時遊人アッシュの食べ歩き日記

08月 « 2017年09月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 10月

キッチン・レジェ 天才マスターの鮮やかな料理

2017年 06月15日 18:54 (木)

R0010086_edited-1.jpg

この日のメインはハンバーグを選択♪
丸々とした肉肉肉しいハンバーグである(^^)/
フライパンで焼き入れをされてオーブンで中まで熱を通している。
「この複雑なスパイス感は何なのですか?」
「あ~これですわ~」

R0010090_edited-1.jpg

おフランス産のスパイスMIX!
このガラムマサラ的、複雑なスパイス感は今まで味わった事が無くこれは実は美味いものだ♪
「マスター!引き出しが多すぎるでしょ!」
このマスターに掛かるとありとあらゆる食材が「美食」と成り!!!
さすがミシュラン★出身。
それにしても此処はいつも緩い、緩すぎる、少しは隠したらといつも思ってしまうが、
惜しげもなく調理法を教えてくれるのだ(笑)

R0010064_edited-1.jpg
R0010068_edited-1.jpg

はい、いつものキッチン・レジェさんで晩御飯♪
ボトルで辛口泡を注文、この日もダメダメ人間へと成ってゆくw

R0010075_edited-1.jpg

キノコのキッシュ♪はどっさりキノコ(笑)


R0010073_edited-1.jpg

鴨胸肉のロースト♪ワインと合う合う(^^)/

R0010079_edited-1.jpg
R0010082_edited-1.jpg

エスカルゴのオーブン焼きはバケットへ乗せて♪
このエスカルゴを挟む機は初めて見たな~これがとっても便利で(^^)/

R0010083_edited-1.jpg

ホワイトアスパラのオーブン焼き!!!
パラリと振り掛けられる生パセリがまた良いではないか♪

R0010085_edited-1.jpg
R0010089_edited-1.jpg

ハンバーグを切ってみると肉汁がドバドバと(笑)

R0010091_edited-1.jpg
R0010093_edited-1.jpg

アスパラ・ソバージュとベーコンのパスタ。
メニューを見るとホワイトソースのパスタだったが、オイル系でと注文♪
天才マスターは直ぐに対応してくれるのだ(笑)
「ホワイト・アスパラが余っていたので入れときました~」
緩い、緩過ぎる(笑)

R0010095_edited-1.jpg

〆はデザートの盛り合わせ~もう完璧!(^^)/

R0010065_edited-1.jpg
R0010071_edited-1.jpg

一品ものがとにかくお安く、そして自家製メニューの何と多い事か!!!
この日も一人で営業されていたが此処のマスター以上の手際の良き料理人を未だ見た事がない(^^)/

【キッチン・レジェ】

大阪府大阪市住吉区苅田3-13-22 フローラルハイツ
06-6608-7708
営業時間:11:30~14:30(L.O) 17:30~21:30(L.O)
定休日:水曜定休
スポンサーサイト

フレンチ食堂エスカルゴ シャンパーニュとエスカルゴ料理

2017年 01月24日 17:00 (火)

R0001187_edited-1.jpg

エスカルゴと茸のホワイトソース煮込み!
数種の茸にたっぷりな量のエスカルゴがバターのしっかりと効いたホワイトソースに絡み、
塩分濃度もそこそこに生パセリの鮮な風味、かりっかりのクルトンが食欲を掻き立てる(^^)/
美味しい美味しい~家では絶対に出来ない料理だわ♪
前菜はいつもエスカルゴのオーブン焼きだったがこの日はチョイと変化を求めてしまった(笑)

