時遊人アッシュの食べ歩き日記

03月 « 2018年04月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 05月

北花田じゅげむ長助 立ち飲み価格の家庭料理のお店

2018年 03月29日 20:43 (木)

R0013023_edited-1.jpg

じゅげむ長助。
北花田の居酒屋はほとんど網羅しているつもりだったが(チェーン店系は除くw)
この店の存在は見て見ぬふりをしていたのか、何か在るなとは思っていたが、
調べてみるとどうやら居酒屋のようだ。
店の情報は全く無いに等しく、そんなお店へ突入出来るなんて何て幸せな事であろう(笑)
ワクワク度の方が勝ってしまうのである(^^)/

R0013005_edited-1.jpg

店内はカウンターがメイン、奥にはテーブル席もあるようで~
そして、「じゅげむ じゅげむごこうのすりきれ...」全部何て言えな~い♪
マスターと美人な奥さんのお店であり「家庭的な料理しか出せませんが~」と謙虚だが、
それが一番良いのよ~(^^)/

R0012999_edited-1.jpg
R0013000_edited-1.jpg

メニュー!
北花田にこんなにお安い居酒屋が在ったなんて~
価格はほとんど立ち飲み屋価格である。

R0012997_edited-1.jpg
R0013002_edited-1.jpg
R0013004_edited-1.jpg

瓶ビールはサッポロ赤星!
焼き立ての出汁巻き卵に揚げ立ての素揚げのゲソ天♪
お安い価格帯の料理だがちゃんと出来たてを出されるようで安心している所へ、
LINEが届きまして~
この日は実家から帰って来ないと思っていた奥さんが少々怒りながら入店...
「何で一人で~!!!」「あら、帰って来たの?」
深く突っ込まれると怒りのモードは増すのでまぁ、さらっと流しておきましょう(笑)

R0013009_edited-1.jpg
R0013008_edited-1.jpg

中とろにアスパラ豚巻きフライ♪
へえ~手作り感たっぷりじゃない(^^)/

R0013015_edited-1.jpg
R0013018_edited-1.jpg

エリンギの生姜焼きにとん平焼きも♪
この価格でレンチンで無いのがとても良いぞ。

R0013020_edited-1.jpg

立ち飲み屋的なお店の味の判断はポテサラで判断出来ると言っても過言では無き。
素朴なジャガイモのお味、イイネ(^^)/
話好きな大将と北花田界隈の情報やら今年の阪神タイガースの行く先情報まで、
酒の席では重く無き切羽詰まらないどうでもエエ話題がちょうど良い(^^)/

R0013014_edited-1.jpg
R0013021_edited-1.jpg

ハイボールに締めはレッドアイ♪

R0012995_edited-1.jpg

お安く美味しく緩~い雰囲気のお店はとてもワタクシ好みである!

【じゅげむ長助】

大阪府堺市北区北花田町2丁44
営業時間:18:00~24:00
定休日:月曜
スポンサーサイト

地酒に特化した美味い魚料理のお店 地下鉄あびこ彩櫻

2018年 02月28日 20:52 (水)

R0012642_edited-1.jpg

地酒が隅から隅まで、ずずずいっと!っと揃えられている冷蔵庫内!
ここまで揃えておられると選択するのがとても大変~

R0012651_edited-1.jpg
R0012660_edited-1.jpg

高千代美山錦という地酒を選んだ訳は日本酒度+19という見た事もない辛口の数値のせいでもある。
もうね、興味の方が勝ってしまい頼まずにはいられなかった(笑)
日本酒度はあくまで目安ではあるが飲み口は意外と柔らかめ、そしてキレが来る。
数値程の辛口度は感じれずとも正に端麗辛口!といった表現が似合うであろう。
チョイとぬる燗でも行けそうですな(^^)/
チェイサーのお水をくださいな、で仕込み水を頂いたのだがこれがとろりと円やかな軟水♪
純水で口の中をリセットするよりも酒の余韻が残るしっとりとした美味さであるのに驚いた。

R0012631_edited-1.jpg

彩櫻。
地下鉄あびこ駅から徒歩3分くらいかな。
この辺りの飲食店はよく行っていたのだが、何で「彩櫻」さんへ行かないの?
なるコメントをいつだったか頂いた記憶が有り、
いや気には成っていたのですよ!でようやく訪問(笑)

R0012635_edited-1.jpg

お通しに小さな地酒が付いて来る店は初めてだ。
菜の焚物ととろろ鮪は本鮪ではないか♪

R0012647_edited-1.jpg
R0012644_edited-1.jpg

お造り5種盛り。
本鮪の赤身に天然の鯛&鰤、明石の蛸にほっき貝とこれまた豪華なもの。
どれも品質がとてお高い。そして山葵卸しは鮫皮の長次郎ではないか!!!

