時遊人アッシュの食べ歩き日記

03月 « 2018年04月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 05月

食堂エスカルゴ クオリティー高きフランス田舎料理

2018年 04月19日 19:45 (木)

R0013360_edited-1.jpg
R0013361_edited-1.jpg

前菜の盛り合わせには毎回、心が躍ってしまう程に実に素晴らしい♪
どの品も手作り感がたっぷり、仕込みは相当な手間と暇が掛かっているだろうと思われる。
酸味の効いた前菜はどうしてもワインに合わせたくなるのだよ(^^)/

R0013366_edited-1.jpg
R0013359_edited-1.jpg

久しぶりのドゥラモットDELAMOTTE!
誰の何のお祝い事も無かったがどうしてもシャンパーニュが飲みたいぞ♪
出来る事ならば毎日でもシャンパーニュを飲める生活をしてみたいものだ(笑)
さすがサロンの兄弟分、強炭酸、長く続くシャルドネの余韻、素晴らしい(^^)/

R0013365_edited-1.jpg

此処のバケットはハード系との2種類。
自家製であろう、とてつもなく美味しいのだ。
もし市販品であれば売っているお店を教えて欲しい(笑)

R0013372_edited-1.jpg
R0013375_edited-1.jpg

メインは牛ホホ肉の赤ワイン煮。
ホワイトアスパラが添えられ、この分厚いホホ肉が箸でも切れるような柔らかさに
煮込まれているのだ♪
赤ワインの酸味感が甘味ある肉との共存。

R0013367_edited-1.jpg

奥さんはゴチのホワイトソース。
皮は焼き目を付けられ、数種のハーブが主張する脇役ね♪
特化したレモングラスの香りが何とも心地よい(^^)/

R0013378_edited-1.jpg
R0013382_edited-1.jpg
R0013381_edited-1.jpg

デザートは壺焼き自家製プリンとタルトタタン&シャーベット♪
完璧である、このコース料理がスタンダードで3500円とは俄かに信じがたいが、
下町あびこ価格とは言えお得過ぎるが本当なんです(笑)

R0013350_edited-1.jpg
R0013351_edited-1.jpg
R0013348_edited-1.jpg

この店のクオリティーはお高く値段はとにかくお安い♪
訪問する際は必ず予約を(^^)/

【フレンチ食堂エスカルゴ】

大阪府大阪市住吉区苅田7-7-5 西村第2マンション1F
06-6697-7723
営業時間:11:30~15:00(LO14:00) 18:00~22:30(LO21:00)
定休日:木曜日
スポンサーサイト

ビストロマルセル 昭和町

2018年 03月11日 22:43 (日)

R0012758_edited-1.jpg

前菜の盛り合わせをくださいな♪
そうだった、此処は燻製の前菜がとても美味しかったのを思い出す!
流行りの鯖に?子持ちししゃも、サーモンの燻製はかなりの逸品である。
キッシュにパテ ド カンパーニュ等ワインがどうしても欲しくなる(^^)/

R0012756_edited-1.jpg
R0012755_edited-2.jpg

この日のお勧めメニュー。
ワタクシ達の後に入られた4人組、聞けば台湾人のようで、
毎年のように台湾へ行っていますよ~で英語と台湾語、そして日本語で何かと
コミュニケーションを計ろうとしてくれるサービス精神は旺盛である(笑)
あの夜市の水餃子は美味しいわよ!そこは行ったよ~みたいな会話が延々と続いて、
美味しいお店の情報もgetね(^^)/

R0012764_edited-1.jpg

スープ ド ポワソン!
魚介と野菜の複雑な旨味のある美味しい美味しいスープ。

R0012768_edited-1.jpg

キノコのアヒージョ!
ぐつぐつと燃え滾るオリーブオイルと悪魔のニンニク味で酒がまぁ進んでしまう(笑)

R0012776_edited-1.jpg
R0012778_edited-1.jpg

ついでにもういっちょ悪魔のニンニク味ペペロンチーノ♪
生のパセリが香り良く♪
生か乾燥のパセリを使われているかで店の心意気が分かるような気も。

R0012763_edited-1.jpg
R0012773_edited-1.jpg
R0012779_edited-1.jpg

シャルドネに泡、赤はガメイだったかな~
グラスでのワインがどんどん進んでしまうぞ♪
ボトルワインの種類は100種を超えているのではないかという種類の多さ。
チョイと店内が落ち着いたところで店主さんと少々お話を~
「お久しぶりですねアッシュさん!」名乗った事は無かったのですけど!!
げっ、ばれていたのか!?
知られていたのはチョイと恥ずかしいの巻(笑)

