時遊人アッシュの食べ歩き日記

11月 « 2016年12月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 01月

中華そば ふじいのかしわそば

2016年 12月04日 20:05 (日)

R0000445_edited-1_20161204180239912.jpg

かしわそば(810円)
表面を覆う鶏油(チー油)がスープの熱さを閉じ込めるタイプのラーメンは久しぶりだ。
鶏出汁はよく効いているが醤油の鋭角な味付けに
これはチャーハンよりも白ご飯が合う気がする...
トッピングされる鶏の煮込み肉のビジュアルに心躍るも頂いてみると固く、
ちょっと煮込み過ぎじゃない?的な旨味(笑)

R0000455_edited-1.jpg

芦原橋駅前の中華そば ふじい。
ここが本店になるのかな!?
5周年になるのか、でもワタクシ、初訪問♪

R0000440_edited-1_20161204180241866.jpg
R0000442_edited-1_20161204180240c95.jpg

メニュー。
かしわそばにセット物は無かったのでチャーハン単品と共に大人な注文(笑)

R0000449_edited-1.jpg

まずはチャーハン単品!
厨房では金髪のお姉さんが華麗に鍋を振っている姿がカウンターから見える。
パラっと丸みのある固めの米粒の油は多め、ムラの無い醤油色の丁寧に炒められたものではあるが、
ツーンと香る中華の元(ウエイパー的)のような調味料が加えられた味であり、とても重い。
丁寧に炒められているのに何とも勿体ない!
この店への訪問を躊躇していた訳、実はこのチャーハンの見た目的に分かってしまう
不自然なテカリと米粒の色にあり...

R0000446_edited-1.jpg
R0000452_edited-1_20161204180310c29.jpg

笠岡ラーメン的なビジュアル、鶏が主張する味は鶏油と醤油のエッジが立ち攻撃的な味。
笹切りの青葱の風味が醤油に負けてしまう印象、鶏肉の味も主張感が強く...
スープに化調感は感じられなくも繊細な味とは程遠いが、
がっつりと行きたい方には適したものであろう。
麺は低加水気味のストレート細麺、スープの油を伴いツルツルと喉を超えやすい麺でもある。

R0000454_edited-1_20161204180346685.jpg

チャーハンに化調を入れる店に再訪問は無い(笑)

【中華そば ふじい】

大阪府大阪市浪速区塩草3-9-19
06-6568-9455
JR大阪環状線「芦原橋」から徒歩1分 あみだ池筋沿い
営業時間:[月~水・日11:00~24:00 (L.O 11:30)
[金土祝前日]11:00~翌2:00 (L.O 1:30)
定休日:木曜日

R0000458_edited-1_20161204180343dfd.jpg

ふじいの直ぐお隣の焼肉店!
食べ放題で1200円!!!!!
本当に牛の肉なのか?と疑問が残る(笑)
スポンサーサイト

地下鉄あびこ スパイスの隠れ家

2016年 12月03日 09:38 (土)

R0000420_edited-1_20161202171856d9c.jpg

砂肝とチキンキーマカレー(900円+5辛増し50円)
店へ入るとカルダモンが香りがツーンと♪
注文後、出来上がるまで5~6分、スパイスで目がチカチカしたのは気のせいだろうか?(笑)
あ~あ~久しぶりのスパイス・カレーに心が躍りながらの訪問ね(^^)/

R0000436_edited-1_20161202171955b60.jpg

スパイスの隠れ家
りくろーおっさんを過ぎて靴屋STEPの隣!
地下鉄あびこ駅からあびこ筋を北へ10分弱程かな~
ワタクシ、車で行ったのでよく分かんな~い!(分からんのかい!w)
このお店は随分と前から気になっていて狙っていたお店である♪
カレー好き、そしてあびこに出来たならばこれは行っておかなければならない使命感を持って(笑)

R0000421_edited-1.jpg

素揚げの茄子にトマトに水菜、糸唐辛子がふわりと掛けられパラリと何かが掛けられて(笑)
アチャール的なものは蓮根マヨ和えにひよこ豆にしめじ...中々に独創的ですな♪
綺麗な盛り付けは食欲をそそるビジュアルね(^^)/

