時遊人アッシュの食べ歩き日記

03月 « 2018年04月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 05月

阿波座ヌワラカデ スリランカ・カレー

2018年 04月20日 21:00 (金)

R0013391_edited-1.jpg

NEW YEARプレート(1880円)
この日、伺った日はスリランカの旧正月なようで特別なメニューがあり注文してみる事に♪
・メインカレー(5種から1つ)
・サンバサフランライス
・カシューナッツカレー
・ポテトのテンパラード
・ナスのピクルス
・パイナップルサラダ
・カトレット
・フライドフイッシュ
・タマゴ
・パパダン
・ミルクティー&デザート
要はトッピングの全部乗せって感じでしょうか(^^)/
サンバサフランライスって初めて聞いたが通常のサフランライスより僅かに小さな米粒。 
独特の香り米は品質としては「龍の瞳」クラスの最高級米ですね♪

R0013411_edited-1.jpg

ヌワラカデ(NUWARAKADE)
スリランカ料理店とは思えぬ格子戸の扉は居抜き感たっぷり(笑)
店内にはネタケースがあり元は寿司屋さんかな?
九条にあるロッダグループの2号店となるようだ。

R0013410_edited-1.jpg
R0013409_edited-1.jpg

ざっとメニュー撮り♪
実はこの日、ビリヤニと葛藤があり相当に迷ったのだが1年に1度しか頂けないならばと。
大阪中心部とは言え値段設定は相当に高めに感じられる。
たかがカレー、されどカレーではあるが、この値段はやり過ぎ...
でも頼んでしまうんですけどね(笑)

R0013395_edited-1.jpg
R0013403_edited-1.jpg

スリランカ・カレーの頂き方は基本、混ぜ混ぜしてね~ではあるが、
ワタクシ、混ぜ過ぎるのが嫌なんです♪
カレーはもちろんマトンを選択。
アジのフライド・フィッシュが溜まらなく美味しい~
鶏ベースの出汁に複雑に絡み合うトッピング達、
口中で味の整理をするのがとっても大変であった(笑)
マトンは骨付き、髄の旨味が溢れて異常な美味さである(^^)/

R0013399_edited-1.jpg
R0013402_edited-1.jpg

奥さんはロイヤルセット(1200円)
バスマティライスにチキンの選択♪
スパイスの種類はまぁ5種までであろう。
昨今の大阪はスパイスカレーブームであるが、ちょっと使い過ぎじゃね?と実は感じている。

ワタクシの理想のカレーは欧風カレーにスパイスを効かせたもの。
今は無き「宝石」のカレーが理想でありもはや叶わぬがもう一度、食べたかったのが本音。

R0013390_edited-1_2018042020434415b.jpg

この後、西区新町の茶丸堂さんへ久しく寄り、
ブランデー漬けのケーキを買い求め、これが余りにも美味しくて美味しくて~
実家でシャンパーニュ2本開けてしまった(笑)

【ヌワラカデ (NUWARAKADE)】

大阪府大阪市西区江之子島1-6-8
06-6443-4636
大阪市営地下鉄阿波座駅10番出口から徒歩1分
波座駅から219m
営業時間:11:00~15:00 17:00~22:00
定休日:水曜日 ※1/1~1/3
スポンサーサイト

和歌山中華そば 正善 豚骨醤油を求める旅

2018年 03月28日 20:49 (水)

R0013090_edited-1.jpg

特中華そば(800円)

旅って程、大した事でも無いんですけど~(笑)
休日の朝はいつも、さぁランチは何処で頂こうかともう
頭の中はフル回転する程に、いつも迷いに迷って楽しい時を過ごしている(^^)/
季節も良くチョイと遠出してみよう!
奈良か和歌山か!?
奈良南部の神社仏閣は静かに鑑賞出来てとっても好きなのだが、
残念ながら食への意識の低い奈良に美味いものは数少ないのだ。
ならば和歌山か!しらす丼とラーメンが即座に頭の中に浮かび、
久しぶりにラーメンの選択!
和歌山豚骨醤油のラーメンはワタクシの大の好物であり、
新しもので目を引く新進系都会のラーメンでは無きところに惹かれてしまう。

R0013095_edited-1.jpg

中華そば正善。
阪和道美原インターから乗り和歌山北で降りて~店着まで僅か45分程!
こんなに近かったっけ和歌山は(笑)

R0013097_edited-1.jpg

でも着いた先は旧店舗のようで~
あらっ、まぁ、しかし~せっかく入れたし此処に車を止めさせてもらおう!
新店舗へは徒歩1分程♪

R0013076_edited-1.jpg

お献立!
そばと寿司とジュースのみ!潔し!!
お昼時の12時前の着であったが既に店内は満席!
和歌山ラーメン店は回転が速いハズ、10分程で着席。

R0013077_edited-1.jpg
R0013080_edited-1.jpg
R0013082_edited-1.jpg

和歌山ラーメン店名物の早すしと巻き寿司はついつい手を伸ばしてしまうのですよ~
煮抜きは何とか我慢出来た(笑)
保存料しっかりの鯖鮨は特別に旨くもないが、この手軽さについって感じで術中にはまって(^^)/