R0012650_edited-1.jpg
R0012652_edited-1.jpg

坂越の生牡蠣にあると必ず注文する出汁巻きも(^^)/

R0012657_edited-1.jpg
R0012662_edited-1.jpg
R0012666_edited-1.jpg

牛タン塩焼き、春野菜タラの芽の天ぷらに蜜芋が美味しゅうアテと成る♪
料理も素晴らしいが器も中々の凝りようで(^^)/

R0012671_edited-1.jpg
R0012673_edited-1.jpg

御祖酒造の純米遊穂。
おっ、これは無濾過の生原酒ですな~
わくわくわくわく!!!
こんなにも凄い地酒が近くのあびこで飲めるなんて!
あっ、あびこを馬鹿にしている訳ではありません(笑)
ワタクシが吟醸酒を好まない訳は取って付けたような人工的な吟醸香の酒が
以前は多く出回っていた影響であり、それ以来進んで飲まなくなりましたな。
こういう凄い酒を醸す酒蔵さんのものなら次回はチャレンジしたい。

R0012675_edited-1.jpg
R0012668_edited-1.jpg

酒が美味いと食も進んでしまう危険な遊戯(笑)
軟骨入りつくねハンバーグ、とろける湯葉豆腐も美味しい日本酒の最高のアテと成り!

R0012678_edited-1.jpg
R0012679_edited-1.jpg

締めは鉄火きゅうり巻きと、じゃこご飯おにぎりで満腹締めと成り(^^)/

R0012637_edited-1.jpg

メニューはざっとこんな感じ~スマホでは見にくいかな~?
それはワタクシが老眼なだけか!?
ワタクシのブログはPCで見て下さい(笑)
人気のお店なので予約訪問が望ましいと。

【彩櫻 (さいおう)】

大阪府大阪市住吉区苅田7-10-15
06-6696-5318
営業時間:17:00~24:00(L.O.23:00)
定休日:不定休

古酒泡盛と絶品琉球料理 うりずん

2017年 10月13日 21:11 (金)

R0010440_edited-2.jpg

今回の沖縄旅行で大感動したラフテー(豚の角煮)!
沖縄産の島豚でしょう、三枚肉と呼ばれる見事に三層になった肉の美しさ♪
本土では珍しい白味噌仕立てであり柔らかすぎず固すぎず
黒糖と泡盛のコクが本当に素晴らしい逸品である。

R0010449_edited-1_201710131838398b9.jpg

この店オリジナルブレンドの泡盛古酒は8年物を選択。
とても美味しくて美味しくてお替りをしてしまった程、
クースと呼ばれる泡盛古酒は何とも円やかで味わい深く美味いのだ!
以前、甕から汲んだ20年物の泡盛古酒を頂いた事があったが神の味がしましたわ(^^)

R0010469_edited-2.jpg

那覇うりずん。
旅行のひと月前に予約をして無事に着席、外では待ち人が大勢である
超人気の琉球料理のお店でもあり。

R0010437_edited-1_2017101318374178f.jpg
R0010438_edited-2.jpg

豆腐ようにラフテー!
爪楊枝でチョイと摘まむ豆腐ようが泡盛と本当に合うんですな♪
ラフテーはサイズ感が伝わらないがかなりの大きさであり6人で3つね(^^)

R0010442_edited-2.jpg

自家製のジーマーミ豆腐。
ぷるんぷるんのピーナッツ風味、余りにも美味しくて旅行最終日に牧志公設市場近くの
保存料を使われないジーマーミ豆腐専門店、花商という店で買い求めてしまった程。

R0010446_edited-1_20171013183840c62.jpg
R0010453_edited-1.jpg

麩とゴーヤのチャンプル!
沖縄のゴーヤは苦みが強くて味深い、何でこんなに美味しいのでしょう(^^)
そして、この店で使われている器が独創的で美しいのだ。

R0010457_edited-1_201710131839499a4.jpg

この店の名物らしい、うりずんが創作したドゥル天と呼ばれるもの。
田芋(サトイモ)のコロッケは6人だったので6個にしましょうか、あぁそうしましょう(^^)
カリッカリの表面にもっちりとしたサトイモの粘りあり、初めての食感、
郷土料理には失敗も多いがこの店は手作り感がたっぷり、実に美味しい。

R0010460_edited-1_20171013204142710.jpg
R0010451_edited-1.jpg
R0010454_edited-1_20171013183950807.jpg


海ぶどうに沖縄真タコのお造り♪
島らっきょうの天ぷら。文句のつけようのない美味さだ!

