時遊人アッシュの食べ歩き日記

08月 « 2017年09月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 10月

攻める本気のカレーうどん 釜揚げうどん一紀

2017年 08月18日 20:06 (金)

R0011517_edited-1.jpg

1日10食限定、本気のカレーうどん並(980円)
乗せられるトッピングは全て乗っているのでは無いかと思われる豪華なカレーうどん!
天ぷらは鶏天2つ茄子に南京、海老天に和牛肉。
メインは鶏、竹輪、玉子から選択、肉食モードのワタクシは鶏肉を選択♪
薄揚げたっぷり、笹切り状の瑞々しいお葱がまた良いではないか!
このお店へはオープン当初から何度か伺っているが、
当時から変わらぬ店主の愛想の良さはやはりお客を惹きつけるものがあるのだろう。

R0011508_edited-1.jpg
R0011510_edited-1.jpg

ざっとメニュー!

R0011512_edited-1.jpg
R0011515_edited-1.jpg

釜揚げうどん屋さんにはよくあるお出汁を取られた後の
昆布と鰹の佃煮を小皿に移し摘まみながら~(^^)

R0011522_edited-1.jpg
R0011523_edited-1.jpg

攻めて来るカレーうどん!!!!
和出汁が効いているなどとか全く関係なくスパイス感と超濃厚なルーで攻めて来るカレーであり、
片栗粉の膜が熱さを持続させド肝を抜かれるド、カレー感があり!(笑)

R0011526_edited-1.jpg

麺は正に小麦粉の凝縮、何という濃密度であろうか。
一言で言ってしまうと「重い麺」。
歯で噛みきるとグニュっと重みまでもが伝わってくる小麦の超濃度!
攻めてきますな~(笑)
お箸で何本か麺を掴んでいますけど、実は1本づつしか無理!
な程に重みある剛麺であり、これは実に実に美味しいものだ(^^)

R0011529_edited-1.jpg

お茶碗に一口分のご飯を残して至福の一口カレーライス~
貧乏くさっ!でも美味しいの(笑)

R0011507_edited-1.jpg

進化を続けるうどん屋、釜揚げうどん一紀。
次回の訪問が楽しみだ(^^)

【釜揚うどん一紀】

大阪府大阪市西成区南開1-6-10
06-6568-1919
営業時間:月.火.木.金.土 11:00~14:00,18:00~21:00(L.O.20:30)
日曜日: 7:30~10:00(L.O.09:45),11:00~14:00
定休日:水曜日 (祝日も含みます)
スポンサーサイト

古き良き昭和の粉浜商店街  麺屋 爽月

2017年 08月10日 20:15 (木)

R0011137_edited-1.jpg

生醤油うどんとかやくご飯。
久しぶりに住吉さんのお膝元、粉浜商店街をうろうろしてみようかなと♪
この商店街もまた昭和の面影を残すレトロな商店街だ。
練り物屋さんでは関西夏限定の「あんぺい」なる蒲鉾状の代物、
手作り感たっぷり、久しぶりに見た水の中で泳ぐお豆腐屋さん、
おばあちゃんのお漬物屋さんに、いったい誰が着るの?という昭和のモンペなどが
今でも普通に売られている洋服屋さん、ワタクシ的に中々に楽しい商店街である。
関西には中々出回らない伊賀牛を扱う「うしや」さんでも、また買い物をしてしまい、
もう持てない!な状況下で粉浜商店街を後にした次第だ(笑)

R0011140_edited-1.jpg

麺屋 爽月。
お昼はうどん、夜はお蕎麦との形態を持たれたお店。
ワタクシは2度目の訪問。

R0011130_edited-1.jpg

肉食系の奥さんは親子丼セット。

R0011134_edited-1.jpg

草食系のワタクシは生醤油うどん(笑)
小麦粉のストレートな風味が直に感じられる香りと伸びのある程良きコシ!
パツンと噛み切れる潔さと優しき喉越し感あり。
そして食べ進むにつれ何故か飽きない美味さもあり。
食べている最中も「これは不思議なうどんだな~」などと楽しく思いながら(^^)

R0011135_edited-1.jpg

かやくご飯の文字を見付けちゃうと、ついつい頼んでしまう派でもあり♪
大阪らしくチョイと甘めな味付け、砂糖の甘さよりお出汁の風味を効かせて欲しい。
なれば、もっとお上品なお味になるのに~などと勝手な事を思いつつ(笑)

R0011116_edited-1.jpg
R0011117_edited-1.jpg

メニュー。
コチラで一度、夜の手打ち蕎麦と日本酒を頂いてみたいが、
夜にこの場所へ電車で来る機会はまず無いので一生、無理かもしれない。
どうせならば蕎麦は昼間に粋に頂きたい派なので(笑)

