時遊人アッシュの食べ歩き日記

05月 « 2018年06月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 07月

新店舗 桃谷台湾小籠包 海老焼き飯と魯肉飯

2018年 06月12日 19:20 (火)

R0014682_edited-1.jpg

蒸籠で出されるこの店名物な小籠包は3つで430円。
もっちもちの手作り皮に甘めの餡からぼたぼたと溢れ出す肉汁~

R0014679_edited-1.jpg

ちゅるるんと弾ける皮、箸で掴む事の難しい水餃子は6つで650円♪
韮は世界を席巻するのか?とも思える大量の韮がガツンと効いている(笑)

R0014674_edited-1.jpg

桃谷台湾小籠包!
2018年の春から東住吉区今川へ移転されての初訪問♪
あらまっ、綺麗なお店になっちゃって~桃谷の狭い店舗も嫌いでは無かったが、
明るく大きく清潔感あるお店へとなっておりました(^^)/

R0014663_edited-1.jpg
R0014666_edited-1.jpg
R0014662_edited-1.jpg
R0014667_edited-1.jpg
R0014668_edited-1.jpg

ざっとメニュー撮り!
店は新しくなったが値段は変わらず~(^^)/

R0014698_edited-1.jpg
R0014676_edited-1.jpg

テーブル席が4つに、そしてカウンター席の構成。
調理は相変わらずお母さんが担当のようだが、
台湾人かな?ピンク色の髪の若い女子がフロアー担当となっていた(笑)

R0014684_edited-1.jpg
R0014688_edited-1.jpg

そして名物の魯肉飯(ルーローハン)は何と500円!
八角と生姜醤油の豚煮込み!う~ん、アジアの香りがする(笑)
台湾へは何度も行っているが本場の魯肉飯はほとんど食べた事がないんですよ~
チャーハンばっかり食べてしまうもので(笑)

R0014700_edited-1.jpg
R0014704_edited-1_20180611173944541.jpg

海老焼き飯は800円!
ぶつ切りの剥き海老にグリーンピースの食感が何とも楽しい♪
カレー粉を入れると米粒がべちゃついた焼飯は多くあるが、
見事にふわりと焼き上げられているのだ(^^)/
食欲を増進させるカレー味は反則やろー!
ついつい食べ過ぎてしまうではないか!(笑)

R0014709_edited-1.jpg

食後の杏仁豆腐は甘い甘いデザートね~
どうせならクコの実を乗せてよ~(^^)/
店内が一息、付いたところでテーブルを回られるお母さん♪
桃谷の店で「カンポンチー」を頂き残ったタレを持ち帰り豆腐とネギで炒めたのよ~
と話すとちょっと驚いてはりました(笑)

大阪は本格的庶民的な台湾料理を出すお店が少ない中でこのお店はとても貴重である。
此処で宴会したいなと、策を練ってみるかな!?(^^)/

R0014710_edited-1.jpg

【桃谷台湾小籠包】

大阪府大阪市東住吉区今川5-7-25
06-6718-5009
今川駅から694m
営業時間:11:30~14:00 17:00~22:00
定休日:水曜日
スポンサーサイト

八尾光容軒 職人手練れの技 ふわふわチャーハン

2018年 05月20日 21:31 (日)

R0014304_edited-1.jpg

ものの3分掛からず一気に炒め上げられたチャーハン(580円)
中華鍋の中で時には泳がし、時には一気に鍋振り!!!
もうね、どうすればどうなるのかを全て把握しているかのような
手練れの技を垣間見れるであろう。
米粒の柔らかさはあれど化調感無く薄味なところが米粒の美味さを味わうという
チャーハン本来の目的に合っているいる(^^)/

R0014295_edited-1.jpg

中華料理 光容軒。
久宝寺公園の東側にあるお店。
70代だろうか、ご年配の夫婦で営業されているお店である。

R0014298_edited-1.jpg
R0014299_edited-1.jpg
R0014310_edited-1.jpg

町の中華料理屋さんらしくリーズナボーな価格設定♪
一品メニューの多くはハーフサイズでの注文も可能。

R0014306_edited-1.jpg
R0014309_edited-1.jpg

お父はんが一心不乱に炒め上げてくれたチャーハンは物凄く美味い!!!!
カウンター席だったので調理の過程が良く観れたが正に職人技♪
米粒に空気感を含ませた鍋振りの技術は素人には無理な技、
パラパラでは無きフワフワな技術。
彩り豊かな魅せるチャーハンでもある(^^)/

R0014302_edited-1.jpg

野菜も食べなきゃね、という事で野菜炒めは650円。
オイスターソース・ベース色の濃い目の彩りだが
味付けは意外とあっさり味なのが好感を持てる味♪

R0014297_edited-1.jpg
R0014296_edited-1.jpg

【中華料理 光容軒】

大阪府八尾市久宝寺5-4-29
072-993-7258
営業時間:AM11時〜PM2時 PM5時〜9時日 AM11時〜PM9時
定休日:毎週月曜日

四川麻婆豆腐刀削麺 京華楼

2018年 05月07日 20:36 (月)