R0001182_edited-1.jpg
R0001185_edited-1.jpg

シャンパーニュはブーブ・オーフレイ!
へぇ~このシャンパーニュは飲んだことが無かったな~deボトルで注文♪
「お連れさんが来られてからお持ちしますか?」
「いえ、直ぐに持って来てくださいな♪」
いつも微妙に数分遅れてくる奥さんをワタクシは待たない主義である(笑)
予約時間の5分前には必ず行くタイプのワタクシ...
店での待ち合わせでは彼女はいつも必ず微妙に数分、遅れてくるのですよ。
微妙な数分がワタクシには待てないw
その僅か数分な事を問い正すのもどうかなと思い今に至るのであったw
高級なシャンパーニュでは無いが酸味の強めな何処かレモンの風味、梨の円やかさと深み、
果実味が前面によく出ているなという印象♪
これがボトルで5せんえんとは信じられないアビコならではの価格設定(笑)

R0001183_edited-1.jpg

店内はフランスの片田舎的な風貌。ってフランスへは行った事は無いんですけどー!!
お隣の席のご夫婦、奥様が誕生日だったようで小さなオルゴールから
「ハッピーバースディ」が流れていた♪店主の粋な計らいである(^^)/
「あらっ、おめでとうございます!」パチパチパチ~♪
ワタクシ、自分の誕生日を祝ってもらうのは苦手であるのだが、人の誕生日はイイもんですな(笑)

R0001192.jpg

奥さんは前菜の盛り合わせ♪
キッシュにパテ、ババロアに香辛料の効いた人参しりしりみたいな~
はい、茸のクリーム煮と交換交換(^^)/

R0001189.jpg

自家製のバケットがまた美味しい!
カリ~~~カリっ!な塩分の効いた皮にしなやかな中身♪

R0001196_edited-1.jpg
R0001201_edited-1.jpg

ワタクシのメインは牛ホホ肉の赤ワイン煮♪
筋に沿い解れる柔らかなホホ肉は赤身で淡白でありながらトロリとしたゼラチン質の旨味あり(^^)/

R0001199_edited-1.jpg
R0001203_edited-1.jpg

コチラは本日の魚料理。
ブイヨンで煮込まれた数種の魚が一度に頂ける豪華なもの♪
この店の料理は味付けが濃い目でありワインと合わすのがBESTであろう!
赤や白と変化をもたらすのが良いとは思うのだが何杯も頼むのが億劫で...
そして(こいつどんだけ飲むねんっ、と思われたくなくてw)
ついボトルで泡をくださいなとなってしまうのであった(笑)
シャンパーニュの凄いところは肉でも魚でも和食でも中華でも、もちろん洋食にでも
何にでも適合してしまうのだ♪
この翌日にも2本飲んでしまった程にワタクシはシャンパーニュの虜となっているw

R0001206_edited-1.jpg
R0001210_edited-1.jpg

デザートはほうじ茶のブランマンジェにアイスクリーム♪
HOT珈琲と合わせてほっこり(^^)/

R0001178_edited-1.jpg
R0001172_edited-1.jpg

夜のディナーBコースde3500円が基本なコース♪
チョイとプラスなお値段になりましたけれども~
此処は下町の名店、お勧めできます(^^)/

【エスカルゴ】

大阪府大阪市住吉区苅田7-7-5 西村第2マンション1F
06-6697-7723
営業時間:11:30~15:00(LO14:00) 18:00~22:30(LO21:00)
定休日:木曜日

ミシェル・ブラス トーヤ ジャポン

2016年 08月28日 16:27 (日)

R0020405_edited-1_20160828160036e3e.jpg

ガルグイユ
90種の冷製野菜を使われたオーブラック地方の郷土料理。
ミシェル・ブラスはそれを、その土地の野菜を使う基本はそのままに、
四季折々の20~30種類の香草や若野菜30~40種類、野の花、キノコなどを、
それぞれに最適な別々の調理法で仕立て、バターとハムでまとめ、
この時期の限定か、カモミールのクリームソースなお味。
ミシェル・ブラスの料理を代表する一品である。