R0011138_edited-1.jpg

【爽月 (そうげつ)】

大阪府大阪市住之江区粉浜2-11-3
06-6606-8092
営業時間:11:30~15:00(L.O.14:30)(饂飩)17:30~21:00(L.O.20:30)(蕎麦)
定休日:木曜日

上方うどん 布(ぬの) 日本一腰の低い接客のうどん屋さん

2017年 07月25日 17:59 (火)

R0011046_edited-1.jpg

上方うどん布さんでお昼ご飯♪
相変わらず、一見では入りにくそう~な外観である。
この、ごちゃごちゃした外観の原因に自販機の色が派手、天辺のたばことコカコーラの看板も派手。
上方うどん、そばの看板が煤けてよく分からない等の原因で煙草屋のようなよろず屋のような~
ワタクシも初めて訪問した時はドキドキ緊張したのだが(その緊張感が好きなのw)
外観に臆する事無く勇気を持って入ってみましょう(笑)
車止めに勝手に取り付けた登り旗も市内中心部ならば注意されるかも?
でも此処は大阪住吉区の下町なので、それは許されてしまうのである(本当か?w)

R0011044_edited-2.jpg

メニュー。
うどん、そば、丼、定食はもちろんの事、居酒屋的一品物も充実。
外観に準じて店内もごちゃごちゃしている(笑)
猫の置物と写真がべたべたと張られているのだ♪
店へ入ると満席である、お一人様は相席になる事が多く目の前で食べていたお兄さんの
鶏から揚げ定食が美味しそうだったのでそれを注文。

店のお母さんは相変わらずの腰の低い接客で...
「すいませんね~こんな店に来ていただいて~」
「すいませんね~店内が暗くて~」
「すいませんね~店が狭くて~」
フロアーのお母さんだけではなく、厨房からはお父さんの声も...
「すいませんね~お待たせしました~」
「すいませんね~ありがとうございます~」
ワタクシのような若輩者には勿体ないお言葉。

R0011036_edited-1.jpg

からあげ定食(700円)
うどんか蕎麦を(温、冷)で選択出来、うどん(冷)で注文。

R0011037_edited-1.jpg

どどん!と唐揚げ!!!
荒塩がすでに振られており食べきれるかな~と懸念するも美味しくて美味しくて、
ペロリと食べちゃいました(^^)/
暖簾の隙間から厨房のお父さんの仕事っぷりを拝見、手際の良さは正に職人仕事だ♪

R0011038_edited-1_2017072516191366d.jpg
R0011040_edited-1.jpg

ぶっかけうどんになるのかな、しっかりと1人前仕様。
以前に、この店の名物みぞれぶっかけを頂いた時にも感じられたのだが、
此処のかつお節が削り立てで風味&香りがとっても良いのだ♪
生姜もしっかり卸し生姜、透明感のあるうどん麺は程良きコシと喉越し感が味わえる(^^)/

R0011039_edited-1.jpg

胡瓜の古浸けと沢庵、昆布の佃煮の素朴感あるお漬物。
「すいませんね~ご飯が足らなかったら言うてくださいね~」
どこまでも、いつまでも、この接客が続くのだ。
もちろんワタクシにだけ言っておられる訳では無く、全てお客さんにこの低姿勢の接客!
ご夫婦共にご高齢なので、こういった店へは行きたいと思った時に
必ず行っておかなけらばならない店でもあるのだ。

【上方うどん 布(ぬの)】

大阪市住吉区南住吉3-4-24
06-6694-9294
営業時間:未確認
定休日:未確認

うどん亭 たからや 知らなかったデフォde500gのぶっかけうどん

2017年 06月29日 21:57 (木)

R0010456_edited-1.jpg

竹玉天ぶっかけ!
近頃は竹輪がマイブーム♪ハマっちゃうと、とことんいっちゃうタイプなので...
大人なのでバランス良くありたいがw
それにしてもこの麺の多さは何?
メニューをよ~く見てみると冷やし系うどんの量は500gとあるではないか!
もう注文しちゃってるし~頑張ろう、おう!(笑)

R0010444_edited-1.jpg

うどん亭たからや。
場所は八尾市になるのかな、大和川のすぐ北側。
駅でいうと谷町線の南の最終駅八尾南駅、今回で2度目の訪問。
家族経営的な思いが蘇るも、正にそう通りであった(笑)