R0010462_edited-1.jpg
R0010463_edited-1.jpg

そして終盤、またしても感動の美味さが皆を襲う事と成る、
島豚のソーキ塩焼き!!!!!

R0010466_edited-1.jpg

焼という表現よりも軽くフライド状、味付けは塩胡椒のシンプルなものだが、
脂の乗った島豚の素材の良さか、骨際の美味さは正に随一!!!

R0010432_edited-1_20171013183743372.jpg
R0010427_edited-1_20171013183701d3e.jpg
R0010428_edited-1.jpg
R0010430_edited-1_20171013183658b24.jpg
R0010429_edited-1_201710131836596af.jpg

メニュー。
とても種類が多過ぎて全部は乗せれぬ、此処は多人数で料理をシェアするのが望ましい。
予約は必ず!
那覇へ行く楽しみがまた増えたではないか♪(笑)

R0010477_edited-1_201710131841574ac.jpg
R0010458_edited-1_20171013183948ab4.jpg
R0010471_edited-1_2017101318415928d.jpg

【うりずん】

沖縄県那覇市安里388-5
050-5872-7962
ゆいレール安里駅から徒歩約5分
営業時間:17:30~24:00(L.O.23:30)
定休日:年中無休

旬菜 箪ぽぽ 土瓶蒸しと土鍋栗ごはん

2017年 10月10日 20:02 (火)

R0010340_edited-1.jpg

今年はまだ松茸を食べていなかったなと思い独り旬菜 箪ぽぽへと向かう道中....
奥さんにばったり!
「あらっ貴女、今夜は実家じゃなかったの?」
「それは明日です!!!」ありゃ失礼!
と言う事で急遽、二名で店を予約する事になり(笑)

松茸の香りは秋の味覚の一つではあるが、どうしても食べておかなければならない程に、
周年化している訳で折角の松茸、どうせならば美味しい処で頂きたいじゃない(^^)

R0010370_edited-1.jpg

旬菜 箪ぽぽ。
北花田の交差点から北へ200M程でしょうか、あびこ筋沿いにあるお店。
女将は同級生でもあり久しぶりの訪問。

R0010326_edited-1.jpg
R0010333_edited-2.jpg

居酒屋というには格式は上、此処は割烹である。
メニュー!オープンなキッチンは大将の見せ場でもあり♪

R0010330_edited-1_20171010184154bc1.jpg

前菜は菜のものと自家製おから、烏賊の塩からと豪華なものである。

R0010337_edited-1_201710101842490c8.jpg
R0010336_edited-1_201710101842487f8.jpg

お造りの盛り合わせも何と豪華なものであろうか!
穴子とかますの炙りに平目に真つぶ貝、甘海老に剣先烏賊!
丁寧な包丁の細工が成さているのだ(^^)

R0010348_edited-1.jpg
R0010353_edited-1_2017101018434063b.jpg

此処へ来ると必ず頼んでしまう出汁巻きに牡蠣フライ!
ヒタヒタのお出汁に漬かる出汁巻きは大将、渾身な逸品でもある♪

R0010343_edited-1_20171010184246c7c.jpg
R0010346_edited-1.jpg

化調感無き鰹出汁ベースの土瓶蒸しは一滴スダチにより味がより引き締まり!
これぞ、秋の味覚(^^)

R0010355_edited-1_20171010184339270.jpg

地鶏の黒こしょう焼き!
長ネギやパプリカと共にオーブンでの一気焼き♪
余分な脂は何処へ行ってしまったのか、丁寧な処理で出される丁寧な仕事がされた逸品だ(^^)

R0010363_edited-1.jpg
R0010360_edited-1_2017101018444456c.jpg

締めは土鍋による栗ご飯!!!
栗を処理するところから調理は始まる。
自家製ぬか漬けのお漬物も美味しそうだ(^^)