R0020382_edited-1.jpg

R0020394_edited-1.jpg

R0020402_edited-1.jpg

R0020403_edited-1.jpg

R0020385_edited-1.jpg

R0020407_edited-1.jpg

R0020416_edited-1.jpg

R0020418_edited-1.jpg

R0020422_edited-1.jpg

R0020426_edited-1.jpg

R0020411_edited-1.jpg

R0020428_edited-1.jpg

R0020433_edited-1.jpg

R0020437_edited-1.jpg

R0020446_edited-1.jpg

R0020440_edited-1.jpg

R0020453_edited-1.jpg

R0020456_edited-1.jpg

R0020459_edited-1.jpg

R0020465_edited-1.jpg

以上、おひとり27000円のコース。
シャンパーニュはアンリ・ジロー、赤ワインは12’のマルサネ。
かなり美味しかったが多種&複雑すぎてワタクシ程度では味の解説は不可能^^;
同行者に記事を丸投げしようと試みるも拒否された(笑)

【ミシェル・ブラス トーヤ ジャポン (Michel Bras TOYA Japon)】

北海道虻田郡洞爺湖町清水 ザ・ウィンザーホテル洞爺 11F
0142-73-1159
営業時間:[木]18:00~21:00[金~火]12:00~14:00 18:00~21:00
定休日:水曜日 木曜日ランチ

下町至高のビストロ レジェ 自家製ソーセージとオマール海老

2016年 07月09日 17:09 (土)

R0000143_edited-1.jpg

ここ最近、ソーセージと言うものにとっても興味を持っておりまして~
しかし、市販のソーセージには体にイケないような成分が、わんさと入っており!
それでも美味しければ良いのだが、どこか科学的な味がどうしても馴染め無くもあり。
ちょっとした高級スーパーなどへ行くとまず向かうのがハム&ソーセージなコーナースポット♪
どんなにお高い品でも裏の成分表を見ると...
「あらま~君もか!」的、PH調整剤なる未知の添加物の表示がほぼ100パーセント近く(笑)
もう自分で作るしかないのか?などなど...
自家製手作りなソーセージは、やはりこれ程までに美味しいのか!

R0000145_edited-1.jpg

「結構、簡単ですよー!」ってそれはマスターだからでしょ?w
豚ミンチ肉にこのスパイスを入れて腸に詰めるだけですわ~
ソーセージ談義が始まってしまったではないか!(笑)
食の話を高き次元で出来る店がワタクシはとても好きだったりする(^^)/

R0000122_edited-1.jpg

はい、キッチン・レジェさん。
ランチ時の炭水化物も美味しいのだが真髄はやはり夜のメニューであろう。

R0000126_edited-1.jpg

生ビールくださ~い!
どうぞ、と出された鰹のタタキ、マヨ&バジルソース風味ね♪

R0000131_edited-1.jpg

オードブルを盛ってくださ~い!
鴨肉に生ハム、青トマトにはモッツァレラ・チーズにはバジルなソース♪
ひとつひとつ手作りな間違いの無きお味(^^)/

R0000132_edited-1.jpg
R0000128_edited-1.jpg

スプマンテをボトルでくださいな♪
ちょっと面白い泡がありますよ~で出して頂いたのが瓶内熟成3年のシャルドネ辛口、フェツラーリ。
「ボトルでおいくらですかー?」
「なんぼに、しようかなと思ってますねん...」
それを客に言う???結局3千円でと...何気に緩い(^^)/

R0000134_edited-1.jpg

ホワイト・アスパラのソテー♪
チーズに生ハム、タルタルソースで頂き

R0000138_edited-1.jpg

オマール海老は半身でソテーなもの♪
旬の佐藤錦が脇を固めていた(笑)
カリっとサクっと焦げ目を入れられたオマール海老は自家製のバジル・ソースでね♪
此処のマスターのチャッチャと作られる手際の良さと味は本当に凄い!(^^)/
食後、マスターとまたまた食談義を♪楽しむ空間...
外の扉が開き美しき女性が一人、入店される。
「あっ、うちの嫁さんデス」とマスター!
宝塚出身の女優さんかと思いましたよ(^^)/

