時遊人アッシュの食べ歩き日記

03月 « 2018年04月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 05月

天婦羅はたけ 恍惚の天ぷら

2017年 12月30日 16:46 (土)

R0011725_edited-1.jpg

京都の料亭か北新地の和食店か?とも思えるオープンなキッチンの魅せる料理♪
店主さんイケメン、女将さんは超美人のご夫婦のお店のようだ。
今回で2度目の訪問、前回に頂いた料理がとても素晴らしく再訪問と成り(^^)/
とうとう年末になってしまいましたな~毎年の事だがとても忙しく、
帰宅後も飲みながらPC仕事をしつつ、お正月用の酒をアマゾンで吟味しつつな生活(笑)

R0011661_edited-1_20171228193654c04.jpg
R0011662_edited-1.jpg

天婦羅はたけ。
吉兆で辻調で腕を磨かれた店主の料理は堺の下町で頂くには勿体ない程の料理が登場する。
この料理内容ならば新地では倍の価格であろう。

R0011664_edited-1.jpg

まずはボトルでスパークリング♪
このワインは前回も頂いたかな~キリリとした青りんご香の辛口。
スっと喉の奥に押しやられる潔さあり。

R0011667_edited-1.jpg

前菜はホタテと海老、柚子味噌。
器と料理、魅せる技あり。

R0011670_edited-1.jpg

味山椒を乗せた焼き穴子と煮穴子は山葵で共に口の中でとろける。
シャリの塩梅、素晴らしい(^^)/

R0011673_edited-1_20171228193745208.jpg
R0011672_edited-1.jpg

自己主張するわかさぎの天ぷら、前回は鮎の稚魚でしたな♪
この揚げ方はもう芸術ですな。
魅せる魅せる(^^)/

R0011676_edited-1.jpg
R0011682_edited-1_20171229194821157.jpg
R0011686_edited-1_20171228193844143.jpg

栗のはんぺん、牡蠣のゆかり揚げ、下仁田葱の鶏味噌。
素材の良さあり、油の良さあり!

R0011705_edited-1_201712281941054d9.jpg

ワインがあっという間に蒸発でもしてしまったのか?
de日本酒は和歌山黒牛純米!
この品種もまた凄い!口辺りはもう水じゃないか♪
料理と共に何と素晴らしい日本酒であろうか。

R0011708_edited-1.jpg
R0011711_edited-1.jpg

カマンベールのおかき揚げに鳴門金時!

R0011714_edited-1_201712281941032d1.jpg

フカヒレの茶碗蒸し。
甘さが主張する事無く薄味で~出汁香り柚子の上手い使い方をする。

R0011692_edited-1.jpg
R0011697_edited-1.jpg

天婦羅の王様、車海老。
この車海老は冷凍では無く「活け」ですな♪
冷凍という過程の無き車海老の天ぷらというものは何度か頂いた事があるのだが、
本当に美味しいものだ(^^)/

R0011718_edited-1.jpg
R0011722_edited-1_201712281941515fb.jpg

土鍋のご飯は子持ち昆布の炊き込みご飯!!!
余ったご飯はお持ち帰りさせて頂く(^^)/

R0011727_edited-1.jpg

〆のデザートはフランボワーズの自家製シャーベット♪
締めも完璧(^^)/

R0011663_edited-1.jpg

食後、他のお客さんが居なくなり、店主さん&とてもお綺麗な奥様♡と色々とお話しを(笑)
天ぷら屋さんは旬の食材をメニューに取り入れるので四季折々で楽しみ方が変わる。
また行かないと♪
行かれる際には必ず予約を!(^^)/

【天婦羅はたけ】

大阪府堺市北区中長尾町4-4-20
072-251-9100
営業時間:1130~14:00 18:00~21:00
定休日:月曜日
スポンサーサイト

寒~い夜にあたたかおでん 創作おでん末福

2017年 12月11日 20:34 (月)

R0011482_edited-1.jpg
R0011483_edited-1.jpg

しっかりと煮込まれた玉葱は形を崩さず飴色に輝き!
箸を入れるとホロホロと崩れ甘味ある素材の美味さを良く引き出しているなと感心(^^)/
薄味の鰹出汁はとても香り高きものである。