R0013953_edited-1.jpg

麻婆豆腐刀削麺(1200円)
運ばれて来た瞬間に目がチカチカする程の麻(痺れ)&辣(辛さ)!
木綿豆腐に絡む挽肉と醤、ラー油に唐辛子、これは中々の辛さがあり♪
麻&辣のバランスがとても良い感じだが悶絶する程の辛さを求めていたが、
そこまでには至らず(^^)/

R0013940_edited-2.jpg

横浜中華街 京華楼。

R0013949_edited-1.jpg

東京オリンピックver.のスーパードライ♪
ランチ2軒目という事でビールは1本で済ませておいた(笑)

R0013942_edited-1.jpg
R0013947_edited-1.jpg
R0013945_edited-1.jpg
R0013948_edited-1.jpg
R0013941_edited-1.jpg

ざっとメニュー!

R0013959_edited-1.jpg
R0013961_edited-1.jpg

海老チャーハン(800円)
これは見事な白チャーハンである。
動物系鶏ガラスープを適度に含ませた米粒の膨らみあり、どちらかといえば
しっとり系のチャーハンだが米粒を潰さず丸みを残す焼き加減は見事!!!
横浜中華街の料理人は玉子の使い方がとてもお上手ですな♪
余分なスープを上手く玉子に吸わせている。

R0013966_edited-1.jpg

味付けは塩胡椒、こういったシンプルなチャーハンを出せる店はそうそう無いだろう。

R0013951_edited-1.jpg
R0013955_edited-1.jpg
R0013963_edited-1.jpg

さてさて刀削麺!
神戸などで何度か頂いた事があるのだが、此処の麺は別格の美味さが有り!!!!!
かん水を使われていないので小麦の旨味がダイレクトに感じられる♪
モッチモチの食感と噛み応え、そして喉越しの美味さは相当なレベルである。
長い長い刀削麺、これは手練れの技である(^^)/
横浜中華街へ来るといつも感じるのだが、これだけの料理人を確保するのは大変だろう。

R0013973_edited-2.jpg
R0013975_edited-2.jpg

食後は横浜大飯店1階にある杏仁ソフトクリームを求めて~

R0013978_edited-1.jpg

しっとりとコクのある甘さは正に杏仁豆腐の味!!!
これは初めての体験(^^)/

【京華樓 (キョウカロウ)】

神奈川県横浜市中区山下町138
045-211-2866
営業時間:[月~金]11:30~21:30(LO)[土・日・祝]11:00~21:30(LO)
定休日:無休

【横浜大飯店 (ヨコハマダイハンテン)】

神奈川県横浜市中区山下町154
050-5868-4744
営業時間:11:00~21:30[売 店]10:00~21:30
定休日:無休

美味いチャーハンを追い求める旅 横浜中華街編 上海豫園

2018年 05月05日 18:10 (土)

R0013924_edited-1.jpg

五目炒飯(800円)
運ばれて来た瞬間にフワっと香る八角の香りは浸けにされたチャーシューによるもの♪
何処を掬っても均一な卵の美しさある白系チャーハンだ♪
大き目のスプーンで取り分けようとすると何と何と、
スプーンのその重みだけで米粒の山に入ってゆくではないか!!!
粒の丸みは保たれつつも米と米との空気感が素晴らしい♪
ワタクシはチャーハンの記事で滅多に「フワパラ」なる
言葉を使わないようにしているのだが、このチャーハンに関しては
「究極のフワパラ・チャーハン」といっても過言では無い。

R0013933_edited-1.jpg

横浜中華街 上海豫園。
つい先日も東京へ行っていたのだが暦通りの4連休で台湾へ行けるかなと、
直前まで色々と調べるも飛行機便がどうしても取れなくて横浜チャーハンの旅へと変更♪
前日にチケットを取ろうなんて無謀であるがいつ急な仕事が入るのか読めないので~^^;
ワタクシの旅行はいつも前日か当日決めである(笑)
こちらのお店は小籠包で有名なようで店先では点心を包む作業が見られる。

R0013904_edited-1.jpg
R0013905_edited-1.jpg
R0013906_edited-1.jpg

メニュー!
コース料理も数種類あるのだが、チャーハンターは敢えて単品勝負で臨みたい(笑)

R0013908_edited-1.jpg

まずは生ビール♪
新幹線内で車内販売ビールを待ち続けるも、もう新横浜に着いてしまうやんっ!
って時にようやく来たけど遅いわ!!
もう喉はカラカラなのよ~お茶ではアカンのよ(笑)

