時遊人アッシュの食べ歩き日記

09月 « 2017年10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 11月

アクアパッツァの美味しい堺のイタリアン Bitte

2017年 09月01日 21:33 (金)

R0011703_edited-1.jpg

魚介類たっぷりのアクアパッツァ!
彩り美しくムール貝やアサリ貝もた~ぷり、蒸された鯛もドーンと男前な量で、
これは食べ応えがありそうな訳は大盛りで頼んでしまったの...
この量が出て来た瞬間、やってしまった!と思ってしまった(笑)

R0011717_edited-1.jpg

イタリアン Bitte
店前にはオリーブの木が植えられていて実際にオリーブがなっていた♪
堺熱盛り蕎麦の名店「よし井」さんへ訪れる度に気になっていたイタリアンでもある。
気になっていたならば一度は頂いておかなければとランチ訪問w
ランチメニューのパスタ アクアパッツァとマルゲリータピザのランチを注文。

R0011695_edited-1.jpg

前菜はグリーンサラダと一品多数!
彩り良く盛り付けも綺麗、味も文句なし!

R0011699_edited-1.jpg

そしてマルゲリータに落胆する(笑)
モッツァレラのチーズは良いが生地は全く美味しくない。
マルゲリータにソーセージのトッピングは如何なものか、
全ては添加物だらけのソーセージのせいであろう宅配ピザのような匂いと味がした。
マルゲリータと名乗るならば値を上げても生地は自家製で生ハムは乗せて欲しい。

R0011705_edited-1.jpg
R0011707_edited-1.jpg

パスタ アクアパッツァ!
魚介類は臭みも無く彩り豪華なものだが、如何せんこの生パスタが全くイケていない。
自家製麺では無く生パスタ麺という売りなのか?
しかし、このパスタ麺はまるで伸びたカップヌードルのような麺だ。
既製の味しかしない、小麦粉の旨味をも感じられない。
美味しい乾麺の方がずっとマシだなと感じるのだが、どうだろう。
ランチだったから、このような品質のパスタだったのかは分からぬが。

R0011709_edited-1.jpg
R0011713_edited-1.jpg

前菜とデザートは美味しかったがランチ時にはメインに力を入れられていないのかな。
イタリアンのお店でパスタ麺がダメなのは致命的。
フロアー担当のとても笑顔の美しい女性の心ある接客でキュンと成ってはしまったが、
インスタなどのSNSへの投稿を勧めてくれるのだが、さすがにこの味では上げれない!
ってブログに上げてるじゃんw

堺を愛する者として盛り上げたいのだが...
辛口の記事となってしまったが嘘は書けないの(笑)
もう少し頑張って欲しい(^^)

【Bitte】

大阪府堺市堺区市之町西1-1-6
050-5594-1216
営業時間:【火曜日】ディナー 17:30~23:00(LO 22:00)
【水~土、祝前日】ランチ 11:30~14:30(LO 13:30)ディナー 17:30~23:00(LO 22:00)
【日曜日・祝日】ランチ 11:30~14:30(LO 13:30)ディナー 17:30~22:00(LO 21:00)
定休日:月曜日・第2第4日曜のディナー
スポンサーサイト

魅惑のサマートリュフ 麺匠 パスタバカ一代

2017年 08月25日 19:57 (金)

R0011550_edited-1.jpg

ワタクシはこのトリュフという世界3大珍味にぞっこんである!
何とも色気のある香りと魅惑的、悩まし気な女性のような品ある香り。
この時期はサマートリュフなので香りは冬場の白トリュフ程の強烈な香りは少ないが、
香りは少なくとも何とも魅惑的であり魅了する。

R0011533_edited-1.jpg
R0011534_edited-1.jpg

メニュー。
麺匠 パスタバカ一代。
自家製パスタ麺が頂けるお店のようで店主は北新地のビストロシャンパーニュ出身だとか。
ならば相当な期待が持てる訳は何度か店主のパスタを食べている訳で♪
予約をせずに来てしまい電話番号を書いてしばらく外で待つ事になるのだが、
何しろこの暑さだ、すぐ近くのミニストップで季節限定巨峰ソフトクリームなどを買ってみるが
無理やりに巨峰の香りを付けられたような味と色でやはりこんな物かと落胆(笑)

R0011541_edited-1.jpg

前菜の盛り合わせ。
南瓜の冷製スープに玉葱のキッシュ、何という名のハムだっけ?とチーズの掛かるサラダと(笑)