R0011490_edited-1_201712111734351e3.jpg

おでん末福。
三か月ぶりの訪問、寒い寒い夜におでんを欲してしまうのは当然の事ね♪
前回の訪問で同級生だと判明した店員さん二人は山下達郎とさま~ずの大竹に
似ている気がするのはワタクシだけであろうか!
それは敢えて言わずにおいたのだが(笑)

R0011469_edited-1.jpg
R0011470_edited-1_20171211173257ca4.jpg

半熟玉子にとろろ春菊♪
濁りの無きお出汁が薄味で美味しい(^^)/

R0011472_edited-1.jpg

酒のアテにと注文したどて焼きは甘さを抑えた赤味噌主体のお味。
刻み立ての葱がまた良いではないか♪

R0011474_edited-1_20171211173352285.jpg

アスパラベーコンにスジ肉。
厚みあるベーコンは食べ応え感たっぷり♪
ビールから日本酒純米篠峯へと切り替え少々「篠峯」話に華が咲く。

R0011475_edited-1_20171211173351f8d.jpg
R0011476_edited-1_20171211173350067.jpg

生姜の効いた自家製つくねとネギがたっぷり葱巾着♪

R0011477_edited-1.jpg

安心堂白雪姫の湯葉。
三つ葉と柚子の皮が香り担当。

R0011487_edited-1.jpg

完熟トマトチーズ♪
トマトの中に鶏ミンチ肉とチーズを合わせているのかコク深く酒のアテと成りうる逸品である。

R0011488_edited-1_20171211173437b94.jpg
R0011489_edited-1_20171211173436592.jpg

最後はきんぴら巾着で〆。
お会計は二人で6千円チョイと超えた程でお安くあり(^^)/

R0011465_edited-1.jpg
R0011466_edited-1.jpg

メニュー。
此処はちょくちょく通ってしまいそうだ(^^)/

【おでん末福 (すえふく)】

大阪府堺市北区中長尾町2-6-4
072-260-4651
堺市駅から309m
営業時間:17:00~23:00
定休日:月曜日

おでん末福 逸品創作おでん

2017年 09月23日 16:38 (土)

R0010068_edited-1_20170922204441893.jpg
R0010069_edited-1.jpg

面取りが完璧な浸み浸み大根の出汁は薄味。
三種の味噌のどて焼き!
甘さを抑えた赤味噌メインの土手焼きはとても好みの味だ。

R0010097_edited-1_201709222047281c2.jpg

おでん末福。
こちらは聞けば2年半程前に出来たお店のようで~
JR堺市駅から南東へ徒歩10分弱だろう、この辺りを通る度に気になっていた店である。
気になっていたならば行かなければと...
ワタクシにはこのような気になったまま放置している店が常に数百軒はある状況だ(笑)
少しづつクリアして行かねば成らぬ♪
これもまた老後の楽しみなのではあるが(老後かいっ!w)

少々、酒が入りお店の方とちょろちょろと話し始める事と成り......
周辺のお店情報を交換したり何かして~(初めての店なのに~w)
話の流れで何処が出身ですか、何年生まれですか?
これがまぁ~ビックリ!店の男性二人共に何と中学生時代の同級生であったのだ(笑)
当時はマンモス中学であったので顔も名前も覚えていませんけど、
繋がる同級生の話題などで盛り上がり(^^)
人と人は何処でどのような繋がりが有るのか人生は分かりませぬ。

R0010075_edited-1_20170922204534fbb.jpg
R0010082_edited-1_20170922204638af2.jpg

ふわふわつくねに蛸&玉子!
生姜が程良く効いたつくねに浸みた蛸と玉子はおでんに欠かせない♪
薄い鰹出汁に漬かる大阪のおでんというよりは京風な味付けに近く、
あっさりと、でも素材には程良き味付けがあり美味しいではないか(^^)

R0010056_edited-1_20170922204402ea7.jpg

メニュー!
お安く大衆的な値段設定であり創作のおでんも美味しそうだ!

R0010084_edited-1_2017092220463712d.jpg
R0010088_edited-1.jpg

ぎっしりと詰まったねぎ巾着とスジ!
ネギラーには堪らない品!