R0013909_edited-1.jpg
R0013915_edited-1.jpg
R0013911_edited-1.jpg

この店自慢の小籠包に海老シューマイ!
小籠包の頭部を噛み切るとぶわっと肉汁♪
なのだが皮が若干、厚過ぎるのでこれだけ結構、お腹にドンと来ますな~
味付け自体も若干濃い目であるが日本で頂くには最高の部類であろう小籠包であるが...
台湾でもっともっと凄~く美味い薄皮の美味い小籠包を知っています!(笑)
そして肉の塊、海老シューマイは玉葱たっぷり、ビールがススム君(^^)/

R0013921_edited-1.jpg

青島ビール・プレミアム(^^)/
チンタオビールは基本、コーンスターチの入るビールなので何がどうプレミアムなのか?
分からぬが旅行者のお登り気分だったという事で(笑)

R0013919_edited-1.jpg

豆苗炒め(1200円)
野菜も食べなきゃね、という事で注文するも豆苗なのに高い!(笑)
味付けはたっぷりの鶏ガラべース、スープと油に浸る豆苗。
中華火力の成せる技か、一気炒めの素晴らしき野菜炒めである(^^)/

R0013926_edited-1.jpg
R0013930_edited-1.jpg

さてさて、チャーハンに話を戻そうではないか!
出汁スープを多めに使いながらも水分過多は無く、
米粒はしっとりと丸みを帯びながらも、独立する♪
そして何処を掬っても卵の均一感がスープと脂を吸い込んでの膨らみを持たせている。
見た目の「具」的に派手さは無くとも食してみれば分かる八角チャーシューの香りが
貴方の食欲をより掻き立てるであろう!
そして、奥方にもう一軒行けそうよね?と問うと「行けます!」
との事でチャーハンのハシゴをしてしまう(笑)

R0013937_edited-2.jpg

GWの横浜中華街は人で溢れています!
みんな美味しいものを求めているのよね(^^)/

【上海豫園 小龍包館 (シャンハイヨエン)】

神奈川県横浜市中区山下町166
045-212-5087
石川町駅徒歩7分
元町・中華街駅徒歩7分
営業時間:11:00~20:30
定休日:不定休(月一回)

台湾料理元気茶房 美味しい茶葉チャーハンと水餃子

2018年 04月01日 17:12 (日)

R0013187_edited-1.jpg

茶葉チャーハンとは珍しい!
コチラのお店はハーブティーに特化されたお店のようで棚には何十種類と言う
茶葉が置かれている。
カフェ的な使い方も出来るのだが台湾料理のメニューも実は充実しているのだ♪
さてさて、台湾料理と聞くともう行かずにはいられないタイプでありまして~
店へ入るとツンとハーブとスパイスの香りが漂う。
中華店で有りがちなウェイパー的な匂いでは無いので一先ず安心(笑)

R0013208_edited-1.jpg

元気茶房。
場所は四天王寺が最寄り駅か、25号線沿い、一心寺さんの真東側に位置する。

R0013205_edited-1.jpg

メニュー。
この他にもセットメニューなども充実♪
しかしワタクシは敢えて単品勝負で(笑)

R0013186_edited-1.jpg
R0013184_edited-2.jpg

久しぶりの台湾ビールで喉を爽快に潤す♪
お洒落な店内、お昼前の入店で何とか着席出来たが12時を回ると満席に。

R0013188_edited-1.jpg
R0013197_edited-1.jpg
R0013200_edited-1.jpg

茶葉チャーハン(650円)
米粒の炊き加減はやや柔らかめだが潰さずに丸みを残す焼き加減は見事だ♪
具は茶葉に焼豚肉、玉葱、人参、ネギと五目チャーハン的な彩りがあり。
さてさて、茶葉の苦みと香りは独特で有り今まで味わった事の無きものだが、
茶葉の苦みが大人のチャーハン的な旨味に溢れており余りの美味しさに一気に食べてしまいそうで
頑張ってゆっくりと頂いた次第である(笑)

R0013193_edited-1.jpg
R0013194_edited-1.jpg

そして大好物の水餃子♪
手作りであろうモッチモチの厚皮に包まれた水餃子は
豚ミンチにキャベツにニラ、生姜とニンニク味。
ニンニク生姜のファンキーさが効いているが、それを緩和するかのような
自家製厚皮がフォローするビール進んでしまう危険な一品である(笑)

R0013181_edited-1.jpg
R0013183_edited-1.jpg
R0013176_edited-1.jpg
R0013177_edited-1.jpg
R0013178_edited-1.jpg
R0013179_edited-1.jpg
R0013180_edited-1.jpg

詳しくメニュー表(笑)
厨房の前に台湾製の大きなかき氷器がドンと備えられていて...
このかき氷器は確か台湾高雄で入ったかき氷屋さんで見掛けた物と同一。
と言う事は次回はマンゴーかき氷を頂きに来なければならない!という事か!(笑)

R0013206_edited-1.jpg

【元気茶房】

大阪府大阪市天王寺区逢坂2-4-22
090-7766-7265
営業時間:11:00~19:00
定休日:月曜日