R0000426_edited-1.jpg
R0000431_edited-1_20161202171956266.jpg

米は日本米、ターメリック・ライス、米粒の丸みを見事に残す仕様で炊き上げられていますネ♪
さてさて味だが、クミンやグローブの個性的な香り、味の主張はそれ程無くとも、
親しみやすいスパイス感とでも言いましょうか。
やはりカルダモンのほろ苦さ的スパイスの優しい美味しさが有り(^^)/
辛さは5辛仕様だが辛みはそれ程は感じれず...
柔らかな接客の男性店主さん「辛さは大丈夫でしょうか?」
「全然、大丈夫ですよー!もう少し辛めでも良かったかな~」
「ジョロキア&ハバネロのオイルソースがありますよ」
「自家製ですか?はい、くださ~い!」
少量しか掛けなかったが辛さ的酸味が増した印象♪

R0000419_edited-2.jpg

カウンターメインのお店、奥にはボックス席もあり...
元はスナックかラウンジの居抜きかな!?
ホール状のスパイスが密閉瓶に、珈琲ミル的なものがあり、
ちゃんと使われ砕かれているお店でもあり...
そこまで見なくても..でも見ちゃうの(笑)

R0000418_edited-1_2016120217185747d.jpg

この日のカレー・メニュー!
大阪市内南部に待望のスパイス・カレー屋さん!
また、あのスパイス感を味わってみようではないか(^^)/

R0000438_edited-1.jpg

【スパイスの隠れ家】

大阪府大阪市住吉区苅田2-16-22
06-6624-9710
営業時間:11:30〜21:00
15:00〜18:00まで中休みの場合有り
定休日
不定休:(ツイッター、フェイスブックで告知)

忘年会は賞味で

2016年 12月01日 21:48 (木)

R0000360_edited-1.jpg

上造り盛り合わせは4人前。
大人なんだし造りは「上」よね!?
うん、上上上!!!(満場一致w)
この店のお造りはクオリティー高く誰もが満足する内容である♪

この日は学生時代の友人達との忘年会~
幹事はいつもワタクシ...店は選び放題(笑)ではあるが美味しくお安くな店をなるべく選ぶように♪
でも、この年に成ってくると皆さん余裕があるようで、
値段関係なく食べたいものをどんどん注文されている姿に俺らも大人になったよな...
ほんとかな?もの凄いエロい話で盛り上がってしまい...
周りのお客様、本当にすいませんでしたm(__)m

R0000359_edited-1_20161201200843cc5.jpg

広島産牡蠣の牡蠣フライ!
う~ん、まだ小ぶりかな?
今日の帰り道、近くのスーパーへ寄って牡蠣のガーリックオイル炒めでも作ろうかなと
牡蠣を見たがまだまだ小ぶりであった為、見送る事に(^^)/

R0000375_edited-1_20161201200932fcf.jpg
R0000379_edited-1_201612012009319e9.jpg

でも北海道産、仙鳳趾(せんぽうし)の牡蠣はプルンプルン♪
皮は厚く身は弾ける程の食感、甘味と牡蠣独特の苦みのバランスが良く、
ミネラル感たっぷり、本当に美味しい牡蠣だ(^^)/

R0000372_edited-1.jpg

ローストビーフはワンコイン♪
近頃はマイブームのローストビーフでもある(^^)/
サシの少ないオージー産がベスト!
周囲に焼き色を付けてアルミホイルで包み余熱でじっくりと中まで火を通す...
のがベストだと思っていたが昨日に見たNHKアサイチで、へえ~湯煎にするんだ!
新たな調理法を発見!
これは一度、試してみなければならない(笑)

R0000369_edited-1.jpg
R0000366_edited-1_20161201205358113.jpg

たらの白子に河豚のから揚げ!!!
鮮度良きタラの白子にアラレのようなものが付随するから揚げ!はカラットとジューシー!
冬場の河豚は正に王様ですな(^^)/

R0000383_edited-1.jpg
R0000388_edited-1.jpg

アワビのクリーム・コロッケ!!!!!
中はホワイト・クリームに包まれたアワビの短冊が多く入る美味しいコロッケ(^^)/
自家製ハンバーグは鶏豚ミンチ仕様、滋味ある脂身の美味さあるものだ。