R0010091_edited-1_20170922204635220.jpg

旬菊ととろろ芋!
鰹出汁が美味しい~(^^)

R0010093_edited-1_2017092220463456c.jpg

キノコ巾着は具材がたっぷり!
へえ~こんな創作おでんもあるのだな~

R0010076_edited-1_20170922204533c01.jpg

ビールに日本酒は春鹿超辛口、ハイボールにそしてまたビールと...
たまたま入ったお店、同級生が経営しているという事もあり、つい飲み過ぎてしまったかな(笑)

R0010055_edited-1_20170922204403c31.jpg

カウンター10数席の店だが会話がしやすい雰囲気がありましたな♪
同級生の男性店員さん二人共に愛想が良くて創作おでんも美味しくあり(^^)
店名の「末福」とは二人の頭文字を取られた名であるそうだ。

R0010099_edited-1_2017092220472750c.jpg

【おでん末福 (すえふく)】

大阪府堺市北区中長尾町2-6-4
072-260-4651
堺市駅から309m
営業時間:17:00~23:00
定休日:月曜日

天婦羅はたけ 至高の天ぷら割烹

2017年 06月26日 21:32 (月)

R0010379_edited-1.jpg

前菜は炙りの鱧に梅肉のゼリー、金時草と長芋。
生の鱧を骨切りするところから調理が始まるのだ。
盛り付けが綺麗、器も夏らしく爽やかなガラス製、
そして付かず離れずな優しい接客が素晴らしい♪
吉兆出身の若き店主のお店(^^)/

R0010372_edited-1.jpg

天婦羅はたけ、堺市北区の長尾中学校前に突如として出来た天ぷら割烹のお店。

R0010376_edited-1.jpg
R0010378_edited-1_2017062619423289c.jpg

店内は靴を脱いで上がるシステム。
堀こたつ式のカウンター8席のみ。
白木の1枚ものテーブルに魅せる調理場は自信の表れであろう洗練された和の空間だ(^^)/

R0010382_edited-1.jpg
R0010384_edited-1.jpg

穴子の握りは炙りと煮穴子。
共に口の中でとろけます(笑)

R0010393_edited-1.jpg
R0010394_edited-1.jpg

稚鮎の天ぷら。
素材、味、だけでは無く魅せる技術も店主はお持ちのようで♪
凝られた器はひょうたんと風と蟹のチョイと遊び心ある和の器。

R0010386_edited-1.jpg

日本酒は端麗辛口の黒牛を選択、グラスの細工がバカラのローハン風で美しい。

R0010406_edited-1.jpg

口直しに凍らせたグレープフルーツ。


R0010402_edited-1.jpg
R0010404_edited-1.jpg

美味しい日本酒はあっという間に無くなってしまい~
スパークリングをボトルで♪
個性的な冷酒グラス&シャンパーニュ・グラスは吹きグラス作家の李慶子さんのもの。
魅せる技術と使い易さあるもの♪
注いでくださるフロアー担当の奥様がとてもとてもお綺麗で、少々緊張をしてしまう(笑)

R0010398_edited-1_201706252148175c1.jpg
R0010400_edited-1.jpg
R0010401_edited-1.jpg
R0010411_edited-1.jpg

さてさて、天ぷら♪
万願寺唐辛子、泉州の水茄子にコーン♪
目の前の透明感ある油でサクッと揚げられるのだ♪

R0010420_edited-1.jpg
R0010418_edited-1.jpg
R0010414_edited-1.jpg

サツマイモにホタテのおかき揚げ、車海老の天ぷらが足付き♪

R0010427_edited-1.jpg
R0010429_edited-1.jpg

フカヒレの茶碗蒸し!

R0010430_edited-1_2017062521533695a.jpg
R0010435_edited-1.jpg

鴨と葱、一番出汁で桜海老と新生姜の土鍋の炊き込みご飯。
もちろん、御代わりを(^^)/

R0010439_edited-1.jpg

デザートは自家製アールグレイのアイスと牛乳プリン♪
全てが完璧!
文句の付けようのないコース料理。
夜の奏コースでビール、日本酒、ワインをボトルで二人2万円弱。
堺に凄いお店が出来ました(^^)/

R0010374_edited-1.jpg
R0010443_edited-1.jpg
R0010375_edited-1.jpg

此処は再訪問、間違いなし!
凄い店が堺にも出来ました(笑)
予約は必ず(^^)/

【天婦羅はたけ】

大阪府堺市北区中長尾町4-4-20
072-251-9100
営業時間:1130~14:00 18:00~21:00
定休日:月曜日

新日本料理 心(こころ)

2017年 04月07日 19:39 (金)

