時遊人アッシュの食べ歩き日記

05月 « 2017年06月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 07月

針中野 龍福 大人気店の手作り豚まん

2017年 05月18日 20:49 (木)

R0001935_edited-1.jpg

久しぶりの針中野へ。
この筋を通るのも随分と久しぶりだ、10年程前には麺屋彩々が在った通りであり、
その頃は週1くらいの頻度でこの通りを歩いていたっけw
ここ数日、漠然と美味しい焼売が食べたいなと、ずっと思っていて...
シューマイとはまた難しい!頭をフル回転させて、そういえば旧彩々のすぐ西隣に
中国の方の手作り豚まんの店が在ったなと思い出して車を走らせる。

R0001941_edited-2.jpg

手作り豚まん専門店「龍福」
何何、この人の多さは!
因みにこの列は注文客の列であり、周りには出来上がりを待つ方々が10人以上!
この店が出来た頃に1度、買い物をしているたのだが、その頃はイートインも出来て、
今の店の半分だけで営業されていたのに店の大きさが倍に成っているじゃない!!
メディアで取り上げられたのでしょうか♪

R0001940_edited-1_20170518192459074.jpg

厨房では豚まんをひとつひとつ手で包まれる光景が見える。
注文しお金を払い名前を告げ20分後に出来ますので~
という事で少し針中野商店街をぶらぶらしてみよう(笑)

R0001943_edited-1.jpg
R0001945_edited-1.jpg

久しぶり、お漬物の伊勢屋さん。
おばあさんが一人で営業されていた。
手作り感たっぷりのお漬物はどれもが美味しそうだ♪
田舎漬をひとつくださいな(^^)/

そして商店街を南へぶらぶらしていると「此処の売り場で7億円出ました!」という看板の宝くじさんへ
吸い込まれるのであった♪
ドリームジャンボを30枚買いまして~抽選日を境にブログが止まっていたら
当たったと思っていてください(笑)

R0001942_edited-1.jpg

針中野商店街の肉屋、魚屋、八百屋さん、何処も本当にお安い!
岩がき3つで350円、平目1尾300円???
紅シャケでも買っておこうかなと思いもう1軒南にある魚屋さんへ行くと...
半身の紅シャケ(千五百円)がドーンと出されて...
「そんなぎょーさん要らんねーん!」
「冷凍しといたらエエねん、兄ちゃん、もう千円でええわ!」(投げ売りかいっ!!!!)
すると隣のお客のおばあちゃんまでもが
「切り身にしてラップに包んどいたらええねんで、ジップロックの方がエエねんけどな...」
連携プレーかいっ!!(笑)ありがと、おばあちゃん♪
スーパーマーケットでは絶対にありえない店側と客側の攻防が楽しめる(^^)/

R0001955_edited-1.jpg
R0001969_edited-1.jpg
R0001983_edited-1.jpg

豚まん1個、チャーシューまん2個、シューマイ10個♪
この豚まん、何と重量感があるのだろう、具もぎっしりと詰まっているのだが、
皮の小麦の密度が凄い!
もっちりとコシのある皮は551程の作られた甘味は無くとも、ほんのりと甘く自然なお味。
チャーシューまんは豚バラ肉ブロックを角煮のような甘く味付けをされたもので辛子と良く合いますな♪
シューマイは豚肉と玉葱の共演、肉々しくちゃんと蒸されたもので化調感なく、これは美味しい(^^)/

R0001963_edited-1.jpg
R0001946_edited-1.jpg
R0001947_edited-1.jpg

ほとんどの品がワンセット150円という下町ならでは価格帯♪
開店当初は120円だったと記憶しているがお店も広くなったし~
正直、このような大人気のお店へとなっているなんて思ってもいなかった(^^)/

【龍福 豚まん専門店】

大阪府大阪市東住吉区駒川5-7-18
06-6654-7248
近鉄南大阪線 針中野徒歩3分
営業時間:10:00~18:00 
定休日:火曜日
スポンサーサイト

台北 六品小館 生涯忘れる事の無き逸品!干し豆腐と牛肉の細切り炒め(豆干牛肉絲)

2017年 05月10日 21:43 (水)

R0001653_edited-1_2017051019324059a.jpg

干し豆腐と牛肉の細切り炒め(豆干牛肉絲)

この品はワタクシの生涯において忘れる事の無い逸品となるだろう!
それ程までに美味い美味い豆干牛肉絲である。
干し豆腐を丁寧に千切りされ細切りの牛肉にオイスターソース・ベースの味にピリ辛い唐辛子が
絡み合い実に美味い逸品である!!!!!
干し豆腐は沖縄郷土料理でも味わえるがそれを、千切りにする知恵と感覚は無かった。
見た目はチョイと固めに茹でられた麺?とも見受けられるが
味は小麦ではなく間違いなく大豆である。
その食感たるやワタクシを未知の世界へと導いてくれたと言っても過言ではない。
この料理は日本でも頂けるお店があるようだが、ワタクシの記憶にはなく...
余りにも美味し過ぎて少々テンバッテおります(笑)