R0000390_edited-1_201612012010272cd.jpg

佐賀牛のサイコロステーキ♪
う~ン、ステーキはやっぱり和牛かな?
脂身の美味さは洋な肉質とは異なりルンルンとなります(笑)

R0000393_edited-1_20161201201054b42.jpg

締めは細巻き、穴子と胡瓜♪
ワタクシの意向が反映された感じ(笑)

R0040533_edited-1_201612012011144e0.jpg

飲んで食って...飲んで飲んで食って~おひとり5千5百円程!
緩~く5百円はまけといたるわ!大人ですから~(笑)
来年の冬はこの店近くの、ちゃんこ鍋「雷光」で~
学生時代の友は一生の友かな!?
料理、酒、美味しくエロ~い時間がずっと続きました(笑)
お腹を抱えて笑える時間なんて、どれだけ久しぶりであったのだろう。
旧友との集いはその時代に戻ってしまいますネ~(^^)/

【活魚寿司 賞味】

大阪市阿倍野区阪南町2-20-3
06-6627-5194
営業時間:17:30 ~ 00:00 (L.O.11:30)
定休日:月曜日

沖縄そば楚辺!沖縄そばランキング1位のお店

2016年 11月29日 19:05 (火)

R0000302_edited-1.jpg

軟骨ソーキそば定食(850円)
5時間炊かれたとろんとろんの軟骨とジューシー(豚出汁の炊き込みご飯)ともずく酢に一品が付く。

スープをまずは一口...節系のしっかりとしたお出汁の味だ!
ほんだしでなくて本当に良かった(笑)
そして動物系の出汁もしっかりと、これは豚出汁と鶏ガラかな?
沖縄そばにおける出汁の弱さはこの店に関しては微塵も感じられない...
う~ん、実に美味いぞ(^^)/

R0000274_edited-1.jpg

一泊二日の那覇旅行の締めは沖縄そばと決めていた♪
おきなわワールドから那覇行きの路線バスの中でスマホを酷使して検索検索(笑)
国道から坂を登り辿り着いたら民家のような佇まい♪

R0000279_edited-1.jpg
R0000281_edited-1.jpg

入り口はまるで人の家へお邪魔するかのような(笑)
靴を脱いで上がるシステム♪
民芸品や色紙にポスターなどがごちゃごちゃとしているが店内は広く50人くらいは入れそう~

R0000285_edited-1.jpg
R0000284.jpg

沖縄そばメニュー。
主に沖縄そば、三枚肉そば、てびちそば、本ソーキそばに軟骨そばが主に♪

R0000295_edited-1.jpg

オリオンビール♪
関空に止めたままの車へ乗るまで6時間以上...ギリギリのオリオンビールであった(笑)

R0000314_edited-1_2016112917023195e.jpg
R0000305_edited-1.jpg

甘辛く5時間以上炊かれた本当にとろんとろんの軟骨はとても良い豚の旨味が引き出されている!
そのままでも良し、そばに乗っけても良し!

R0000308_edited-1_20161129170232997.jpg
R0000316_edited-1_20161129170230db0.jpg

肉と豚脂の共演、この三枚肉(豚バラブロックの煮込み肉)も見事ですな~
沖縄独特の蒲鉾もあ~美味しい(^^)/

R0000296_edited-1.jpg

後半、自家製のコーレーグース(島唐辛子の泡盛漬け)を掛けると出汁の味は激辛く一変する!
あ~あ~美味しい美味しい(^^)/

R0000304_edited-1.jpg
R0000307_edited-1_20161129170141366.jpg

ジューシー(沖縄の豚汁炊き込み風ご飯)ともずく酢、一品は豆もやしと人参の和え物♪
酢の物は食欲を増進させますな(^^)/

R0000283_edited-1.jpg
R0000318_edited-1_20161129170229fec.jpg

沖縄そばランキング1位!!!
味は確かに間違いなく美味い間違いの無き沖縄そばである♪
しかし、竹富島出身、ウチのオカンが作った沖縄そばには到底、敵わない(笑)