R0011544_edited-1.jpg
R0011548_edited-1.jpg

穴子と万願寺唐辛子のアラビアータ花山椒。
エッジのある生パスタ、乾麺ではない独特の食感が楽しい。
パスタに山椒を合わせて来る独創性。

R0011552_edited-1.jpg
R0011555_edited-1.jpg

そしてサマートリュフのカルボナーラ!
ワインをどうしても合わせたかったが車だったので...残念無念!
シャンパーニュがラッパ呑み出来そうな美味しさでした(笑)

R0011546_edited-1.jpg
R0011558_edited-1.jpg

しっとり自家製フォカッチャはバジル味、珈琲はまぁまぁかな~w

R0011532_edited-1.jpg
R0011564_edited-1.jpg

西区新町のランチ激戦区、相当にレベルの高いパスタ料理が味わえる。
だが、この店名はどうよ?って感じする(笑)
フロアー担当の超美人のお姉さん、何処かでお見掛けした事があるよな~
北新地ビストロシャンパニュかな~などとモヤモヤしながら店を後にする(^^)
訪問時は電話予約を確実に!!!

しかし、この辺りの駐車料金はとても高い、2時間で1600円ってどうよ?(笑)

R0001328_edited-1_201708251921394ba.jpg
R0001299_edited-1_201708251921370f1.jpg

昼はパスタで済んだが夜はどうしようかと....
松屋町の「たこ竹」に寄り大阪箱寿しをお持ち帰りで♪
実家の母にも持って行こう~2人前よろしく~10分くらいで出来ま~す。
鯖寿司はいつからですか?う~ん、11月くらいですかね~と言った会話♪
此処の押し寿司は本当に堪らなく素朴で美味しいのだ(^^)

【麺匠 パスタバカ一代】

大阪府大阪市西区新町1-2-8
06-6538-1025
営業時間:11:30~15:00(L.O)17:00~20:30(L.O)
定休日:不定休

私的最上級のコルチョーネ・ピッツア ガレリア富田林

2017年 03月14日 17:44 (火)

R0000498_edited-1_20170313171652bf1.jpg

パリっと焼かれた空気をたっぷりと含むコルチョーネ!
表面は香ばしく中の生地には繊細な膨らみと伸びそして小麦の甘さあり♪
小麦は北海道産はるゆたかを使われた何とも自然な甘さの小麦であろうか。
もの凄いピッツアに出会ってしまった(^^)/

R0000508_edited-1_20170313171744a87.jpg

ガレリア 富田林。
つい先日、TVで「LIFE~夢のカタチ」なる番組を見ていて...福島区のお店が紹介されていた。
此処は行ってみたい!と成り、福島より近い富田林店へと♪
バジルなどの野菜は店の2階で自家栽培をされている拘りよう。
ワタクシ、実は固形のチーズは苦手で食べられないのだが、
焼いて溶けるとこれが大の好物となる変わった食志向でもあるのだ(笑)

場所は富田林の309号線沿いからチョイと東へ上がった所。
店はエコールロゼなるイオン系ショッピング・モールの北側に位置する。
コインパーキングが周りに見当たらなく仕方なくイオンの駐車場へと車を入れて...
帰りに何か買い物をすればイイっかな~しかし平面の駐車場は駐車券システムなどは無かったのだ。
う~ん、さすが郊外、緩い(笑)
しかしちゃんと買い物をして出ましたよ~(^^)/

R0000473_edited-1_20170313171417404.jpg

このお店、珍しい前金システムなんですよー!
好みのピッツアと前菜、ドリンク&デザートもスタンダード以外は課金されてゆくシステム。
中々に商売上手ですな(笑)

R0000488_edited-1_20170313171545753.jpg

パルマ産の生ハムと季節のフルーツサラダ。
生ハムたっぷり、多種多様な生野菜に林檎やオリーブ、ズッキーニやトマト、いんげん豆等...
見て食べて美味しい、味付けの薄さは野菜への自信であろうか!