R0001678_edited-1_20170510193401670.jpg

六品小館。
MRT(地下鉄)東門駅から南へ歩いて10分弱、永康街の奥にある「六品小館」。
中国、江蘇地方の家庭料理が頂けるお店♪
この日は永康街の昭和町にある骨董街へ、メイン通りから西へ1本外れた通りを進んで偶然に
見付けたお店。
台湾は英語が殆ど通じないお店が多く、でも英語は殆ど話せないんですけどー^^;
日本語のメニューはありますかー?と関西弁なニュアンスで聞き無事に注文出来た(笑)

R0001651_edited-1_20170510193242590.jpg

はい、此処でも台湾ビール♪
グラスはワンカップ大関を飲み干した後の使いまわしみたいな厚みのあるグラス(笑)
台湾ではお箸は縦に置かれるのですね~

R0001663_edited-1_2017051019331715a.jpg

鶏肉とピーマンの炒め物♪
どんだけ入っとんねん!というピーマンの量と唐揚げの鶏肉(笑)
しかし、下処理は完璧!

R0001673_edited-1.jpg

肉団子の鍋煮込み。
これは豚骨白湯ベースのスープにトマトの酸味感、黒豚肉ミンチ肉の団子スープ♪
あぁ~どれもが素朴な味である(^^)/

R0001654_edited-1.jpg
R0001667_edited-1_20170510193405dcf.jpg

干し豆腐と牛肉の細切り炒め(豆干牛肉絲)
何とご飯が進む味だろうか、実に実に美味しい品である♪
この料理は滞在ホテルへ帰りwifi環境化の中で、どれだけ調べた事か!
この食材を冷凍以外でどうやって手に入れようかと未だ迷路中。
大阪であるとすれば大正区かな~(^^)/

R0001671_edited-1_201705101934045d2.jpg
R0001675_edited-1.jpg

【六品小館】
台北市金華街199巷3弄8號
MRT東門駅4番出口から徒歩約5分
電話 :02-2393-0104
営業時間:11:30-13:30(休日は14:00まで)、17:30-20:30
定休日:無休

R0001685_edited-1.jpg

国立故宮博物院。

R0001706.jpg
R0001699.jpg
R0001713_edited-1.jpg
R0001693.jpg

世界四大博物館の1つにも数えられている国立故宮博物院へ(^^)/
何か、満喫しているなぁ~(笑)

【国立故宮博物院】

台湾台北士林区至善路二段221号
電話番号: +886 2 2881 2021

美味いチャーハンを追い求める旅 台北編 明月湯包のしらすチャーハンと絶品小籠包

2017年 05月09日 22:27 (火)

R0001512_edited-1.jpg

近頃のワタクシのチャーハンの選択は口コミ等は信用せず見た目で選ぶようにしている。
このしらすチャーハンの画像を見て何が何でも食べたく食べたくて、もうどうしようも無い状態♪
今回の旅行はどのお店に行こうかなど、
殆ど何も決めずに航空券とホテルだけを予約した無謀な旅である。
ホテルへチェックインし、地球の歩き方とwi-fi環境化でスマホを酷使し、
キングサイズのベッドでごろごろしながら、ようやく旅のプランが練られたのであった(笑)

R0001524_edited-1.jpg

明月湯包の支店、すぐ近所に本店もあり。
此処は小籠包の有名店でもあり♪
店内は満席近く。

R0001484_edited-1_2017050919361712a.jpg
R0001488_edited-1.jpg
R0001490_edited-1.jpg
R0001491_edited-1.jpg

メニューのチェックシートが置かれるも意味不明な漢字が並んでおり...
フロアーのお姉さんに日本語のメニューをくださ~い!と関西弁でお願いすると難なく通じた(笑)

R0001494_edited-1_20170509193658e8d.jpg
R0001501_edited-1.jpg

台湾ビールがまず運ばれる、注文した品が来るまで棚の1品を2つ取り...
システムはまるで日本の大衆食堂のようではないか♪
しかし、ビールのグラスがプラ容器って(笑)

R0001499_edited-1_20170509193655cb4.jpg
R0001495_edited-1_20170509193657d2f.jpg

メンマ盛りと豆腐干絲、共に30元、日本円で120円程♪
こんなに大量のメンマを頂いたのは初めてだ、そしてこの豆腐干絲!!!!
沖縄でいう島豆腐を麵状に細切りにされたもので、この食感は初めての経験であり、
これが実に美味しい!

