-1_20171107193706ee2.jpg

中国料理 好天。
6年ぶりの訪問、ランチ時にしか行けなかったのだが今回は夜に酒と合わせたく訪問。
堺東駅から歩いてゆくと、あらジョルノが解体中じゃないか!
大した思い入れは無いんですけど(無いんかいっw)
建て替わると上部がマンションになるようだ。駅近であっという間に売り切れそうだけど~

R0010820_edited-1_201711071935472ae.jpg
R0010822_edited-1.jpg

モンゴイカの葱風味和え。
ボイルの烏賊に葱油が掛かるシンプルなものだが風味良く実に美味しい(^^)

R0010812_edited-1.jpg

特製海老のピリ辛ソース。
ラー油をベースに豆板醤で甘辛さを出されているタレで頂く海老はふっくらと美味しい♪
此処はネギの使い方が以前から得意なようだ。

R0010814_edited-1_20171107193452091.jpg

豚フィレ肉の柔らか酢豚。
ここの酢豚は初めて来た時からの大ファンであり少々甘味が増したが実に美味しい(^^)

R0010823_edited-1.jpg
R0010825_edited-1_201711071936474d5.jpg
R0010832_edited-1_2017110719364581d.jpg

五目炒飯 餡かけスープ添え。
五目チャーハンと言えども人参は入っておらず、枝豆とレタスがトッピングされる♪
刻まれた叉焼はたっぷりだが、この叉焼の甘味が米粒へと移り甘すぎる味。
米粒もチャーハンとしては若干、柔らかめでワタクシ的チャーハンランキングに入る事は無い。
チャーハンランキングを教えて~というコメントは無しでね(笑)

R0010833_edited-1_2017110719364461c.jpg

杏仁豆腐で締め!

R0010793_edited-1.jpg
R0010797_edited-1.jpg
R0010799.jpg
R0010792_edited-1.jpg
R0010794_edited-1.jpg
R0010795_edited-1.jpg

メニュー。
大衆中華とは一線を化す料理であるのは間違いないのだが、
6年ぶりの訪問は舌の味覚を変えてしまったのか、
繊細でありながら麻辣の効いた美刺激的なイメージがあったのではあるが、
女性客を意識してかは分からぬが全体的に甘いのだ。
味にメリハリを付けられても良いのかなと感じられた6年ぶりの訪問(もっと早く行けよ!w)

【好天 (コウテン)】

大阪府堺市堺区一条通20-13
072-238-5373
堺東駅から426m
営業時間:11:00〜14:00 17:00〜20:30(LO)
定休日:日曜日 祝日

堺 中央軒 独創的チャンポン&皿うどん!!

2017年 11月01日 20:55 (水)

R0010719_edited-1.jpg

鉄鍋で出された長崎チャンポンは豚骨白湯スープだとばかり思っていた概念を覆された
独創的な味のチャンポンである。
ベースは豚骨&鶏ガラでありながらもチョイと味噌が合せられているいるようなお味。
会計時に厨房の寸胴鍋を見せてもらったのだがちゃんと煮炊き出来ている店であり、
鍋には殻のままの玉子が浮かんでいた...
「アクを取ってくれるんですよ~」なるほど~と感心(^^)

R0010711_edited-1_20171101192413837.jpg
R0010712_edited-1.jpg
R0010714_edited-1_201711011924118b0.jpg

メニュー!
市内中心部にある中央軒と比較すると値がお安い!!!
堺価格と言ったところかな(笑)
店主は十数年、本店で働かれていたそうで此処の暖簾分けの店と成るようだが、
此処はもう個人店で間違いない、と感じられた訳は...

R0010716_edited-1.jpg

注文していない野菜サラダがドーンと!運ばれて来たのだ!!!
「よかったらどうぞ~」サービスかいっ(笑)
胡麻だれドレッシングのサラダには千切りキャベツのてっぺんに何故かワカメが乗っていた(笑)

R0010721_edited-1.jpg

独創的だと感じられる訳はレンコンやゴボウ、こんにゃくまでもが入っていたのだ。
尚の驚きはゴーヤ入りであった事だ(笑)

R0010723_edited-1_20171101192455604.jpg
R0010725_edited-1.jpg

皿うどんも準ずる独創的なトッピングが乗っている(笑)

R0010732_edited-1_201711011925460b3.jpg
R0010731_edited-1.jpg

一品物の多くはハーフでの注文が可能であり......
酢豚はハーフでの注文、普通に美味しい(^^)

R0010735_edited-1.jpg
R0010734_edited-1_2017110119262516e.jpg

締的にやはりチャーハン!!
大将が厨房で一生懸命に鍋を振る♪
少々オイリーではあるが米粒を潰さずな技術は中々のもの。
ピンクの蒲鉾が長崎中華店らしく良いじゃない(^^)

R0010715_edited-1_20171101192410a57.jpg
R0010736_edited-1_201711011926236a9.jpg

堺の天神地域にある中央軒。
一応、チェーン店になるのかな!?
でも此処は堺、緩~く独創的な味を楽しめる店である(^^)

【中央軒】

大阪府堺市堺区甲斐町東1丁1-19
072-221-0795
山之口商店街から一本西の筋。
阪堺電軌阪堺線 大小路駅 南に約210m 徒歩およそ2分
営業時間:11:30~21:30
定休日:月曜日

炒め直しチャーハンが結構イケた件 青城閣

2017年 10月26日 21:31 (木)

R0010323_edited-1.jpg

この日はどうしても、どうしてもチャーハンが食べたくなってしまい...
予備知識無しで飛び込みで入ったお店、青城閣。
席に座りメニューのご飯類だけを凝視し、「海老チャーハン大盛りくださ~い!!」
無謀とも言える大盛りでの注文、しかし少々気持ちは落ち着いて来たぞ♪
店内の新聞をペラペラと捲り、あと数分後にはチャーハンが頂ける余裕とでも言いますか(笑)

R0010324_edited-1.jpg

八尾市の青城閣。
この辺りは大和川のチョイと北側に位置するのだが八尾市に成るのね。
平野区か八尾市かと微妙な位置にあるのかなw
常連さんが多い店のようで店内はほのぼのと♪
お昼時、いろんなセット物や定食もあったがチャーハンターはチャーハン単品に拘りたく!