リビングのソファを買い換えようと休みの日には家具屋さんを巡る週末が続いている。
八尾市は何故か家具屋さんが多いイメージがあり大阪最大級の家具屋さんへと。
ソファの数だけでも百種類以上は揃っているのではなかろうか!
「やおもく」か「ドンキホーテ」かと思うぐらいに店内では迷子となってしまいそうな空間w
好みのデザインのソファへどん!と座ってみるも中々に好みの座り心地あるものに出会えない。
家でソファへ座る事は余り無いんですけど(無いんかいっ!w)
これは、ボチボチと探してゆく事にしましょう。

R0010448_edited-1_20170628201723a92.jpg
R0010449_edited-1.jpg

メニュー。

R0010471_edited-1_201706282018486e5.jpg

お子さまのおうどん!
赤ちゃんうどんは何と無料!!
なので、個人のうどん専門店なのに家族連れが多い店でもあり♪

R0010461_edited-1_201706282018508a5.jpg
R0010465_edited-1.jpg

讃岐系うどんとしてはチョイと細めのエッジのある麺は適度な伸びと歯応え感、
甘めに感じられたのはつゆのせいかもしれない。
大釜で泳がすような茹で方なのかな、大きな網で掬われる美味しいうどん(^^)/

R0010469_edited-1.jpg

奥さんはカレーうどん、和の出汁が前面に出ているこれまた美味しい(^^)/

R0010458_edited-1.jpg
R0010454_edited-1.jpg

500gの麺量とは知らずに注文してしまった舞茸天ぷらのトッピングもまた大きく(笑)

R0010445_edited-1_2017062820172586a.jpg

【たからや】

大阪府八尾市若林町3-104-7
072-949-8139
大阪市営地下鉄谷町線「八尾南」駅より、徒歩6分
営業時間:11:00~14:30(L.O.)17:30~20:15(L.O.)
定休日:第1第3日曜・水曜夜の部

絶品ひやひやイリコ出汁 自家製うどん和匠

2017年 06月17日 19:10 (土)

R0010255_edited-1.jpg

雑味感全く無し!ひやひやの絶品いりこ出汁。
出汁は地方により様々な取り方があるのだが関西は主に鰹と昆布。
いりこにおけるうどん出汁主に四国地方で用いられる出汁の取り方だが、
いりこは下処理が出来ていなけらば雑味が出やすいものとされており、
煮出しや水出し法など本当に調理の仕方は様々だ。
此処では、いりこ出汁に真昆布と鰹出汁をブレンドされているが
いりこの個性はやはり強くありながらも上手く関西に馴染んでいる。
これ程のうどんが頂けるなんて思ってもいなかった(^^)/

R0010232_edited-1.jpg

天王寺区にある自家製うどん 和匠。
いつか行きたいなと、もちろんアンテナを張っていた店でもあり♪
日曜日がお休みなのでどうしても敷居が高くて~

R0010249_edited-1.jpg

朝ご飯に食パン半分とキウイしか食べなかった奥さんは豪勢にひやひや天ぷら盛り!

R0010251_edited-1.jpg

朝ご飯にお茶碗2杯分の麦ご飯を頂いたワタクシは、ひやひや1.5玉のちく玉!

R0010247_edited-1.jpg

しっかりとお出汁の効いた、かやくご飯は二人でシェア♪

R0010259_edited-1.jpg

この、うどん...見た目は剛麺なのかな~なんてすすると...
うどんは飲み物デス!と思わず言ってしまいそうな、
表面のしなやかさ、すべらかなコシと弾力感、ワタクシ本当に美味いうどんに出会ってしまうと
ほとんど噛まずに呑んでしまいまうのだ(笑)
こりゃ美味い!夢中でずるずると薬味を入れる事さえ忘れてうどんを呑んでしまう(^^)/

R0010256_edited-1.jpg
R0010266_edited-1.jpg

そして、竹輪が実に美味しい~!これ関西の竹輪じゃないよね~
玉子天も塩なんていらん!的に美味しい~(^^)/

R0010267_edited-1.jpg

「海老と夢は大きい方が良い!」を謳っているワタクシだが、この値でこの海老は
十分に満足出来る(笑)
油の質も問題なく美味しく頂けた海老天である。

R0010241_edited-1.jpg
R0010242_edited-1.jpg

メニュー。まぁ色々とあるのだが...
「冷かけ通年、販売します」~だって!!!!!
関西では夏場にしか頂けない事が多い冷かけであるが、
この美味しい冷なお出汁とうどんのコンビが1年中、頂けるなんて~
心が躍ってしまった程に再訪問は近い♪
ワタクシ的に今年度NO.1のうどんでしたな(^^)/

R0010269_edited-1.jpg

【うどん和匠】

大阪府大阪市天王寺区北河堀町2-10
06-7173-8850
営業時間:11:30~15:00(L.O.14:30) 18:00~21:00(L.O.20:30)
定休日:日曜&不定休