時遊人アッシュの食べ歩き日記

03月 « 2018年04月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 05月

咖喱饂飩たちばな 溺れる美味さのカレーうどん!

2018年 03月08日 08:43 (木)

R0012694_edited-1.jpg

駒川スタミナカレーうどん!
にんにく柚子胡椒入りの駒スタ!
味付け豚肉にチーズ、大盛りネギ、海苔に玉子に今回は激辛仕様で注文♪
グツグツと燃え滾る石鍋の為、繊細な味の分析はどうにも出来ないが
美味いもんは美味いのだ(笑)

R0012696_edited-1.jpg
R0012699_edited-1.jpg

麺は細麺の平打ち仕様、標準での量は結構少な目に感じられるのは
フィニッシュにはメシで〆ろという事か!?
激辛なのだが、まだイケるなと唐辛子を5杯くらいを掛けて自ら追い込む行為へと(笑)

R0012690_edited-1.jpg
R0012691_edited-1.jpg

メニューと食べ方表(笑)

R0012701_edited-1.jpg
R0012703_edited-1.jpg

フィニッシュは100円ライスを注文、そしてドボンと投入(笑)
梅のお漬物とカレーライスがこれ程までに合うとは♪

あぁ~美味しい~(^^)/

R0012683_edited-1.jpg
R0012686_edited-1.jpg

此処は確かに中毒性があります(笑)

【カレーうどん たちばな】

大阪府大阪市住吉区長居東3-7-5 マンション入福 1F
06-6654-6252
営業時間:11:15~21:00(L.O.20:45)
定休日:火曜日(火曜日祝日営業、翌日休業致します)
スポンサーサイト

うどん屋麺之助 名物ごぼう天うどん

2018年 02月12日 21:55 (月)

R0012477_edited-1.jpg

肉ごぼう天うどん(940円)
掌サイズを大きく超える大きなごぼう天!
網目状な天ぷらはカリっとサクっと見事に揚げられているぞ♪

R0012499_edited-1.jpg

福岡の名物うどん、ごぼう天うどんを一度、頂いてみたく検索すると
千日前通りのこの店がHITする...
国立文楽劇場の真横にあるお店、店の前を車で通る度に
此処はあぁ~うどん屋さんが在るなと記憶はしていたが、
さらっと流していた自分が恥ずかしい。
外観にそれ程、惹かれなかったのが原因である(笑)

寒い寒い休日のこの日、車で日本橋まで到着、昼はうどんで決まり!
さぁ夜はどうしよう?家で温かいキムチ鍋にしようと
黒門市場の西入り口に韓国キムチ屋さんが在った事を思い出して買い出し♪
毎日でも買い出ししたいとても綺麗なお姉さんが居られるお店でw
白菜キムチと冷蔵庫から生マッコリーもあるよ!で購入(共に600円)
出汁のレシピなどを教えてもらいお豆腐や薄揚げ、野菜やキノコも入れたいよね~
こういった時にスーパーのお豆腐では済まないのが我が家である(笑)
駒川商店街に手作り豆腐のお店が在るのを思い出しまたまた買い出し~
手作りの味を求めてワタクシの休日はあっという間に過ぎて行く...
これもどうかと思ってはいるのだが(笑)

R0012470_edited-1.jpg
R0012473_edited-1.jpg
R0012471_edited-1.jpg

北九州の小倉南区でうどん麺を愛する人たちによって作られた
「津田屋流 豊前裏打会」に加盟されているお店。
修業を得て拘りを持たれたお店にしか与えられない称号だとかどうとか...
まぁ美味しければそれで良い派のワタクシ(笑)

R0012486_edited-1.jpg
R0012484_edited-1.jpg

高級卵である事が一目で分かる卵かけご飯!
濃厚な黄身、休日朝に卵を珍しく食べなかったのもあり、こりゃ相当に美味い♪
「かしわのおにぎり」何というそそられてしまうメニューであろうか!