R0001504_edited-1_2017050919562383e.jpg

空芯菜の炒物!
台湾へ行くと必ず注文してしまう品で超高火力で一気に炒められる食感は素晴らしく♪
貝柱のスープの出汁に唐辛子とニンニクの味な香辛料の効いた野菜炒めである。

R0001505_edited-1_201705091956222dc.jpg
R0001511_edited-1_2017050919562190d.jpg

この店、名物の小籠包!!!!!
豚肉&鶏肉ベースのミンチ肉、生姜の風味よろしく溢れる肉汁♪
これは、日本ではなかなか味わえないレベルの小籠包であもある(^^)/

R0001514_edited-1.jpg
R0001517_edited-1_20170509195717059.jpg

ワタクシ的メインのしらすチャーハン、ベースは玉子チャーハンに炒られたしらすが
トッピングされているような盛り付けである♪
ふわ度8、パラ度5、米粒の具合も中々のもの、しらすの自然な塩分が米粒へと移り、
自然な味付けと成り今年のBESTチャーハンとなり。
軽く奥さんと取り合いになる程(笑)

R0001521_edited-1.jpg

酸辣湯。
酢の酸味と唐辛子や胡椒の辛味と香味を利かせた酸味豊かな辛みのある料理。
具は鶏肉、豆腐、シイタケ、キクラゲ、タケノコ、長ネギ!
片栗粉でとろみを付けられた「湯」は酸味の効果か、より食欲を増進させるのだ♪

R0001526_edited-2.jpg

此処は台北へ行くならば、もう一度は行っておきたい店となり(^^)/

R0001552_edited-1_201705091958242ff.jpg
R0001563.jpg

食後、夜市をぶらぶらとお散歩、せっかくなので台北101へと歩き出す♪
世界最速のエレベーターで地上から450mへは時間にして20秒程で到着。

【明月湯包 支店 ミンユエタンパオ】

台湾台北市通化街171巷40号1樓
(+886) 227338770
台北101駅徒歩10分
営業時間:11:00~14:00 17:00~21:00

中華料理 龍楽 440円チャーハンと野菜炒め

2017年 05月01日 19:10 (月)

R0001414_edited-1.jpg

チャーハン(440円)
注文後、お母さんがジャーから白ご飯をザルに入れて粗熱を取られるところから調理が始まっている。
お安いからといって決して炒め直しのチャーハンでは無い。
そして量がかなり多いチャーハンで通常の1.5倍程の量があるのだ。
この日の前夜の夕食を抜き、当日の朝食も抜いてお腹がペコペコ状態で訪問。
よし、チャーハン(大)を頂こうと勇んでいたが野菜も摂らなきゃね♪
という事で並を注文、(大)にしなくて本当に良かったと思っている(笑)

R0001424_edited-1.jpg

中華料理 龍楽。
この辺りは堺市の東区に位置するのか、この店の前の道を通るのは初めてである。
ワタクシが詳しいのは北区と堺区くらいなものだ(笑)
ナビに電話番号を打ち、導かれるままに到着♪
最寄りの初芝駅からは1キロの距離はあるでしょう。
さぁて、何とか到着するも近所にコインパーキングが全く見当たらない...
お店の場所を確認して行き過ぎるもUターン、再び店の前を通過しようとすると、
偶然に店のお母さんが出ておられて「駐車場はありますか???」
何と駐車場まで案内して頂いた(^^)/

R0001406_edited-1_201705011754496b6.jpg
R0001423_edited-1.jpg
R0001408_edited-1_20170501175447095.jpg

メニュー。
何度、見直してもチャーハンと焼きそばは440円である♪
1番高い単品メニューで780円とお安い価格設定(^^)/
お昼前の入店で既に店内は満席に近いじゃない、御近所の方が多いようだ。

R0001413_edited-1_201705011755269a6.jpg
R0001418_edited-1.jpg

均一に丁寧に切られた人参とハムにやはり店主の実直さが伺える。
寡黙に鍋を振る店主に迷いは無く、これはプロの仕事である。
脂はラード、味付けに化学的な調味料を使われていない素直な味付けだが、
とても量が多くこのワタクシでも後半に少々の飽きが来てしまい胡椒を掛け、
最後はチャーハンター失格のソースに頼る始末であった...