R0013086_edited-1.jpg
R0013088_edited-1.jpg

店内へ入るとプ~ンと香る獣臭!
此処は大丈夫ね、豚骨をしっかりと煮詰めた匂いがする。
和歌山ラーメン特有の塩分の高さは骨の髄と醤油のみの塩分の旨味。
乳化具合程良く、円やかで、しっとりと麺に絡むスープは
見た目ほどの濃さを感じさせずとも、しなやかである♪
細ストレート麺はスープとの同化をしやすく、
馴染み易くとも、あれよあれよと喉を超えてしまう危険な美味さがあり♪
あっと言う間にスルスルと食べちゃって...
麺の量が少なくないか?
軽くいちゃもんを付けそうになるワタクシ(笑)

R0013091_edited-1.jpg

こりゃ美味い!
器を持っての全汁するスープなど、いくらもないだろう。
飲まずにはいられない美味しいスープである。
豚骨の髄が器に残るスープは大阪では無鉄砲ぐらいか。

R0013093_edited-1.jpg

風になびく暖簾!
入店前にこっそりと裏返す暖簾を直したつもりだったが風には敵わず(笑)

R0013128_edited-1.jpg

桜咲く、和歌山城へと旅は進む(^^)/

【中華そば専門店 正善 (まさよし)】

和歌山県和歌山市直川612-1
073-461-1739

・JR阪和線六十谷駅から徒歩約20分
・南海和歌山市駅から和歌山バス(川永団地行)で「鳥井」下車、徒歩1分
・和歌山北インターより車で5分強

六十谷駅から1,309m

営業時間:11:00~22:00 (L.O.21:45)
定休日:木曜・第3水曜

コッテラーの為のラーメン 一作 茨木店

2017年 12月26日 21:16 (火)

R0011654_edited-1_20171226193449382.jpg

こってりラーメン!
運ばれて数秒でスープの表面に膜が張り出してきた程のこってり具合だ♪
ふわっと鶏の香りがするスープは「あぁ~こんな味だったな~♪」
圧力鍋で鶏が溶ける程に煮込まれているのだったっけ!?

R0011659_edited-1.jpg

ラーメン一作 茨木店。
この日は高槻で仕事。
大阪北部の地理には全く疎いタイプのワタクシであるが昨今はナビのおかげで
何とか辿り着けている。
近畿道へ乗り心が落ち着く大阪南部へ帰ろうとした道沿いに店は在った(笑)
懐かしい~de寄ってみる事にした♪
思えば30年程前には喜連瓜破にこの一作ラーメンが在り夜中によく食べに行っておりました(^^)/

R0011644_edited-1.jpg
R0011645_edited-1.jpg

メニュー。
30年前当時はラーメンとカレーの店だったと記憶しているが種類は増えているのだろう。

R0011648_edited-1.jpg

チャーハンは一人前!
チャーハンターは「半」チャーハンを頼まない(笑)
それにしても何?この不自然な米粒の丸みが在り過ぎなチャーハンは!?

R0011649_edited-1.jpg
R0011651_edited-1.jpg

油がこってり、そしてウェイパー的臭たっぷりの化調に塗れたチャーハン!
体に悪そう~な明らかに不自然な味、
まぁイイ、これも予想出来た範囲内だ(笑)

R0011652_edited-1_20171226193357189.jpg
R0011656_edited-1_2017122619335547f.jpg

高加水の太麺を持ち上げ食べ続けるとスープの大半を絡ませる濃度(笑)
お水無しでは唇と口の中がカピカピになってしまう程。
この味は天一と何処か通じる味であり、好きな人は好きなのでしょうな~(^^)/

R0011658_edited-1_20171226193416196.jpg
R0011646_edited-1.jpg
R0011657_edited-1_20171226205312c3d.jpg

入れ放題の渇いたネギと辛味噌を投入して、いざジャンクな味に挑戦!
粘りあるスープに溶け残った微量の鶏肉コラーゲンがしつこい程に口中で主張する。
味は超濃厚だが深みが無いために後半、飽きが来るのだ!
その為、後入れ調味料が多彩に展開する(笑)
そして必ず喉の渇きを覚えるであろう。

これも30年ぶりの経験、まぁ予想出来た範囲内で済んで良かったかな~
この濃度と味が好きな人には堪らないのでしょうね(^^)/

【らーめん一作 茨木店】

大阪府茨木市野々宮2-9-18
072-635-1241
営業時間:11:00~翌2:00
定休日:不定休・12/31~1/1

阪神高速朝潮橋PAの朝潮橋ブラックラーメン

2017年 11月06日 17:41 (月)

R0010768_edited-1_201711061646124c2.jpg

朝潮橋ブラックらーめん(680円)
身体に悪そ~な色のスープ(笑)
化調感と醤油の角が立ちまくりな味のスープである。
にしても何か複雑な味がするなとチョイと糸状の葱と唐辛子をよけると...