R0012784_edited-1.jpg
R0012786_edited-1.jpg

カスレ!肉と豆の煮混み料理。
フランスの有名な田舎料理である。

R0012788_edited-1.jpg

デザートはタルトタタン♪

R0012782_edited-1.jpg

お肉料理のメニュー!
おフランスの田舎的メニューは肉の煮込み的なものが多く、
普段の生活では頂けないものが味わいワインと共に楽しめる(^^)/

R0012754_edited-1.jpg

昭和町は美味しく魅力的なお店が多いよね~
仕事が無ければ本当に移り住みたい程だ(^^)/

【ビストロ マルセル】

大阪府大阪市阿倍野区昭和町1-5-16 第2文の里ハイツ1F
06-7182-3220
御堂筋線 昭和町駅1番出口から徒歩2分
谷町線  文の里駅から徒歩3分
文の里駅から151m
営業時間:17:00〜翌2:00
定休日:木曜日

キッチン・レジェ 天才マスターの鮮やかな料理

2017年 06月15日 18:54 (木)

R0010086_edited-1.jpg

この日のメインはハンバーグを選択♪
丸々とした肉肉肉しいハンバーグである(^^)/
フライパンで焼き入れをされてオーブンで中まで熱を通している。
「この複雑なスパイス感は何なのですか?」
「あ~これですわ~」

R0010090_edited-1.jpg

おフランス産のスパイスMIX!
このガラムマサラ的、複雑なスパイス感は今まで味わった事が無くこれは実は美味いものだ♪
「マスター!引き出しが多すぎるでしょ!」
このマスターに掛かるとありとあらゆる食材が「美食」と成り!!!
さすがミシュラン★出身。
それにしても此処はいつも緩い、緩すぎる、少しは隠したらといつも思ってしまうが、
惜しげもなく調理法を教えてくれるのだ(笑)

R0010064_edited-1.jpg
R0010068_edited-1.jpg

はい、いつものキッチン・レジェさんで晩御飯♪
ボトルで辛口泡を注文、この日もダメダメ人間へと成ってゆくw

R0010075_edited-1.jpg

キノコのキッシュ♪はどっさりキノコ(笑)


R0010073_edited-1.jpg

鴨胸肉のロースト♪ワインと合う合う(^^)/

R0010079_edited-1.jpg
R0010082_edited-1.jpg

エスカルゴのオーブン焼きはバケットへ乗せて♪
このエスカルゴを挟む機は初めて見たな~これがとっても便利で(^^)/

R0010083_edited-1.jpg

ホワイトアスパラのオーブン焼き!!!
パラリと振り掛けられる生パセリがまた良いではないか♪

R0010085_edited-1.jpg
R0010089_edited-1.jpg

ハンバーグを切ってみると肉汁がドバドバと(笑)

R0010091_edited-1.jpg
R0010093_edited-1.jpg

アスパラ・ソバージュとベーコンのパスタ。
メニューを見るとホワイトソースのパスタだったが、オイル系でと注文♪
天才マスターは直ぐに対応してくれるのだ(笑)
「ホワイト・アスパラが余っていたので入れときました~」
緩い、緩過ぎる(笑)

R0010095_edited-1.jpg

〆はデザートの盛り合わせ~もう完璧!(^^)/

R0010065_edited-1.jpg
R0010071_edited-1.jpg

一品ものがとにかくお安く、そして自家製メニューの何と多い事か!!!
この日も一人で営業されていたが此処のマスター以上の手際の良き料理人を未だ見た事がない(^^)/

【キッチン・レジェ】

大阪府大阪市住吉区苅田3-13-22 フローラルハイツ
06-6608-7708
営業時間:11:30~14:30(L.O) 17:30~21:30(L.O)
定休日:水曜定休

フレンチ食堂エスカルゴ シャンパーニュとエスカルゴ料理

2017年 01月24日 17:00 (火)

R0001187_edited-1.jpg

エスカルゴと茸のホワイトソース煮込み!
数種の茸にたっぷりな量のエスカルゴがバターのしっかりと効いたホワイトソースに絡み、
塩分濃度もそこそこに生パセリの鮮な風味、かりっかりのクルトンが食欲を掻き立てる(^^)/
美味しい美味しい~家では絶対に出来ない料理だわ♪
前菜はいつもエスカルゴのオーブン焼きだったがこの日はチョイと変化を求めてしまった(笑)

R0001182_edited-1.jpg
R0001185_edited-1.jpg

シャンパーニュはブーブ・オーフレイ!
へぇ~このシャンパーニュは飲んだことが無かったな~deボトルで注文♪
「お連れさんが来られてからお持ちしますか?」
「いえ、直ぐに持って来てくださいな♪」
いつも微妙に数分遅れてくる奥さんをワタクシは待たない主義である(笑)
予約時間の5分前には必ず行くタイプのワタクシ...
店での待ち合わせでは彼女はいつも必ず微妙に数分、遅れてくるのですよ。
微妙な数分がワタクシには待てないw
その僅か数分な事を問い正すのもどうかなと思い今に至るのであったw
高級なシャンパーニュでは無いが酸味の強めな何処かレモンの風味、梨の円やかさと深み、
果実味が前面によく出ているなという印象♪
これがボトルで5せんえんとは信じられないアビコならではの価格設定(笑)