R0012488_edited-1.jpg
R0012480_edited-1.jpg
R0012489_edited-1.jpg
R0012475_edited-1.jpg

麺は透明感ある細麺、しっかりとコシした喉越しと讃岐程では無き茹で加減。
僅かなささくれは汁物によるものであろうか。
和牛肉の旨味とごぼう天の衣が汁へ溶け出して中々にヘビーなうどんと化す(笑)
チョイと甘めな出汁は「超激辛一味 黄金」をかなりな量を振り掛けて~
出汁にメリハリがある美味さあり(^^)/
だが牛蒡の香り食感、和牛肉の旨味ありなお出汁だが大き過ぎるごぼう天の衣が
汁へ溶けだして後半は脂っぽく感じられ過ぎたのも事実。

R0012493_edited-1.jpg
R0012494_edited-1.jpg

初めて頂きました福岡名物「ごぼう天うどん」
食べ歩きはこうして気になっていたものを一つ一つ体験出来る幸せがありますな~
まだまだ知らない美味しい食べ物がいっぱいあります!
このブログはいつ、終われる事が出来るのだろう?(笑)

R0012497_edited-1.jpg

【うどん屋麺之介 大阪店】

大阪府大阪市中央区高津2-8-10
06-6484-6510
営業時間:11:30~15:00(LO14:30) 18:00~22:30(LO22:00)
定休日:月曜(祝日の場合は営業、翌火曜休)

うどん優心 全粒粉のうどん麺

2018年 02月07日 21:36 (水)

R0012383_edited-1.jpg

全粒粉を配合されたうどん麺。
お昼営業最終時間近くに伺ったので少々のささくれのある麺だが許容範囲♪
打ち立て熟成、切り立て、湯がき立てを求める讃岐人ではないので(笑)
そう思うとうどん麺は時間との勝負なところがありますな。
小麦による香り豊かでしなやかコシ、決して剛麺ではなく大阪人にも受け入れられやすい
喉越し感が楽しめるうどん麺でもあります。

R0012373_edited-1.jpg
R0012388_edited-1.jpg

うどんを注文すると、おばんざい的なビュッフェメニューが取り放題♪
フレッシュサラダや自家製豆腐などなど~お豆腐が美味しい(^^)/

R0012384_edited-1.jpg
R0012386_edited-1.jpg

豚鶏パイタンつけうどん。
豚バラ肉と玉葱が浮かぶつけ汁だが、ぬるい、ぬる過ぎる!
ラーメン的つけ麺の要素はあり麺は美味しいのだが、ぬるいつけ汁は頂けない。
和出汁と動物系の出汁で割られたものであるが、半端感が否めない。
完璧を求められるならばどちらかに偏っても良いのでは無いかと感じる。
某有名ラーメン店でスープにおいて修業をされたと聞いたが味に迷いがありますね。
どちらを主張したいのか?色んな要素を取り入れようと過ぎてはいないか?

R0012378_edited-1.jpg
R0012381_edited-1.jpg

出汁釜玉。
出汁と玉子、このようなシンプルな味の方がずっと美味しい(^^)/

R0012370_edited-1.jpg
R0012371_edited-1.jpg
R0012372_edited-1.jpg

ざっとメニュー撮り。
まだまだ発展途上、こういうお店は大化けする可能性がとても高いのだ。
此処は「からだに優しい味」のような謳い文句のような店であるが...
そんなん、当たり前やんっ!て店の方が好きだ。

R0012390_edited-2.jpg

【優心 (ユウシン)】

大阪府大阪市東住吉区杭全5-13-29
06-6719-8766
業時間:月・水・木・金曜日・祝日11:30~14:30(L.o)
土・日11:30~14:30(L.O) 17:30~20:00(L.O)
定休日:火曜日(祝日は営業)

おせちに飽きたらカレーうどん げんき家

2018年 01月05日 18:39 (金)

R0011844_edited-1_20180104194350c57.jpg

特製元気が出るカレーうどん(1200円)
全部乗せの結構、凄い奴(笑)
残りのおせち料理も食べ尽くし、う~ん何が食べたい?と自分に問いかけると、
やはりスパイスだなと検索するもお正月は「食べログ」の営業時間等も読めないのだ。
電話で営業を確認するも打率1割未満の世界で何とかHITしたお店が「げんき家」さん♪
ルンルン!と店へ向かう(^^)/

R0011852_edited-1_20180104194404014.jpg

堺市安井町交差点の北西角すぐにあるお店。

R0011841_edited-1_2018010419430802f.jpg

麦茶に冷水、唐辛子に爪楊枝、テーブル下にはティッシュもあり、脇役は揃った(笑)

R0011846_edited-1_201801041943492b4.jpg
R0011848_edited-1.jpg

特製のトッピングは海老天、牛肉、きつね、生卵と中々に豪華な仕様だ!
透明感のある細麺と侮るなかれ!
小麦の香りとコシ、ちゅるちゅると喉を超えやすい美味さ有り(^^)/
写真が済んだらマイルドな出汁カレーは一味唐辛子を山盛り3杯掛けて激辛仕様で♪
此処の唐辛子は韓国産かな、かなり辛い、でも美味しい~(笑)