R0010774_edited-1_2017110616464815c.jpg

たっぷりの高菜漬けが...
正体はコイツか!と独りつぶやきながらのランチ活動を開始(笑)

R0010762_edited-1.jpg

久しぶりの朝潮橋PA。
阪神高速は毎日のように使っているのだが此処へ寄ったのは数年ぶり。
走行中、急に襲われた自然現象の為にPIT INとなるw

R0010784_edited-1_20171106164725abf.jpg
R0010785_edited-1_2017110616472409d.jpg

初めて2階へ上がってみると、ほ~こんな風になっていたのか!
ど派手な券売機周辺、メニューを探索すると何気に種類が多いじゃない♪
ふと目に留まった「朝潮橋ブラック」もちろん味に期待は全くせずに食券を買ってみた。

R0010767_edited-1_20171106164543d63.jpg

ラーメンは途中で残す可能性を多大に秘めている為に定食にしてみた(笑)
おっ、揚げたての唐揚げが2つ付いて来たぞ。

R0010769_edited-1.jpg
R0010770_edited-1_2017110616461026b.jpg

如何にも冷凍を揚げました!的な唐揚げと固めに炊かれた白ご飯。

R0010775_edited-1.jpg
R0010779_edited-1_20171106164644f3c.jpg
R0010777_edited-1_20171106164646c65.jpg

一斗缶に入っていそうな業務用メンマと唯一、美味しかった半熟卵♪
冷凍めんを茹で戻したであろう、かん水たっぷりの縮れ麺。
冷静に分析しながら食べている自分が居た(笑)

R0010766_edited-1_2017110616454415e.jpg
R0010787_edited-1.jpg
R0010789_edited-1.jpg
R0010788_edited-1.jpg

ランチの事は忘れて大阪港の景色を楽しんだ午後(笑)

【マイルストーン 阪神高速朝潮橋PA(パーキングエリア)店】

大阪府大阪市港区石田3-1-25 阪神高速朝潮橋PA2階
06-6576-2171
営業時間:8:00~21:00(ラストオーダー20:30)
11:00まではモーニングメニュー
11:00からランチメニュー
定休日:無休

とろんとろんの軟骨ソーキそば 楚辺

2017年 10月15日 17:14 (日)

R0010519_edited-1_20171014165749c9c.jpg

軟骨ソーキそば(650円)
前回の訪問時は定食にしてお腹がはちきれそうになったので今回は
炊き込みご飯無しで注文。
友人が注文した定食はコレ...

R0010525_edited-1_20171014165850780.jpg

定食を完食した友人曰く、多過ぎた!だって...
多いよと言ってあげれば良かったのか、定かではない(笑)

R0010518_edited-1.jpg

フライトまで6時間、那覇で飲むオリオンビールは味が濃いように感じられる、
いつ飲んでも美味い(^^)
今回はレンタカーで訪問、仲間で一人、酒が飲めない友人が居てくれて良かったのか(笑)

R0010520_edited-1_20171014165748138.jpg

骨際の肉の美味さはやはり相当なものであり、5時間も煮込まれた手の込んだ逸品でもある♪
あ~島の豚肉は本当に美味しい、泡盛と合わせてみたかったぞ♪

R0010521_edited-1.jpg
R0010528_edited-1.jpg

お出汁は鰹出汁ベース、動物系のコクがありながらも、あっさりと、後半に軟骨ソーキを
入れて味は2倍増しとなり(^^)
チョイと固めに茹でられた麺は最初は粉っぽさを感じられたが次第にこなれて来る。
島とうがらしを泡盛に漬け込んだコーレーグースを後半、
数適入れて味の変化を楽しみながら美味しく完食となる(^^)

R0010513_edited-1.jpg
R0010512_edited-1_20171014165715cbc.jpg
R0010514_edited-1_20171014165751bcb.jpg
R0010515_edited-1.jpg

メニュー。

R0010532_edited-1_20171014165912e4d.jpg
R0010531_edited-1_2017101416584648b.jpg

この店へ到着時は満席で20分程の待ち時間があったのだが、
食べ終えたのが午後の2時前、こんなに空いている楚辺は初めてだったのだが、
もしかして那覇の中心部で催される祭りが原因かな?
となると中心部までレンタカーを返しに行かなければならないので渋滞に巻き込まれては
大変だ!と急いで店を後にするも昨今のナビの能力は素晴らしく通行止めの道を回避して
難なく返す事が出来た(^^)

R0010507_edited-1_20171014165718204.jpg
R0010533_edited-1.jpg

同級生との沖縄旅行の記事は今回で最後と成り......
次回は何処へ行こうかと盛り上がりながら大阪へ到着。
幹事の役目を無事に終えてほっとするのであった(^^)

【楚辺】

沖縄県那覇市楚辺2-37-40
098-853-7224
壺川駅から658m
営業時間:11:30~21:00
定休日:無休