【楚辺】

沖縄県那覇市楚辺2-37-40
098-853-7224
国道330号線 壺川(東)交差点から車で5分くらい
壺川駅から658m
営業時間:11:30~21:00
定休日:無休

麺屋うさぎ 痺辛四川花椒辛ラーメン

2016年 11月28日 19:27 (月)

R0000400_edited-1.jpg

痺辛(しびから)四川花椒ラーメン+煮玉子トッピング(1000円)
辛ラーメンに激辛特製ラー油をトッピングして、それはそれは辛いラーメンである♪
予め一味が掛けられているのに、まだ自分で掛けてしまうワタクシは愚か者か!?
表面には浮かんでいないが底には四川風花山椒の粒が控えていたのだ(^^)/
スパークする山椒粒...うっ、と思いながらも平静を装い何事も無かったかのような笑顔で
頂くも、額からの汗は隠しようが無かった午後の出来事(笑)

R0000410_edited-2.jpg

堺市宿院駅から程近い場所に在る麺屋うさぎ。
店長か店主かは分からぬが煮干しラーメン玉五郎の出身者であるとか、どうとか?
麺は同じ北海道小林製麺所の麺らしいので間違いはないであろう。
そういえば4年程前に札幌市内で頂いたラーメンの麺、
この多加水縮れ玉子麺は何処かで食べた事があったよな~
と後で調べると玉五郎と同じ小林製麺製であった事を思い出す。
昨夜、いったい何杯の酒を飲んだのかの記憶も無いワタクシであるが...
古い事だけは何故か覚えていて、これは老化現象とも言えるのか...
そんな記憶など人生において、どうでもよい事なんですけどね(笑)

R0000409_edited-1_20161128172526a7e.jpg

メニューは食券器にて...
ラーメン屋におけるこの食券器と言う奴はどうも愛想が無いです...
人と人との繋がりと言いますか、客と店主との繋がりと思えるものが無いのだ!

R0000399_edited-1_2016112818523690f.jpg
R0000405_edited-1_20161128172448676.jpg

豚骨煮干しベースのスープ、唐辛子エキス&一味が入る辛ラーメンに、
激辛ラー油をトッピング!
煮干し感は辛さで失われつつあるが豚骨の旨味はしっかりと♪
ラー油は少々、くどかった感があるがそれは自ら頼んだものなのでしょうがない(笑)
肉厚の豚バラチャーシューに飴色に煮玉子、笹切りの白葱は良きアクセントね(^^)/

R0000403_edited-1_20161128172449658.jpg
R0000404_edited-1.jpg

お連れさんはスタンダードな煮干しラーメン♪
ニボっとキター!!って感じですかね(笑)
玉五郎よりも豚骨の濃度が低いように感じられたが、そういったチューニングなのかもしれない。

R0000397_edited-1_201611281724138a8.jpg
R0000398_edited-1.jpg

汁なし担々麺の調味料としてか?とても掛ける調味料が多いのだ。
酢に醤油、一味、魚粉系に昆布の佃煮まで~
この調味料の数はラヲタ向きの店では無さそうで...
ワタクシ今はラーメンヲタクでは無いけれど...
客が掛ける調味料無し、味で1本勝負!的な店がラヲタ好みでもある(笑)

R0000399_edited-1.jpg

辛ラーメン&激辛ラー油トッピングはとにかく辛かったが...
この数倍は辛くともワタクシ的には実は大丈夫なのだが、
これ以上辛くなると味の旨味が分からなくなっちゃうのよね♪

あ~ラヲタのような記事を書いてしまった(笑)

【麺屋うさぎ 宿院店】

大阪府堺市堺区大町東3-1-11
072-350-0631
営業時間:11:00~3:00(L.O.2:30)日祝は11:00~23:00
定休日:月曜日