R0000490_edited-1.jpg
R0000494_edited-1_20170313171542228.jpg

鹿児島産黒豚の自家製ソーセージと焼き野菜。
ワタクシがソーセージが大好きで自家製と成ればいくら値が掛かっても頼んでしまう(笑)
バジルの風味が効いた肉々しい脂が滴るタイプの実に美味きソーセージである。
一般市販されているようなソーセージの塩分濃度は無く、肉の味でこれは勝負されている!
いつか自分でも作ってみようと企んでいるのだが羊の腸が手に入らないの(笑)

R0000496_edited-1_2017031317165314f.jpg

さてさて、マルゲリータ!
コルチョーネに覆われる形のマルゲリータのトマトソースはオリーブオイルをたっぷりと
含まれてチーズとバジルはまるで浮かんでいるような形態。
トマトソースにおけるオリーブ・オイルが多めなので飛び跳ねには注意が必要だ(笑)
それにしても、この生地の美味さは特上の美味さである。

R0000502_edited-1_20170313171747499.jpg
R0000501_edited-1_201703131717487ea.jpg

キノコのビアンカ♪
モッツァレラ・グラナパダーノ、きのこたっぷりのピッツァ!
荒引の黒胡椒がアクセントと成り、数種のたっぷりなキノコ類♪
素材に相当な自信が有るのでしょう。黒胡椒がたっぷりと掛かるも味付けは薄味であり、
数種の生キノコの美味さを生かす味わいでもあり、これが実に美味しい(^^)/

R0000505_edited-1_20170313171745400.jpg

デザートはイタリア・シチリアの伝統菓子カンノーリとイチゴの自家製ジェラートで締め。

R0000480_edited-1_20170313171455e1b.jpg
R0000475_edited-1_20170313171416c5c.jpg

店側のオペレーション&接客はかなりしっかりとされている印象♪
待ち人に対するシステムも心得たもの。
よく人気のラーメン屋などで一人が並んでいてその仲間が後でその方に合流し、
実質的な割り込みとなり後ろで並ばれている方が悔しい思いをされるのを防ぐ意味でも
このような店側の対応は素晴らしく思う(^^)/

R0000471_edited-1_20170313171419da2.jpg
R0000472_edited-1_20170313171419cb4.jpg
R0000477_edited-1_20170313171415417.jpg

メニュー。
ピッツァの種類は10種を超え、ドリンクと前菜、デザートも数種から選び放題だが課金されるシステム(笑)
お会計は二人で4800円、ランチとしては少々、お高めだが交通の便の悪さが幸いして
ワインをボトルで開けられなくてそれは良かったかな(笑)

R0000512_edited-1_201703131718121a5.jpg

駐車場からPLの塔がそびえ立つのが見える。
そういえば大昔、PLランドなる遊園地が在りましたな~行った事は無いのですけど。
PLの塔は今でも富田林のランドマークですね(^^)/

【ガレリア 富田林】

大阪府富田林市向陽台2-2-7
0721-28-3828
営業時間:11:00~14:30(L.O 14:00) 17:30~21:00(L.O 20:00)
定休日:火曜日

浅香山駅のイタリアン バルハチゴー

2017年 02月08日 19:30 (水)

R0000018.jpg

茹で汁で乳化されたオイル系のペペロンチーノはワタクシの好物だ♪
トマトソースやクリームソースでは味わえない食材の美味さを直に感じ取れるからだ。
要は刺激系な唐辛子とニンニクの組み合わせが好みなのかも(笑)
ふわっと香るニンニクの香りがそそられる水菜とシラスのペペロンチーノ(^^)/

R0000025_edited-1.jpg

バルハチゴー
南海高野線の浅香山駅から西へ徒歩1分程の場所。
この駅はかなり地味な印象を持っていたが近年、関大の堺キャンパスが出来たようで
平日の昼間は賑わっているのかもしれない♪
すぐ近くには和菓子処の老舗「末吉堂」さんがあり、
何度かお饅頭を買い求めているのだが、この末吉堂の菓子は昔ながらの素朴な味で
大福餅などが今時、80数円で売られていて、とにかくお安いのだ!
「お父さんが値上げしませんねん」とは接客担当の女将さんのお言葉(笑)
この日は食後にお赤飯を1パック(250円)だけ買い求めた午後の出来事(^^)/

R0000006_edited-1.jpg
R0000005_edited-1.jpg
R0000011_edited-1_20170207193522a07.jpg

白菜のサラダに自家製のフォカッチャ、ポタージュの温スープ♪
フォカッチャが特に美味(^^)/

R0000012.jpg

アラビアータは生パスタのようで乾燥茹でパスタとはまた違った食感が味わえる♪
トマトピューレの酸化による円やかな唐辛子&ニンニク風味。

R0000019.jpg

ペペロンチーノは乾麺、だからか幾分、量も多めであった♪
本格的なパスタはワタクシも何度かチャレンジするも未だに満足出来たものは無し...
イタリアンのお店で頂く簡単そうに調理をされている姿に何度、だまされたか(笑)
実は奥が深いのよね(^^)/