R0001420_edited-1.jpg

その原因の一つにこの丼鉢に入った大量の野菜炒めが関係していると思われる(笑)

R0001422_edited-1.jpg

厚切りの豚バラ肉に剥き海老、人参&筍に大量のキャベツともやし、そしていつも嬉しいキクラゲ♪
この時期のキャベツはお高いのに~(笑)
味付けはオイスターソース・ベース、おそらくこの味付けが焼きそばに反映されるものだと思われる(笑)
オイスター・ソースの少々やんちゃな味付けで、この味ベースは中華焼きそばは相当に
美味しいかも知れぬ、これは食が進む感があり(^^)/

R0001426_edited-2.jpg
R0001427_edited-1_20170501175619c5f.jpg

お店の南東側に1台分の駐車場あり。
しかし、この歩道の無い道は車に気を付ける必要はあり。

R0001405_edited-1_20170501175450d46.jpg

決して特別な味では無いが、
この価格設定でこの味、チョイと他のメニューも試したく成りましたよ(^^)/

【龍楽】

大阪府堺市東区菩提町2丁29-2
072-285-4815
営業時間:11:00〜14:00 17:00〜21:00
定休日:未確認

美味いチャーハンを追い求める旅 チャイニーズ 芹菜(セロリ)のずわい蟹チャーハン

2017年 04月12日 20:06 (水)

R0000917_edited-1.jpg

ずわい蟹チャーハン!
あぁ~このタイプのチャーハンか...
新進系の美味いとされる新しい中華の形態を持たれたお店によくあるタイプのチャーハンだ。
化調感無く独立した米粒はパラリとはしているのだが、米粒の膨らみと旨味を感じられない。
チャーハンは米の旨味を最大限に如何に調理する料理だ!
パラパラ具合だから良いチャーハンではないのよ。
これも個性と言えなくは無いが水分と油分を纏ったふわりと
膨らみあるワタクシが求める米粒感が此処には無かった。
「炒」技術は良く出来たものだろうが、店側のチャーハン愛を感じられなかったのが残念。
しかしチャーハン以外はとても美味しかったの(笑)

R0000932_edited-1_20170411202430c0d.jpg

チャイニーズ 芹菜(セロリ)
此処は福島区になるのか、福島駅よりも大阪駅の方が近く感じられるが。
蕎麦の名店、まき埜のすぐお隣だ。
この日は国立国際美術館へクラーナハ展を観にお出かけ♪
タダのチケットを頂いたので(笑)

R0000896_edited-1.jpg

お冷ではなく、茶はプーアール茶がボトルで出される。
しかしビールが飲みたくて飲みたくて~(^^)/

R0000900_edited-1.jpg

1800円のランチ・コースを選択♪
前菜3種盛りは、クラゲに牛蒡のムース、甘エビの紹興酒漬け。
どれもが、とても美味しい(^^)/

R0000902_edited-1.jpg

お任せサラダは薄切り烏賊、ネギ油ソース掛けのよく出来た逸品!
見た目も美しい(^^)/

R0000906_edited-1.jpg
R0000907_edited-1.jpg

点心2種盛りは小籠包と海老焼売♪
モッチモチ皮の美味しい小籠包(^^)/

R0000909_edited-1.jpg

中華おこげが入る牛肉の炒め物♪
オイスターソース味に絡まれた牛肉の質が良くこれもまた逸品である。

R0000919_edited-1.jpg
R0000915_edited-1.jpg

そして、ワタクシ的メインのずわい蟹チャーハン。
やはり、この米粒には心が躍らない...
味は一級品、しかし口の中へ入れた時の米粒のふわっと華が咲くような広がりが無いのだ。

R0000927_edited-1.jpg
R0000929_edited-1_201704112024029e9.jpg

デザートは杏仁豆腐とジャスミン茶、最後にちゃんと熱い茶が出されるのは嬉しいですな(^^)/
このタイプの茶こしは初めて見た(笑)

この後、福島駅を超えて国際美術館へ向かう途中に
朝日放送局前の中華料理屋のメニューを見ていると、
10種類以上の何と多彩なチャーハン・メニューではないか!!!
どうしてもチャーハンのリベンジをしたく成るも、
「今、中華のコースを頂いて来たじゃないですか!」と奥さんに軽く叱られて諦めるのであった(笑)
こうして、チャーハンの旅は継続される(^^)/

R0000933_edited-1_20170411202428a2b.jpg

【チャイニーズ 芹菜 (チャイニーズ セロリ)】

大阪府大阪市福島区福島6-11-13 シャトー西梅田 1F
06-6341-8772
営業時間:11:30~15:00(L.O.14:30、コースL.O.13:50) 17:30~23:00(コースL.O.21:00、アラカルトL.O.22:00)
土日祝:11:30~14:30(L.O.13:30) 17:30~23:00(コースL.O.21:00、アラカルトL.O.22:00)
定休日:月曜日(祝日を含む)