R0000791_edited-1_2017040619072780e.jpg

この日のメインは豚ヘレカツ、八丁味噌でみぐらす!
ほうほう、味噌とデミグラス・ソースを合わす仕法は中々に独創的ではないか♪
肉質良し、衣も良し、ソースも文句の付けどころの無い中々の逸品である(^^)/

去年の年末、ふるさと納税なるものを3軒申告し鹿児島産鰻や京の茶セットなどが届いたのだが、
ワタクシ的にメインと成る南淡路の3年トラフグがいつになっても届かない...
このトラフグが届く事を前提に、今年はてっちりを食べに行けなかったのだ。
つい先日、何かを選べと、ようやくメールが来て...
いや、あの、てっちりセットを年末に注文したじゃない!!!
HPを見るとてっちりセットはもう無いじゃない~
南淡路市役所の怠慢、ワタクシ、今年はてっちりを食べられていないの。
3年トラフグは3年後に来るのか?などの憶測も無駄に終わってしまった、これもまた人生(笑)

R0000815_edited-1_201704061909194dd.jpg

御堂筋線、新金岡駅から大泉緑地方面へ歩いて10分足らずの場所にある割烹料理屋さん。
薄っすらと店の存在は存じていたが訪問は初めて。

R0000772_edited-1_201704061903561c2.jpg

瓶ビールをまずは注文、う~ん赤星か...
スタンダードの瓶ビールがコーンスターチの入る赤星ビールか!?
このビールは立ち飲み屋で頂くレベルのビールである。
まぁ、嫌いじゃないのでイイのですが...
せめて、コーンスターチの入らないビールをスタンダードにして欲しい。

R0000788_edited-1_20170406190728dd0.jpg

店内はカウンター8席の小さな空間。
大将が手際よく調理をされている。

R0000773_edited-1.jpg
R0000778_edited-1_20170406190351baf.jpg

コース料理と一品メニュー♪
初めての訪問では料理の流れを見てみたくコースを選択。

R0000777_edited-1_20170406190352cce.jpg

浅利と山葵菜のお浸し。
極薄味の出汁が繊細ですな♪

R0000781_edited-1_20170406190639de4.jpg

お造りは鮪、平目(えんがわ付き)、カンパチ♪
細長い刺し身包丁で切られる魚は、やはり美味しいのfだ(^^)/
これを家庭用の万能包丁で切っちゃうと、この美味さが果たして味わえてのであろうか?

R0000785_edited-1.jpg

箸休めは青蕗、青さ入りぽてさら、サーモンべったら♪
お出汁の使い方が大阪風よりも京風な薄味でこのレベルの料理がまさか新金岡で頂けるなんて(笑)

R0000784_edited-1_20170406190638443.jpg

これは日本酒が欲しくなりますな♪
吟醸ではない純米酒を!ドメーヌ瑞冠 “五感” 純米原酒!!
こりゃあ、辛口の美味い美味い酒だ(^^)/

R0000795_edited-1_201704061907271ca.jpg

メインの豚へれかつ!!!!
この肉質と日本人に馴染み深い八丁味噌とデミソースの合わせ方は本当に素晴らしい!!!!!

R0000796_edited-1_20170406190726fae.jpg
R0000798_edited-1_20170406190843def.jpg

筍とユリ根の玉締め。
陶板物もちゃんと蓋がある状態で出される姿勢が良いでは無いか♪
とろ~りと半熟状態の玉は出汁と絡ませてユリ根と旬の筍のとのコラボレーション!
この陶板ものだけ、何故に甘く味付けされてのであろう?

R0000807_edited-1.jpg
R0000810_edited-1_201704061909224ab.jpg

ご飯ものは鯛茶漬け!
味噌漬けにされた旬の鯛、大葉とあられにチョイとの山葵が脇役♪
熱々のお出汁を注ぐ事に寄りな熱を加えられた鯛の美味さは増すばかりである(^^)/

R0000812_edited-1_20170406190921416.jpg

〆の甘味は丸十チーズ饅頭かケーキか!?
黄粉が乗る自家製であろう独創的な味わった事のない美味しい甘味。

以上、3800円のコース。
奥さんと二人でお酒を飲んで1万円弱のお会計♪
此処は再訪問、間違いなし(^^)/

【心 (ココロ)】

大阪府堺市北区新金岡町5丁5-104
072-230-4550
営業時間:11:30~14:00 17:30~22:00
定休日:月曜日・第2火曜日