R0010318_edited-1_201710262017085f2.jpg

...なのだが、座った席が厨房が丸見えのベスト・ポジション♪
大きな青ザルには半炒めのチャーハンがたっぷりと!!!!
炒め直しチャーハンは何故に青ザルへと入れられるのか?
以前、津守のぎょうざやもそうだったなとこの日また思い出した次第である(笑)

R0010320_edited-1.jpg
R0010321_edited-1_20171026201733136.jpg

炒め直しにありがちなW油コーティング感も少なく米粒への焦げ目も僅かである。
際立った米粒の丸みと食感は充分に満足出来たものである(^^)

R0010314_edited-1.jpg
R0010315_edited-1_20171026201709e60.jpg
R0010316_edited-1.jpg

単品メニュー、ランチ時にはセットメニューもお安く有り。
厨房ではお父さんがせわしなく、そして手際良く調理をされる姿。
凄いスピードで華麗に調理され出されるランチメニュー(笑)
このお父さんの一からのチャーハンも是非とも頂いてみたいぞ(^^)

R0010325_edited-1.jpg

【青城閣】

大阪府八尾市若林町3-2
072-948-2450
八尾南駅から576m
営業時間:11:00〜22:00
定休日:日曜日

桃谷 台湾小籠包 謎の食べ物「干烹鶏 (カンポンチ)」

2017年 10月04日 19:40 (水)

R0010286_edited-1_201710031933064dd.jpg

大きな蒸し器で調理され出されたもっちもちの厚い皮で覆われた小籠包!
手作り感が満載、美味そう~な予感がしてドキドキするぞ♪

R0010292_edited-1_20171003193305a3b.jpg

レンゲに乗せて上部を噛み切り煮凝りの汁を吸う......
あちちっ!となる事は至上の幸せだ(笑)
味は少々甘めな味付け、葱と豚肉の美味さがこの一つに凝縮されているのだ(^^)

R0010271_edited-1.jpg

はい、JR環状線、桃谷駅から商店街を東へ5分程「台湾小籠包」。
ワタクシ的にこの店は行ってみたいお店のランキング1位であったのだ。

R0010272_edited-1.jpg
R0010300_edited-1_2017100319340124b.jpg

メニュー!
何かと社交的なお母さん、ありとあらゆる事を尋ねて来られる...
何処から来たの?何でこの店を知ったの?台湾料理は好き?
もう、応えるのがめんどくさい程に質問攻めだが何とも愛嬌のあるお母さんだ(^^)

R0010277_edited-1_20171003193210ada.jpg
R0010281_edited-1_2017100319320776f.jpg

ビールのアテはピリ辛いザーサイ。
おっ、メニューに豆腐干糸があるじゃない!
もちろん注文(^^)

R0010294_edited-1.jpg
R0010298_edited-1_2017100319330204a.jpg

つるっつるの厚い皮に包まれた水餃子、ニラがこれでもかとた~ぷり!

R0010301_edited-1_20171003193400700.jpg
R0010304_edited-1.jpg

そして謎の食べ物「干烹鶏 (カンポンチ)」
辛いのは大丈夫か?はい、大丈夫ですよ~で勧められた干烹鶏!
鶏肉の唐揚げ状にたっぷりの唐辛子の輪切りは焦がしニンニク風味、
黒酢とラー油で味付けされ何ともコク深い独創的な辛さと味!
実はこの料理、知っておりまして~「何で知っているの?」と問われた程...
色んな所にアンテナを張っていますから(笑)
このレシピは店主のお母さんの独創的なものらしい。
ソースは全部食べなくていいのよ~包んであげるから持って帰って
豆腐と葱で炒め直してね、という事で...

R0010313_edited-1_2017100418592493c.jpg

こんな風に出来上がりました(^^)
奥の手作り台湾ソーセージは1本300円で2本買い持ち帰ったものね♪

R0010305_edited-1.jpg

締めは海老チャーハン!
台湾的なチャーハンが出て来るものと思いきや何とカレー味であった(笑)

R0010307_edited-1.jpg
R0010308_edited-1.jpg

具沢山のチャーハンは奥の家庭的なコンロで炒められているにしては、
米粒の独立感あり中々に美味♪
「湯」が極薄味でこれまた美味しい(^^)

R0010280_edited-1.jpg
R0010278_edited-1_20171003193209d4a.jpg

店内はカウンター10席程でしょうか、蒸し物は厨房内で、焼き炒め揚げ物は、
奥の自宅兼&調理場で作られていて正に台湾の家庭料理って感じがした♪
この蒸し器も台湾から持って来られたそうで...
日本の蒸し器は穴が小さいのよ!とおっしゃられていた程によく喋るお母さんの店である(笑)

R0010309_edited-1_20171003193443e0b.jpg

急がれている方にはお勧め出来ない訳は、お母さんが緩~くお一人で調理をされるので~
そして程近く、この店を閉めて東住吉区の今川へ移転されるようで...
おっ、近くなるじゃん!と心が躍ってしまった(笑)

【台湾小籠包】

大阪府大阪市生野区桃谷2-28-15
06-4981-4919
桃谷駅から283m
営業時間:11:00~15:00/16:30~22:00
定休日:火曜日