R0000022_edited-1_20170207193657472.jpg

千円ランチのデザートは自家製プリンプリン♪
これは女子が喜びそうなデザートですな~でもオッサンも喜ぶのであった(笑)

R0000008_edited-1.jpg

カウンターメインのお店、奥にはBOX席が2脚。
ワインセラーに縦型冷蔵庫の中には日本酒もあり♪
味はとても良いのだが...
この店に難を言うなれば、接客、調理、配膳等、男性店主一人でこの日は賄っておられたが、
さすがに調理時間がランチ時としては掛かり過ぎだ。
一人営業な店は1人前の仕事しか出来ないのだが、二人ならば3人前の仕事がこなせるのだ。
ランチ時、前菜からデザートまで50分の滞在時間はさすがに長く感じられたのが残念。
リーマン的には1時間の休憩ランチ訪問は難しいのではなかろうか!?
ワタクシはリーマンでは無いんですけどー(笑)

R0000023_edited-1.jpg
R0000024_edited-1_20170207193655dd9.jpg

ランチメニュー。
スパイシーチキンカレーは600円と買う安く♪
学生さんはさらに100円引き...
学生服を着れば...まだ騙せるのかな?
無理無理!何故、そこまでして100円引きを求める!(笑)

【バルハチゴー (Bal hachi -Go)】

大阪府堺市堺区高須町3-1-20
072-275-7877
営業時間:[火〜日]11:30〜15:00[L.O14:00] 17:30〜24:00[L.O23:00]
定休日:月曜日

シチリア島の郷土料理 クッカーニャ

2017年 01月15日 10:05 (日)

R0001073_edited-1.jpg

ムール貝のコロッケ!
派手な太陽をイメージする皿とペイント。
ムール貝の身を刻まれジャガイモと和えオーブンで焼かれたものか、
イタリアの完熟トマトはホールものとは言えど、真っ赤ですな(笑)
白ワインをくださ~い♪となってしまうのは致し方無くもあり(^^)/

R0001068_edited-1.jpg

ランチの前菜はスパイスの効いた蓮根にニンジン・しりしり風、お豆さんはベーコン和え。
厚い皮が主張するバケット!
バケットは皮の香ばしさが引き立ち中身の美味さとバランス良く♪
食パンに限らず香ばしい皮が旨けりゃその店の実力が分かると言うものだ。

R0001076_edited-1.jpg
R0001077_edited-1.jpg

シチリア風、鶏の蒸し肉!
柔らかに解れる身と香辛料的刺激が食欲を増進させる(^^)/

R0001083_edited-1.jpg
R0001085_edited-1.jpg

ブリとシラスのシチリア風スパゲッティ!
アンチョビ風な味付けは独特な美味さを引き出す♪

R0001089_edited-1.jpg
R0001092_edited-1.jpg

桜エビとズワイガニのスパゲッティ!
あぁ~美味すぎてフォークが止まらない(^^)/
大盛りにしたかったのだが、果たして可能なのか分からなかったので
そのままで注文したが後から入られたお客さんが大盛りで!と注文されていて...
やはり有ったのかと一粒の涙が頬を伝った(笑)
共にパスタという名称を使わずスパゲッティと名乗るのには何か拘りがあるのかも。

R0001099_edited-1.jpg
R0001096_edited-1.jpg

食後のHOT珈琲と+200円のドルチェを注文してみた。
ドルチェはシチリア風プリンのような味で中々の美味♪

R0001080_edited-1.jpg
R0001061_edited-1.jpg

何処か太陽をイメージする店内の装飾。

R0001101_edited-1.jpg
R0001095_edited-1.jpg

この日のランチメニューとお願いして夜のメニューも見せて頂く♪
名物はムール貝の海水蒸しなようで機会があれば頂いてみたいものだ(^^)/

R0001105_edited-1.jpg

【クッカーニャ】

大阪府大阪市西区京町堀2-3-4 サンヤマトビル 2F
06-6448-3336
肥後橋駅から664m
営業時間:[月〜土] 12:00〜14:00(L.O)18:00~22:30(L.O)
定休日:日曜日