R0000150_edited-1.jpg

デザートを盛ってくださ~い!
なんと美しい盛り(^^)/

R0000147_edited-1.jpg
R0000123_edited-1.jpg
R0000124_edited-1.jpg

ステーキを頂きたく訪問したのですけど...
ガッツリ・ジューシーな自家製ソーセージでお腹がいっぱいになってしまった♪
お会計は2人で9千円程。
此処はいつ来てもお安く間違いのない美味さある店です(^^)/

【キッチン・レジェ】

大阪府大阪市住吉区苅田3-13-22 フローラルハイツ
06-6608-7708
営業時間:11:30~14:30(L.O) 17:30~21:30(L.O)
定休日:水曜定休

豚足のオーヴン焼き エスカルゴ

2016年 06月16日 20:28 (木)

R0031509_edited-1.jpg

香ばしく焼かれた豚足がそのままゴロンと。
まわりはカリッと香ばしく中はもっちりと柔らかく
香味野菜とブイヨン、白ワインでとろけるぐらい柔らかく煮込み、
骨を取り除いてから香ばしく焼き上げられているこの店の名物料理でもある♪
じっくりと柔らかく煮込まれた豚足はコラーゲンの厚みがとにかく凄い!
ねばねばと口の周りに粘り付くコラーゲン(笑)
子供の頃は原型を知らぬまま蒸したものに塩を掛けてよく食べていたのだが、
時に型を知ってしまい、いつの頃からか遠ざけてしまったいる自分が居た。

R0031494_edited-1.jpg

スパークリングのワインはボトルで♪
ラギオールのナイフはいつも手にフィットする。

R0031485_edited-1.jpg

この日、あびこへと伺った訳は実はお漬物を買いにである♪
どうせならば、ご飯もde予約をしての訪問(笑)
店内は満席、数日前の予約のみなオマール海老フェア成るものが有ったりしており...
事前に知っていればと悔しい思いをするのであった(笑)

R0031500_edited-1.jpg
R0031503_edited-1.jpg
R0031499_edited-1.jpg

多種多様、フレッシュな前菜の盛り合わせにエスカルゴ・オーブン焼きは初のカレー味を選択♪
エスカルゴはチャツネのスパイス感、オイル感たっぷりの香り高きもの~
泡と良く合う合う(^^)/

R0031521_edited-1.jpg
R0031525_edited-1_20160611201220088.jpg

牛ホホ肉のステーキ赤ワイン煮込み!
中心に赤身を残す焼き加減はフライパン&オーブン焼きのようだ♪
たっぷりなマッシュ・ポテトと共に刻み立てのパセリの風味がこれまたよろしく(^^)/
実は我が家でも小さなプランターでパセリを育てているのだが、
少し香り漬けが欲しいなと思った時にこれがとても重宝するのだ。
コーナンで1株68円で買ったとは思えぬ程に満足感は高い(笑)

R0031501_edited-1.jpg

時間に余裕があれば作られる運次第の自家製のパン~
この日のパンは自家製、バケットは既製だったかな♪
ちゃんと適温で出されるところが素晴らしい(^^)/

R0031527_edited-1.jpg
R0031530_edited-1.jpg
R0031533_edited-1.jpg

デザートはイチゴのパルフェにファーブルトン♪
メレンゲの焼き菓子にイチゴのババロア風菓子。
フレッシュなミント葉が添えられる手抜きの無いデザートまでもが店主の拘りでもあろう。
ワタクシ的には甘いんですけどー!
だってデザートだもん(笑)

R0031487_edited-1.jpg
R0031488_edited-1.jpg

ディナータイムは3500円のコースでこの内容はかなりのお得感を味わえるであろう。
ワタクシ的にはワインをボトルでいっちゃうので、それなりに万越えしちゃうんですけどね(笑)
それにしても、この店のコスパは凄い!(^^)/

【フレンチ食堂エスカルゴ】

大阪府大阪市住吉区苅田7-7-5 西村第2マンション1F
06-6697-7723
営業時間:11:30~15:00(LO14:00) 18:00~22:30(LO21:00)
定休日:木曜日