R0011838_edited-1.jpg
R0011840_edited-1_20180104194308616.jpg
R0011839_edited-1.jpg

メニュー。
テーブル中央で鍋を楽しんでおられた一行がおられたのだが、あれはいったい
どういったメニューなのでしょう!?
人の食べておられる品は美味しそうに見えてしまうので(笑)

R0011853_edited-1.jpg
R0011851_edited-1.jpg

すぐお隣が30分100円の良心的なコインパーキング、
カレーうどん後に白ごはんを頼みダイブINするかで相当に迷い...
最後まで生卵は崩さず卵カレーライス仕様にと大事に置いておいたのだが、
W炭水化物となっても良いのかとまた自分に問いかける(笑)
ここは我慢だ!と今年は年初から大人の対応が出来たようで駐車料金も100円で無事出庫(^^)/

【げんき家 (げんきや)】

大阪府堺市堺区大町東4-2-37
072-222-2391
営業時間:11:30~15:00 18:00~24:00              
定休日:水曜日

咖喱饂飩たちばな 美味し過ぎる豚カツ石鍋カレーうどん

2018年 01月01日 18:30 (月)

R0011755_edited-1_201801011658270b5.jpg

明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い致します、希少な読者様(笑)
年末は仕事が忙しく自分自身に余裕が無くなり...
もうこのまま辞めちゃおうか!?などと思う事もあり、
しかし美味しいものを頂いてしまうと長年の習慣で、
どうしてもUPしたくなってしまいます。
いつかは終えるブログですがもう少々、お付き合いくださいm(__)m

かつカレーうどん(1000円)
ぐつぐつと燃えたぎる石鍋スープ!!
来た!!使い捨ての前掛けを首から掛けいざ♪
しかしこの熱さは幾ら何でも直接は無理!
って事で小鉢へ移し恥ずかしながらも子供ような頂き方で最初は頂く訳で~
それにしてもこりゃ美味いわ(^^)/

R0011771_edited-1_201712312136516bf.jpg

咖喱饂飩たちばな
去年の9月後半に駒川商店街から長居へ移転されたようで
新店舗は初訪問♪
直ぐ側に在るライフの駐車場が5百円以上の買い物で90分無料なのでこれは利用したい(笑)

R0011749_edited-1.jpg
R0011750_edited-1.jpg
R0011751_edited-1_20171231213340c40.jpg

メニュー。
旧店舗はカウンター席のすぐ後ろが壁!な状態で擦れ違う事も出来ない狭い店舗だったが、
新店舗は厨房を囲むコの字型カウンターメインで荷物置き場もあり
ゆったりとした気持ちで食事が出来る環境化と成り♪

R0011753_edited-1_20180101165828067.jpg
R0011758_edited-1_20171231213434b36.jpg

平打ちの麺は柔らかめな茹で加減でこれがカレー出汁と絡み合い、
パンチ力は少なくともお出汁の美味さで麺&締めのご飯までとても美味しく
フィニッシュを迎える事が出来るのではなかろうか♪
辛さが足りない場合はワタクシのように唐辛子を5杯程足せばおのずと額から
汗が吹き出て来るであろう(笑)

R0011761_edited-1.jpg

このバラ肉のカツはニンニク&柚子胡椒の効いた何とも病みつきになる味で、
そこへ溶けるチーズとネギがトッピングされ何とも美味いのだ(^^)/

R0011764_edited-1.jpg
R0011766_edited-1_201712312134316e5.jpg
R0011768_edited-1_20171231213653d2d.jpg

麺を平らげてライスを注文、添えられる梅鰹のお漬物がオンザ・ライスと合う合う♪
これがとっても美味しく店を出た瞬間に次はいつ来よう?
と日にちを調整している自分に気が付いた(笑)

R0011769_edited-1_20171231213652f7b.jpg
R0011770_edited-1_20180101182455134.jpg

表の看板に1日に2回食べに来た人が8人いるとか!?
気持ちはとても分かる程に美味しかったのだ(^^)/

【カレーうどん たちばな】

大阪府大阪市住吉区長居東3-7-5 マンション入福 1F
06-6654-6252
営業時間:11:15~21:00(L.O.20:45)
定休日:火曜日(火曜日祝日営業、翌日休業致します)