R0010364_edited-1.jpg
R0010366_edited-1_20171010184436260.jpg

土鍋ご飯の特権、お焦げが香ばしくそして美味しい~
ご飯はどのような電気釜(表現が古いw)より直火のご飯に敵うものは無いのである。
もちろん我が家もせっせと土鍋ご飯を炊いている訳であり(^^)

R0010371_edited-1_201710101845325ca.jpg

【旬菜 箪ぽぽ、 (たんぽぽ)】

大阪府堺市北区北花田町3丁33-5
072-250-6505
地下鉄御堂筋線北花田駅 徒歩7分程度
北花田駅から446m
営業時間:11:30~14:00 17:30~22:00
定休日:月曜日

名物とうもろこしの天ぷら 北花田の居酒屋「そう家」

2017年 09月04日 21:07 (月)

R0011744_edited-1.jpg

とうもろこしの天ぷら(680円)
何か黄色い物体が運ばれて来たゾ!
中はどうなっているのだろうと向きを変えると...

R0011745_edited-1.jpg

綺麗に筒を除かれた竹輪状のもろこし天ぷらである♪
とうもろこしは今が正に旬、この時期限定のものだろうか、
粒がぷちぷちとしていてカラりとサラっと甘味が溢れて美味しい(^^)

R0011719_edited-1.jpg

北花田の交差点から東へ200m程「そう家」さん。
一応、電話予約をしての初訪問♪
地元住みの方が「美味しいよ~」という事で美味しいならば行っておかなければと(^^)
週末の夜という事もあり店内は満席、予約をしていて良かった~
電話一本で済むのですからね♪
調理は大将、フロアーは奥さんかな、家族経営かな~
皆さん忙しくとも、とても愛想が良く気持ちの良い接客だ。

つい先日、我が家のテレビが故障中という事も有り北花田のアウトレット店へ買いに行く...
電源を入れて1分後にまず切れるという、そしてHDへの録画も出来ない状態。
ニュース以外のテレビはあまり見ないのだが、これではさすがにストレスが溜まって来て、
展示品を衝動買い的にお安く買ったのだ、そして運ばれて設置してくれたのだが、
何故か音声が出ない初期不良の品に当たってしまいそのままお持ち帰りに~
新しい品を後日に持って来てくれるようだ。
展示品だったからなのか、しかし日本の一流メーカー製でもまだ、このような事があるんですな(^^;
なので我が家のテレビはまた1分後に切れるテレビがリビングに鎮座していて
ちょっとイライラしている現状...
叩いたら直らなかったのかな?と昭和な考え方を持つもそれは恥ずかしいので言わずに置いた(笑)

R0011728.jpg

北海道産生本鮪の赤身。

R0011733_edited-1.jpg

天然の岩ガキ~

R0011738_edited-1.jpg

新サンマはお造りで~
海のものが新鮮で美味しく♪
大将の手際の良さが凄い!ありとあらゆる注文を敏速に対応される!
こういった料理人はまず、間違いがない。

R0011741_edited-1.jpg
R0011737_edited-1.jpg

バナナを思わせる香りの日本酒?それは一度飲んでみないと~
「正雪」辛口純米酒、辛口度+5としては端麗純米な辛さは物足りないが
確かにバナナの香りがした(笑)

R0011747_edited-1.jpg

あれば必ず注文してしまう出汁巻き!
ひたひたのお出汁感だが塩分濃度が高く感じられたのは薄口醤油に
頼り過ぎているのが僅かに残念。
塩分は一摘まみの塩で、そして上品な出汁感を効かせて欲しく、
冷めても美味しく、これがワタクシの理想の出汁巻きである。

R0011751_edited-1.jpg

鶏つくね卵黄添え(500円)
まるでミニハンバーグのような大きさのつくねは手作り感たっぷり(^^)

R0011756_edited-1.jpg
R0011758_edited-1.jpg

最後はピリ辛ニラ焼きそば♪
ラーメン屋のトッピングに出て来そうな辛ニラと鰹節と温玉をぐちゃっと混ぜて、
B級的な締めで、あぁ~満足(笑)

R0011753_edited-1.jpg
R0011722_edited-1_20170904193841d5c.jpg

ワタクシ、特出したものがあまり無い居酒屋へはあまり行かないタイプなのだが、
肉が食べたければ焼肉屋か焼鳥屋で、魚が食べたければ寿司屋へ行けばイイのであるが、
色々なものが頂きたい時はイイよね~(笑)

【そう家】

大阪府堺市北区北花田町4-89-63
072-257-7655
営業時間:17:00~24:00
定休日:月曜(要電話確認)