R0001183_edited-1.jpg

店内はフランスの片田舎的な風貌。ってフランスへは行った事は無いんですけどー!!
お隣の席のご夫婦、奥様が誕生日だったようで小さなオルゴールから
「ハッピーバースディ」が流れていた♪店主の粋な計らいである(^^)/
「あらっ、おめでとうございます!」パチパチパチ~♪
ワタクシ、自分の誕生日を祝ってもらうのは苦手であるのだが、人の誕生日はイイもんですな(笑)

R0001192.jpg

奥さんは前菜の盛り合わせ♪
キッシュにパテ、ババロアに香辛料の効いた人参しりしりみたいな~
はい、茸のクリーム煮と交換交換(^^)/

R0001189.jpg

自家製のバケットがまた美味しい!
カリ~~~カリっ!な塩分の効いた皮にしなやかな中身♪

R0001196_edited-1.jpg
R0001201_edited-1.jpg

ワタクシのメインは牛ホホ肉の赤ワイン煮♪
筋に沿い解れる柔らかなホホ肉は赤身で淡白でありながらトロリとしたゼラチン質の旨味あり(^^)/

R0001199_edited-1.jpg
R0001203_edited-1.jpg

コチラは本日の魚料理。
ブイヨンで煮込まれた数種の魚が一度に頂ける豪華なもの♪
この店の料理は味付けが濃い目でありワインと合わすのがBESTであろう!
赤や白と変化をもたらすのが良いとは思うのだが何杯も頼むのが億劫で...
そして(こいつどんだけ飲むねんっ、と思われたくなくてw)
ついボトルで泡をくださいなとなってしまうのであった(笑)
シャンパーニュの凄いところは肉でも魚でも和食でも中華でも、もちろん洋食にでも
何にでも適合してしまうのだ♪
この翌日にも2本飲んでしまった程にワタクシはシャンパーニュの虜となっているw

R0001206_edited-1.jpg
R0001210_edited-1.jpg

デザートはほうじ茶のブランマンジェにアイスクリーム♪
HOT珈琲と合わせてほっこり(^^)/

R0001178_edited-1.jpg
R0001172_edited-1.jpg

夜のディナーBコースde3500円が基本なコース♪
チョイとプラスなお値段になりましたけれども~
此処は下町の名店、お勧めできます(^^)/

【エスカルゴ】

大阪府大阪市住吉区苅田7-7-5 西村第2マンション1F
06-6697-7723
営業時間:11:30~15:00(LO14:00) 18:00~22:30(LO21:00)
定休日:木曜日

ミシェル・ブラス トーヤ ジャポン

2016年 08月28日 16:27 (日)

R0020405_edited-1_20160828160036e3e.jpg

ガルグイユ
90種の冷製野菜を使われたオーブラック地方の郷土料理。
ミシェル・ブラスはそれを、その土地の野菜を使う基本はそのままに、
四季折々の20~30種類の香草や若野菜30~40種類、野の花、キノコなどを、
それぞれに最適な別々の調理法で仕立て、バターとハムでまとめ、
この時期の限定か、カモミールのクリームソースなお味。
ミシェル・ブラスの料理を代表する一品である。

R0020382_edited-1.jpg

R0020394_edited-1.jpg

R0020402_edited-1.jpg

R0020403_edited-1.jpg

R0020385_edited-1.jpg

R0020407_edited-1.jpg

R0020416_edited-1.jpg

R0020418_edited-1.jpg

R0020422_edited-1.jpg

R0020426_edited-1.jpg

R0020411_edited-1.jpg

R0020428_edited-1.jpg

R0020433_edited-1.jpg

R0020437_edited-1.jpg

R0020446_edited-1.jpg

R0020440_edited-1.jpg

R0020453_edited-1.jpg

R0020456_edited-1.jpg

R0020459_edited-1.jpg

R0020465_edited-1.jpg

以上、おひとり27000円のコース。
シャンパーニュはアンリ・ジロー、赤ワインは12’のマルサネ。
かなり美味しかったが多種&複雑すぎてワタクシ程度では味の解説は不可能^^;
同行者に記事を丸投げしようと試みるも拒否された(笑)

【ミシェル・ブラス トーヤ ジャポン (Michel Bras TOYA Japon)】

北海道虻田郡洞爺湖町清水 ザ・ウィンザーホテル洞爺 11F
0142-73-1159
営業時間:[木]18:00~21:00[金~火]12:00~14:00 18:00~21:00
定休日:水曜日 木曜日ランチ